2019年03月30日

クリスマスローズのある風景

クリスマスローズのエリアはかなり広めに取ってある。
英彦山ヒメシャラ、ナツツバキ、桃色ナツツバキ、ヤマボウシ、紅花のヤマ
ボウシ「紅鶴」、ジューンベリー、紅花サンザシなどに周囲を囲まれた一画
がそう。
落ち葉がいい土壌を勝手に作ってくれるせいか、まったく手が掛からず、
クリスマスローズは如何にも私向きの植物だと有難く思っている。

クリスマスローズエリア1

クリスマスローズエリア3

クリスマスローズエリア4

クリスマスローズエリア2

このエリアから時々脱走する子もいて、困ったと思いながら「まっ、いいか」

飛び出した子たちは、それぞれが出先にコロニーを作り、しっかり子孫繁栄に
努めているから可笑しい。
そのうちに庭の中がクリスマスローズだらけになってしまうかも。。。


二年前にクリスマスローズエリアのブルーベル(ハイブリッド種)をすべて、
日照のいい場所へ移したつもりだったが、「な、なんと。。。」
ニョキニョキと顔を出したブルーベルに吃驚した。
なんでこんなに残っていたのかなぁ。
残っていたブルーベル
また大仕事が増えたよ!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:10| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

クリスマスローズ(2)

今回はピンクや赤系のものを集めてみた。

クリスマスローズ・ピンク系1

下の二種は今年初めて開花を見た実生株だが、形と色合いがかなり好みだ。
クリスマスローズ・ピンク系2

クリスマスローズ・ピンク系4


クリスマスローズ・ピンク系3

クリスマスローズ・ピンク系5

花茎をたくさん立てている株が増えているので、そのうち見事になるだろう。
クリスマスローズ・ピンク系6

クリスマスローズ・ピンク系7

まったく作為しないものだから、ピンクや赤系の周囲にはその仲間が集まり、
白系の周囲には白花が集まり、、、
単調になりすぎるので、少しは手を加えたほうがいいのかもしれない。
クリスマスローズ・ピンク系8

クリスマスローズ・ピンク系10

親に似た子が多くてもそれぞれが少しずつ違う。
クリスマスローズの実生株の面白さは、そんなところにも有るのかもしれない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 07:02| 奈良 ☁| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

クリスマスローズ(1)

平地は桜が開き始め花見の話が賑やかだが、山の庭は桜どころか梅もまだ咲
き揃っていない。
そんな中で高らかに開花宣言をしているのがクリスマスローズだ。
昨年は4月6日頃にアップしているので、今年は一週間ほど早い。
凍み豆腐を何度も作ったほどに、昨年はずいぶん寒かったということなのだ
ろう。
ならば桜の開花も例年の4月中旬より早いのかと気が逸るが、そうはいかな
いのが不思議なところだ。

さて、クリスマスローズは一重の白花系から。。。
白花が少ないと嘆いていたが、実生株がそれぞれ充実して開花し始めたら
意外に多いので驚いている。

混ざり気のないシンプルな白が一番好み。
クリスマスローズ白花1

でも、こうして咲いてみると、どの子も可愛い。
クリスマスローズ白花2

クリスマスローズ白花3

クリスマスローズ白花4

クリスマスローズ白花5

クリスマスローズ白花6

クリスマスローズ白花7

クリスマスローズ白花8

クリスマスローズ白花9

どの株にも言えることだが、花柄も葉柄も太く立派になっているのが頼もしい。
如何にも美味しそうに見えるが、今まで一切無視してきたものをカモシカが
慣らし食べというか、口にし始めているのが不気味だ。
毒性があるものでもそんな風にして耐性をつけ、克服してしまうのか、、、


まだ体調がスッキリ戻っていないので庭仕事はほとんどできないが、たくさ
んのクリスマスローズの実生苗も移植や鉢上げをしなければならず、気ばか
り焦ってしまう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 05:25| 奈良 | Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

ダンコウバイ&フクジュソウ

ダンコウバイが咲き始めた。
庭奥への小道の入り口、左の黄花はマンサク、右がダンコウバイ。
ダンコウバイ1

ダンコウバイの黄色は少し緑色がかっていてとても美しい。
ダンコウバイ3


春は黄色い花が多いが、それぞれが個性的で楽しい。


フクジュソウは開花しかけたときにみぞれや雪にたたかれ、哀れな様相に
なっていたが、回復は不能だった。
フクジュソウ


セランダインがますます元気に増え広がっている。
日に日にエリア拡大しているような気がする。
セランダイン1

セランダイン2

こういう光景が夢だったから、「どんどん、お好きなところへどうぞ!!」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



続きを読む
posted by けい at 07:00| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

キウィ棚の整備&フクジュソウ

伸び放題になっていたキウィを思い切って大幅に剪定した。
キウィ棚は6メートル×3メートルで作ってあったが、今回、少し広げること
にした。
追加分は3メートル×2.5メートルで僅かのようだが、全体から見ると結構
広く感じる。
日照がいいように、地形も考えてL字形にしてある。
追加部分にはゴールデンキウィを植えてみたいのだが、苗が高価だし寒さに
負けたら元も子もないとまだ勇気が出ない。
キウィ棚の整備

フクジュソウが顔を出しているが、まだ全開に至っていない。
フクジュソウ
開きかけたところに雨や雪で可哀そうだが、このままで終わってしまったり
して。。。

いつの間にかバイモユリがすくすく伸びていた。
バイモユリ
丈夫な植物で、好き勝手に飛んで行ってはエリアの拡大を図っている。
食べられていないところを見ると、今のところはカモシカも侵入していない
様子だ。

先日ナメコの種菌を引き取るためにHCに寄った際、バーゲンの最終価格に
なっていた椿苗を見つけた。

安ければ何でもいいということではなく、また品種に拘らないということで
もなく、悩んだ末に一株だけを購入してきた。
椿苗1

百合椿というのはお初だが、蕾がたくさん付いているので楽しみだ。
椿苗2


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 09:27| 奈良 ☁| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

青空とマンサクと梅

マンサクは青空によく映えるとつくづく思う。
ずっと鬱陶しい空模様が続いていたから、この晴天を待ちかねていたのだ。

マンサク1

マンサク2

庭奥への小道を隔てて在るダンコウバイも、蕾を膨らませてきた。
ダンコウバイ

昨年思い切って伐採を進めてきた庭奥への小道沿いは、ずいぶん明るくなり、
陽がよく当たるようになった。
今年は無理でも数年後には、本シャクナゲの花付きがよくなるだろうと期待
している。
庭奥から見た小道

町では梅が盛りを過ぎ、そろそろ桜の便りも聞かれる時期になってきたが、
山の庭ではようやく梅が咲き始めたところだ。
これは早咲きの紅梅で、梅の実自体はあまり美味しくはない。
早咲きの紅梅3
梅の開花では常に一番手だが、今年は少しゆっくりしすぎのようだ。

ヤマグワが覆っていたせいで花付きもよくなかった。
早咲きの紅梅1
植菌用にヤマグワを伐採したので日照がよくなり、これもいずれよく咲くよ
うになるだろう。
早咲きの紅梅2

藤五郎梅はチラホラ咲き。
藤五郎

白加賀や豊後梅、八つ房や南高梅はまだ開花していなかった。
梅が少し先行するのが例年だが、この調子では梅と桜の一気咲きになるかも
しれない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 12:13| 奈良 ☀| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

ユキワリソウのこと

園芸的にはユキワリソウと呼ばれているらしく、周辺の販売店でもそういう
名称で扱われているが正しくはミスミソウらしい。
ミスミソウは西日本、オオミスミソウは本州日本海側、スハマソウは東日本
に分布するのだとか。
昔々には○○〇×○○〇などという交配種に填まった時期もあったが、山の庭
の環境には弱かったようで諦め、今は原種系の素朴なものだけが残っている。

カモシカに葉を全部食べられてしまったから不細工な形だけれど、蕾の一部
は残しておいてくれたのでホッとしている。
貧相でも花を見ることができただけで幸せ。。。

今年は昨年にも増して見事な花群になることだろうと、かなり期待していた
のに残念だ。
(おのれ、にっくきカモシカめ!!)

ユキワリソウ1

ユキワリソウ2

ユキワリソウ3

ユキワリソウ4

ユキワリソウ5

不細工だけれど、カンアオイとユキワリソウには、また個別に防獣ネットを
被せたほうがいいかもしれない。

此処がダメならこっちから這入ろう、彼らの飽くなき探求心には脱帽してい
るのだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 17:29| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ホダ木の用意完了&春の山菜

早くに片付けてしまいたかったナメコのホダ木作りは、伐採は早くに済ませ
ていたが、その後、雨だ、雪だと祟られて今になってしまった。

庭奥のマメザクラ三株のうち一株を伐採してあったのだが、120メートル
の道中を運び上げるのが大変だったような。。。
病み上がりの私は身体に力が入らず、細いのを引きずるぐらいの手伝いしか
できなかった。
なめこのホダ木1

90センチ長に切り、積み上げていく。
なめこのホダ木2

「種駒に対して、ホダ木が足りないような気がするけど?」
「ちょうどいいと思うよ!」「ふ〜〜ん」
なめこのホダ木3

頼んであった中生のナメコの種駒も入荷したとの連絡があった。

乾きすぎないようにヒノキの葉を被せて、4月の第一週には植菌になる。
なめこのホダ木4
ゴールは目の前、懸案事項が一件片付いて、ホッとした表情のkiiさんで
ある。


フキノトウが出始めたが、食べられているのか数が少ない。
春を告げる山菜の一番はフキノトウだと言われるが、我が家の一番はなんと
いってもヤブカンゾウの新芽のヌタである。
ふきのとうとヤブカンゾウの新芽
サッツと湯がいて絞り、刻んで甘酢味噌を掛けていただく。
シャキシャキとした歯触りと少し甘めの素材の持味が何とも言えない。
kiiさん絶賛、一押しの山菜だが、この系統はカモシカや鹿も好みとする
ので危うい。

現に仲間のユウスゲは全滅の危機で、お願い!!ニッコウキスゲとムサシキ
スゲには口をつけないでと祈る思いでいる。
これらも全部食用にできるそうだが、我が家ではヤブカンゾウ以外は花扱い
である。

「彼らに食べられてなるものか」と本人は真剣にヤブカンゾウを摘んでいるの
だが、傍から見るとなんだか可笑しい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 12:32| 奈良 ☀| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

セランダインがいっぱい

陽が照ると一斉に開花しだすセランダイン。
和名は「西洋リュウキンカ」というらしい。

昔、北海道に住まうブログのお友達から「エゾノリュウキンカ」の株を送っ
ていただいたが、アッという間にカモシカまたは鹿のお腹行きになってしま
い、心底悔しかったのを思い出す。
せめて根が残っていれば復活するかもとしつこく待ってみたが、残念ながら
食われた箇所から傷みが広がったらしく再生は不可能だった。

エゾノリュウキンカは宿根草だったと思うが、セランダインは小さな球根。
とても丈夫でよく増える。
美味しいのか食害には遭いやすいのだが、たまたまこの時期はうまく免れて
開花までこぎつけた株が多い。
日を追うごとに、この一帯がセランダインだらけになってきた。
セランダイン1
イノシシが荒らした後を覆い尽くすように広がってくれたら、見苦しさも幾
らかはカバーできそうだと期待している。

セランダイン2

艶やかな黄色が美しい。
セランダイン3

困ったことに、、、いや喜んでいいのか、、、
セランダインの一帯はハイブリッド種のブルーベルのエリアなのだが、足の
置き場がないほどにアマナが繁茂し始めたから驚いた。
自生のアマナは敷地内の数か所に出ているのだが、一番最初に登場したのが
此処だった。
なかなか増えないねと言っているうちに前面道路脇の土手に出たものが主流
になり、此処のアマナはいつか忘れられた存在になっていたのだが、それが
先のイノシシの土木工事のおかげで掘り返されて日の目を見たのか、一面に
凄いことになってきたのだ。
通路も無くなってしまう勢いに、嬉しいような、でも少し困ったような。


勝手にこのエリアに到達し、だんだん勢力圏を拡げている黄水仙。
黄水仙
山の庭の水仙一番手はいつも彼女たちだ。

黄色い花たちは元気をくれる気がする。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 14:10| 奈良 ☀| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

マンサクが咲いている

庭奥への小道の傍らに在って威風堂々、見事な樹に育っているマンサク。

今年の開花は早いのかもと調べてみると、昨年は3月12日のアップなので、
マンサクに限ってみれば昨年同様ということらしい。
マンサク1
何故か樹木北面の花付きが悪く、これは多分シロモジが覆いかぶさって陰に
なってしまうからだろう。
シロモジを少し小さくしようか、、、

マンサクには青空がよく似合うのだが、スッキリした青空にはなかなか出合
えない。
マンサク2
花が終わるまでに撮れたらいいのだけれど。。。

今朝は目まぐるしい天気だった。
午前7時前にウグイスの初音を聴いた。
7時過ぎに雨が降り出してみぞれになり、あれよあれよという間に雪になる。
ウグイスもさぞかし吃驚していることだろう。
3月13日午前7時

予報では今日は晴れるとのことなので、なめこの植菌に向けてひと踏ん張り
しようとkiiさんは意欲満々である。


フキノトウがチラチラと顔を出している。
カモシカや鹿のお腹に入ってしまう前にサッサと戴いてしまおう!!
フキノトウ

育樹園のギョウジャニンニクが可愛い芽を見せ始めた。
木々をずいぶん間引き日照がよくなっているので、今後の成長に期待して
いる。
ギョウジャニンニク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 09:14| 奈良 ☔| Comment(8) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

一週間のご無沙汰

昔のテレビ番組に、「一週間のご無沙汰でした」という冒頭の挨拶があった
のを今ふっと思い出した。
確か歌謡番組だったと思うけれど。。。
「一週間のご無沙汰」で検索してみると、出てくるのに吃驚!!
Wikipediaでみると「一週間のご無沙汰でした。玉置宏でございます。お口の
恋人、 ロッテ提供、『ロッテ歌のアルバム』…」というのが正しいらしい。
番組は記憶にはないのだが、流行語にもなっていたそうなので耳に残っていた
のかもしれない。

それはともかく、、、
ご無沙汰してしまいました。m(__)m

鬼の霍乱といいますか、、、
いろいろ一気に重なったようで体調を崩して寝込んでいた。
やっと上向きになり、パソコンの前にも座れる程度に回復してきたので、ホッ
としている。
春が近づいている。
本番の忙しさを前にして、こんな調子ではあかんぞ!と自身を叱咤する。


寝込んでいる間にサルココッカが開花していた。
サルココッカ
いい香りが漂っていて、「あぁ、もうすぐ春なんだなぁ。。。」
流石「香りの木」という別名を持つだけのことはある。
花が地味だからかメジャーではないが、この香りの素晴らしさは秀逸だ。
あちこちに勝手にひとり生えするのを迷惑だと言いながら、邪険にできない
所以である。

先の記事でスノードロップが増えないとぼやいていたけれど、後発組が続々と
登場して、「な、なんだ、これは!!」と吃驚させられている。
スノードロップ1
増えているんだね。。。

カルミアの下に飛んでいた子は消えたかなと思っていたが、こちらもしっか
り、遅ればせながらと顔を出していた。
スノードロップ2

ログハウスからずっと奥を眺めると赤いものが見えた。
まだ裸木がばかりの庭だから見通しがいい。
ヤブツバキ1
例年一番手になる椿はまだ蕾固しだが、今年はヤブツバキさんだ。
下部がカモシカに食べられているので、樹形が悪いがそこのところは辛抱し
よう。

ヤブツバキ2
明るい紅色を見ると気持が晴れやかになる。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:51| 奈良 ☀| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

スノードロップが咲いたよ♪

山の庭の春を告げる花はスノードロップ。

まだかまだかと気にしているのはkiiさんのほうで、咲いてるよの声でカメ
ラ片手に重いお尻を上げる私である。

草花のことも木々のこともほとんど知らなかったkiiさんが、花の名前にも
開花時期にも、ずいぶん詳しくなったものだと可笑しくなる。

スノードロップ1
ずいぶん増えてはきたけれど、イメージ通りになるには程遠い。

スノードロップ2

俯いているので無理やり上を向かせて、、、すみません^^;
スノードロップ3

このエリアではバルボコジウムが葉ばかりさんになっている。
バルボコジウム
日当たりのいい場所に植え替えなければならないのだが、まだ果たせていな
い。
バルボコジウムは同じぐらいの群れがもう一ヶ所あるが、そちらも葉ばかり
さんになっており、どちらも移植は大仕事になりそうだ。

スノードロップの傍らにあった実生の夏椿を伐ったので、周囲がずいぶん
明るくなった。
今年は無理だろうが、来年はカルミアも花付きが良くなるのではないかと
期待している。
カルミア


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 15:49| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする