2018年07月03日

イチヤクソウとコクラン

イチヤクソウの開花を心待ちしていた。
こんなことはあまりないのだが、頻繁に見に行くのでkiiさんには大笑い
されてしまう。

蕾から開花まで本当にじらしてくれた。

イチヤクソウ

イチヤクソウ2

フリー百科事典ウィキペディアによると、イチヤクソウはツツジ科イチヤク
ソウ属の常緑の多年草。
和名の由来は、全草を乾燥させたものが民間薬とされたかららしい。

敷地一番奥の段に自生しているナデシコの様子を見に行くため、細い杣道を
上りかけると、ららら、ここにもイチヤクソウがあり、この状態を見ると、
枯れているのは昨年の花茎??
ということは昨年から登場していたということ??
イチヤクソウ3

地味な花だが自生のものは可愛い♪
見回すとあちらにもこちらにもイチヤクソウがいっぱい。

イチヤクソウ4
欲が出てきて、ベニバナイチヤクソウが出てくれたら嬉しいのになぁ、など
と考えるのはいけないね。


これは「コクラン」かしら?
コクラン1

コクラン2
草刈りで仮払い機必須の場所にポツンと咲いていたが、花期はもう終わりの
ような。
刈られて踏まれて消えそうなので、掘り上げて鉢植えにしておく。

これは??
花を見ていないので何かは判らないが、周囲に数株同じような葉を発見。
目印をしておかなくては。。。
???


普段は行かない(蛇が恐い!)敷地奥の草ぼうぼう荒れ放題の場所だが、
いろいろ面白い植物が自生を見せてくれるのが面白い。
次はどんな出合いをもたらしてくれるのかとワクワクする。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 08:25| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする