2017年02月28日

雪解けの庭

奈良にしては結構降り積もったあの雪も、さすが紀州の太陽はせっせと融かして
くれている。
快晴

日陰にはまだ白いものが残っているが、日向は融けてぐちゅぐちゅ。
雪解け1

先の積雪は一気だったせいか、雪折れの木々が多い。
沈丁花
敷地内は落葉樹が多いのだが、好きで植えている椿類や白花の沈丁花などの常緑の
ものが痛々しい。

クリスマスローズエリア
葉の折れが結構多い。
クリスマスローズ2

花芽が上がってきた。
クリスマスローズ3
この株は黄色の八重。

スノードロップももうすぐ開花する。
スノードロップ

空気はまだ冷たいが、陽の光が明るさを増すと鳥たちの声が急に賑やかになって
きた。
雪はもう降らないかな。
春はもうすぐそこだね。(と思いたい。。。)

タグ:2017庭
posted by けい at 16:36| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

ゆで卵グッズ二点

先日、図書館に行った折に、その近くに新しく開店した100均に立ち寄った。
国内最大手の、あのヒャッキンである。

いろいろ買い込んでしまうのでなるべく行かない様にしているのだが、この日は
事務用品をいくつか買う予定があり、メモ持参でこれ以外には目を向けないぞと。。。

でも、決心も空しくフラフラとつい彷徨ってしまい、「アレッ、これいいかも」と
手にしたのがゆで卵関連グッズ二点。

「卵の穴あけ器」と「黄身の固さが一目でわかる」というもの。
ゆで卵グッズ1

ゆで卵って難しくない?
時間はきっちり計っていても、水の冷たさや加熱状態でも微妙で、バッチリいった
ときは小躍りしたくなるのだ。

これは卵の丸いほうをピンに押し付けて穴をあけるようになっている。
丸いほうをコンッと打って小さくヒビ入らせていたが、つい力が入りすぎたり
していたから、これならいいかも。。。

早速使ってみた。
ゆで卵グッズ2
卵と一緒に入れたひよこちゃんの色の変化で、半生、半熟、固ゆでと茹で加減が
判る。
これは面白い!!

結果、、、
慣れていないせいか、初回はうまく剥けなかった。
卵をもう少ししっかりピンに押さえこんだほうがいいのかもしれない。
割れることはないのだろうが、つい加減してしまうのだ。
それに、固ゆでサインが出てすぐに上げてしまったので、茹でかたも足りなかった。
自分の好きな状態に茹で上げるためには、サインから何分という自分なりの目安が
必要なのかも。
それにしても、、、便利なものを考え出すものだ。

posted by けい at 10:17| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

覚悟が足りなかった...

デッキの上は酒箱の手前まで雪かきしてあったのだが、一夜明けるとまた
20センチほど積もっていた。
2月12日朝1
計60センチ弱の雪に悲鳴をあげているのだから情けない。

雪かきの後遺症か、腕が上がらなくなっている。
昨年はちらつく程度の雪だったし、予報でもこんなに降るとは言っていなかった
から、覚悟が足りなかった。
「これしきの雪に泣き言を言ってどうする、私は雪国の女ぞ!」
「昔はね。。。」とKiiさん。

2月12日朝2

すっぽりと真白の中のログハウス。
2月12日朝3

今は重い湿った雪に変化して、恐いのは倒木。
我が家の杉も危ういのが何本か出て来ている。
2月12日朝4
どうかログハウスに直撃しませんように、早く融けてくれますように。。。

posted by けい at 20:29| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

雪疲れ。。。

うっすらと雪化粧した町の家を出て、早く山の家に着きたいと心急いていた。
9日朝の山の雪を目にしていたから多少の予測はしていたのだが、、、

道中の山麓線から混乱が始まった。
山麓線1
こんな状況の中をノーマルタイヤで走行できるはずもないのに、何台もの車が
立ち往生して道を塞いでしまい、、、
山麓線2
勝手に滑る車にはまったく処置なしで、自身は万全に対策していても恐ろしい。
こんなシーンがあちこちで見られた。
何とか脇をすり抜け、怖い思いをしながら低速・安全運転でひたすら野迫川へ。

ひゃぁ、えらいこっちゃね!!
ポストの上の雪の厚みにギョッとさせられる。
2月11日1

前面の道路は県道なので除雪してもらえるのはありがたいのだが、除雪された
雪を片付けなければ敷地内には入られない。
2月11日午前11時

予測してスコップと長靴を車に積んでいたのが幸いだった。
2月11日2

2月11日3
雪除け道具を取りに入ったkiiさんの、膝まですっぽりと雪の中。

昨年は雪がほとんど積もらなかったので安心していたらこの有様。
車が入る場所と、荷物を運べるようにと細い通路を除雪するのに二人で二時間
たっぷりかかる。

40センチの雪でヒィヒィ言っているのだから、雪深い地域の大変さはいかばかり
だろう。

さて、、、
雪はまだ激しく降ったり小休止したり。
2月11日4
明日はどうなることか?

posted by けい at 18:26| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

雪が降ってます

「雪が解けてきたから、やっと外の作業にかかれるね」
そう話していたのは昼前のことだった。
ミニ菜園の昼の様子

午後から薄暗くなり、「あぁ、俄雨があるという予報だったな。。。」と思って
いたら、雨どころか雪模様。
今日の天気1

現在は、、、
今日の天気3

今日の天気2

雪片が大きくなり今夜は積もる気配。
今日の天気4
また作業が遅れるよ〜〜

4日は誕生日だった。
我が家ではその日、当事者の好きなものを夕食に乗せるのが習なのだが、
フグかカニかと散々迷った末に結局カンパチにした。
カンパチなら、刺身に手巻き寿司、魚しゃぶと何日も楽しめるものね。
カンパチとタラの白子
全長70センチのカンパチは食べごたえがある。
カンパチだけではかわいそうだと(そんなことはないのだが、確かにフグやカニ
よりは価格は低い)kiiさんが北海道産のタラの白子を追加してくれた。


戴きもののイチゴはまだ名称が付いていない阿蘇のもの。
イチゴ
これはイチゴ大好きの孫たちへの宅急便にした。

早や、若ごぼうが店頭に並んでいた。
若ごぼう
若ごぼうはkiiさんの大好物、揚げさんと一緒に煮ようかな。

posted by けい at 18:58| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

高槻うどんギョーザ

知人から「高槻うどんギョーザ」というのを知っていたら教えて〜と尋ねられた。
うどんがどうしてギョーザと結びつくのか。。。
ありえないでしょ!!

ネットで調べると結構出てくる。
「高槻うどんギョーザの会」なるものもあるそうな。
そこには大阪府・高槻市北部で昭和50年代半ばより脈々と愛されてきた家庭料理
とある。
見た目はお好み焼き、味は「ギョーザ」というのが特徴とか。
長年大阪に在住してきたけれど、知らないよ〜、初めて聞いたよ〜
ますます???になり、なおも調査を進める。
 
ネットの百科事典「ウィキペディア」にまでその名を見つけて仰天した。
「ウィキペディア」によると、
高槻に長年住む大半の人が「食べたこと無い」「そんなの最近まで知らなかった」
という感想であり、御当地料理と言うにはあまりにも限定的過ぎて馴染みのない
物で困惑している人が多く、(中略)「御当地料理の捏造では無いか」「勝手に
その様な食べ物が高槻の顔にされるのは困る」と不満に思う人がかなり多いのも
事実であるような。

ネットの画像を見る、、、これ、あまり食指が動くという代物ではないよね。

再び「ウィキペディア」によると、
ひき肉や卵、ニラなどのぎょうざのたねに茹でて細かく刻んだうどんを混ぜ、
一口大にしてフライパンで焼く。 出来上がりは、まるでチヂミのようだと
言われ、ギョーザのタレやポン酢、大根おろしなど様々なものをつけて食べる。
外はカリっと、中はしっとりした食感とともに、ほどよく焼けたうどんが具材の
うまみを引き立たせるのが重要であるという。

たまたまチヂミを作る予定だった。
明日は特製うどんすきにしようと鍋用のうどんも冷蔵庫にある。
しかも翌々日にはギョーザを作ろうと思い、豚のミンチもニラも買い込んで
あった。
材料は全部揃うのだから、食べたことはないが、自己流の高槻うどんギョーザ
を作ってみよう。
しかし、、、このネーミングはどうだろう。
「うどんギョーザというのは、いかにももっさりしていて戴けないなぁ」
とぶつぶつ言いながら。。。

ギョーザうどん1

外はカリッ、中はしっとり、、、
ギョーザうどん2
見た目は首を傾げたくなるけれど、これっていけるんじゃない?
うどんやギョーザだと思うからミスマッチの印象が先に立つけれど、別ものだと
思えばなかなかにいける。
手間いらずで美味しいとなれば、我が家のメニューに取り入れるのに否応はない。
おまけに、豚の赤身ミンチを利用しているのでヘルシー。
レシピにはなかったがキャベツを浅塩で揉み、しっかり水を絞ってかなり大量に
入れ、香辛料も自己流に追加。
だからいっそうヘルシーになり、我が家のメニューとして完全に定着しそうである。

食後、Kiiさんがポツリとひと言。
「どちらかといえば、やっぱりギョーザが好きかなぁ。。。」

posted by けい at 17:33| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする