2020年04月08日

ヒメコブシと小さな花たち

ヒメコブシが美しい。
シデコブシが本名でヒメコブシは別名らしいが、私は馴染んだヒメコブシで。

白花と紅花があるが開花は白のほうが早い。
ヒメコブシ1

ヒメコブシ2

白花が満開になるころに徐に紅花が開きだす。
紅花ヒメコブシ1

紅花ヒメコブシ2
愛らしい色にうっとり。

ヒメコブシ白花と紅花

小さな花たちも健在だが、彼らはひと所に留まってくれないのが悩みの種だ。
あちこちに飛んでポツリ、ポツリ。
それはそれでいいけれど、もう少しまとまってくれないと踏んでしまいそう。

「チオノドクサ・ブルー」
チオノドクサ・ブルー

チオノドクサのピンクだけは団体さんだが、今年はピンクが濃く出ていない。
チオノドクサ

大好きな「シラー・シビリカブルー」
シラー・シビリカブルー1

シラー・シビリカブルー2
素敵な青でしょ♪

「プシュキニア」も好きな花。
プシュキニア1

プシュキニア2
青い筋が入らない真っ白の品種もあるのだが、今年はお目に掛かれなかった。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:38| 奈良 | Comment(2) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

黄色がいっぱい!

セランダイン(西洋リュウキンカ)が真っ盛りになった。
それも、爆発的な勢いで庭中に広がっている。
セランダインの「爆発的」は大歓迎だが、コロナはご免こうむりたい。。。
外出を控えて庭仕事に精出したはいいが、窪地に入れてあった丸太の上で
バランスを崩して腰を捻り、湿布のお世話になっている。
いったい何をしているんだか、私。。。

敷地内道路の入り口に近い部分。
セランダイン1

敷地内道路の奥、ログハウスに近い部分。
セランダイン2

古いカメラがいよいよ調子が悪くなり新しいものを使いだしているが、画像
の対比も違うし画素数も大きく、以前とは全く異なるので実に使いにくい。
賢すぎるカメラを果たして使いこなせるだろうか。

木々越しに庭奥を望む。
セランダイン3
黄色っぽいのがあちこちに見えるでしょ!

庭奥の様子。
セランダイン4

セランダイン5
どこもかしこもセランダインだらけでまっ黄色。
獣害でずいぶん時間のロスがあったが、自然に出来上がるこういう風景が
理想だった。
村の人にいわせると「あんなのは庭じゃないよ」とのことらしい。(笑)
人それぞれ、好き好きだもの。私たちは作為を極力しない、自然風の庭造り
を目指しているのだから。。。

いろいろな植物がそれぞれ好きな場所を見つけて、コロニーを作り広がって
いくのが嬉しい。
通路にも出張り困ったことになるが、通路は作り直せばいいと思っている。

ユキワリソウの後発組が咲いていた。
ユキワリソウ1 ユキワリソウ2

先日買い出しに出た折に見つけたレウイシアの白花。
もう買わないとの決心も空しく、あまりに美しかったのでつい連れ帰って
しまった(^^;)
レウイシア1 レウイシア2


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 11:39| 奈良 ☁| Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

ミツマタやダンコウバイ

山の庭の春は、花木も草花も黄色が多い。
作為をしたわけではないが、黄色の花々を見ると元気が出る。
特に今年はコロナウィルスの感染拡大で鬱になりそうな気持を、一瞬でも
忘れさせてくれるようだ。

ミツマタの黄色は目に鮮やかで眩しいほどだ。
ミツマタ
先日山全体がミツマタという画像を見たが、実に見事だった。
近場であれば行ってみたいが、遠方だったような。。。
我が家のミツマタは一株が細々とある限りで、一向に増える気配もない。

ダンコウバイは少し緑がかった黄色が優しい雰囲気だ。
ダンコウバイ1

ダンコウバイ2

ミツマタ、ダンコウバイ、マンサクは庭奥への入り口にある。
ダンコウバイの株元にある白花の沈丁花もいい香りを漂わせ始めた。
大好きな香りで、満開が楽しみ♪
庭奥への入り口

思川桜の蕾にうっすらと紅が見えてきた。
今年は桜の開花も早そうだ。
思川桜の今


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 05:56| 奈良 ☁| Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

白加賀が満開になった

「白加賀」は昨年よりも一週間早く満開になった。
例年は咲き始めから満開までゆっくりでじりじりとさせてくれるのだが、
今年は一気に咲き進んだから驚いている。

花はよく咲くけれど、実の生りがイマイチ。
虫たちの働きに期待しているが、お尻の叩きようがないしね。。。
こちらは我が家で一番古い梅。
白加賀1

白加賀2

これは二番手の白加賀だが、今年はとてもよく咲いているので期待感が
大きい。
白加賀3

白加賀4
生育状況は白加賀がいいところを見ると、山の環境には一番合っているとい
うことだろう。

昨年は「豊後梅「」も早咲きの紅梅も実が生らなかった。
豊後は新しく植えた苗木を大事にしたせいで、悋気でもしたのかな。
豊後梅1

早咲きの紅梅は山桑の木が覆いかぶさって傷んでいたのだが、思い切って
山桑を伐ったので息を吹き返した様子。
僅かだが花をつけてくれた。
早咲きの紅梅

「八房」は元気がない。
八房
「花は可愛いけれど実が小さくて、見るだけの梅だね」などという厭言を、
聞いてしまったかしら。。。

梅は他に南高梅が三株、豊後、藤五郎が一株ずつあるが、まだ小さい。
さて、元気なうちに実を摘むことができるだろうか。
どっさり収穫できるようになったら、梅のエキスを作りたいなぁ。

実の生りをよくするためには受粉させるための木を植えたらいいそうだが、
「梅は酸い酸い13年」というし、13年も待つ間にこちらの勢いが尽き
てしまいそうだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 13:35| 奈良 ☁| Comment(2) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする