2016年09月23日

庭の様子は。。。

花たちは数少なくなってはいるけれど、それなりに咲いて楽しませてくれているのだが、庭を
巡り手入れする筈の私自身が、この二週間というもの左膝が半固定状態になっていたため、
その間にどこもかしこも草だらけで、立ち入ることができなくなってしまった。
おまけに刈払機も故障になり修理に出さなくてはならないという有様。
前の刈払機は10年ももったというのに、今回のものは三年目でダウン。
たまたま当たりが悪かったということかもしれないが、このメーカーのものは二度と
買わないぞと固く心に決めたのである。

庭奥への小道も草だらけ
草だらけの庭奥への小道

フッと見上げると、こんなところにもアケボノソウが咲いていたから吃驚した。
アケボノソウ1
日向へ、日向へ、、、それも今までに見たことがないほど草丈が高く株の張りも大きい。

アケボノソウ2

アケボノソウ3

シュウカイドウも真っ盛り。
「紅花」
シュウカイドウ赤花1

シュウカイドウ赤花2

庭には紅花が多いのだが、白花も徐々に復活してきている。
シュウカイドウ白花1

いつも思うのだが紅花の葉裏は緑、白花の葉の裏が赤というのが面白いでしょ♪
シュウカイドウ白花2

これは吉野アザミ
吉野アザミ
優しい雰囲気が好きで抜けずにいるけれど、葉の棘はやはり痛い。
「このアザミ、邪魔なんだけど抜いたらダメなの?」とKiiさんは恨めし気である。

ミナヅキは剪定しなくてはならないのだが、まだ新しい花が咲いているので躊躇している。
ミナヅキ
足元が草だらけなので蛇(マムシ)が怖いというのも躊躇の一端だけれど。

コムラサキが色づいてきた。
長らく入っていないが、裏山のムラサキシキブは健在だろうか。
コムラサキ

山はもう秋。。。

posted by けい at 11:28| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2016年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

菜園の今とブルーベリーやキウィ

蒔いた種はどれも無事に発芽したけれど、さて、天気の具合がイマイチなので今後の生育は
どうだろうか。
スクスク

本葉が出たばかりだというのに、もう早や、菜飯を思い浮かべている。
打木源助大根
これは「打木源助大根」
秋冬野菜は北海道に準ずるで種を選択するようにしているが、大根は試行錯誤しながら
やっと「打木源助大根」に行きついたのである。
うちの環境にはこれがとてもよく合うのだ。
今年は北海道の「大野紅丸かぶ」も蒔いてみたが、果たして出来は如何に。

花豆は2m50cmの支柱の先まで伸び、元気いっぱいでまだ花を咲かせている。
紫花豆
今咲いている花にも実がつくのか、興味津々で眺めている。

ミニ菜園の傍らに見慣れない葉を発見。
アボカド1
「これ木だよね、何だろう?」
アボカド2
「ほら、根元を見てごらんよ。アボカドの種とか此処に捨てたんじゃないの?」
「ほんと、アボカドみたいだね!」
寒さには弱いから、鉢上げしてみようか。観葉植物ぐらいにはなるかもしれない。

まだ少し色が薄いようだが、雨が続きそうなので山椒の実を摘んだ。
山椒1
少し干しておくと実が弾けて種が見えてくる。
山椒2
種と皮を取り外し丁寧に掃除するのが大手間なのだが、この粉山椒はゆうちゃんの好物
と聞けばKiiさんの力も入るというもの。

今年のブルーベリーはスズメバチに食い荒らされ雨で裂果しと、悲惨である。
ブルーベリー
生食用には向かないのでジャムにする。

カリンも今のところは豊作のようだが、台風の影響でどうなることか。
カリンの実

キウィフルーツはそこそこの実生りだが、大小が極端。
キウィフルーツ1

キウィの実が防獣ネットの外の県道に落ちていた。
キウィフルーツ2
先日村の知人から「きぃさんちの辺りに猿の群れが居たらしいよ」と連絡が有った。
気をつけて見ているのだがまだ視認はできていない。
猿軍団の仕業なら一個ということはないだろうし、カラスの仕業だろうか。
防鳥ネットを張ることもできないし、参ったなぁ。

ヤマボウシの実
ヤマボウシの実

*********************
白浜のアドベンチャーワールドでまた赤ちゃんパンダが生まれたそうな。。。
9月18日の未明というからほやほや。
それにしても凄いね!!
良浜(らうひん)は五度目の出産で8頭のお母さんなんですって。
二年ごとに生まれているから、ひょっとして今年もそんなニュースを聞けるかななんて
話していたのだけれど、、、
赤ちゃんパンダが公開されるようになったら、また訪れたいなぁ。

posted by けい at 21:16| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

ご無沙汰いたしました。

崩していた体調がやっと戻ってきたと思ったら、今度はパソコンが不調になり、ネットに
繋がらなくなったのには参った。
その間に一気に涼しくなりと言いたいところだが、山はもう朝晩が寒いぐらいである。
長袖のジャージーを羽織って丁度いいぐらい。

私がぐずぐずしているのでKiiさんに何かと負担が掛かっているが、ここは仕方がないと
甘えている。

畝を作り種を蒔き、、、
畝作り
画像の右下にあるのは唐辛子

唐辛子
どちらが「鬼あきた」か「げきから」か、まったく判らなくなってしまった。

今年蒔いたのは
種1

この種を置いてある長椅子に居たのが、絶対に遭遇したくないもののひとつ。
種2
風が強かった日にこの長椅子の上に焚きつけに使う新聞紙が飛んでいたのだが、片付け
ようとしてその下にチビのマムシを見たから仰天した。
丁度いい陰になっていたらしくいかにも心地よさ気だったが、速やかに退去していただく。

野川の赤芋も収穫
野川の赤芋
ほとんどを来年用の種芋に残し、少しだけ茹でて食べてみた。
「あぁ、これ美味しいね!」
味わいは上々で、山の気候に合う丈夫さが嬉しい。

花豆の今は、、、
花豆1 花豆2 花豆3
高温下では実が付きにくく気難しい豆とのことだったが、すくすくと育っている。
これなら来年用の種ぐらいは収穫できるかもしれない、いや、少しなら食べられるかもと、
だんだん欲が出てきた二人である。

蒔いた種が発芽してきた。
種まき
収穫は勿論だけれど、この発芽の時というのがまた何ともいえない嬉しさなのよね。。。

posted by けい at 15:30| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

久しぶりのコリアンタウン

「久しぶりに本物のキムチが食べたいよね」
少し前から時々そんな言葉を口に出し始めていた二人だったから、仕事がポッカリ空いた日、
これ幸いと猪飼野のコリアンタウンまで出かけた。

スーパーなどで売っているキムチもそこそこは美味しいと思うが、妙に甘いものがあったり
してどうも好きになれない。
Kiiさんに至っては見ただけで顔を顰めるのだ。

キムチ
「キムチの他に何か要る?」と訊くと「キムチだけでいい」とまったく愛想がないから
つまらない。
もっとも、いろいろたくさん買い込んでも二人所帯では食べる量は知れているから、無駄に
することもないのだが、食い意地が張っている私は何でも少しずつ食べてみたいと思うのだ。

今回はトラジ(トラジとはキキョウのこ)の根のキムチを見つけたので最低量を買い求めた。
これがコリコリ感と相まってじつに味わい深く、すっかり虜になってしまった。
(↑ただし、私のみである)

他には毎回恒例の豆もやしを2キロ。
豆もやし
早速ナムルにする。

キムチはあれこれと調理に応用が利くので好きだ。
困った時のキムチ頼み、、、なんてね。

キムチとナムルが数種あると石焼きビビンバだね。
夜間は冷え込んできた山の家、今年は例年よりも早く薪オーブンに火が入ることになり
そうだ。

posted by けい at 17:40| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする