2018年05月04日

花山椒鍋やいろいろ、美味しいGW

GW前半は仕事絡みだったが、2日からやっと休日モードになってきた。

この時期の一番の懸案事項は、花山椒に出合えるかどうかということ。
旬はたったの一週間という花山椒は、その時期を外してしまったら来年まで
口にすることができない。

天気予報を睨みながら摘んだ花山椒は、昨夜、念願の鍋で戴く。
花山椒鍋
これだけの花山椒を摘むのに二人で3時間も掛かるのだから、容易に口にで
きるものではないが、年に一度この鍋に御目文字できるのは幸せだ。
昆布と鰹の濃いめの出汁に、相方は地鶏のみ。
他の食材は、妥協できても豆腐だけという超シンプルな鍋なのだ。


美味しそうな三つ葉がたくさん摘めたので、鶏の酒蒸しと辛し和えにする。
ミツバと鶏酒蒸しの辛子和え
この辛し和え、どれだけでも食べられるから不思議。
これが作りたくて、敷地内に三つ葉は生え放題だ。
(スギナとドクダミ、山蕗に三つ葉が密生している庭を見て、眉をひそめる
人が多いけれど)


野迫川でも町の仮住まいでも鮮度のいい魚はなかなか手に入らず、早起きして
堺の大浜まで行ってきた。
新鮮な鰹に飢えていた私である。
カツオ

牡丹エビも少し。
牡丹エビ

一緒に、きずし用の鯖を3尾頼んでもらっていたのだが、なんで1箱なのよ!?
鯖1
きちんと三本って言ったんだけどなぁ、、、とkiiさん。

2本でいいかな、でも足りなかったら困るし、多いかもしれないけれど3本に
しておこうかと思ったぐらいなのに、こんなにどうするのよ。。。
全部で6尾有り、大きなものは全長44センチだった。
鯖2
3尾はきずしに、残りの3尾は南蛮漬けや竜田揚にしよう。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 06:42| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする