2019年05月23日

日本シャクナゲの今

庭奥への小道脇には日本シャクナゲが10株ほど植え込まれていたが、他の
木々が育つに従い陰が大きくなり花付きが悪くなってしまった。
その後弱り始めて、今はもう五株ほどしか残っていないという危機的状況。
昨年から庭奥の木々の間引きを始めたのは、日本シャクナゲの救済というの
も目的の一つだった。
日照と通風がずいぶん良くなったので、これから先は期待できるだろう。
日本シャクナゲ
日本シャクナゲってほんとうに美しい。

絶やしたくなくて何とか苗木を作りたいのだが、難しくて何度も失敗をして
いる。
失敗といえばバラアカシアも気難しくて、未だに苗木作りには思う結果が出
ていない^^;

東の裏山の斜面一面を日本シャクナゲでいっぱいにしたくて、20株ほどを
植え込んだものの、今はもう一桁台になってしまった。
東の裏山
これがその斜面だが、鹿やカモシカが駈け下り駈け上り、葉を食べ枝をへし
折り、酷い荒れようなのだ。
これ以上荒らされると崩れてくる恐れもあり、彼らの嫌いなものを植え込も
うと思うが、頻繁に水遣りもできないので、丈夫な西洋イワナンテンをブス
ブス直差しするぐらいしか方法はないかもと思っている。

残された日本シャクナゲが細々と咲いていた。
裏山のシャクナゲ1 裏山のシャクナゲ2 裏山のシャクナゲ3
この外側に防獣ネットを張れば被害は少なかったのだろうが、大仕事にな
るので適わなかった。
また、開拓当初は何故か今ほどの獣害もなかったのだった。

庭に一株だけ残った西洋シャクナゲはこの冬の食害からまだ癒えていない。
西洋シャクナゲ1
下部はほとんど食べられてしまったが、樹上に僅かに花をつけてくれた。

西洋シャクナゲ2


庭巡りをしているとkiiさんが「あれって、ひょっとしてカツラの花??」
と指差す。
カツラ
カメラで、できるだけ引っ張って見る。
「ららら、、、霜で枝先が茶変しているんだよ!」
こんなことも初めてで、今年の霜にはほんとうに吃驚させられてばかり。

カツラの株元には苗床がたくさん。
じつはこの画像だけでなく手前にも奥にも、この倍以上はある。
切った枝をブスブス挿すものだからこういうことになる。
日本シャクナゲとバラアカシア以外は素直によく根付いてくれるのだ。
苗床
草抜きで追われて植え替えができず、苗床で成長したまま花を咲かせるものも
多々。
この苗床を目にするたびに、ズボラガーデナーだと責められているような気が
する。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 06:40| 奈良 ☁| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする