2018年06月16日

ヤマボウシ5種とムラサキツユクサ

山の庭にはヤマボウシと夏椿の仲間が多くて、鬱蒼となる要因になっている。
特にヤマボウシは樹冠が広がるので、周囲をますます暗くしてしまう。

敷地内道路脇のヤマボウシ。
ヤマボウシ敷地内道路脇1

ヤマボウシ敷地内道路脇2
花の大きさも白さも、この木が一番好きだ。

ログハウス前のこのヤマボウシは紅花だったのだが、主幹が虫食いで枯れ、
複雑な株立ちになってしまった。
ログハウス前のヤマボウシ1

中心は紅花
ログハウス前のヤマボウシ2

周辺は白花
ログハウス前のヤマボウシ3


大輪のヤマボウシ
ヤマボウシ大花
昨年初めて数輪の花が咲いたが、今まで見たことのない大きさに唖然とした。
今年は沢山の花をつけたが、なんと派手な。。。
豪華で見事だという人もいるけれど、複雑な気持ちである。

前面道路沿いにある「白花」と「紅鶴」は樹高が高くなりすぎて、花を見る
どころか撮ることもできない。
ヤマボウシ白花と紅鶴
ヤマボウシは植え込む場所をよくよく考える必要がある。

この前面道路沿いのヤマボウシの下には、このところ実生苗が続々。
どうするのさ、、、とkiiさんも困り顔である。


ムラサキツユクサが大分増えてきた。
ムラサキツユクサ1

ムラサキツユクサ2

ムラサキツユクサ3

ムラサキツユクサはガクがほとんど無毛に近く、オオムラサキツユクサはガク
に毛が生えているというので、我が家のものはオオ無しの方だろう。

白花や紅花もあったのだが、獣害が激しかった折に消えてしまったらしい。
ポツンと離れた場所に顔を出した株が濃い赤に見えたので期待していたが、
咲いたら紫だった。
ムラサキツユクサ4


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 20:00| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴノキ&草花たち

エゴノキは見事に咲いたのだが、何故か紅花エゴノキには花が全くついてい
ない。
こんなことは初めてだし、二株ある紅花エゴのどちらもがそうなのだから、
不思議としか言いようがない。

見上げてみたけれど、花の気配もない紅花エゴノキ
紅花エゴノキ


白花のエゴノキはログハウスのロフトから撮った。
エゴノキ1

花、花、花の素晴らしさだが、遠すぎてあまりよく見えないのが残念。
エゴノキ2

今の庭を彩っている草花たち。
思い思いにあっちにポツン、こっちにポツンなのが寂しい。
一種ごとに寄せ集めるといいのだろうが、無理に動かして枯れたこともあり、
好きな場所に置いておくほうが機嫌がいい。
野の花はとくにそうかもしれない。

「シオヤキフウロ」
シオヤキフウロ

「シレネ・ディオイカ」
シレネ・ディオイカ

「ニワゼキショウ」
ニワゼキショウ
踏まれて固く締まった敷地内道路が好きらしく、そこは刈払い機で草刈りを
されてしまうから滅多に目に留まらない。
好きな花なので集めて植えてみたが定着してくれないのだ。
以前はオオニワゼキショウも出てきて大喜びしたのだが、ここ数年見かけた
ことがない。

野の花ではないけれど。。。
「アルケミラ・モリス」
アルケミラ・モリス
葉にたまる雫が美しい。

少し変わったところで。。。
「クジャクシダ」
クジャクシダ
シダ類の中では一番好き♪

5〜6年前に此処でマムシに遭遇してから、怖くてあまり行っていなかった
けれど、「カンアオイ」が増え広がっていた。
カンアオイ


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 05:20| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

キウィの花が咲きはじめた

待ちかねていたキウィの花が咲きはじめた。
雨が続いているので、受粉がうまくいくかどうか。。。
キウィの花1

キウィの花2

サルナシにも蕾がつきだした。
果実はコクワとも呼ばれるそうな。
雌雄異株だそうだが、知人宅は一株でも実成はいいので多分大丈夫だろう。
いや、大丈夫だったらいいな。
サルナシの蕾
以前にその知人宅でサルナシの果実酒を飲ませてもらったことが有るのだが、
それがとても美味しかった。
甘さを加減して漬けてみたいと思ったのだが、なかなか花が咲くまでに至ら
ずヤキモキしていたのだった。


「ブルーベリー」
ブルーベリー
早生のブルーベリーに実がついていた。


「プラム」
プラム
ちゃんと熟して、食べられるようになるだろうか。
鳥たちに狙われるに違いない。

ビックリグミは鳥さんたちに喜んで差し上げますけどね。
ビックリグミ

山椒の実がそろそろ摘み頃だ。
青い実は煮て冷凍保存し、ちりめん山椒や昆布の炊いたん、煮魚などに利用
する。
山椒の実
完熟した赤い実は始末が面倒だが、山椒の粉は子供たちの好物なので今年は
頑張って作ろう。

サルトリイバラの実
サルトリイバラの実
雄木ばかりだと嘆いていたら、このところしばしば雌木を見つける。
嬉しい、痛い、切れない。

ぎっしりとエゴマのひとり生え
エゴマ


カモシカに食べられて消えたアシタバだが、二株だけ小さな芽を見せていた。
アシタバの芽

喜んだのもつかの間、また入られた様子。。。
ミョウガ
「けいさん、来てみて!ミョウガが変だよ」
「ややや、また食べられてるじゃないの」

「あ〜〜ぁ、、、」点検に歩いていたkiiさんの悲鳴が聞こえる。
「シオデが三分の一ほどやられてるよ!!」
kiiさんのいちばん大事の子だものね。。。

怒りの二人は早速点検補修作業へ。
しかし、、、
どんなことをしてでも入ろうとするその根性には頭が下がる。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 16:30| 奈良 ☁| Comment(2) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

フタリシズカや都忘れ

フタリシズカが真っ盛りの山の庭だが、あちこちに飛んでいるのを発見して
吃驚している。
雑草が生えるよりはマシといえるけれど、フタリシズカばかりでもね。。。
これは小道を辿った庭奥の群れ。(敷地の東側)
フタリシズカ庭奥1

フタリシズカ庭奥2

これは敷地上段奥で、敷地の北側にあたる場所。
日照がいい場所なのだけれど、此処のフタリシズカはなぜか賑々しい。
三人以上六人などというのもある。
フタリシズカ上段1

フタリシズカ上段2
場所によってこんなに違うのかと、呆れてしまう。

このシズカさんたちの傍らにあるのがサツキ。
サツキ
木は這うような低さでそこそこ広がりを見せて育っているのだが、今年はたった
一輪咲いただけだった。

都忘れが何種か、今年は食害を免れたので生き生きとしている。
都忘れ1

都忘れ2

都忘れ3

都忘れ4

都忘れ5
陰が大きい場所のせいか、ぼやけた色調なのが残念。


イチヤクソウらしきものの花が咲いたかどうかを見に行ったが、まだ開花し
ていなかった。
ゆっくりだなぁ。。。
見回すとイチヤクソウらしきものの株はかなり多く、花芽もツクツク出てい
るから楽しみだ。

周囲にはモチツツジがたくさん増えている。
モチツツジ1

色濃い株も有った。
モチツツジ2
この辺りはモチツツジの群落になるかもしれない。

ログハウスに戻る途中で、山アジサイの実生苗をたくさん発見。
中には花芽を持っているものも。。。
山アジサイの実生苗
自然交配で変わった子が出てきたら嬉しいなぁ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 09:43| 奈良 ☀| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする