2018年09月29日

台風24号と21号

9月は台風と雨ばかりの印象が大きかったけれど、締めくくりの30日まで
台風だなんて。。。

21号の行き過ぎた後は、停電、雨続き、気管支炎ときて、ようやく最近
後始末に取り掛かったところなのに迷惑な24号だ。
何事もなく通過してくれたらいいのだが、勢力は21号に匹敵するほどの大
きさだそうで、中心円に野迫川村もすっぽり入っているのが不気味である。

充電できるものはすべて完了、電池も完備、LEDのランタンは品薄気味で
まだ手に入れていなかったのが残念。
こんなに早く次が来るとは思ってもいなかった。

飲料水は60リットルを確保。
飲料水

雨が降る前にミニ菜園の残り物も摘んできた。
収穫

青物が少なくなっているので三つ葉の新芽は貴重品。
ミツバ
ひとザル分を摘んできた。

ミョウガも最後の収穫だが、例年この季節に残っていることは無かったので、
今年は異変だ。
固くしまったミョウガは無く全部ぼそぼそだが、最終の簡単シバ漬けぐらい
には使えるだろう。
最後のミョウガ


ご飯を炊いてお惣菜も幾つか、今のうちに準備しておこう。。。


さて、21号だが。。。
行き過ぎた後は一応目視で被害状況を確認していたのだが、その後の思わぬ
状況に悲鳴を上げている。
21号で強い風を受けた上にその後は雨が異常に多く、根元が緩んでいるせ
いもあるのか倒木が続いているのだ。

kiiさんがシイタケの様子を見に行かなければ判らなかった。
気付くのが遅れれば、獣たちが入り放題だったと思うとゾッとする。

倒木処理1
アカマツに太い藤ヅルが絡みつき、上部を覆うほどに繁っているので、風を
まともに受けダメージがきつかったのだろう。

至る所で後発の倒木が起きている。
倒木処理2

とにかく、ズタズタになっている防獣ネットの補修が最優先なので、必死で
片付ける。
倒木処理3
斜面で足元が悪い上に落ちた枝がたくさんありその下はぬかるみ、思うよう
に動けないが、何とか夢中で三時間、応急処置だけは済ませた。

まだ危険な木々も有るが、今回はこれ以上手が付けられなかった。
いろいろな案件が山積しているので裏山は普段は見回ることもないから、こ
んなことになっているとは思いもしなかった。

倒木処理5
今度は赤い矢印のこの木が危ういような。。。

倒木処理4
藤ヅルが木々を引き倒さんばかりになっているが、伐採も含めて落ち着かな
いと取り組めない。

24号が大過なく通過してくれることを心から祈っている。
それと、、、どうか停電がありませんように!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 12:24| 奈良 ☔| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

雨が降ったらお休み

昨日、、、

台風で倒れた木々を処理し、その際に出た枝を積み上げたままだったが、そ
の片付けがまだ手付かずのままだった。

予報では雨は夕方からになっているから、一日頑張ったら片付けられるね!!


積み上げてあった枝を引き出してドラム缶の置き場を作る。
枝は燃やし、葉は木々の株元に敷き詰めておく。
台風の後始末1

庭の中の大方の場所は落ち葉が散り敷き、勝手にいい土を作ってくれるのだ
が、落葉樹が近場に無い所も数か所あるので、そこを重点的にカバーしてい
る。
台風の後始末2
それにしても、何台運べばいいのかというぐらいに出てくるわ出てくるわ。
葉っぱの山に悲鳴を上げるが、他所に集めに行く必要がないだけ有難い話。

二時間ばかり作業をしたところで雨が降り始めた。
予報では雨は夕方からと言っていたじゃないのよ!!
燃えていた火も消えかけ、濡れた背筋が冷えてきた。
気管支炎をブリ返したら恐いからもう入ろうよ。

それからずっと今まで降っているが、夜半は結構きつい雨で、スマホの災害
予報がよく入っていた。

今のうちに薪オーブンの掃除をしておこうとkiiさん。
薪オーブンの煤掃除
煤って詰まっているものだね。

準備は整った、もういつでも薪オーブンの稼働が可能になったよ。

雨の日はブルーベリージャムを煮る。
ブルーベリージャム
うん、美味しく出来上がった!!
トーストしたサンドイッチ用のパンにクリームチーズとブルーベリージャム
を挟む、これ、最近のお気に入りなのだ♪


先日、山を下りたときに「スダチ」を買ってきた。
スダチ
今年はサンマが少し安価なのが嬉しい。
サンマを焼いて大根おろしとショウガを添え、スダチをたっぷり絞っていた
だくのが大好きだ。
塩サンマはイマイチ好みではなくて、そこはかなり頑固な私である。


ついでにカボチャも幾つか、それと冬瓜。
カボチャいろいろと冬瓜
カボチャがたくさんあると気持ちが豊かになるという点は、やはり道産子だ
からかしら?
カボチャを目にするといつも、マサカリカボチャがごゴロゴロしていた母の
台所を思い浮かべてしまう。

冬瓜は昔はそう好きでもなかったのだが、加齢と共にかどうか、最近はとて
も美味しく感じる。
喉を痛めたときは、冬瓜のあんかけにショウガをすりおろして毎日のように
戴いていた。
一個あると数回のお菜になるから心強い。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村

posted by けい at 09:54| 奈良 ☔| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

ツルリンドウがたくさん

敷地内の裏山側は今年は一度しか草刈りに入っていないので、草ぼうぼうに
なっているのは覚悟していたが、なんとツルリンドウがたくさん生えていた。
ということは、、、今まで草と一緒に刈り取ってしまっていたということか、
それとも突如増え始めたということか。
ツルリンドウ1

ツルリンドウ2
見渡すと結構生えているので嬉しい。
独特の赤い実を見られるのが楽しみだ。

獣害が無くなって復活してきたものの一つが「ヤブラン」
ヤブラン

「ツルボ」は勝手気ままにあちこちに出現している。
ツルボ
小さくて目立たないが、可愛い♪

「ハナトラノオ」
ハナトラノオ

ハナトラノオ
花が少ない季節だから存在感がある。

kiiさんは木々の伐採や枝切り、薪割りに忙しい。
薪割り

これはログ前の庭。
かなり刈り込んだのだけれど、こうしてみるとあまり変わりはないような。。
ログ前の庭

今朝は16℃で少し暖かく感じられたが、日に日に気温が下がってきている
ので、今日は薪オーブンの掃除をするのだそうな。
午前7時の気温

私は咳き込みの間隔が間遠くなりずいぶん楽になってきたので、昨日からボ
ツボツと動き始めている。
頑張らなきゃ!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 08:39| 奈良 ☀| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

9月の庭は。。。

木々の葉が少しずつ黄ばみはじめている山の庭。

雑草に埋もれていたせいだろうか、ニッコウキスゲは今年は花立ちが少ない。
少ないなりに、次々と開花して楽しませてくれているのが嬉しい。
ニッコウキスゲ

ミズヒキの赤花は斑入り葉もあるのだが、どうやら普通のもののほうが性質
が強いようで、斑入り葉はだんだん少なくなってきている。
ミズヒキ赤

かなり離れた場所にある白花。
ミズヒキ白

白花を数本移植して紅白のミズヒキにしたら面白いかもと思っていたら、
手を掛けるまでもなく勝手に仲間になっていたから吃驚した。
よくこんな所まで飛んできたものだ。
ミズヒキ赤と白

クコの花が咲いていた。
クコ

コムラサキはこぼれ種でよく増える。
コムラサキ
少し迷惑な場所にばかり生えるので困るのだが、秋の庭にこの紫色はよく映
える。

紫色とこの色のムクゲと、苗は二株を買ったのだが紫は枯れてしまった。
ガッカリしていたけれど、この花もよく見るとなかなかいい。
ムクゲ

萩、これは「江戸絞り」だったはず。
ハギ
旬を見過ごしてしまい、もう終わりだった。

庭奥の白萩は枯れてしまったし、と園芸店で萩の苗を眺めていたら、「周囲
には山の萩が多く生えているんだし、増えてかなわないから庭の中には植え
ないでくださいよ!」
速攻でkiiさんに「ダメ!!」を突きつけられてしまった。

庭を見回っていた時に発見したのがアジサイの実生苗いろいろ。
庭奥の一帯に「なにこれ!」というほどたくさん生えているので吃驚した。
アジサイの実生
今のところはまだ土手が主体だが、これが庭の中に進出しだしたらさてどうす
るか。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 11:58| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

雨、ときどき晴れ。。。

台風21号の通過後、妙に雨が多くおかげで倒木などの処理が進まない。
山はもう冷たい雨なので、押して外仕事をする気力などこれっぽっちもない。

二日前に山から下りて所用を片付けがてら病院に行ってきた。
病院は苦手で滅多に行かないのだが、ここ数年、年に一度はお世話になって
いるのが悔しい。
何しろ「頑丈」を自認していたので。。。
点滴を受けて少しは楽になったが、まだ暫し時間が掛かりそうだ。
雪の季節がひたひたと迫ってくるので、早く治して外仕事をしなければと気
持ちはかなり焦っている。

21号の折の停電で冷蔵庫や冷凍庫の中身はほぼ全滅。
空っぽの冷凍庫を眺めてため息をつく。
魚を何種かと豚肉、鶏肉ぐらいは入れておかないと緊急の時に困るよね。。。
何しろ最寄りのスーパーまでは片道一時間掛かるのだから、最低限の食材は
備蓄しておかなくてはならないが、でも今回の教訓があり、以前のようには
何でも冷凍するという気持ちにもなれない。

昨日は野菜と数種の肉類、魚類を買い込んできた。

早起きして堺大浜の魚市場迄行ってきた。
目的は戻り鰹。
鰹なら痛い喉も通りがいいかもしれない。
今年の私はとにかく鰹に填まり込んでいるのだ。

鰹の他にいいものが有ったらとkiiさんが頼んでおいてくれたらしく、
30センチ弱のいい形の鰺もひと箱。
鰺1
13尾もあった。

「どういう内訳にするの?」
「刺身が1尾、きずしが5尾、残りの7尾は三枚おろしで冷凍にしようかな」
私は注文するだけでまったく他人事。「大変だね。。。」というだけである。

まずは包丁を研ぐ。
包丁を研ぐ

中骨も丁寧に取って。
鰺2

三枚おろしは小分けして冷凍庫へ。
いろいろな調理に使えるので重宝するが、私は鰺のフライがとても好き。
鰺4
喉が治ったらまずはアジフライ、ということになりそうだ。

骨は小切って汁物に使う。
鰺3
鰺の骨から出る出汁は上品でとても美味しいから、冷凍して全て利用する。


大きなハモがあったので、これも調達。
骨切りがしてみたいkiiさんだが、腕のほうは信用できないので取り敢え
ず今回は1尾にしておく。
骨切りだけを残して魚屋さんが大方の処理をしてくれてあるが、さて、骨の
当たりは如何だろうか?
ハモの骨切り
これは鍋用として冷凍。

さて肝心の戻り鰹。
全長は58センチほど有り、丸々としている。
戻り鰹
慣れたもので、数が多い上に手間が掛かる鰺の処理よりは短時間でササッと
片付けるkiiさんである。

活きのいい刺身は久しぶり。
ほんとうに美味しかった。
刺身とカルパッチョ
私は刺身も好きだが漬け(ヅケ)やカルパッチョが好き。
自己流のカツオのカルパッチョはオリーブオイルと上質の塩のみでいただく
のが好みだが、これがまたたまらなく美味なのだ♪


野菜が高いので辛いが、天候ゆえと思えば仕方がない。
どうしてこんなものまで高値になっているのかと、???になるものもある
のだが。
買い物にはずっと行けていなかったので、今回は少し多め。
野菜1 野菜3 野菜2
茄子とキュウリは例の簡単シバ漬け用。
ミョウガも終わりなので、これが今季最後になるかも。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 11:26| 奈良 ☔| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

伐採とブルーベリー摘み

伐って積んで、伐って積んで、kiiさんはひたすら頑張っている。

台風で倒れたり捩れたりした木を優先して処理しているが、ついでにその周
辺の整備も行っているのでなかなか進まない。

敷地内には夏椿が七株有ったので、育樹園にある一株も今回伐り倒した。

一本ずつ枝を落とすのだが、太くなっているので結構厳しい作業だ。
伐採1
切り落として引き出してきた枝を、薪や焚き付けにできる部分と処分するもの
に切り分ける。
伐採6
積み上げた枝葉の山がまた大きくなっている。
大変だなぁ、この処理。。。

伐採4

一本の枝のこの長さ、半端じゃないでしょ。
伐採2

草花を傷めてしまうので、此処まで小さくしてから最後の伐採をする。
伐採3


クリスマスローズのエリアが育樹園から見渡せるようになった。
伐採5
ついでに夏椿の傍らにあったリキュウバイと土佐ミズキ、紅花サンザシも剪
定して小さくしたので、英彦山ヒメシャラがよく見えるようになった。
上々だね!

私も手伝おうとして出るのだけれど、夜半に咳き込みが酷くなるので、NO
を突きつけられている。

「ブルーベリーを摘んでおいでよ!」
ブルーベリー
エリアの半分だけを摘んできた。
計3.1キロ。
今年はスズメバチが少ないのだが、それでも飛来しているのでそこそこは食
べられている。
雨が多かったので甘みが薄く裂果も多い。
この時季の裂果は初めての体験である。
完熟して落ちてしまっているものも有り、結局大きなザル程度(2キロほど)
は損失だ。
食べられたり裂果したり落ちたりしたものは大実が多い。
相次ぐ台風とその後の雨、片付けで追われているうちに、勿体ないことをし
てしまった。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 10:02| 奈良 ☁| Comment(6) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

そろそろ復活しなくては。。。

台風の後始末がたくさん残っているのに、停電が解消した途端にホッとして
気が緩んだのか、大風邪に見舞われてダウンしている。
何とも情けない話だ。
私のアキレスけんは喉、また今回も痛みと長引く咳に悩まされている。

kiiさんは風呂釜を修理し、倒れかけている木々を伐採し、薪を作りと頑
張っている。
風呂釜はまさか直せるとは思わなかったので、吃驚した。
試行錯誤の末にうまく点火したときは思わず拍手。
山奥では修理に来てもらうのにも時間と経費が半端ではないので、ほんとうに
助かった。

雨が多いので思うように動けず、空を見上げてばかり。。。
シラカバの伐採1

シラカバの伐採2

薪作り


積み上がっていく木々の枝。
これはごく一部。
まだ敷地内には折れ枝が多数落ちている。
処分を待つ折れ枝多数
この処理は私の役目だが、まだ体調が万全ではないので稼働はもう少し先にな
りそうだ。

台風後に見つけたもの
台風後に見つけたもの2 台風後に見つけたもの1
左は水が溜まったバケツの中で息絶えていたムカデ。
右は山のナメクジらしいがその大きさに吃驚した。
ムカデはまだしも、この巨大ナメクジは気持ちが悪い!!


先日所用を果たしがてら町に下りて野菜の高騰に慄き、結局大したものを仕
入れずに帰ってきた^^;
こんなときはあるものでやり過ごそうと、ミニ菜園のクウシンサイ、ヒユナ、
シシトウをチビチビ摘みながら暮らしている。

昨夜はこの秋初めての鍋にした。
山の夜はもう鍋でもちょうどいいぐらいの気温になっている。
ハモ鍋
メインはハモ、その他は有り合わせの食材しかないが、痛む喉に鍋が優しかっ
た。

ヤマボウシの実が赤くなり、カケスが突っつきに来ている。
ヤマボウシの実
鳴き声が喧しいのが難だが、つい眺めてしまう。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村

posted by けい at 10:36| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

停電のその後

関西電力は7日には全面復旧というが、果たしていつになることか。
村の対応からそう判断して、7日午後4時過ぎ、急遽、緊急避難の準備をす
る。
もうすぐ暗くなるので大慌て。
冷凍庫の中はかなり傷んでいるものも有り、無事なものだけを引き上げる。


ニュースもまったく目にしていなかったので、新聞を見るまで北海道で大き
な地震が起きていたことも知らなかった。
地震や台風、豪雨など、各地で大きな災害がとても多いが、日本列島はいっ
たいどうなっているのだろう。


久しぶりに電気のある生活を二晩送り、充電も万全にして、9日再び山の家
に戻る。
まだ停電が続いているだろうと予測して、1.7キロの板氷を4パック買い込
み、電池も多めに仕入れてきた。
板氷

電池いろいろ

試しにと、山の家に着いて電灯のスイッチを入れたkiiさん。
「あれっ、電気が来ているよ!!」

村役場までは6日午前5時50分に開通している。
その後その奥が優先され、枝線の我が家は9日の午後、5日ぶりに電気が繋
がった。
冷凍庫にはまだ一片の氷もできていず、冷蔵室も生ぬるかったので、繋がっ
たばかりだったのだろう。

水とガスは心配ないが、電気のある生活が当たり前になっているから、5日
間の停電は厳しかった。
でも、各地でまだ停電が続いている所も有り、なんとか一日も早く復旧しま
すようにと心から祈っている。


電灯が点いて、気持が和らぎほんとうに有難いと思う。

さて、今日は台風の後始末、倒木の整理も始めようと意気込んでいたが、ま
た雨になっている。
あれほど乾いていたのに、一度降りだすと雨ばかり。

kiiさんは台風で壊れてしまった風呂釜を直そうと頑張っている。
風呂釜修理
うまく直るといいのだが。

今回はいろいろと考えさせられることが多かった。
発電機も有るのだがもう20年も使っていないので、稼働するかどうかが判
らない。
ランプやランタンなどは必ず用意しておかなくてはと思う。
万全にしていたつもりだが、もっともっと自衛手段を考えなくては、この
山奥では暮らせない。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 16:15| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

台風21号とその後(2)

5日以降のことは、言いたいことはいろいろあるがあまり思い出したくもな
い。
関電への電話はまったく掛からず、村からも何の情報もなく、なす術なしの
状況が続く。

通信の手段が途絶えているのだから何とも仕方がなく、何度か五條市大塔町
で収集に努める。
天川村の数か所で土砂崩れがあり、送電元がそちらなので大塔町の一部(坂
本周辺)と野迫川村全域が停電になっていたそうだ。

村の知人宅に寄ると6日の午前5時50分には点灯されたというが、我が家
には来ていない。
村民からの情報では我が家の500mほど先で電線が垂れているそうな。
断線
この先でも数か所、倒木があり電線に凭れ掛かっていた。
こういう状況も知らずに、5日の関電の担当者はトンチンカンなことばかり
言っていたのだから腹立たしい。


電話を借りて関電に何度目かの通信を試みるが、7日には全面復旧の予定だ
と伝えるのみ。


7日になっても工事の車は入らず、近所の人からの「一般人には無い緊急の
ルートを持っているから村に電話したほうがいい」とのアドバイス有り。

やっと使えるようになった公衆電話だが、虫だらけで不気味。
それも繋がったり切れたりと安定しないが、とにかく他人様を煩わせること
なく連絡できることが救いだ。
不気味な公衆電話

村に電話すると第一声、「電気は繋がっていますよ」とのこと。
うちのほうは来ていないと伝えると一瞬の間の後に、担当者を見に行かせま
す。関西電力にも連絡しますので」とのことだった。
こちらからも関電に掛けると40分程待ってやっと繋がり、トーンは落ち気
味だが7日には全面復旧の予定だと言うのみ。

夕方まで何の動きもなく村からの連絡もなく、再度あの汚い公衆電話から村
に電話する。

関西電力殿
7日には奈良県下40000所帯の停電が4000所帯
にまで減っているやに聞く。
この時点ではもう作業工程なども分かっている筈。
混乱を生むばかりの、ごまかしや希望的観測などで利用者
に対応して欲しくはない。
正しい情報を伝えて欲しい。


野迫川村殿
本線の奥がまだ工事ができていないので、枝線は後になる
とのこと。
こういう情報は一般の電話では教えてもらえない。
ということはうちはいつになることか。
「本線が優先なので少数派の枝線は後になる、我慢しろ、
災害時なのだから」
というならその少数派に村が救済措置を講じてもいいのでは
ないか!?
関電のそういう状況が分かった時点でなぜ知らせてもらえな
いのだろうか。
そのぐらいの配慮があってもいいのではないか。
何しろ枝線で後回しになるのだから。

私は、災害という緊急事態が引き起こした停電に対して怒っ
ているのではない。
少数派の枝線だからと後回しにされることに怒っているので
もはない
その後の対応に怒っているのだ。


これは関西電力にも言いたいことだが。。。
いついつまでは回復不能だとはっきり知らされたなら、自身
の処し方を模索できるではないか!

通信手段を求めて町に下りる、或いは充電先を探すことがで
きる。
冷凍庫の食品などを抱えて緊急避難することもできる。
道路は無事なのだから宅急便で送ることも、角氷を買い求め
に山を下りることも可能だ。
中途半端でいい加減な情報をただ与えられるだけではつらい。

緊急事態で大変なことは理解しているが、ある程度回復した
のちには、できるだけ正しい情報を伝えていただきたいと思
うのだ。


災害もしばしばあるけれど、野迫川の自然は好きだ。
「でも、野迫川村の体質はやはり変っていない」
そう再認識させられている。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 09:59| 奈良 ☔| Comment(12) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風21号とその後(1)

台風21号は強烈だった。
南から激しく吹き付ける風雨に、ただ行き過ぎるのをひたすら待つ時間の長
いこと。。。
4日一時過ぎに停電。
2時40分ごろ一瞬風が止み、その後にゴウッとうなり声のようなものが聞
こえ、北の裏山側から吹き返しの風がログハウスをきしませる。
頑丈に造られているログハウスが揺さぶられるなど初めてのことだったので
吃驚する。
我が家は北面を山に守られているが、いつぞやの台風で吹き下りた突風が杉
を折り倒したことがあり、その恐怖が蘇ったのだった。

その後数時間で風雨は弱まったが、夜8時ごろからの稲光と雷の饗宴、間断
なく降り続く激しい雨には生きた心地がしなかった。
2011年の秋に、1000ミリを超える雨量を記録したあの時の降り方と
酷似していたから。
二時間ほどで雷も去り小降りになってホッとしたが、まんじりともしない夜
を過ごしたのだった。
台風21号(1)
飲料水50リットルとロウソクや懐中電灯は用意してあったが、暗闇の中な
ので手探り状態。

翌朝の様子。
ログハウスの横の小さな谷を流れる水。
普段は伏流水になっている。
台風21号(3)

なぎ倒された木々多数。
後始末にどれほどかかることだろう。
台風21号(4)
敷地内通路の片側を突風が吹き抜け、この側は大方が早や秋が来たように葉
が黄変してしまった。
台風21号(5)
なんでこんな所まで??
台風21号(6)
吹き飛ばされたキウィ。

台風21号(2)
前面道路の向こう側にある渓流。

災害時なのだから停電は仕方がないが、冷蔵庫、冷凍庫も数日が限度、通信
手段がゼロというのには参った。
情報が全く入らないので何度も五條市大塔町迄下りて収集する始末。

村の本線にある地域は6日の午前5時50分に通電されたが、4、5、6、
7、8日と我が家の停電はまだ続いている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 08:08| 奈良 ☔| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

シュウカイドウの赤花と白花

大きな台風が直撃しそうで予報を見聞きするたびに不安が増してくる。

これは昨日の夕方。
久しぶりに眺めた美しい夕焼けだった。
9月2日夕方

こちらは先ほどの空。
9月3日昼
こんなにいい天気なのにと、信じられない思いである。

止まっていた渓からの引き水もやっと復活したのにね。。。
雨も激しくなるそうなのでどうなることか。
渓からの引き水

皆さま、どうぞ気をつけてくださいね!!


シュウカイドウが咲いている。
獣害が少なくなっているのとこぼれ種のおかげで、増え始めたのが嬉しい。
シュウカイドウ赤花1

吃驚するところにまで出張っているのを見ると、ついニマニマしてしまう。
シュウカイドウ赤花3

赤花に比べると白花は控えめなのか、なかなか増えてくれない。
数えられるほどの株数から、数えきれないまでになってくれていいんだよ。
そう思って、エリアも広めに取ってあるのだけれど。。。
シュウカイドウ白花1

シュウカイドウの赤花は葉裏が緑のまま。
シュウカイドウ赤花2
白花は表面は緑だが裏面の赤い筋が特徴。
シュウカイドウ白花2
面白いでしょ♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 13:46| 奈良 ☁| Comment(5) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする