2017年09月02日

しば漬けもどきを作る

しば漬けは大好きだけれど、自分で漬けるのはかなり難しそうだ。
京都住まいの知人が上手に漬け込むので作り方を聞いたら、何やら難しいことを
言っていたのでそういうのはパス。
素人でも簡単に作れる方法はないのだろうか、と手持ちの料理本を捲っていたら、
一件だけ載っていた。

ミョウガが出てきたら何とか作ってみたいと待ち焦がれていたのだ。
ミョウガをたくさん入れたいが、ミョウガは高い。
春先にカモシカに食べられたせいで摘める数は少ないだろうが、幾つかは出て
くるだろう。
買ってまでして漬けようとしないところが変に意固地な私である。

キュウリとミョウガは自家製、茄子は作っていないのでJAで購入。
新ショウガもまだ採れないので、これもスーパーで購入。

新しいものにチャレンジするときは、いつも恐る恐る。。。

軽く塩をして一晩置く。
簡単シバ漬け1

しっかり絞って、量はこんなに減った。
簡単シバ漬け2
赤紫蘇と梅酢を入れて10時間ほど置く。

アッ、こ、これは、なんという美味しさ!!
簡単シバ漬け3
「簡易とは思えないよ!」と思わずニンマリする。
完璧に填まってしまった。
ほんまもんのしば漬けと違ってあまり日持ちはしないだろう。
材料が手に入る時期にせっせと作って頂くことにしよう。


早朝の気温は15℃を下回るようになった。
「いよいよお尻に火が点いてきたなぁ」と、薪作りに心急くkiiさんである。

ラベル:しば漬け
posted by けい at 17:05| 奈良 ☁| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする