2017年06月20日

ミニ菜園や山菜、果樹のこと

少しは菜園らしくなってきたかな。
ミニ菜園の今

花豆の苗を植え込んだ。
紫花豆
上は紫花豆、下が白花豆。
白花豆
留守にしていた二日の間にぐんと伸びてしまった。

キュウリやカボチャ
キュウリ

カボチャ
カボチャは雌花と雄花の開花がうまく嚙み合わない。

時なし大根のタネを蒔いたが、どうも何かに食べられている。
バッタだろうねと思っていたら、なんとキジバトだった。
ネットをしておくべきだった。
時なし大根
脅しても脅してもめげずにやってくるので参ってしまう。
ワイルドストロベリー
キジバトは今までワイルドストロベリーに夢中だったのに、今年は見向きも
しないのが不思議。
庭中にどっさり実っているのにね。

ディルの花が咲いた。
ディルの花
この花が大好き。
葉を摘んでシンプルなポテトサラダにしよう。

先日伐採した山桑の葉でお茶を作っている。
山桑茶とウルイ
いい色に乾燥してきた。
そろそろドクダミの花が咲いてきたので、ドクダミ茶も作らなくては。。。
ドクダミ茶はたくさん飲んでも胃を荒らさないので、我が家の夏の冷茶として
重宝している。
傍らにあるのはかき揚げ用のウルイ(オオバギボウシ)

今年は果実の花も山菜も旬が妙だ。
シオデを娘宅に送ったときはこの二ケ所は出ていなくて、枯れたのかなと
思っていたが、今頃になって出てきたから吃驚。
シオデ1

シオデ2
茹でたままでシンプルに食するか、肉巻きにするか、、、さてどうしようか。

キウィの花がやっと咲き始めた。
今年はずいぶん遅れたなぁ。
キウィの花1

キウィの花2
蕾がたくさんついている。

posted by けい at 16:34| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ナツロウバイ、ドウダンツツジ、ハクロニシキや

「ナツロウバイ」が盛りだ。
今年はまた吃驚するほどどっさりの花、花、花。
ナツロウバイ1

ナツロウバイ2
ナツロウバイもkiiさんの「大事の子」で、覆いかぶさっていた山桑の枝を
率先してバッサバッサと切り始めたのには驚いた。
「可哀そうだもん。。。」
普段は切ることを頼んでも生返事が多いのにね。

「ドウダンツツジ」
紅色のドウダンツツジが欲しくて植え込んだのに、咲いてみたら色は浅く
しかも「サラサドウダン」と似た花で少しがっかりしたのだった。
ドウダンツツジ
サラサドウダンよりはずいぶん小振り。
ダンコウバイの下でひっそり咲いていた。

「西洋イワナンテン」
西洋イワナンテン
とても丈夫で、厳しい山の庭の環境でもよく増える。
数年前に切り詰めた際、土留めになるかもと裏山に枝をブスブスと挿して
みたらどれも根付いたらしく、いい景色を作り出している。
今年も、鹿やカモシカが駈けて荒らした斜面を覆うように挿してみようと思い、
その時期を計っているのだが、雨が降らないのでまだ果たせていない。

「ハクロニシキ」
何度も食害に遭い、この数年というもの一向に成長せずいつもツンツルテン
だったが、やっと育ってきた。
涼しげな姿がいいよね。
ハクロニシキ1
ハクロニシキの株下辺りには、勝手に飛んで増えているアヤメがたくさん
あるのだが、春先に食べられてまだ回復していない。
ハクロニシキ2
今年はアヤメの花を見られないかも。。。

同じ場所で、獣たちに蹴倒されてもめげずにエリア拡大中なのがトクサ。
ハクロニシキ3
太いトクサが、ブルーベルの中にまで侵入している。
困ったなぁ。

「ツルニチニチソウ」はほんとうに強い。
ツルニチニチソウ
抜いても切ってもどんどん増えるので、山肌を覆うのにはいいかもしれない。
荒れた裏山の回復のためにイワナンテンとツルニチニチソウに期待しようか。
鹿がツルに足を引っかけて転んだりして、、、
その様子を想像してにんまりしたら、kiiさんに「ない、ない」と一蹴さ
れた。

「シラン」
晩霜に遭わなかったおかげで、今年は葉も花もとても綺麗だ。
シラン

シラン白花

「アルケミラモーリス」
ハーブに分類されるようだが、我が家では庭の花。
アルケミラモーリス1

露をコロンと溜めた葉を見るのが好き♪
アルケミラモーリス2
敷地内通路脇にズラッと増えるのを夢見ているのだけれど、まだ2メートル
ぐらいしか延長できていない。

「スモークツリー」のグレイス。
スモークツリー
暴れん坊なのでkiiさんの顰蹙を買い、しかも葉には毛虫が付きやすい。
仕方なく根元から伐ったら、また伸びてきた。
根を掘り起こせるところではないし、、、我が家の困ったちゃんである。

続きを読む
posted by けい at 18:22| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

バラアカシアやニセアカシア、ムサシアブミも

「ニセアカシア」(ハリエンジュ)の開花を心待ちしていた。
ニセアカシア1

ニセアカシア2
花はサラダや天ぷらにする。
ほんのり甘くて美味しい。
(但し、花以外は食用には不可、実も葉も食べてはいけないそうな)

「バラアカシア」(ハナエンジュ)のこれは 「ヒスピダ」
綺麗でしょう!?
今年は上のほうでずいぶん元気に咲いている。
バラアカシア1
ここ数年弱り気味だったけれど、挿し木も取り木もはうまくいかず、実生や
走り根は先祖返りか白花しか咲かず。
その白いニセアカシアは今までは迷惑に思い抜き捨てていたが、日本ミツバチ
のために出る端から裏山に植えようと思っている。

バラアカシア2

バラアカシア3
バラアカシアは食べられるかどうか、知らない。

もう一株の「ヒレリー」のほうは弱ってしまい案じていたが、新しい葉が
見えてきたので復活してくれるかもしれない。

「ムサシアブミ」
ムサシアブミ
かなり好き♪

「ボタンカラマツ」
ボタンカラマツ
ひっそりと咲いていて気づいたときは散りかけていた。
見回すと周囲には子供が数本、楽しみだなぁ。


続きを読む
posted by けい at 08:21| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

テマリカンボクやスノーボール、オオデマリ

白い花が続く。

「テマリカンボク」
テマリカンボク1

ボール状の花の中で一番好きなのがこれ。
テマリカンボク2

テマリカンボク3
小学校に通う道筋に植えられていたのがこの木。
思い出の中によみがえってくる木々や草花は幾つかある。
鈴蘭、リラ、ニセアカシア、白樺、ナナカマド、そしてテマリカンボク。
テマリカンボクの植え込み場所は陰過ぎるのか少し弱り気味。
昨年も挿し木をしたがうまく根付かず今年もチャレンジしようと挿し木用土
を買い込んできた。
用土1 用土2 挿し木用
挿し床の底には木屑を砕いて入れていたが、もう残りわずかなので、余って
いた発泡スチロールを砕いているが、結構時間が掛かり、私はこういう作業が
苦手。
簡単な方法がないものかなぁ。

「スノーボール」
スノーボール
小さなボール状の花。
なかなか定着してくれなかったがようやく花をつけるようになった。

「オオデマリ」
オオデマリ1

オオデマリ2
ボール状の花で一般的なのはオオデマリだろうか。
姿が悪くなっているので何とかしたいが、挿し木して日照のよい場所に出す?

「シレネディオイカとギボウシ」
シレネディオイカとギボウシ
シレネディオイカは、都忘れと共に春先にカモシカに食べられたせいで、
花を見られないと思っていた。
花にカメラを向けていたはずだが、斑入りのギボウシのほうに意識がいって
いたらしい。
奥にあるのは「寒河江」

「フタリシズカ」
フタリシズカ1
庭奥でいったいどれほど広がるのか、先が怖い。。。

フタリシズカ2
敷地の上部に自生しているフタリシズカは比較的大人しい。

「フウチソウ」
フウチソウ
芽が出ないと案じていたがようやく顔を出してくれた。
弱り気味なのは緑陰が大きくなったせいか。。。

「シオヤキフウロ」
シオヤキフウロ1

シオヤキフウロ2
小さいけれど可愛い。

シオヤキフウロ、ユウゲショウ、キキョウソウ、マツバウンランなどの、
野の小花に惹かれる。

posted by けい at 06:59| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする