2017年09月01日

庭は草だらけ。

7月の最終週に熱中症を起こしてから後、庭仕事がかなり疎かになっていた。
回復に時間が掛かったこともあるけれど、恐怖の体験だったのが大きい。
おかげで這い性の植物が地面を、ツル性の植物は木々を覆い尽くし、庭はエライ
ことになってしまった。
花たちはそれでも健気に咲いてくれてはいたのだが、陰が大きくなりすぎて傷ん
だり消えてしまったものも多い。
ヤレヤレ、何処から手を付けたらいいものか。。。

そんな8月だが、振り返って一応記録を残しておこう。
「ヤマユリ」「カサブランカ」「ピンクウィッシュ」というユリたちは、春に
カモシカに食べられてしまい、花を見ることはできなかった。

「サーモンスター」だけが遅くに芽を出したおかげで花をつけてくれた。
サーモンスター

「コオニユリ」も。。。
コオニユリ

「リコリス・スクアミゲラ」はリコリスの早咲き種で和名はナツズイセン。
夏水仙

「ダリア」品種は不明
ダリア

「モナルダ」
モナルダ1

モナルダ2

「京鹿の子」
京鹿の子

「テッセン」
テッセン
虫食いだらけ。。。

「シキンカラマツ」
シキンカラマツ

「ヨメナ」
ヨメナ

二株購入したが一株が枯れてしまったムクゲに今年初めて花芽がついた。
名板は八重咲で灰色がかったピンクと紫の二種だったが、どちらが生き残っている
のか不明だった。
紫色のほうに期待を寄せていたのだが、咲いたのはピンク。
ムクゲ
これも可愛いのだけれど少しガッカリしいたといえば、ムクゲさんが気を悪くする?

ミンミンゼミとヒグラシとツクツクホウシが混在している山の庭。
まるでスコールのように降り注いでいたヒグラシの声がいつの間にか小さくなり、
ツクツクホウシが大きな顔をしはじめた。
夏ももう終わりかな。。。

posted by けい at 13:30| 奈良 ☀| Comment(7) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする