2019年09月22日

薪作りに懸命

このところ朝晩の気温が急降下している。
流石に12〜13℃というのは寒くて、長袖の重ね着である。
薪オーブンの稼働も近いだろう。
取り敢えずの薪は昨年からの持ち越し分で間に合うが、今回作っているもの
も少しでも長く乾燥させようと、kiiさんは懸命に作業している。
薪作り1

薪作り
今年こそ薪作りには早めに取り組もうと思っていたのだが、山に居れる日に
限って雨が多かったのは何とも仕方がない。

山桜とカツラが秋色になりつつある。
カツラと山桜
中央がカツラ、左端が山桜。

秋ミョウガはもう最終。
冷ややっこにはネギよりもミョウガが好きな私、簡単シバ漬けにも大量のミョ
ウガを使うから寂しくなる。
秋ミョウガ
早生のミョウガは花が咲いてしまうとボソボソになったりするが、秋ミョウガ
はしっかりしているので使いでがあるのもいい。

摘み終わって眺めまわし、秋ミョウガの領域をどう増やすかを算段している。
「此処から此処まで増やすからね!」
「え〜っ、一気に三倍にするの!?」
呆れかえっているkiiさんである。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:19| 奈良 | Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

ミニミニ道人会

野迫川村に居る北海道人はずっと私だけだったが、二年ほど前から私の年齢の
半分以下という若い女性がこの村に住まい始めたのをネットで繋げて戴けた。
なかなか出会う機会がないままで経年し、数日前にようやく想いが叶えられた
のだ。

ミニミニ道人会は和気あいあい。
彼女は栄養士でもあるので、話題も食に関するものから料理までと幅広く、
深夜まで話が尽きなかった。
ミニミニ道人会
本にも興味が大きいようで、共通の話題には事欠かないというのがとても
嬉しい。

道人会2
お土産の六花亭のお菓子の詰め合わせにも気づかいが偲ばれる。

「大平原」「北加伊道」「カステラ」「極楽」「べこ餅」「マルセイビスケッ
ト」
北海道の空気を懐かしみながら二人で戴きました♪
心から、ありがとう!!

最近は食べられる量が減っているのを理由に料理にも研究心が欠けていた私だ
が、若い人からの刺激を受けてもうひと頑張りするかなと思っている。
彼女の住いは南の端、我が家は北の端と遠方だが、同じ村内だもの、機会を
作って度々お会いしたいものだ。

初めてのお客様にあまり見苦しい所は見せられないと、二日間に渡ってkii
さんは必至の草刈りだった。(笑)
草刈り


ところで、今 秋ミョウガが実っている。
秋ミョウガは9月に入ってからという遅い収穫だが、このぷっくら丸々として
香り高い上質のミョウガを、今後は大いに増やしたい。
秋ミョウガ

今朝の気温は午前6時で13℃。
9月19日午前6時の気温
朝晩は窓を閉め切るほど、ずいぶん冷え込んできた。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 18:57| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

マツカゼソウやツルボ、ツルリンドウ

小さくて可愛くて大好きなのがマツカゼソウ。
微かな風にもゆらゆら揺れるから、こんな名前が付いたのだろうか?
マツカゼソウ1

マツカゼソウ2
目立たない、ほんとうに地味な花だ。

目立たないといえばツルリンドウもそう。
花は草に紛れ込んでよく見ないと判らない。
これが実が染まるころになると、独特の紅色になりとても美しいのだ。
ツルリンドウ

ツルボも雑草の中で抑え込まれるように小さくなっている。
慌てて救出作戦を遂行。
ツルボ
数か所で増えてはいるのだが、草抜きをこまめにしてやればもっと開花数も
多くなるだろうに。。。
たった一名、二本の腕だけでは管理が難しくなっているのが現状だ。

ウバユリとタカサゴユリは増えすぎてかなり整理した。
タカサゴユリ
どちらもイノシシは見向きもしないのだから不思議。
百合の根にも美味しい、不味いがあるのかしら?

再びのサラシナショウマ。
サラシナショウマ
もう一株のほうにたくさんの花が咲いていた。

これも再びのシキンカラマツ。
気付かなかった場所に遅ればせながらと幾株も咲いていた。
シキンカラマツ2

紅花ヒメコブシの枝の中にあって草丈は伸びきっていた。
屈みこんで作業するのが常なので、これじゃ分かりにくいよね。
シキンカラマツ1

先に咲いたシキンカラマツには実がつき始めていた。
シキンカラマツの実
変わった形状でしょ!?


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 05:32| 奈良 ☀| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

シュウカイドウの紅花と白花

シュウカイドウが賑やかに咲いている。
シュウカイドウ

シュウカイドウ2
今年は春先以降の獣害を防御できているので、吃驚するほどの増え方である。
日向へ日向へと、どんどんエリアを広げているのが頼もしい。

白花も日向へ出せばもっと増えるのだろうが、まだ株数が少ないので万が一
枯れたらと思うと手が出せずにいる。
シュウカイドウ白花

毎度のことだが白花の葉裏を今年も載せておこう。
シュウカイドウ白花
赤花のシュウカイドウの葉裏は緑一色だが、白花は葉裏から見た葉脈が赤いの
が何とも不思議だ。

草むらにホオズキがチラチラ。
草刈り部隊に切られてしまうのでかなり減ってしまったが、幾らかは健在
だったのでホッとしている。
ホオズキ
やはり、無いと寂しいものね。

アザミは庭仕事の際に痛くて悲鳴を上げてしまうのでなるべく切るようにして
いるのだが、「少しは残しておきなさいよ」とkiiさんはそんな私を恨めし
気に見やる。
アザミは、どれもお邪魔虫になる場所にばかり出てくる。
アザミ
春の山菜の天ぷらの一品として重宝するのは判っているが、痛いのには閉口
するのだ。

白花のシモツケが好きだが、実生から出てくるのは赤花が多い。
小さいけれど一株の白花を発見して喜んでいたが、先の記事のレンゲショウ
マの様子を見に行った際にもう一株発見した。
白花シモツケ
これもまだ小さいけれど、嬉しくてついにっこり。
「早く大きくなぁれ!!」


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 12:57| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする