2017年11月28日

丸太を加工する

久しぶりに杉丸太の皮むきをするkiiさん。
皮むき1

皮むき2
杉は木肌が美しい。

平面カット
丸太の細工中1

チェーンソーを立てての粗いブラッシング
丸太の細工中2

横にして丁寧に細かくブラッシング
丸太の細工中3

電気カンナを掛ける
丸太の細工中4

ドリルで穴あけ
丸太の細工中5

丸太の細工中6

いろいろカットして
丸太の細工中7
どこにどう填まり込むのか、現場と細工中の材の関連性がさっぱり理解でき
ない私である。

乾燥割れを防ぐために背割りする。
丸太の細工中8

これで完成。
完成
ある程度乾燥するまで、トタンを被せてこのまま置く。

私たちのログハウス造りにはウィンチと滑車が大活躍してきたが、今回は
それらが使えない場所。
少し軽くならないと、力量も根性も最近落ち気味の二人では到底無理だも
のね。
年明けには作業できるようになるかなぁ。。。

しかし、、、
このミニ広場は車を停めるだけでなく、作業にも大いに利用できるので実に
重宝だ。
作ってよかったとつくづく思う。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:ログハウス
posted by けい at 16:54| 奈良 ☀| Comment(4) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ログ用の杉を伐採する。

ログハウスのロフトの一部は吹き抜けにしようと思っていたが、収納と暖房
のことを考えて床を張ることにしたのが先日のこと。
丸太をはめ込む場所
ロフトの床部分は1メートルスパンだが、いずれ撤去して吹き抜けにする
予定だった此処はまだ仮床で、巾が2メートル、長さが3メートルある。
この部分の真ん中1メートルの箇所に丸太を組み込んで、しっかりしたもの
にしようということなのだ。
これは桁と呼べばいいのだろうか?
後から組み込むなんて、そんなことができるものだろうかと私は???。

それ用の杉を一本伐採した。
伐採1

ややや、枝掛かりしてしまったよ。
伐採2

おかげでたった一本伐るだけに結構時間が掛かってしまった。
伐採3

伐採6

今回の伐採では防獣ネットを襲うことは無かったが、大きなタラの木と、
これまた大きなクロモジを一株道連れにしてしまった。
伐採4
見えにくいが、kiiさんの足元左にあるのがクロモジ。

「可哀そうだけれど仕方がない」と言いながら未練がましく起こしてロープで
杉の木に括り付ける。
kiiさんは、「自生がたくさんあるんだからそんなにジト目で見ないでよ」
というが、そういう問題じゃない。
伐採5
クロモジ(香り高い楊枝)を作るには最適の大きさなので、うまく復活して
くれたらいいのだけれど。。。

処理を待つ枝が、またたくさん出てきた。
伐採7
寒い雪の日の仕事にしよう。
運んで燃やして、、、温まるもんね。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 18:19| 奈良 ☁| Comment(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

裸木ばかりの庭とイノシシと野菜

支離滅裂なタイトルですが、ご容赦!

一週間前にはまだ枝先に僅かばかり残っていた葉が、もうすっかり落ちて
しまった。
落葉樹が多い山の庭は前面道路から丸見えの頼りなさ。
裸木の庭1
これは敷地の入り口から見たところ。

葉が落ちたので、クラブアップルの真っ赤な実がよく目立つ。
クラブアップル

裸木の庭2
こちらは隣地から撮ったものだが、張り巡らされている防獣ネットが見苦
しい。
グリーンのネットの中で生活している私たちを「無粋だね、まるで檻の中
だ」と称する人もいるが、無粋と言われようが檻と言われようが獣害対策
としてこれだけはどうしても外すことができない。

隣地側の防獣ネットの外には無数の足跡や掘り穴がある。
イノシシ
イノシシがミミズでも探したような。

街へ出る際に見送ってくれたのが裏山のネット際まで来ていた鹿だった。
昼日中でもお構いなしに現れる。
声を嗄らすほどに脅してから出かけたのだが、どこかから侵入されている
かもと帰着するまで心穏やかでなかった。
一応見回ったが無事だったのでホッとしている。

イノシシも鹿もカモシカも野ウサギも、隙あらば押し入ろうとぐるりを窺っ
ている。


野菜が高値で、このところ我が家の台所にはもやしと豆苗がよく登場してい
たが、低価格で栄養があるので庶民のお助けである。
ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎは安定していたので助かったが、流石にそれ
ばかりでは飽きてくる。
青菜類も白菜も高くて手が出ないが、JAでも同じような価格帯だろうか。
恐る恐る立ち寄った五條市のJA牧野にて。
購入した野菜類
ホウレンソウ、キクナ、ブロッコリー、白ネギ、白菜、青ネギ、大根各2
ミズナとピーマン各1、これ全部で2000円弱だったからほんとうに嬉し
かった。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 14:08| 奈良 ☀| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

咲き急がなくてもいいのに。。。

天気予報の雪マークを見ながら、恨みがましく呟いてしまう。
「咲き急がなくてもいいのに、、、」

山茶花も早咲きの椿も毎年どっさりの蕾をつけるのだが、咲ききれず寒さ焼
けして茶色になってしまうのが哀れだ。

「白花のサザンカ」
白花の山茶花1

白花の山茶花2
品種名は解らないけれど、この白はかなり好き♪

ブルーベリー畑の傍らには、すくすくと育って陰を大きくしすぎたので、
やむを得ず切り詰めた山茶花が二種。
どちらも根際から枝を伸ばして再び繁りだしていた。
山茶花・想夫恋
これは「想夫恋」だったと思う。
優しい色調の花が好きだ。
切り詰めると花が咲かないし、だからといって伸びるのは困る。
根を動かすことができないので、挿し木して移動させようと思う。

椿の「初刈り」と同じく年内に咲きだすのがこの椿。
椿
品種は分からないが、やわらかい色合いの花が美しい。
毎年数輪咲いて、そのうちに寒さが来てしまう。
開花を遅らせる、、、そんな学習はしないのだろうか。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:想夫恋 椿 山茶花
posted by けい at 09:37| 奈良 ☁| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

カメムシは嫌いだ

風防室やログハウスの中に越冬のために入り込んでくるテントウムシが多い。
壁の隙間などで真っ黒になってうごめいている様子にはギョッとさせられるが、
テントウムシはいいのだ、テントウムシは。。。
益虫であるし、見た目も可愛い。

参っているのがカメムシ。
今年は現時点でも異常に多いのだ。
カメムシ捕獲器が二個、フルに稼働中なのだが追いつかない。

山の庭では5種ぐらいのカメムシを見るがログハウスの中にまで入ってくる
のはこの種と、もう一種ゾウムシの兄(あに)さんのような大きいもの。

圧倒的にこの種が多く、また臭さも半端ではない。
カメムシ1
こらっ、動くな!

何処に入り込むの、やめてよ。パソコンが臭くなるのはたまらんやん。
カメムシ2


街への移動の際に、なんだか右腕がガシガシする。
長袖Tシャツの首筋から枯葉でも入ったかなと左手を突っ込み、「あれ、
何だか変。気持ち悪い、いやだ、動いてるよぅ」
カメムシを掴んでしまったのだもの、もう、臭いのなんの。
衣服にも肌にも臭気を付けられ、車内も臭さで鼻がゆがみそうだ。
停車して処理して暫し走行し、あれ、まだなんかいる。
なんと二匹も入り込んでいたなんて、再びの臭気の噴出に涙、涙。。。

洗濯物や敷物を干していると内側に入り込み、ぬくぬくしていることがある
ので注意していたのだが、袖の中にまで入っていたとはね、それも二匹も。
よく振ったはずなんだけど、それぐらいではダメなんだね。

カメムシの臭気を消す方法ってあるのでしょうか?
カメムシ用消臭剤が出たらいいのになぁ。 
あまり売れないから開発されない?

カメムシ捕獲器とガムテープを常に傍らに置いて、見つけると即座に処理
しているが、その頻度が半端でない。
昨年はこんなことは無かったのだが、この冬はカメムシに相当悩まされそう
だ。

手作りのカメムシ捕獲器は、ブログの知人から教わったもので重宝している。
カメムシ捕獲器
ペットボトルは角型に限る。
野菜ジュースが入っていたこのタイプなら、すんなり落ち込んでくれやすい
が、丸型は逃げられてしまうこともあるので要注意。

カメムシ対策のいい方法があればぜひご教授ください!!


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 08:53| 奈良 ☔| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

多肉ちゃんの花

朝晩はマイナスに下がる日も増えてきた山の庭だが、ログハウスの軒下で
多肉ちゃんたちはとても元気である。(今のところはまだ、、、)
全鉢を室内には取り込めないので、弱いもの以外はビニールを張るなりして
屋外で保護するしかないかと思っている。
優先順位でいけばビニールハウスなどの設置はまだ先の話になりそうなので、
当座はこれで凌ぐしかない。

こんな時期に花が咲く品種もあるのだと吃驚。
何しろ多肉ちゃんデビューしたばかりの初心者だから、なにもかも知らな
いことだらけ。

「火祭」
火祭り

「くろすけ」
クロスケ
どんな花が咲くのだろう♪

「玄海岩蓮華」
玄海岩蓮華
参考図書には「野生は北九州市と下関市のごく一部の海岸線の岩場にしか
残っていないので、流通品を入手出来たら大切に育ててください」
とあった。
うちの子は花は咲いたがそのあとがあまり元気がない。
ハラハラしながら見守っている。

「虹の玉」も「火祭り」も寒さにあたれば真っ赤になるそうだが、我が家の
火祭は全然紅くなっていないし、虹の玉もこんな様子だ。
虹の玉
果たして、紅くなるのだろうか。。。?

冬場の窓辺に緑が無いのは寂しいと集め始めた多肉植物だが、それにしても、
多肉植物に填まっている人が多いのに驚いている。
可愛く寄せ植えなどにして、、、
加齢に負けているとは絶対に言いたくないが、雑草に追われ手を掛ける時間
も限られる上に、センスもなく、私にはとても無理な話。
羨望の溜息をつきながら、多肉の本を眺める。。。


♪ブログ村のランキングに参加しています♪
♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 17:35| 奈良 ☀| Comment(6) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

木の実を探す♪

そろそろ裸木が目立ってきた山の庭である。
前面道路から丸見えになるなんとも頼りない気分を、これから5か月ほど
我慢しなくてはならない。
落葉樹を多くし過ぎたらこうなるということは解っていたはずだが、それに
しても行き過ぎだった。
常緑の木もあるのだが、目隠しの役にはまったく立っていない。

裸木の庭では鳥の姿がよく見えるから楽しい。
草や木の実にも気づかされる。

「サルトリイバラ」(山帰来)
サルトリイバラ
ナニワノイバラやハトヤバラと並んで鋭い棘に悲鳴を上げるのがこれ。
成長して木々に絡みついているものは何故か雄株が多く、裏山まで行かなけ
れば雌株は見られなかったのだが、最近目に留まる一人生えには雌株も多い
ので嬉しい。
「痛いから切ろうよ」というkiiさんに「ダメ!!」を連発している。
変な性格でしょうか? 好きなのです、サルトリイバラ。

「ツルウメモドキ」
ツルウメモドキ

「ノイバラ」
ノイバラ

「クロモジ」
クロモジ
クロモジも自生が多いが、雌木はとても少なくて雄木ばかりが目立つ。
確認できている雌木は二株しかない(はず)。。。

「サルココッカ」
サルココッカ

「ヒメナンテン」や「クリスマスホーリー」の実は、これから真っ赤に
なってくるだろう。
ヒメナンテン

クリスマスホーリー

これは木ではないけれど、「シオデ」の実が熟してきた。
シオデの実
果肉を取り除き、ポット植えにして発芽を待とう。
三年経ったら少しは大きくなって定植できるかな。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 06:38| 奈良 ☔| Comment(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ガーデンシクラメン

野菜を仕入れに町に下りた際、ホームセンターに寄る。
私はいつものごとくバーゲンコーナーへ一直線。
ガーデンシクラメン1
「ガーデンシクラメン」が並んでいたので、悩んだ挙句3ポットだけ購入
してきた。

「原種系のミニシクラメン」と呼んでいたけれど、最近はおしゃれにガーデン
シクラメンなどと名付けられているんだね。

ミニのシクラメンは寒さに比較的強いというが、野迫川の寒さに耐えて
くれたのは今までに原種系のうちでも二種だけ。
このようなフリル付きの改良品種は耐えられないかもしれないが、可愛かっ
たのでつい手が伸びた。
ガーデンシクラメン2 ガーデンシクラメン3 ガーデンシクラメン4
窓辺は多肉ちゃんに占領されているし、屋外越冬で大丈夫だろうか?
1ポット税込み100円で安かったといっても無謀すぎたかと、少しばかり
反省している。


♪ブログ村のランキングに参加しています♪
♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


posted by けい at 19:34| 奈良 | Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

紅葉ももう終わり

庭奥への小道を辿る。
庭奥への小道
裸木が多くなり奥まで日が差し込むようになってきた。

庭奥の紅葉、黄葉。
庭奥の紅葉1

庭奥の紅葉3
小道の突き当りから見た様子。

「モミジ」
モミジ

山の庭の紅葉のトリを飾るのはカイノキ。
今年はどんな姿を見せてくれるのだろう。。。

鬱蒼となりすぎた木々の枝などの伐採も続けている。
枝ともいえない太さなので処理にもずいぶん手間取っているが、少しずつ
片付いてスッキリしてくるのが気持ちいい。
今回は育樹園やその周囲の整理、ブルーベリーの徒長枝を思い切って
バッサリ。
思い切りよくし過ぎたきらいもある。。。
まぁ一時は不細工でもそのうち見られるようになるさ。

育樹園のヌシ
育樹園の紅葉1
自生のこの「ケヤキ」は、開拓当初からをずっと見守ってくれた。
今はもう抱えきれない太さになっている。
手前の茶色っぽい葉はナツツバキ。

一番懸案だったのがこの「モミ」
育樹園の紅葉3
細かい葉が美しいのですごく悩んだが、上の段のブルーベリーが陰になって
しまい、日照通風すこぶる悪し。
「仕方ない、切るか」「いや、待って」
取り敢えず下部の枝を伐採して様子を見ることにした。
伐れない私、なのだ。

モミの周囲にあったハナノキや十月桜、バラアカシアの枝をかなり切り落と
し、カリンやニシキギは伐採したのでずいぶん明るくなった。
育樹園の紅葉2

クリスマスローズのエリアが見渡せるようになった。
落ち葉1
どこもかしこも落ち葉だらけ。

落ち葉2
敷地内道路にもびっしりの落ち葉だ。

挿し木床のブルーベリーも真っ赤になった。
育樹園の紅葉4


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村




posted by けい at 07:35| 奈良 | Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

広場にガラ石を運び入れる

広場を作ったはいいが雨が降るたびにぬかるむ。
砕石を買いに行こうかと思ったが、往復の二時間が勿体ないと思案していた。
そうだ、山から崩れて溝に埋まっているガラ石を敷いたらどうだろう、溝の
掃除にもなるしね。

生活用水には無関係の場所から、大きなプラのトロ舟に6回運び入れる。
ガラを運び入れる1

敷き込んで踏む。
結構しっかり締まって上々の出来だ。
ガラを運び入れる2
もう二舟ぐらい入れたい場所があるが、それは次のことにしよう。
何しろ、二人とも身体がビシバシ、イタタタタなのだ。
腰を下ろしてちょっと休憩。「軟弱になってきたなぁ。。。」

陽だまりではモンシロチョウがゆったりと気持ちよさそうだ。
モンシロチョウとタンポポ

今夜は簡単に、お好み焼きと枝豆のみで済ませてしまった。
お好み焼き
我が家のお好み焼きはイカ豚玉、大和のつくね芋入りというのが定番である。
美味しかったです♪


そうそう、台風で土砂災害を起こして通行止めになっていた五條市の生子が、
そう間をおかずに通れるようになっていたらしい。
五條市生子
早くに通行できるようになったのは有り難い。
家が一軒流されたのだとか聞いたが、一見なだらかなのに、こんな場所でも
土砂災害を起こすのかと怖くなる。


♪ランキングに参加しています♪
♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 08:30| 奈良 | Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ツルリンドウの赤い実

ログハウスの仕様を少し変更するために、もう一本、杉を伐採しなくては
ならなくなった。
ログ内は収納部が少なく、予定では吹き抜けにするつもりだった部分に桁
を入れてロフトを広げようということになった。
といっても畳5枚分ほど広がるだけなのだが、、、
明るいのがいいので吹き抜けには拘りたいが、ロフトが広がるのも使い勝手
がよくなるのでありがたい。
どの杉を伐採するか思案しながら眺めていたkiiさんが、「あの赤いの、
ツルリンドウみたいじゃない?」
薪を用意するための先の伐採の際にすっかり傷めてしまったツルリンドウ
だったから、実を見ることは無理だと諦めていたのだ。

ツルリンドウ
独特のこの色、何ともいえないでしょ?

ふっとその傍らの土手に目をやると、あら、リンドウが、、、
リンドウ
自生のものはほんとうに愛しい。

その上には「これアジサイだよね」
アジサイ
どのアジサイの実生なのか、何年生なのだろうか、どんな花が咲くのか。
庭には自然交配で生まれるものが多いけれど、この子も開花が待ち遠しい。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 16:41| 奈良 ☀| Comment(4) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

お茶の木と一番手の椿

茶の木にぽっこりした愛らしい花がたくさん咲いている。
茶の木2

前身は田んぼだったところに杉を植えて離農したそうだが、畦に茶の木が
植えられていたのか、伐採すると至る所から茶の木が顔を出したから吃驚。
茶の木1
勝手にあちこちに生えてくれても困ると、一ヶ所にまとめたら上手く根付
かなかった。
椿は移植を嫌うと聞いたが仲間の茶の木も同じなのかもしれない。
今は好きなところに各自顔を出してのびのび大場を占めているが、枯れる
ことを思えばまぁいいか、である。
それに、野草茶ばかりでなくいつか茶の木のお茶も自家製で作ってみた
いしね。


椿の「初刈り」は晩秋から初冬にかけて咲く。
ツバキ1

ツバキ2
淡い桃色が愛らしいがネットで見ると「一重咲き 小輪」とある。
これで小輪かなぁ。。。
もう少し寒さがきつくなると、咲ききれずに茶色くなってしまうのが可哀
そうだ。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:茶の木 椿 初刈り
posted by けい at 16:34| 奈良 ☀| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

ミカエリソウやクマザサ、ツルニンジン

紅葉の様子を見ようと庭奥への小道を辿りながら、そうそう、ツルニンジンは
どうかな?
ツルニンジン
今年久々に見つけたツルニンジン(別名ジイソブ)の蔓に蕾がついていたが、
なかなか開かない。

開拓当初は庭部分や裏山にたくさんのツルニンジンが自生していたのだが、
イノシシやシカ、カモシカに目をつけられるようになってからは、姿さえ
見えなくなっていたのだからこの発見には小躍りしたのだった。
薬効があり、根は貴重で、まだ一度も口にしたことはないが美味しいのだ
そうな。
消えずに、なんとか増えて欲しい。

目の端にチラリと赤いもの。
あ〜〜、ミカエリソウが咲いている。
ミカエリソウ1
あっちにもこっちにも、増えている!

ミカエリソウ2

ミカエリソウ3
葉は虫に食べられて穴だらけ、美味しいのかな?

小道の突き当りのクマザサ群はいっそうの繁茂ぶりだ。
クマザサ
こんなところにまで出てきてほしくないなぁ。
仕事を増やすのはあまり気が進まないけれど、クマザサ茶にしますか。。。


♪ランキングに参加しています♪
♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 07:28| 奈良 | Comment(6) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

紅葉真っ盛り

ハラハラと、日ごとに落葉が激しくなってきた。
早や裸木になってしまったものも多い。

隣地から庭を眺めたところ。
山の庭の紅葉1

一番奥に見えるのはケヤキ。
山の庭の紅葉4

左にはヤマボウシ、その右にある背が高い木はナツツバキ。
山の庭の紅葉5

こちらは大花のヤマボウシ
山の庭の紅葉6

シロモジ
山の庭の紅葉7

庭奥への小道の前で暫し考え込む。
庭奥へ
小道を塞いでいるのは左がミツマタ、右は白花のジンチョウゲ。
「通れないじゃないの、何とかしなさいよ」とkiiさんには言われて
いるのだが、どちらも好きだし切るに切られないでいるのだ。
小道にう回路を作ろうか。。。

なんとかすり抜けて庭奥へ。
山の庭の紅葉3
鬱蒼としていた梢の先には青空が見える。

山の庭の紅葉2
ウワミズザクラはほとんどの葉を落としていた。

庭奥にもコンテリクラマゴケが多く、日が照ると七色に輝いて美しい。
コンテリクラマゴケ

今まで葉陰に隠れていた鳥の姿が目立つようになってきた。
前面道路からログハウスが丸見えになるのももうすぐ。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 18:44| 奈良 ☀| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

ブルーベルやクリスマスローズの満開を夢見て

11月2日の朝、気温はついに0℃まで下がった。
11月2日午前7時
関西の紅葉はこれからが盛りだろうが、此処 野迫川村はもう旬を迎えている。
同じ関西にありながら、この地域の気候の厳しさはどうだろう。
びっしりの霜を見ながら、ひたひたと凍てが忍び寄っているのを感じる。
急ピッチで作業を進めなくてはと、焦る気持ちがつのる。

ブルーベル(ハイブリッド種)の植え込みが完了したが、大小合計で300個
の球根は流石に植えごたえがあった。
ブルーベルの植え込み完了
これしきのことに丸一日かかるなんて、、、
気持は先に走っているのに、悔しいけれど身体がついていかない。
認めたくはないが、ずいぶん衰えてきたなぁと感じる。

吃驚したのが球根の大きさの違いだった。
以前に移植したものと、今回植え込んだもので、それも一番大きいものと
比較してその違いに唖然となった。
購入した時期は同じなのに、日照のいい場所にあったものは三倍の大きさに
育っていたのだ。
「これってどうよ!」kiiさんの目の前に出すと細い目が真ん丸になった。
肥料も貰えていないのに、こんなに違うものですかね。。。
(手がドロドロなので写真は撮りそびれてしまった)

kiiさんはクリスマスローズエリアの小山を作り、整地完了。
クリスマスローズエリアの整備
ガラを割り入れ、その上にバークやもみ殻などをブレンドした土を厚く
盛り上げる。
この奥にも盛り土を二ケ所してあるのだが、場所的に小山作りは今回が
最後になるだろう。
植え込むのは私の役目。
石も適度に置いて、さて、実生苗の他にどんな品種を植え込もうか。


今頃の三つ葉はもう食べられないかなと思ったが、若いものを摘んでみた。
ミツバ
酒蒸しした鶏ムネ肉で辛し和えにする。
固くて無理かと思ったが、なかなかいけるじゃないの。

ミツバを摘みに行ったときに発見。
ナメコ
今年のキノコは悲惨だったが、少しだけナメコが出ていた。
なめこ汁程度の量しかないけれど、何日かしたら摘めそうだ。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 17:42| 奈良 ☀| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする