2017年07月29日

恐るべし、熱中症!

月曜日の朝、ドクダミを干すために束ねたり洗濯も片づけたりで、外仕事に出るのが少し
遅くなったのだが、カァ〜ッと照り付けてはいないので、日陰を選んで二時間ばかり庭の
草抜きをした。
途中で二度水分補給をしたが少ししんどいかなと感じたので、11時には作業を切り上げ、
今日は午後の作業を止めておこう、と涼しいログの中でゆっくり過ごす。

夕食を作ろう、美味しいものが食べたいけれど何にしようかな、と台所に立った時に異変
が起きた。
激しいめまいがして玉のような汗が噴き出し滝のように流れる、きつい嘔吐と下痢が伴う、
身体から水分がみんな抜け出ていくような感覚。
倒れ込んでしまい這わなければ動けず、自身の体が全くコントロール不能になってしまっ
たのだ。
病院嫌いの私が、「診療所に行く!」と言ったらしい。
診療時間を過ぎていたが、たまたま医師が居て診てくださることになり、慌てて車を出し
駈けつける。
即、点滴になったのだが、、、
小脳梗塞の疑いがあり救急でMRI検査ができる病院に搬送するという。
朦朧としながら、「小脳梗塞ってなんで私が??なんだかエライことになってきたな」
泊まることになるかもしれないのでkiiさんは急遽立ち帰り、取り敢えず必要なもの
を用意して、救急車の到着を待つ。

救急車に患者として乗るのは初体験だが、搬送先の病院まで一時間ほど掛かるそうで、
しかも、救急車は非常に乗り心地が悪くガタガタと振動が激しい。
ぐったりしながらも
そうだ、救急車は町では無料だが野迫川村は有料だったんだ。

請求書が怖いなぁ。

やれやれ、終活を考えなきゃいけないのに、整理するどころか

また本を買っちゃってるよ。



こんなときに何を考えているんだかと苦笑する。。。
(救急車の件に関しては追記にて訂正!)

そうこうしているうちにH市市民病院の救急に着く。
ずっと点滴をしていたおかげかその頃には、ふらつきや嘔吐は有るものの汗はほとんど
治まり、着替えさせてもらい検査室へ。
MRIも初体験だが、あれは非常に心地悪いものだ。
閉塞感が大きく不快な音が連続する。
そのせいか15分ほどの検査だと聞いていたが、もっと長く続いた感がある。
結果を待つ間に心電図をとり、やがて付添いの方入ってくださいと声を掛けられて宣告を
待つ。
「搬送元から小脳梗塞の疑いあり、MRI検査をとの指示があったので検査しましたが、
まったく、綺麗でしたよ。心電図にも何の心配もありません。治まってきたようなので
帰宅していいですが、まだふらつくようですからめまいの薬だけ出しておきましょう」

自販機で水を買い薬を飲み、深夜の道を山の家へとひた走る。
途中、大塔の坂本で深夜の水道工事のために走行規制をしていた。
12時まで通行できませんとのことで、待ち時間の一時間が相当に堪えた。
こんなのに引っかかるなんてほんとうについていないね。

それにしても、kiiさんが山の家に来ていた時でよかった。
一人ではどうにもならなかった。

kiiさんの厳命有り、ただいま養生中。
嘔吐がきつかったので喉がまだひりついているし、体調も万全ではないけれど、めまいや
体のふらつきは収まったし、食欲も少し出てきたのでもう大丈夫だろう。
しかし、きつかったなぁ。
「これで我が人生は終わりか。。。」と覚悟を決めたもの。
「気をつけるようにと何度も言ってるでしょ。元々が頑丈だからこのぐらいで済んだもの
の、しっかりしてくださいよ!!」
充分気をつけていたつもりだし、まさか自分が熱中症になるなんて、考えもしなかった。

「心臓も頭の中もとっても綺麗だというお墨付きを貰ったのだから、これで自信が持てる
よ!!」
と言ったら、即座に「慢心するな!!」と叱られてしまった。

ところで、小脳梗塞には確かにめまいや頭痛、ふらつき、嘔吐という症状が現れるそうだ。
玉のような汗が噴き出るというのが熱中症との違いなのだろうか。


自然と共に暮らす喜びも健康でなくては得られない。
そんなことをしみじみと感じている。

追記を読む
ラベル:熱中症
posted by けい at 06:20| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

梅の実を漬けこむ

白加賀は山を留守にしている間に摘み頃になってしまうだろうと、仕方なく摘んで追熟した。

白加賀を摘む1
収穫の時のkiiさんはいつも嬉々としている。

ほら、見てごらんよ。同じ木でこんなに大きさが違うんだよ。
白加賀を摘む2

先々週の雨続きでずいぶん落果があり、この白加賀からは計9キロ。
白加賀
昨年と比べると半量である。

もう一株の白加賀は昨年からようやく実が生りだしたのだが、こちらは1キロ。
この株は大きな実なのが不思議。(画像の右側)
白加賀と早咲きの紅梅の実
左側のザルは早咲きの紅梅だが雨で裂果してしまった。
これなら摘むこともなかったのにね。

右のザルの豊後は2キロ。
大小が激しい。
豊後
左は藤五郎や八つ房。
天候に左右されるのは仕方がないが、これも大方の実は落ちてしまい、カリカリ小梅にも
できないほどの量だ。
もう一株有る豊後は伸びもせず枯れもせず、「いったいどっちにしたいの!?」と言い
たくなる。

頼みとするのは三株の南高梅。
カモシカに齧られ続けてなかなか成長しなかったが、少し元気になってきた。
梅のエキスが作れるほどに早く実ってほしいものだ。
もう果樹は植えないと言いつつ、「花香実」が欲しいと未練気にカタログを眺めている
私である。

と、此処までが一昨日までの梅の実情報。

追熟した梅を昨日ようやく塩漬けにした。
追熟した梅
昨年は20キロほどの収量があったので、落果や傷みを除いて12キロというのは少ない
が、昨年の梅干しは大事にしてきて2割程度残っていることを考えるとマッ、いいか。
それに、戴いて先に漬けた3キロの吉野の梅がある。

しかし、世間では土用干しだというのに、我が家は今頃塩漬けだものね。。。

来年は梅干しはそこそこの量にして、大きな実を摘み集めて梅のエキスづくりをしよう。
絶対に!!

posted by けい at 05:25| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

半夏生と八重咲のドクダミやユキノシタ

私の体温よりも高い36〜37℃という酷暑の町で数日を過ごし、バテバテになって山入り
した。

現在の気温は風防室の軒下で19℃。
微かに空気が動くのが気持ちよくてログハウスの窓を開け放していたが、風がひんやりして
いるので締めてしまう。
エアコンも扇風機も要らない、この涼しさがこの村の一番の宝物だといつも思う。

***************
田原本からお嫁入してきた八重咲のドクダミ。
一度消えてしまい大慌て、ログハウスへの階段脇を八重咲のドクダミエリアにして、大事に
育ててきたがようやく安定してきた様子だ。
八重咲ドクダミ3

これが標準の八重咲なのだが、
八重咲ドクダミ1

今年は緑色を帯びた花が数多く出現して、首を傾げている。
八重咲ドクダミ2
これはこれで美しいのだけれど。。。

八重咲のユキノシタ
八重咲ユキノシタ1
なかなか増える気配がなくハラハラさせられたが、少しだけ広がっていた。

八重咲ユキノシタ2
ユキノシタは天ぷらにすると美味しいのですってね。
でもこの八重咲は、もったいなくてちょっと食べられない。

ハンゲショウは元の場所から飛び出して通路に出張り、大場を占領してこの有様。
ハンゲショウ1

ハンゲショウ2
この庭奥への小道の突き当り付近は、ハンゲショウとクマザサの世界になりつつある。

posted by けい at 05:15| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

ササユリのこと

春にカモシカに入られた際に食べられたものの中で、一番残念だったのは大きく育って
いたササユリだった。
自生のものはどれも大切だけれど、ササユリは何よりも大事にしてきたものだったから、
喪失感は大きかった。
幸い球根は残っているので、雨が入って傷んだりしないように気を付けている。

これは山の庭で最も古株のササユリ。
ササユリ1

「菜園の上の土手にササユリが咲いていたのを知っていた?」とkiiさん。
「あっ、あそこの咲き出してた?? まだ小さいのに咲くなんて吃驚だね。嬉しいなぁ」
サツキが咲いているこの少し向こうに、確か5、6本のササユリの芽が出ていた。
サツキ
この辺りだったけれどと、探しても見当たらない、、、

ミョウガ畑のずっと外れまで探し歩く。
あぁ、こんな所にも有ったのか。旬は過ぎているけれど、綺麗だね。
ササユリ2
しかし、おかしいなぁ、苗を発見したのはこんな場所ではなかったし、それに一株だけ
ということはないし。

そこで、ハタッと気づいたのだ。
kiiさん、ひょっとして土手の草刈りをしてササユリも刈ってしまったんじゃない!?
血相を変えて詰問する私。
「いやぁ、じつはその、ごめん!」とkiiさん。
ほんとにもう、何をしてくれるのよ!!

サツキもそうなのだが、この土手は自生種がチョコチョコ出現する場所。
そういえば、昨年はカラスウリを刈られてしまったのだった。
ササユリが群生しそうな気配に大喜びしていたのに、ガックリしている。。。

ラベル:ササユリ サツキ
posted by けい at 17:09| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

花豆が咲き始めた

今のところ順調に成長しているかに見える花豆。
昨年は長雨で実が傷み気を揉まされたものだったが、今年はどうなるだろうか。

「紫花豆」
紫花豆
「白花豆」
白花豆
花豆軍団がずらり並んでいる様は壮観である。

今日の収穫
今日の収穫
少し間が空いた山の畑だったが、キュウリ15本にはずっこけた。
毎食キュウリだね。
そういえば、干しキュウリのパスタって美味しかった記憶があるなぁ。
ミニトマトや中玉トマトも採れ始めたが、中玉トマトはもう少し大きめを予測していた。
昨年と同じ所で苗を買ったのだが、違うものだね。

カボチャの雄花が咲いたら雌花が無い、雌花が咲いたのに雄花が無い、ずっとそんな繰り
返しだったが、やっとうまくいったのかな。
カボチャ
大きくなってくれたら嬉しいのだけれど。

雨で倒れてぐちゃぐたになったジャガイモの葉陰にショウガの芽が出てきた。
ショウガの芽
kiiさんが先日少し掘ってみたら根が出ていたそうで、腐ってはいなかったと安心は
していたが、芽を見てホッとした。

北海道からお嫁入してきた畑わさび。
畑ワサビ
以前に戴いたのは弱り気味だったのだが元気に伸びだして、これなら今年は食べられそう。
今年戴いたものも可愛い芽を出して、すくすくと育ってきた。
嬉しいなぁ。。。

ディルの花が咲き続けている。
ディルの花
美しいなぁ。
料理に利用するのはどちらかというと和製ハーブと呼ばれるものに偏る。
洋のハーブはイタリアンパセリやパセリ、レモンバウム、バジル以外はあまり使わないが、
花を見たくて植えているものが多い。
ディルもそう。

ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウは花の仲間?
綺麗な花なので一瞬躊躇するが、食べられるものなので我が家では「庭の花」の扱いは
されていない。
というよりも、山菜や食べられる野草は庭の花や木よりも格上になるというところが、
他人にはどうにも解せないらしい。。。

図鑑で見ると、ヤブカンゾウはノカンゾウよりも逞しい雰囲気だが、ノカンゾウの花も
見てみたい。
初春の食べ比べもしてみたいものだ。

posted by けい at 18:56| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

英彦山ヒメシャラや桃色夏椿・夏椿

ヒメシャラ、英彦山ヒメシャラ、桃色夏椿、夏椿と、大好きな木花たちが次々咲いて
賑やかな山の庭である。
四種とも花は似ているのだが、一番好みなのが「英彦山ヒメシャラ」
なんといっても雰囲気がいい。
英彦山ヒメシャラ4

英彦山ヒメシャラ3

樹高を高くしてしまったので木々の間にかすかに花が見えるだけ。
英彦山ヒメシャラ2
しまった!と思っている。

この英彦山ヒメシャラ、挿し木はうまくいかないし、実生苗もなかなか出てこない。
夏椿やヒメシャラは好き勝手な場所に一人生えが出てくるのに。。。

「桃色夏椿」にもどっさりの花
桃色夏椿1

桃色夏椿2

「夏椿」
夏椿1

夏椿2

庭奥への小道の脇には「夏椿」と「ヒメシャラ」が各二株ある。
そういえばヒメシャラの写真を撮りそびれていた。
小道に降り敷いた花。
夏椿3
町のアスファルト道路ならゴミ扱いされるのだろうが、山の庭ではちょっと素敵な光景♪
踏むのが可哀そうになって遠く回り道をする。。。

じつはこれらの木々が「鬱蒼とした庭」の一因になっているのだけれど、どれも高木に
なり伐るに伐れない。
山の庭にはヒメシャラが二株、英彦山ヒメシャラと桃色夏椿が各一株、夏椿が六株。
加齢とともに根性尽きつつある自身を呪いながら、諦めつつ見上げている。

posted by けい at 13:32| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

私もミーハーです

大阪府下T市の図書館にはパソコン関係の適当な蔵書が極めて少なく、参考書を買いたいと
思っても近くにはちゃんとした書店がないと嘆いていたら、イオンに喜久屋書店が入っている
と知り、阿倍野の喜久屋書店は相当量の扱いだったが此処はどうかと行ってみて驚いた。
「おぉ、こんな本も、いやぁ、こんな本もある。驚いたなぁ!」
取扱書の内容はかなり厚い。
昔はパソコンの説明書もソフトについていたのに、いつの間にか「ネットで見よ!」
だもんね。
紙の本でないと頭に入らない昔人間にはつらいものがあるのだ。
時間をかけて数冊を選び、レジを済ませて、「あれkiiさんは何処に?」

ここでタイトルにあるミーハーが登場するのである。
史上最年少プロ棋士、デビュー戦以来公式戦連勝を続け、歴代の記録を30年ぶりに
塗り替え世間の耳目を集めている藤井聡太四段。
残念ながら、連勝は佐々木勇気五段に敗れてストップしたけれど、佐々木五段の
コメントが良かったね。
「プレッシャーは感じたが、私たちの世代の意地を見せたいと思ったので、壁になれて
良かったです」
そして、敗者を称える言葉にも温かさを感じた。
その一敗を挟んでまた勝っている藤井君、勝率をどこまで上げるのかとそれも楽しみだ。
と、私も俄か将棋ファン、ミーハーの仲間入りをしている。

ネットで将棋の盤面を見ては「この駒はなぜこんな動きをするの?」「どうしてこれが
こうなるの?」「これはいい手?これはなんでいけない手なの?」
観戦中のkiiさんにかなりしつこく訊くものだから、相当に閉口していたらしい。

喜久屋書店で買った本

「これ、プレゼントするから、少し自主学習してください!」
手渡されたのは羽生善治氏監修の初心者向けの将棋の本。
超初心者にはこれでも難しいけれど、それなりにとても面白い。
好きな読書も捨て置いて、はまり込んでいる私なのである。

朝日新聞の土曜日の朝刊に別紙折込で「be」が入るのだが、これは内容が多岐に亘って
いてとても面白い。
今日のトップ記事「フロントランナー」は藤井さんだった。
自宅居間のソファで寛ぐ姿は、対局の厳しい表情とは別人に思えるほどのやわらかい
笑顔だった。

posted by けい at 13:19| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆本や映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

雨上がりにはバーベキューを

「今夜は雨も降らないようだし、外で食べようか、、、」
山沿いのせいか天気予報はあまり当たらず、このところの雨続きでなかなか
外(そと)食ができなかったが、庭に舞う蛍を楽しみながらの簡単バーベキューを
しようということに。
簡単バーベキュー
有り合わせの食材を解凍、野菜も残り物だけだが、タレだけはきちんと作った。

今日はひと仕事を終えて気分爽快。
ようやくログ前の庭から「ナニワノイバラ」を一掃できたのだ。
ナニワノイバラを一掃した
鋭い棘に手こずり、強情な枝や根にも参った。。。
手や腕など手袋や着衣を通して刺されるので傷だらけである。

ナニワノイバラに押しつぶされていた椿やアジサイが、哀れな姿になっていた。
長い間お疲れ様、ごめんね!
ナニワノイバラは、無粋なネットを少しでも隠したいと、敷地を囲む防獣ネット脇に
移植した。

早生のブルーベリーは株数が少ないのだが、収穫できるようになってきた。
早生のブルーベリー
梅雨時期に当たるので裂果が激しい筈だが、その気配もなく???になっている。
スズメバチにもまだ目をつけられず、まともな実を口にできるのが嬉しい。
品種のせいか、味わいがアッサリめなのがイマイチだが。。。

我が家のミニ菜園からも少しずつ収穫できるようになってきた。
摘んできたもの
黄色のパプリカとシシトウを植えたはずなのに、パプリカは時間が経っても緑のまま、
シシトウはまるで万願寺の食感。どうして?

他にはキュウリが二本、写真を撮る前に塩で揉んで食べてしまった。
採りたては美味しいね!!

JAで不思議なものを見つけた。
かんぴょう
「かんぴょう」なんですってね。
作り方も教わってきたがさてどうなることか。
上手くできる予感は全くない。

雨の日にはニンニク醤油を漬けた。
ニンニク醤油
このニンニク醤油はいろんな調理にお役立ちなのである。
ちょい足しで味が引き立つ。
特にkiiさん特製の鶏玉(トリタマ)には欠かせないものなのだ。

戴きもののサクランボとマンゴーは娘宅への宅急便に。
戴きもの
大きなサクランボに吃驚した。

posted by けい at 06:59| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

アイリスの仲間たち

雨の中で花菖蒲が美しい。
花菖蒲1

花菖蒲2

花菖蒲3
花菖蒲は湿っぽい場所が適していると聞くが、どうなのだろう。
我が家では普通に庭に植えたままだが、それでも元気に増えて花開いているのが不思議。

こんな所に植えた覚えはないのだけれど。。。
野花菖蒲?
スッキリと伸びた姿、野花菖蒲だろうか?

晴れ続きで辟易していたら、今度は雨ばかり。
自然は適度ということを知らないのか、、、

先日から咲いていたアイリスの仲間たち。
「イリスクリスタータ」
イリスクリスタータ1

イリスクリスタータ2

「三寸アヤメ」
三寸アヤメ

「五寸アヤメ」
五寸アヤメ

「黄花菖蒲」
黄ショウブ

ニオイイリス、イチハツ、ジャーマンアイリスは今年も花を見ることができなかった。
緑陰が大きくなってしまったことが原因だろう。
残念だったのはアヤメ、花芽ができるときに獣害に遭ったせいで一輪も咲かなかった。
ヒメシャガは庭奥への小道の突き当りの小山にあったのだがどうにも元気がなく、
ログ前の庭、イリスクリスタータの近くに移植した。
少し元気になってきたようでホッとしている。

posted by けい at 12:19| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

雨の日は台所仕事

昨日の快速台風三号は野迫川村には大きな被害なく通過してホッとしたが、その翌日、、、
今朝からの激しい雨には吃驚した。
午後からは「曇天・時折雨」に変化しているが、重苦しいすっきりしない空模様だ。
雨の日は外作業もできず、台所でゴソゴソ。

チリメン600グラムをチリメンザンショウにする。
チリメンザンショウ

スギナを粉末にしたり、、、
スギナ茶作り

戴きものの吉野の梅、3キロを梅干し用に塩漬け
梅
我が家の梅はまだ収穫時期になっていない。

ドクダミ茶も旬なのだが、この天気。
ドクダミ
例年のように、「緑を残して香りよく」とうまく乾いてくれない。
花が咲き出して今が摘み頃なのだが、、、天気予報を睨んでいる。

止み間を見て山椒の実を摘んできた。
山椒の実
約2キロ。
もういいか、、、と後は断念した。

これも雨の止み間の作業。
ログ前の庭の「ナニワノイバラ」を一掃したのはもう数年前のことだが、根が少し残って
いたらしく、昨年膝を痛めてあまり庭仕事ができなかったのが災いして、今や恐ろしい
状況になっていた。
ナニワノイバラ1
鋭い棘に悲鳴を上げていたが、何とかしなくてはと焦っていた。

ナニワノイバラ4
こんな山をいくつも作り、燃やして片付け
ナニワノイバラ3
これがなかなか進まない。

本体周辺はやっとスッキリしてきたが、もう何日かかっていることだろう。
ナニワノイバラ2

キウィの実が見えてきた。
キウィの実1

キウィの実2
可愛いね♪

先日買い込んできた苗。
苗1
今まで庭にはジギタリスが無かったが、鹿避けになればいいなと。。。
品種は「サマーストロベリー」と「パープレアアルバ」

クレマチスは山の庭との相性がイマイチ。(これは「マーガレットハント」)
苗2
それでも諦めずに苗を買い込んでくるのは、無謀というか執念というか。。。
傍らの斑入り葉はヤブコウジ。

最終バーゲンでバジルの苗をゲット。
バジル

紫と淡いローズのムクゲの苗を手に入れたのはもう5年ほど前になるか。
獣害に遭って成長せず一株は枯れてしまったが、もう一株は残って花芽らしきものを
つけていた。
ムクゲ
どちらの花が咲くのかなぁ。
私としては紫花に期待しているのだけれど。。。

************
やっとAdobeのPhotoshop・ELをインストール。
画素数を抑えられるのはいいけれど、まだ慣れていないのでぎこちない。
暫しWindowsで処理した画像と混在することになり見難いと思いますが、
お許しください!!

posted by けい at 14:30| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

紅花エゴノキとエゴノキ、カルミア

こんなに咲いていいのかなぁ、と見上げながら思わず呟いてしまったのは
「紅花エゴノキ」
ほどほどに咲いて毎年楽しませてくれるほうが嬉しいのだけれど、、、
紅花エゴノキ1

紅花エゴノキ2

紅花エゴノキ3
これは前面道路わきに植えられている「紅花エゴノキ」

育樹園にも紅花エゴノキは有り大きくなっているのだが、桜やケヤキ、カツラ
に挟まれているせいか、花付きが悪く色も薄い。

「白花のエゴが咲いているのを知ってた?」とkiiさん。
ログのロフトから見ると、ほんと、幽かに白い花が見える。
エゴノキ1

エゴノキ2

庭奥への小道沿いまで行き見上げてみる。
昨年まではあまり咲きが良くなかったのだが、今年はかなりいい。
木が充実してきたのだろうか。
エゴノキ3
三株が寄り添い、株立ちのようになっている。

金平糖のような蕾が可愛いカルミアも開花。
カルミア1

カルミア2
何種類かあるのだが、品種名は解らなくなってしまった。

ニゲラが次々と咲いている。
ニゲラ1
こぼれ種からはなかなか発芽してくれず、諦めて今年は9ポットを植え込んだ。
何色が咲くのかとドキドキしながら待っていたが、7Pが青、2Pは淡い
ピンクと濃いピンだった。
ニゲラ3
青が好きだけれど、ピンク系も可愛いね。

posted by けい at 12:07| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする