2018年05月12日

シャクナゲやオオバクロモジ、鈴蘭水仙も

庭奥への小道脇や裏山にはシャクナゲが多く植えられている。
樹木が大きくなるにつれて陰ばかりになり、小道脇のシャクナゲは花つきが
非常に悪くなっていたのだが、この数年、木々の枝を落とすように努めてい
たせいか、復活してきたのが嬉しい。
シャクナゲ1

シャクナゲ2

シャクナゲ3
花色にはずいぶん個体差がある。
やはり少し濃いめのほうが美しいかな。

「オオバクロモジ」の花は終わってしまっただろう、撮りそびれてしまった
なと思っていたらまだ待っていてくれた♪
オオバクロモジ
辺りに似た葉の木が何本か見られるけれど、ひょっとしたら実生かも。。。

此処のスノーフレーク(鈴蘭水仙)は今年は元気がない。
スノーフレーク1

陰が嫌いなのか、日向へ、日向へとどんどん移動している。
スノーフレーク2

花は可愛いけれど、勝手にエリアを定めてくれるのも少し困るんだよね。
スノーフレーク3

「オーニソガラム・ウンベラタム」
オーニソガラム
増えて欲しいけれどなかなかだねと思っていたら、あちこちで群れだしたから
嬉しい。
いつかは一面のウンベラタム、、、そんな光景を夢見ている。

kiiさんがポツリ。
スノーフレークとオーニソガラム、その対応の差はなんなの??
ウ〜〜ン、何なんだろう。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村




posted by けい at 13:33| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする