2018年07月31日

草や木の花たち

日々追われているうちに、7月も早や終わり。
時間を持て余す生活よりはマシだとは思うが、もう少し余裕をもって過ごし
たいものだ。
びっしり書いた山暮らしの予定表は、今年も予定倒れで終わってしまいそう。


さて草や木の花たち。
「ホタルブクロ」
ミニ菜園で繁茂していたので整理したのだが、完全に抜けていなかったらし
く未だに小さな花を咲かせている。
ホタルブクロ
赤花はもう終わってしまったが、この色合いは好み。
日本スズランのエリアに忽然と出現した。
もっと増えてくれていいのだが、控えめすぎるのである。
ホタルブクロ赤花

ヤブカンゾウは春先の芽吹きがヌタに最高で、我が家では食べられる山野草
のトップ10に入る。
花も食べられるそうだが、苗をもっと増やしたいので今はまだ観賞用にして
いる。
ヤブカンゾウ

バーゲンの最終価格で6株手に入れたナデシコ、確か品種名はエレガンス。
ラベルの花では派手な印象があったが、咲いてみると意外にしっくりくる。
ナデシコ1

ナデシコ2

敷地奥へと辿る杣道にも自生のナデシコが数株有ったが、そろそろ咲く頃だ
ろうか。
見に行かなくては。。。


シモツケはあまりに増えるので邪険にしていたら、源平は細り、白花は消え
黄金シモツケも哀れな様相になってしまった。
シモツケ赤花
白花が消えてガッカリしていたが、今年一株だけ発見。
シモツケ白花
白花が好きだなぁ。。。

シキンカラマツはどっとこ、どっとこ生息エリア拡大中。
シキンカラマツ1

シキンカラマツ2
増えてくれるのはいいのだけれど、思いがけない場所まで出張るのはちょっ
とね。
一番好きな所に根付くのだろうけれど、そう思うと移植もしにくいし。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 08:02| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

ミニ菜園の今

台風一過の昨日、様子見で山に出かけたがログハウスは窓からの雨の浸みも
なく無事でホッとした。
日帰りではなんの作業もできず、草ぼうぼうの周囲を見ながら諦めの心境。


さてミニ菜園の様子。
今年は仕事と雨と休日がうまく噛み合わず、菜園は小休止状態になっている。
目に付いた苗少々と種まきを幾つかしただけの寂しい畑である。
こんな年もあるよね。。。

「花オクラ」に蕾がたくさんできていた。
花オクラの蕾
一輪咲いている。
美しい花に吃驚した。
花オクラ
この花オクラは別名トロロアオイというのだそうな。
kiiさんがずっとトロロアオイを探していたのだ。
なんとまぁ。。。

我が家には紙の原料となるミツマタ、コウゾのコウゾが厭になるほどどっさ
り自生している。
ミツマタも有るがこれは観賞用としての扱いなので伐るなど以ての外。
そのコウゾを使って紙すきの真似事をしてみたいと、これは昔からの夢だっ
たらしい。
やっと出合えたトロロアオイ。
種を採って花オクラをたくさん増やしたいと張り切っている。


ピーマン、カラーピーマン、ししとうの類がたくさん植わっている。
ししとう
ピーマンだらけになりそうだが、それもこの野菜高騰の折には有難い。

キュウリやミニトマト、中玉トマトが実りだした。
キュウリ

中玉トマト

青シソは自生のものはやっと育ち始めたところで、ソーメンの季節にはいつ
も間に合わない。
これは数株買って植えたもの。
青シソ

ミョウガもそう。
ソーメンには必須だが、まだ顔も見せてくれないのだ。
だからといってミョウガを買う気にはなれず、登場を待ち焦がれている。
ミョウガ畑
ミョウガ畑は数か所あり、それも広い。
増え放題にしているものだから、凄まじい勢いなのだ。
カモシカに食べられては泣いていたことを思うと夢のようだ。
今年はミョウガご飯も作りたいな。。。

畑わさびのエリアに忽然と現れたミョウガ。
早く抜かなくては、畑わさびが弱っているようだ。
畑わさび
ミニ菜園には他にクウシンサイやヒユナ、イタリアンパセリなどが元気に育っ
ているが、写真を撮り忘れてきた。

山椒の実は赤くなっているかなと見に行く。
山椒の実とセミの抜け殻
摘むまでにもう少し猶予がありそうだ。
自家製の山椒の粉末は娘一家が大好物なのだ。

セミの抜け殻がついている。
これはヒグラシだよね。
山の庭で一番権勢を誇っているのはヒグラシだが、こんな抜け殻をあちこち
でとてもよく目にする。

山椒の木の横で。
シオデの、これは雌株。
シオデ
こちらが雄株。
シオデ
また、たくさんの種を落としてくれますように。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 09:17| 奈良 ☀| Comment(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

逆走台風と野菜のこと

東から西へと進路を取る逆走台風というのは初めて??
週末の予報は最初とは大きく異なり、台風12号は近畿南部を直撃する大荒
れになりそうな。。。
土曜の夜遅くから日曜の明け方に最接近というが、今夜は山に帰ることがで
きないのでヤキモキさせられている。

風向きはどうなのだろうか?
じつは南からの雨は恐怖なのだ。
開口を多く取り、しかもサッシは苦手という私は木枠に拘り、それがために
南からの降り込みには少し弱いログハウスなのだ。
そういう雨は滅多にないことなので、その際には防御策を講じていたが、今
回はその手当ができない。
明日は日帰りで様子を見に行こうと思っているが、さてどうなっているだろ
う。。。

局地的には息苦しくなるほどの猛烈な雨が降るという予想もあり、、、

前回、水害や土砂災害で大きく被災された地域も進路に入っている。
これ以上、被害が拡大しない様にと祈るばかり。



早生のブルーベリーが少し摘めたのでおやつにする。
早生は僅かしか植えていない。
早生のブルーベリー
我が家のブルーベリーの本番は8月中旬以降なので、待ち遠しい。


週の初めにJAに寄り野菜を仕入れてきてよかった!!
JA牧野にて
昨日、町のスーパーで野菜の価格に目を剥いた。
先の大雨の影響は予測していたが、それにしても、、、
唖然茫然として、言葉が出てこなかったのだ。

この台風も影響して、食卓事情はますます厳しいものになるだろう。
買ってきた野菜とミニ菜園のチビチビした青物を、大事に食さなくてはと思
っている。
冷凍野菜を利用するという手もあるが、某国産は怖くて使えないし。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル:ブルーベリー
posted by けい at 08:16| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

ギボウシいろいろ

獣害が少なくなってからというもの、庭の草花が生き生きとよく育つように
なってきたのだが、中でもギボウシには唖然とさせられている。

まるで“ギボウシばっかり”の様相を呈してきたのだ。

植えた場所も名称も最初はきちんと記録していたのだが、もう入り交ざって
何が何だか分からなくなってしまった。

これは山の庭で一番小さなギボウシ。
ギボウシ01

「寒河江」これは判る。。。
寒河江01

芽が出たときは可愛いと思うのだが、花が咲くころのこの大きさには降参!!
寒河江02

どのギボウシも芽出しの頃は可愛いでしょ。
ギボウシ02-1

今はどこもかしこもこうですもんね。
ギボウシ02-2
特に細葉のギボウシときたら、凄まじい勢いなのだ。

ギボウシ03

ギボウシ04

ずいぶん以前に植え込んだのだけれど、なかなか育たなかった品種。
ギボウシ05-1

ギボウシ05-2
株元にも小さな芽がいくつか出ていた。

此処には匂いギボウシ「タマノカンザシ」を植えたはずなんだけれど、花には
あまり芳香がない。
ギボウシ06-1

ギボウシ06-2

ギボウシの花って涼しげだから好き♪
ギボウシの花02

ギボウシの花01


これ、オオバギボウシの花だったかなぁ。
ギボウシの花03
勝手にこんなところに出てきても困るんですけどね。


昨年、バーゲン苗を見つけて植え込んだもの。
名前は付いていなかった。
購入苗

思いがけない場所に出てきた実生苗。
実生苗
どのギボウシのお仲間かしら?

ギボウシはまだまだたくさんありすぎて、、、
「マイッタ」と言いながら顔はほころんでいる。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 16:15| 奈良 ☀| Comment(0) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

ナツツバキとサツキ?

ナツツバキが真っ盛りで、毎日楽しませて貰っている。
庭にはナツツバキの系統が多数あり、ナツツバキ自体も7株。

実生苗が親株に負けじと成長しているので、ただでさえ鬱蒼としている庭が
ますます暗くなっている。
この時季の緑陰は有り難いが、草を引きに入ろうものならブヨと蚊の猛攻を
受けることになる。
おまけに昨年罹患して恐れをなした熱中症がある。
朝晩はこの二日ほど涼しく凌げているが、日中は流石に紀州の太陽が燦燦と
降り注ぎ、この地にしては珍しい連日の猛暑である。
命のほうが大切だと草はもう放りっぱなし。

皆様も、くれぐれもご自愛ください!!


さて、赤い←印がナツツバキ。
ナツツバキ1
どれもこれもがこんな樹高なので、花が遥か遠くにしか見えない。

ナツツバキ2

ナツツバキ3
ぷっくりした蕾も可愛いでしょ。


育樹園の見回りをしていると、一番遅咲きのナツツバキの花が丁度手頃な位置
にあった。
ナツツバキ4


今年は一輪しか咲かないと嘆いていたら、その一輪が異常に早かったのか、
これが正常なのかしら。。。
今頃咲くなんて変だ変だと言いながら、でも咲いてくれて嬉しい。
サツキ
葉の細かさからサツキだと思っているけれど、しっかり図鑑を見てみなくては。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル:ナツツバキ
posted by けい at 09:10| 奈良 ☀| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

この涼しさはなに??

連日の猛暑に悲鳴をあげている。
埼玉県熊谷市では昨日、過去最高の41.1℃を観測し、災害レベルと称され
たような。

町よりは数℃低いというものの、山の暑さも例外ではなく、夕刻の室内で
30℃などというのは、週末開拓民を始めてから初の体験である。
陽が翳ると気温が急激に下がるのが常の山としては、考えられないことだ。

雨も極端に少なく、渇水が目前ではないかと危機感を募らせている。
異常な豪雨に襲われる地域も有り、少しは雨が欲しい地域も有り、複雑な
思いになる。

それが。。。
連日の猛暑にヘロヘロになっていたが、今朝のこの涼しさは何だろう!?
7月24日午前6時の気温
ノースリーブの腕が寒さを感じているのだ。

今日も日中は半端ない暑さになるだろうことは予測できるが、この冷涼感は
最高の賜りもの。

山奥の過疎の地を称する言葉は枚挙にいとまがない。
「関西の軽井沢」「奈良県の北海道」「奈良県のチベット」etc.

冬場は雪と凍てが厳しいが、エアコンも扇風機も不要の夏の涼しさがこの地
の特性だった。
例年なら当たり前のこの涼しさが今年は賜りものだと思えるのだから、如何
に厳しい年なのかと実感させられている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村

posted by けい at 06:54| 奈良 | Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

ヤマアジサイ・その2

「剣の舞」
ポキンと折れそうな華奢な枝のとても小さな苗だったから、育たないかもと
思っていたが、意外や意外、これほど大株になるとは思わなかった。
剣の舞
同じ時に植え込んだ「七変化」よりも危ぶんでいたのに、、、
その「七変化」はとっくに消えてしまった。

「剣の舞」の傍らには「ワイルド・オーツ」も負けじと草丈を伸ばしている。
ワイルドオーツ
もうすぐひらひら簪を見せてくれそうだ。

「三河千鳥」はお気に入り。
三河千鳥1

三河千鳥2
これも例年のような濃い青が出ていない。

紅色に変化するアジサイはどれも好みだが、一番好きなのはこの「紅ガク」
ベニガク1

ベニガク2

ベニガク3

「クレナイ」は本体が枯れてしまった。
挿し木苗も根付かなかったとガッカリしていたら、一株だけが健在だった。
クレナイ
日陰にひっそり、葉も虫食いだらけ。
大事にして増やさなくては。。。

さて「紅てまり」のこと。
咲きはじめは真っ白でとても美しいが、紅が綺麗に出ないと先日書いた。
紅てまり1
ほらね、、、紅が出るころにはいつもこんな状態になるのだ。
紅てまり2
何が原因か判らないけれど、可哀そうだよね。
気候的に合わないのだろうか。

さて、自生種。
自生種1
年々株を大きくしているけれど、名前はまだない。

今年初めて見た自生種。
自生種2
薄暗い育樹園のコゴミの葉に隠れるようにひっそりと咲いていた。
儚げな色合いが何とも美しい。
発見したのはkiiさんで、けっこう得意満面だった。

敷地内を歩けばそこここでアジサイの実生を目にするようになった。
咲いてのお楽しみというのが「せっかち姉や」には苦になるが。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 14:29| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

長雨の影響か?

今年のキウィは花はそこそこ咲いたのだが実の生りが非常に悪い。
開花時期に長雨が続いたのが原因だろうか。

ポツン、ポツンとしか実を見られないのが寂しい。
キウィ1

キウィ2
不作の年でもここまで酷いことは無かったから吃驚している。


プラムの「オーザク・プレミア」に実がついて、日に日に大きくなっている。
プラム1

プラム2
そろそろ危ないねとネットを巻き付けてきた。

危ない理由はカラス。
白昼堂々と庭に舞い降りたり、ログハウスの屋根の上では運動会をしているの
である。
遠慮というものを知らない。

「胡瓜はもう採れるはずだから買わずに山入りしていいよ」というkiiさん
の言葉を信用していたら、なんのなんの。。。
胡瓜もミニトマトも悲惨な状況に陥っていた。
カラスの仕業?1

カラスの仕業?2

万が一の用心のためにと、トマトもキュウリも買ってきて良かった!!

テグスを張って防鳥してきたけれど、さて効果はあるだろうか?


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 07:15| 奈良 | Comment(2) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

梅の実を摘む

長雨で山の外仕事ができず、晴れると本業も忙しくなり、従って山は草ぼう
ぼうの荒れ放題になっている。
今年は草には早や敗北宣言を出してしまった私である。

たまの休みはやるべきことは満載だが、とりあえず優先事項から片付けなきゃ
と梅の実を摘む。
土用干しの頃にやっと収穫なのだから、感覚がズレること甚だしい。

白加賀はたくさんの花が咲き収穫を期待したが、思ったよりかなり少ない。
豊後梅は小粒だがそこそこの収量があった。
梅の実を摘む
右のザルが豊後で7キロ、左が白加賀で2キロ弱、計9キロほど。
少ないけれど無農薬安心印の梅干しが今年も漬けられるのは嬉しい。
数日追熟したら塩漬けにしよう。

梅のエキスが作られるようになるのはいつのことだろうか。
期待の南高梅の苗木はカモシカに食べられてしまったし、先は遠い。

梅を摘んだ後はひたすら草を刈る。
草刈り1

草刈り2

草刈り3

私は鎌を持って菜園上の土手の草刈り。
シオデやササユリ、山椒の実生などがあるので刈払い機に入って貰う訳には
いかないのだ。
以前に刈られてしまったカラスウリは今年も出ていなかった。。。
うらめしや〜〜

さて庭の草抜きはどうする??
敗北宣言は出したけれどこのまま放っておくわけにもいかないよね。
ちまちまと抜いていられないほどの草の量に慄いている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 07:36| 奈良 ☀| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

ヤマアジサイが真っ盛り

平地のアジサイはもうくすんだ色合いになっているものが多いけれど、山の
庭では梅雨が明けた頃にやっと真っ盛りだから、感覚が狂ってしまう。
今年のヤマアジサイは何故かあまりいい色が出ていない。
雨が多かったせいだろうか。

判別不能になって判らないものは、以下、ただヤマアジサイとのみ。
ヤマアジサイ1

ヤマアジサイ3

「紅手毬」
紅手毬
白の間は美しいのだが、赤が出てくることになると茶変する部分も有り見苦
しくなる。
気候の具合かもしれないがすっきりした美しい紅手毬を見たことがない。

「白鳥」
白鳥

「七段花」
七段花1

七段花2

「黒姫」
黒姫1

黒姫2

「清澄沢」
清澄沢1

清澄沢2
枯れたら困るとの危機感がありせっせと挿し木したヤマアジサイだが、白鳥、
七段花、黒姫、清澄沢が多く根付いてくれたのに吃驚している。

「紫香梅」
紫香梅
本体は枯れてしまい挿し木苗に花が咲いた。

「深山八重紫」
深山八重紫
「紫香梅」と「深山八重紫」は大好きなので頑張って増やさなきゃ。。。

これが山に普通にあるヤマアジサイ。
ヤマアジサイ

コアジサイもやっと根付いてくれた。
コアジサイ

まずは、ヤマアジサイ第一陣のお届けです♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 15:53| 奈良 ☀| Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

英彦山ヒメシャラ&桃色夏椿

久しぶりにすっきりとした青空を見た。
梅雨が明けたそうで、数日前から聞こえ始めていた、どことなくぎこち
ないヒグラシの声が急にしっかりしてきた気がする。
町はクマゼミが権勢を誇っているが、野迫川村ではセミというとヒグラシ。
蝉時雨がカナカナカナというのはいかにも涼し気だが、初めてそれを聴いた
という街の住人が「気持ち悪い、あれ、何??」と言ったのを思い出す。
人によってはこういう受け止め方もあるのかと吃驚したのだった。

大好きな英彦山ヒメシャラが咲いていた。
英彦山ヒメシャラ1
周囲の木々から顔を出すぐらいに成長して、花も見えにくい。

英彦山ヒメシャラ2

雨続きで大方は旬を見逃してしまったけれど、、、
英彦山ヒメシャラ3

こちらは桃色ナツツバキ
桃色ナツツバキ1

桃色ナツツバキ2

陰が大きくなったからか、紅がイマイチ出ていない。
それとも気象のせいだろうか?

よく陽があたる上部は少し色濃い気がする。
桃色ナツツバキ4

追いかけてナツツバキも咲きだすだろう。
山の庭にはほかに小花のヒメシャラが二株、一番多いのはナツツバキで今は
一人生えも含めて7株ほどになっている。
緑陰を作る一因なのだが、はてさて、どれもこれだけ大きくなると伐るのも
大仕事だ。
全てツバキ科ナツツバキ属。

桃色ナツツバキの株元に今年ポツンと咲いたのが「フェチダス」
それもずいぶん遅れての開花だったから驚いた。
クリスマスローズ
実をつけたみたいだね。
弾けてまた新しい子たちが生まれるのかと思うと、なんとなく楽しい♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 19:33| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

もち麦と十六穀米


相変わらず雑穀に填まっている私たち。
十六穀米にはkiiさんが熱中していて、以前は「お弁当は押し麦にする?
それとも十六穀米?」と尋ねていたのだけれど、毎回返ってくる答えが
十六穀米なので、最近は訊くこともなくなっている。

先日のことだが、町で十六穀米を買うついでに5分ほど走って初めてのスー
パーに立ち寄ってみた。
相変わらず、町でも山の家近くでも、“鮮度のいい海鮮類を扱っている、し
かも適正価格で、、、”そういう店舗を探しているのだ。
「ふ〜〜ん、結構いいね、此処」

そこで発見したのが「もち麦」だったから、私は迷わずレジ籠に入れた。
ずっと欲しかったのだ!!
もち麦
食べ方、知ってるの?
そんなん、何度か炊いたら慣れるのじゃない

固くてゴシゴシのご飯を食べさせられると思ったのか、引き攣った顔のkii
さんだった。

これが美味しいのなんの!!
今や我が家の定番は16+1で17穀米なのだ。


ところが、である。
もち麦が切れたので同じスーパーに行ったら、小袋しか置いていない。
訊いてみたら「そこにある分しかないです」とのこと。
調べようという気もない、面倒なことには関わりたくない。
どの店舗も人員不足なのだろうか、こういう店員さんがそこそこ多いのは
哀しい。


何処か探さなくっちゃねといっていたら、出先でたまたま入ったイトー〇ーカ
堂で発見。
もち麦
取り敢えず売り場に有った分を全部購入してきた。
町の住まいの近くにはイトー〇ーカ堂が無いので、さて今後はどうするか。。。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル:十六穀米 もち麦
posted by けい at 05:57| 奈良 | Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お詫び

雨の被害が大きいですね。
その広がりに胸が痛みます。
被災された方々の救済を一刻も早くと祈らずにいられません。

*****************

先行して書いてあった「もち麦と十六穀米」が手違いで16日付のまま
アップされてしまい、日付の訂正もきかず、削除しても消えません。
やむを得ず、このままにしておきますのでご容赦ください。
posted by けい at 05:52| 奈良 | Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

雨ばかり。。。

各地に激しい災害をもたらしている豪雨は、なかなか弱まる気配がないです
ね。
被害が広がっている様子に胸が痛みます。
被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。


「近畿地方は土曜の午後には弱まる」との予報に期待していたけれど、また
延びたようで、どうやら明日も雨らしい。。。
水曜日からこちらずっと雨で、空を見上げてはため息をついている。

以前、土砂ダム災害を起こすに至った1000ミリを超える豪雨の際は、強
い雨が間断なく降り続いたが、今回は小降りになるときもあり、そこが救い。

敷地前の小さな渓流はごうごうと音立ててはいるが、それほど増えてはいな
いようだ。
敷地前の渓流

晴れている日は町で仕事があったし、山に居る日は雨ばかりで、今年は間が
悪く蛍は見られなかった。
昨夜雨が小降りの時に、木々の先にチラリと見えた気はしたが、それだけ。

風防室に入ってきたこの虫、カミキリ虫みたいだよねとパチンと叩こうとし
たらkiiさんが慌てて制する。
「蛍に何するのさ!!」
蛍

蛍ってこんなだったっけ?と図鑑を見たら、確かに!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル: 豪雨 ホタル
posted by けい at 14:07| 奈良 ☔| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

イチヤクソウとコクラン

イチヤクソウの開花を心待ちしていた。
こんなことはあまりないのだが、頻繁に見に行くのでkiiさんには大笑い
されてしまう。

蕾から開花まで本当にじらしてくれた。

イチヤクソウ

イチヤクソウ2

フリー百科事典ウィキペディアによると、イチヤクソウはツツジ科イチヤク
ソウ属の常緑の多年草。
和名の由来は、全草を乾燥させたものが民間薬とされたかららしい。

敷地一番奥の段に自生しているナデシコの様子を見に行くため、細い杣道を
上りかけると、ららら、ここにもイチヤクソウがあり、この状態を見ると、
枯れているのは昨年の花茎??
ということは昨年から登場していたということ??
イチヤクソウ3

地味な花だが自生のものは可愛い♪
見回すとあちらにもこちらにもイチヤクソウがいっぱい。

イチヤクソウ4
欲が出てきて、ベニバナイチヤクソウが出てくれたら嬉しいのになぁ、など
と考えるのはいけないね。


これは「コクラン」かしら?
コクラン1

コクラン2
草刈りで仮払い機必須の場所にポツンと咲いていたが、花期はもう終わりの
ような。
刈られて踏まれて消えそうなので、掘り上げて鉢植えにしておく。

これは??
花を見ていないので何かは判らないが、周囲に数株同じような葉を発見。
目印をしておかなくては。。。
???


普段は行かない(蛇が恐い!)敷地奥の草ぼうぼう荒れ放題の場所だが、
いろいろ面白い植物が自生を見せてくれるのが面白い。
次はどんな出合いをもたらしてくれるのかとワクワクする。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 08:25| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする