2017年11月20日

カメムシは嫌いだ

風防室やログハウスの中に越冬のために入り込んでくるテントウムシが多い。
壁の隙間などで真っ黒になってうごめいている様子にはギョッとさせられるが、
テントウムシはいいのだ、テントウムシは。。。
益虫であるし、見た目も可愛い。

参っているのがカメムシ。
今年は現時点でも異常に多いのだ。
カメムシ捕獲器が二個、フルに稼働中なのだが追いつかない。

山の庭では5種ぐらいのカメムシを見るがログハウスの中にまで入ってくる
のはこの種と、もう一種ゾウムシの兄(あに)さんのような大きいもの。

圧倒的にこの種が多く、また臭さも半端ではない。
カメムシ1
こらっ、動くな!

何処に入り込むの、やめてよ。パソコンが臭くなるのはたまらんやん。
カメムシ2


街への移動の際に、なんだか右腕がガシガシする。
長袖Tシャツの首筋から枯葉でも入ったかなと左手を突っ込み、「あれ、
何だか変。気持ち悪い、いやだ、動いてるよぅ」
カメムシを掴んでしまったのだもの、もう、臭いのなんの。
衣服にも肌にも臭気を付けられ、車内も臭さで鼻がゆがみそうだ。
停車して処理して暫し走行し、あれ、まだなんかいる。
なんと二匹も入り込んでいたなんて、再びの臭気の噴出に涙、涙。。。

洗濯物や敷物を干していると内側に入り込み、ぬくぬくしていることがある
ので注意していたのだが、袖の中にまで入っていたとはね、それも二匹も。
よく振ったはずなんだけど、それぐらいではダメなんだね。

カメムシの臭気を消す方法ってあるのでしょうか?
カメムシ用消臭剤が出たらいいのになぁ。 
あまり売れないから開発されない?

カメムシ捕獲器とガムテープを常に傍らに置いて、見つけると即座に処理
しているが、その頻度が半端でない。
昨年はこんなことは無かったのだが、この冬はカメムシに相当悩まされそう
だ。

手作りのカメムシ捕獲器は、ブログの知人から教わったもので重宝している。
カメムシ捕獲器
ペットボトルは角型に限る。
野菜ジュースが入っていたこのタイプなら、すんなり落ち込んでくれやすい
が、丸型は逃げられてしまうこともあるので要注意。

カメムシ対策のいい方法があればぜひご教授ください!!


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 08:53| 奈良 ☔| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする