2017年09月06日

伐採、二本めは無事に完了

一本めの杉を玉切りして割る。
蒔き割りをする
ストレス解消には格好の薪割りだが、私の出番を待つまでにkiiさんが終わらせ
てしまった。
「え〜っ、残しておいてよ!」
「慌てなくてもまだまだ続きますんで、充分にやって頂けますよ」

伐採二本めは少しスリム。
二本目の伐採1

今回は枝掛かりがうまくいき、防獣ネットを破ることなく無事に完了した。
二本目の伐採2

伐った杉を下すのも大変なんだよね。。。

「直径が30センチぐらいならまだやりやすいけれど、50センチほどのものが多く
なっているから、この先は結構しんどいよ。チェーンソーは40センチが限度だし。
まっ、何とかなるでしょう」とのことだが。

私は雑草抜きをしながら、幾つもの山になった草を運び燃やす。
朽木や伐採した杉の枝も大量に運んで燃やし片付けている。
朽木を燃やす。
右側下のこげ茶色の朽木、もうボロボロになっていて土に還る寸前というところ
を引き出してきたのだが、そこがガマさんの住処になっていたので吃驚した。
白っぽいガマにキッと睨まれ、「すいません!」と朽木を数本戻し入れる。

一輪車で杉丸太の朽木を運んでいたときのこと、
ガマ君
ありゃりゃ、こちらもガマさんのお住まいでしたか!?

慌てて朽木を被せておいた。
ガマ君

手を掛けただけのことはあり、少しずつでも綺麗になってくるのは嬉しい。
そうなると、ここまで片付けておこうとついオーバーワークになり、挙句、膝や
腰が悲鳴を上げることになる。
「食事が喉を通らないぐらいまで疲れるなんて、加減をしらないのか。また熱中症
を起こしたらどうするんだ!」とkiiさんに怒られている。
気をつけなくてはと思うのだが、、、

庭を7ヶ所にエリア分けし、一週間を目安に草抜きなどをしていたのは数年前まで。
その後、いつの間にか7ヶ所が10ヶ所になり、ワンクールが10日間になって久
しかったが、今や、荒らしきってしまった庭は一日15坪も片づけられなくなって
いる。
エ〜ッ、一日15坪としたら、片付け終わるのに20日間も掛かるじゃないのよ!
一度荒らしてしまうと、それほどの時間を掛けなければ蘇りはしないということを、
つくづくと思い知らされている。
さて維持がもっと難しくなってきたときのことを考えて、庭部分を減らすかどう
するか。。。

posted by けい at 11:03| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする