2016年01月30日

呑みそびれた氷柱ロック

昼前に山入りしたが、雪はかなり融けていた。
ログハウスの東面にできていたあの大きな氷柱もすっかり消えてしまい、「よぅし、
今夜は氷柱ロックだ! さぞかし美味しいだろうなぁ。。。」と意気込んでいた私は
拍子抜け。

庭奥への小道。
1月30日(1)
白花のジンチョウゲが雪に押しつぶされている。

ログ前の庭。
1月30日(2)

陽受けのミニ菜園は雪がほとんど消え、かき菜が楽しめそうだ。
1月30日(3)

湧き水の二ケ所と谷からの融水が凍りついて止まっていたので、今日はその復旧が優先
事項だろうと覚悟して部品も購入してきたのだが、凍てが軽かったのか、今週が暖かかっ
たおかげか、自然復旧していたのが嬉しかった。
水が復活

JAで、野菜と卵を購入してきた。
寒さが生育にかなり影響しているのか、品数が少なかった。
JAにて
リーキを見るとつい手が伸びる。
焼いてオリーブオイルと塩でいただこうか、それともパスタにしようか。。。

そうそう、先日、町の住まいの近くの道の駅で「こぶタカナ」を見つけた。
こぶタカナ
ずっと憧れていたけれどなかなかお目に掛かれず、今回はじめて食したのだが感激した。
風味も旨さも最高でどんな料理にも使えそうだし、この秋は絶対に植えたい。

絶対に植えたいものといえば、「鬼あきた」と「激辛唐辛子」もそう。
鬼あきたと激辛
右の素直な形状のものが「鬼あきた」、左の歪みが多いものが「げきから」
植えたままでは完熟まで至らず、収穫後に追熟してやっと赤くなった。
これで芽がでるものかどうかはかなり疑問。
保存は紙袋のほうがいいのでしょうね?

今年は抜かりなく早めの苗作りを心がけなくてはと思う。

posted by けい at 20:09| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

雪のその後は?

私の仕事はひと山越えたけれど、気が抜けたのか体調を崩してしまい、今頃の報告に
なってしまった。ほんと、弛んでるわ。。。

月曜の朝の雪の様子。
1月25日朝

湿り気の少ない、箒で掃けるサラサラの雪。
箒で掃けるサラサラ雪

ログハウスの東面にできたツララ。
ログハウス東面のつらら

午前7時半ごろの積雪は29センチ。
午前7時半

午前8時
それから30分後に33センチ近くになったのを見て、これはいかん、帰られなくなるかも
と慌てて終いごとをして引き上げる。
雪はまだ舞っていたが、この後どのぐらいまで積もったのかは判らない。

帰路は下り坂が多いので怖かった。
4WDで冬用タイヤを履いているが、シフトダウンしながらそろそろと走る。
ある程度は除雪してくれているものの、その上に降り積もっているので路面の状況は
極めて悪し。
横に乗っているだけなのに身体中がバリバリになってしまった。
雪道と夜道は好きではないなぁ。。。

posted by けい at 09:48| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

雪が降ってます

昨夜暗くなってからの山入りは、足元はズブリと埋もれてしまうけれど積雪は思ったほど
ではなくて一安心。
敷地内道路にも入られない状況だろうと予測していたから、、、

取り敢えず必要なものだけを車から降ろして、冷え込んでいるログハウスを暖めるために
薪オーブンやファンヒーターをフル稼働するが、いったん冷えきってしまったログはなかなか
温もらない。
寒さに震えながら間に合わせの遅い夕食を済ませて寝たのだが、朝起きて「やっぱり!!」

雪が降ってます。
1月24日朝

只今の積雪はログのテラスに14センチ。
1月24日朝

今日一日でどれほどれほど積もるのか。
今は乾いた雪ではあるけれど、これが湿った重い雪に変わったりして雪倒木が無ければ
いいのだが。

冷え込んでいるだろうと思い、買い込んできた賀名生(あのう)の豆腐。
今回は二日だけしか充てられないけれど、上手くできそうな予感がする。
凍み豆腐
昨年はテンちゃんに齧られてしまったので、空中で作っている。

posted by けい at 07:47| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

久しぶりの手巻き寿司

この二週間、仕事上のデータ処理に追われていた。
ようやく目途がつき山入りした日曜日は、天気とは異なり気持ちは晴れ晴れ。
でも作業に取り組む元気はなく、身体の凝りをほぐすためにゆっくりと「極楽の湯」に
浸かり、夜は正月休暇の残りものも総動員して久々の手巻き寿司。
なにしろ準備がラクチンなんだもの。
手巻き寿司
海鮮類はカンパチ、ヒラマサ、赤海老、イクラ、数の子、鯛の松かさ造り。
お澄ましの替りに緩めの丼茶碗蒸し、これは残ったら温めて翌朝戴く。

私はヒラマサとイクラが大のお気に入り。
「その嬉しそうな顔、如何にも美味しいと言ってるね!!」とKiiさんが口にするほど。

若い人が一緒なら、此処に絶対に牛肉の甘煮やウィンナー、生ハム、シーチキンや甘焼き
の卵などが必要だろうね。。。

posted by けい at 07:53| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

クリロー苗をふたつ

JAに野菜と卵を買いに寄った折り、クリスマスローズの苗を見つけた。
つい目が行くものね。
「おぉぉ、イエロー系があるではないか。。。」

クリスマスローズ二種
イエロー系はまだ一株も植え込んでいなかったから、「イエローフラッシュ」と
「セミダブルイエロー」を即ゲット。

問題はラベルと同じ花が咲くかどうかなのだ。
花色が判る開花株は高価だし、この大きさの苗は翌年まで待たなければ花を確認できない
という難がある。

数年前に7株ほど購入した苗のうち、2株はまったく違うものが咲いた。
手持ちにないものが咲けばそれでも良しとするが、既に植え込んであるものと同じだった
ときはガックリする。

出荷元から間違えられているということもままあるが、ラベルを抜いて適当に戻す購買客も
いるから、ホッチキスなどで止め付けてはどうかと提案し、それを実践していただいているが、
今回のこのタイプの苗鉢はお初。
これにはホッチキスは無理だろうが、それならセロテープという手もあるだろうに。。。

それを聞きながらKiiさんが笑う。
「あの2株の恨みは、まだ癒えていないとみえるね」
そりゃぁ、そうですよ。
大好きなクリローのこと、それもダブルの苗として購入したものだったから決して安価では
なかったのに、従来の一重花が咲いたんだもの、忘れられるものですか。

posted by けい at 05:55| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

調味料調達ツアー

昨年は後半が結構忙しくて、調味料を買い出しに行く時間もなかなか取れず、、、
近場で間に合わせのものを購入してやり過ごしてきたけれど、ついに悲鳴をあげ回り道
して調達のツアーに出かけてきた。

上質の調味料と鮮度の高い食材が有れば料理の出来はほぼ計算がつく、、、と思う。
大まかで大胆な、言い換えれば繊細さにかなり欠ける私の料理を知る人は、「ふんふん」
と頷くに違いない。
で、買い込んできた調味料の数々がこれ。
調味料いろいろ
三河味醂、千鳥酢、ごま油は我が家の定番、あとは醤油、ソース類、七味、ざらめなどや、
目についた気になる缶詰も数種。
ソース類は、実山椒を漬け込んでちょっと変わった味わいにしてみようと思うので、大きい
ボトルで。

変な性格かなぁ、ずらり並んだ調味料を眺めていると気持ちが豊かになるんだよね〜


ところで、調味料絡みで吃驚したお話を。。。
正月休暇の終盤に煮味噌鍋を食べたくなり、コトコト煮込んで「旨そうだなぁ」
そこで困った、和からしが残り少ない。
いつも余分に数本置いてあるのだが、切れていたことにまったく気づかなかった。

所用で村役場に出かけた折、近所に雑貨店を見つけて入る。
和からし
出された和からしは「230円です」とキッパリ。
定価だろうとは思っていたが、これはちょっと高すぎない?

車で往復二時間掛けてスーパーに行くわけにもいかず、取りあえず買ってきたが、ネット
で調べると定価は190円。 プラス消費税ならいくらになる?
これって、ガソリン代込の山価格なのだろうか。
山価格を設定しなければならないほどの山岳地帯とも思えないけれど。

町に戻って早速したこと。
山の家用にわさびと和からしを5本ずつ買い込んだのだった。

posted by けい at 07:57| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

シモバシラの霜柱

枯葉色の山庭の朝はシモバシラの霜柱がとてもよく目立つ。
シモバシラ1
土を持ち上げる霜柱と異なり、真っ白で美しい。

スズランの邪魔になるからと何度も移植しているのだが、移植先ではなぜか元気がなく、
元の場所でいつの間にかまた勢いを増しているという困りもの。

困りもので尚且つ寒々感極めて強しということは横に置いておいて、庭の彩りには
なっている。
シモバシラ2
さてどうする?
またこんなに増えてきて。。。

タグ:シモバシラ
posted by けい at 18:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

仙台雪菜とタケノコ白菜のこと

年末はどきどき、びくびくしながら山入りした。

私は北海道十勝の生まれで澄まし雑煮に馴染んできたせいか、関西の白味噌のお雑煮は
どちらかというと苦手。
戴くことは戴くが自分で作るとなるとやはり澄まし仕立てになる。
長年のうちに家族の好みで変化してきた雑煮は、豪華にバ〜ンとイクラが乗る。
汁の実は小松菜・小芋・大根・ニンジン・絹さや・柚子、そしてお餅は焼いた丸の小餅。
三重県志摩半島出身のKiiさんも、今やしっかりそれに馴染んでしまった。

その雑煮の小松菜を仙台雪菜で代用できないものかと考え、秋から種を蒔き育ててきた
のだが、ひょっとして鹿やカモシカが侵入して無残な有様になっているのではないかと、
それで前述のドキドキ、ビクビクの山入りになったのだ。

前面道路の崖際にネットを張ってから獣害は免れているのだが、賢い彼らのこと、弱い
箇所を見つけでもしたら即座に侵入を図るのだから安心はできない。
しかも、知人の畑では丸大根が全部食べられてしまったと聞いていたから、不安は増す
ばかりだった。
仙台雪菜が食べられていたらどうしよう、小松菜は用意してきていないし、青菜が無けりゃ
雑煮にならないし。。。

仙台雪菜
無事な様子を見た時の嬉しさ!!
そして、お雑煮に利用した雪菜は「これは、、、わが家の雑煮はこれで決まりだね」と
絶賛の美味しさだった。

タケノコ白菜
タケノコ白菜も葉を摘み取り鍋や汁の実、お浸しに。。。

「旨さ抜群で虫も付きにくいというのがいいよね」とKiiさん。
「タケノコ白菜なんて植えるのぉ!? 美味しいとも思えないし場所が勿体ないよ」と
シラケていたくせに、なんという変わりよう?

虫取りも、勿論消毒の類も一切しない我が家では、手間要らずが一番嬉しい。
仙台雪菜とタケノコ白菜は一躍、我が家の冬の必須野菜の筆頭に躍り出たのだった。

大根はもう少し早く植えないと無理だね。
大根と蕪
大根おろしや汁の実、浅漬け程度には利用できるが、煮物の太さには育たなかった。
自家大根は細くても甘くて美味しいと自画自賛しながら、今日もおろしで戴こう。

posted by けい at 06:00| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

紅梅が数輪、クリローの花芽も

「けいさん、来てご覧よ。何と何と、、、梅が咲いているよ!!」
今年の初吃驚は早咲きの紅梅の開花だった。
紅梅1
我が家で一番に咲く梅がこの紅梅なのだが、それにしても早すぎる。

この調子では今年もまた梅は実を結ばないかもしれない、、、そう懸念しながらも、青空に
映える梅は何とも華やいだ気持ちになる。
紅梅2

クリスマスローズも早や何株か、花芽を立ち上げて色づいている。
クリスマスローズ1

クリスマスローズ2
「嘘でしょ!?」
重いどか雪に潰されなければいいのだけれど。。。

陽だまりでローンデージーが一輪。
ローンデージー

日中は温暖な年始だが朝晩はそれなりに冷え込み、凛とした中で冬の星たちが美しい。
ただ、冷え込むと言いながら例年の気温降下には至らず、今年初の凍み豆腐は出来栄えが
イマイチ。
凍み豆腐

続きを読む
posted by けい at 10:05| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

おめでとうございます


01

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

野迫川は晴天で暖かな年始。

カンパチとイクラをお供に過ごしています。
02

posted by けい at 13:39| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする