2019年01月08日

薪オーブンが大活躍

我が家の薪オーブンはオーブン機能は勿論だが、その天板の活躍度も半端で
はない。
今日は頑張って作ろう、、、そう思いつつなかなか始動できなかった私だが、
凍み豆腐と柿ジャムに冷凍庫を占拠されつつあり、ようやく動き出した。

広い天板に大鍋三つと薬缶を二つ、小鍋ならまだ余裕がある。
オーブン機能も使いたいところだが、そこまで手が回らないので今回は天板
を優先している。
薪オーブン稼働中

ひと月ほど前に、たまに行く鮮魚店でホタテのヒモを見つけたkiiさん。
その喜びようときたらなかった。
大好物だものね。
ホタテのヒモ1

いつも行く堺・大浜の魚市場で勧められたのが助子の樽入り。
「年末になるとメチャ高価になるし、今がお買い得だよ」
保存方法を教えてもらい、冷凍庫で寝かせてあった。
助子
確かに。。。
年末の助子の高価さは半端ではなかった。
何故年末に重用されるのか、縁起がいいのか、そこのところは定かではないが。

天板の上に置いてある鍋の中身は。。。
「チリメン山椒」
チリメン山椒

「ホタテのヒモの甘辛煮付け」
ホタテのヒモ2

「助子とコンニャクの炊いたん」
助子とコンニャクの炊いたん
「助子とコンニャクの炊いたん」は私たちもそうだが、娘の大好物。
年末には炊いて宅急便に入れたかったのだが、間に合わず今になった。

この煮付けには突きコンニャクを使うのだが、最近は突きコンニャクを置い
ている店舗が少なく、仕方なく美味しいと思われるコンニャク4丁分を下ご
しらえして刻む。
その手間が一番大きかったかも。

こうしてみると、茶色いものばかりだけれど。

発送用の煮炊きが終わったら、天板をまだ利用して再びの柿ジャム作り。
柿ジャム1

保存は冷凍庫で。
柿ジャム2
すぐに食べる分は保存容器に入れるが、置いておくものはこれが一番嵩が少
なくていいように思う。

塩とレモンを入れただけの柿ジャムが娘にも好評で、つい嬉しくなってまた
作りたくなる。

さて、今日はまたまたの柿ジャム作りの傍らでサムゲタン風のスープでも作ろ
うかな♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:50| 奈良 ☁| Comment(2) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする