2019年01月22日

ニシン漬けを作ってみる

農家の方には気の毒だが、年末年始の庶民の台所は安価な野菜でずいぶん
助けられている。

数日前のことだが、いつも買い物をするスーパーで吃驚仰天した。
そこそこ大きい春キャベツが二個で150円。。。
つい嬉しくなり、二袋も買ってkiiさんに目を剥かれている。
「どうするのさ、キャベツばっかり!!」
キャベツ

「まぁ、いろいろ作ってみたいもがあり、ザワークラウトとか」
「それにしたってこんなに要らないでしょ?」

ザワークラウトもかなり長い間作ってはいなかったし、もう一度しっかりレ
シピを見ておこうと、漬物の参考書を5冊ほど引き出して読んでいると、
古い本に「ニシン漬け」なるものが載っていた。

キャベツに大根、ニンジンに柚子や麹、身欠きにしんもある
材料は全部揃っている、ならば、作ってみるか。。。

材料が揃っているというのが妙な話だと、首を傾げられるかもしれないが、
私は道産子で、DNAにしっかり組み込まれているのか、北の海産物には目
がないのだ。
そのせいか、常時、冷凍庫にはホタテやイクラをはじめとして、ニシン類も
入っているのである。
こんなものも。。。
これは「子持ちニシン」
子持ちニシン

身欠きにしんは、身を裂いてごま油と醤油で味付けし、小口切りのネギを散ら
していただくのも好きで、脂焼けしていない状態のいものを見かけると購入し
て冷凍してある。

ずぶの素人が作るのであるから、これは「ニシン漬けもどき」
ニシン漬けもどき
重しをして二週間ほど置いてみよう。
食べられるものになったら嬉しいのだけれど。


今日は肝心のザワークラウトを作ってみる。
いろいろ面倒なことを書いてあるものが多いが、この本「乳酸キャベツ健康
レシピ」は、いたってシンプルで作りやすそうである。
ザワークラウト


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 07:24| 奈良 | Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする