2019年06月30日

八重咲きのユキノシタとドクダミ

消えかけていた八重咲きのユキノシタが、増え広がりかけているのを発見。
たった一株だったことを思うと「頑張ったね、ユキノシタさん!!」と言い
たくなる。
八重ユキノシタ1

八重ユキノシタ2
どの株にも八重の部分も一重の部分もあるが、どちらも可愛い!!

この八重咲のユキノシタは到底食べる気にはならないが、ユキノシタ自体は
天ぷらの食材として良いそうな。。。
一重のものを植え付けて増やしたいと思う。

八重咲のドクダミは奈良の田原本からお嫁入してきたもの。
元気に広がっているが、大場を取ってもいいからねという寛大な心境である。
八重ドクダミ1

八重ドクダミ2

どの花も一見同じように見えるが微妙な違いがある。
それぞれが個性的な姿で、純白の花がとても美しい!!
八重ドクダミ3

一重のドクダミの花が咲き揃ってきたのでお茶にしたいのだが、あいにくの
雨続きで摘めない。
雨が多かった年に乾くまでに時間が掛かりすぎ、黴が生えたことがあるので、
天気予報を眺めながらヤキモキしている。


ユキノシタの天ぷらの話をしていたら、「久しぶりに天ざるうどんを食べた
いなぁ」とkiiさん。
私は天ざるといえば蕎麦なのだが、kiiさんはうどんなのだ。

天ぷらの食材
庭で摘んできたのは山椒とアザミの若葉、ギボウシの若い茎、アシタバ、
他に 買い置きのなす、モロッコいんげん、ズッキーニなど。
大好きなレンコンを買い忘れていたのが残念だった。

一番美味しかったのはギボウシの若い茎とアシタバだった。
明日葉は想像通りの旨さだったが、吃驚したのはギボウシの茎。
増え続けるオオバギボウシ、中葉、細葉にうんざりしていたが、今頃の時期
でも充分食材になるのだから、いろいろ活用法を考えてみよう。

天ぷらは多めに揚げておいて、翌日 卵とじにするのがkiiさんの好み。
勿論、麺や天ぷらのつゆは手作りで。。。
美味しかった!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 09:19| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

バイカウツギ&イチヤクソウ

「咲いてるよ、バイカウツギ!!」
周囲の木々から何とか顔を出して、ヒョロリと伸びた樹上にわずかに花をつ
けていた。
この「八重バイカウツギ」は、八重咲の部分と一重の部分があるのだが、
大輪で美しい。
八重咲バイカウツギ

庭奥のバイカウツギは普通のもので花は小さいが、今年は花が見当たらない。


「イチヤクソウ」
イチヤクソウ1
庭奥に増え広がっているのが嬉しい。
イチヤクソウ2
地味だけれど可愛いでしょ!

イチヤクソウの傍らに幾つも顔を出してきたこの植物、蕾は見るのだがなか
なか開花に出合えない。
今年こそと思っているのだが。。。
???

庭の周囲の山々にでは今ウツギが賑やかに開花している。
ウツギだらけになっているところもあり、それはそれで見応えがあるが、
この二種のウツギは庭の中に勝手にどんどん入り込んでくるので、ぐるりで
見るものと決めている。
紅花ウツギ ウツギ

ヤマアジサイ(左と中央)やアナベル(右)に芥子粒のような花芽が見え
始めた。
ヤマアジサイ1 ヤマアジサイ2 アナベル
アジサイ全体の蕾の付きようが悪いので見て回ったが、どうやら例の、きつ
かった遅霜でずいぶん傷んでいた。
自然が因ではどうにも仕方がないことだが、少しガッカリしている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:25| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

紅花エゴノキとエゴノキ

昨年は何故か一輪も咲かなかった紅花エゴノキが、今年はどうしたことか、
びっしりの花、花、花。。。

紅花エゴノキ5

遥か、ずっと上まで花で埋まっている。
紅花エゴノキ2 紅花エゴノキ3

紅花エゴノキはお気に入りの木の一つ。
紅花エゴノキ1

これほど咲いたら来年はどうだろう。
「また花を見られなかった」ということにならなければいいのだけれど。
紅花エゴノキ6

紅花エゴノキは育樹園にも一株有るのだが、樹高の高い木々に挟まれて
ヒョロリと伸び、花付きもよくない。
育樹園の紅花エゴノキ2


エゴノキは庭奥への小道脇に三株が株立ちのように育っているが、こちらも
樹高が高いので花がよく見えない。
エゴノキ2

エゴノキ1
エゴノキのやわらかい緑が好きで、いつまでも見上げている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 13:10| 奈良 ☁| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

オカヒジキのこと&果樹苗

JAの野菜売り場でオカヒジキを見つけた。
オカヒジキはあまり店頭には並んでいないので、呆れ顔のkiiさんを横目
に、大喜びで三束も買ってしまった。

オカヒジキやトンブリ、山クラゲというのが私は妙に好きなのだ。
見るとつい手が伸びる。
自分でも作ってみようと種を蒔いたがうまく育たず、口にするまでには至ら
なかった。
以来、難しい作物という印象が強いが、何か秘訣があるのか、、、

オカヒジキは白和えや辛し和えなどの和え物によく合う。
私は白和えが一番好きだが、パスタなどにも合うのではないかと思う。
試してみたい。
オカヒジキとズッキーニ
ズッキーニがずいぶん安くて有難い。

今私が填まっているのがこれ。
かんたんスパイスカレー
「旬のかんたんスパイスカレー」渡辺玲著 アスペクト刊
旬の野菜とインドスパイスで作るヘルシーカレーなのだ。
トマトや茄子、ズッキーニや三度豆はこのカレーの定番。
スパイスは幸いいろいろ揃っている。
ただ、常備していてもすぐに使ってしまい、いざというときに無くて慌てるの
がジンジャーとガーリック。
生が一番いいのだが、予備のためにとパウダーを買ってきた。
香辛料

相変わらず填まっている甘くて美味しいトマト。
トマト
カレーに使うのは勿体ないと思えるほど美味しくて、生食が一番いい!!
で、カレー用には缶詰を使っていたりしてね。。。(笑)

旬の野菜とスパイスカレーの為だけではないが、野菜もいろいろ買ってきた。
野菜類
野菜が買いやすい価格なのは嬉しい。

ところで、栗をもう一株は欲しいなぁと言っていた先日の果樹苗のこと。
果樹苗1
やっぱり買ってきました。
栗の「ジャンボ」って美味しいのかどうか分からないけれど、他の栗苗は
接ぎ木の根元から芽が出ているけれど、肝心の部分が枯れていたりして、
散々吟味の末にこれを選んだ。
果樹苗2
数年前に植えた桃は全部齧られて枯れてしまったので、ついでに桃も一株。
これが最後の果樹になるのかなぁ。。。
桃栗三年というから、そのぐらいならまだ元気でいられるだろう。。。

コウリンタンポポが目に留まり、購入してきた。(2ポットしかなかった)
北海道では原野に自生しているというコウリンタンポポだが、草の勢いに
押されたか数年で枯れてしまったのだ。
コウリンタンポポ1

コウリンタンポポ2
そういえば北海道で勢い良く広がっているというルピナスも、私にとっては
難しい植物だ。

草刈り1
kiiさんは草刈りに精を出しているが、草を刈った後の鄙びた匂いが好き。

草刈りに懸命な理由は、先日マムシンを見つけたから。。。
草ぼうぼうにしていたらマムシがいても分からないものね。
マムシ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:10| 奈良 | Comment(4) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

今を彩る草花たち

雨の止み間にはひたすら草抜きに精出している、そのせいもあるのか、つい
見過ごしてしまう花が多い。
こういう時間の過ごし方は好きじゃないなぁと思いつつ、今を彩る花たちを
駆け足で撮り歩く。。。

「ハナショウブ」
ハナショウブ1

この紫系を多く植え込んだはずなのに、いつの間にか上の品種のほうが幅を
利かせている。
こんなはずじゃなかった。。。
ハナショウブ2

ムラサキツユクサはこの濃い紫が丈夫なのかよく増えている。
ムラサキツユクサ1

水色や白は消えて、薄めの色はこれだけになってしまった。
ムラサキツユクサ2

渋いけれど好きな「アルケミラモリス」
アルケミラモリス

「スイカズラ」
スイカズラ
最近「金銀花」として売られているのは、この「スイカズラ」ですよね?

消えたと思えばあちらにチラリ、またこちら、「タツナミソウ」はじっとし
ていない。
タツナミソウ
こんなところで咲いていたなんて、、、吃驚した。
白は何処に隠れているのやら。

「ニワフジ」
ニワフジ
土留めのお役立ちアイテムになりそうな丈夫さ。

霜に当たられ雨に打たれ、情けない姿の白花シラン。
シラン白花

嬉しかったこと。
春先にイノシシに土木工事をされ、すっかり消えたと諦めていたニゲラが
一輪だけ咲いていた。
ニゲラ

ダリアも蹴飛ばされて痛々しいながら生き残っている。
この一角は消えてしまったものが多いが、こんな風に再生してくれるのを見
ると力が湧いてくる。

「アスチルベ」
アスチルベ
食べられて蹴飛ばされて散々な目に遭いながら、白もピンクも消えて赤だけ
が残った。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 16:50| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

シオデやブラックベリーや

「なかなか出てこないね、遅いよ。枯れたのかなぁ」
「全部いっぺんに刈れるなんて、そんなことないと思うよ」
そう話しながら待ちかねていたシオデがやっと登場してくれた。
今年はチョビチョビと顔を出し一度に摘めないから、調理のし甲斐がない。
シオデ1
今回は肉巻きにした。
ほどよく茹でて豚肉で巻き、調味は塩コショウだけ。
これが唸りたくなるほどの絶品!!
同じ肉巻きでも、アスパラには悪いがまったく異なるのだ、旨味が。。。

シオデは食べられるようになるまで成長するのに、長い年月を要する。
もっとたくさん実生が出てくれたらいいのだが、それがなかなか気難しい。
シオデがこの形状になるのは発芽から何年も経過してからで、発芽から数年
は姿が全く違うために、草抜きの際には注意して目を皿のようにしている。
シオデ2 シオデ3
左はいつも最初に芽を出す一番の古株で雌。いつの間にか脇に子苗が芽を出し
て成長し、今年はその根元に新たに二本の小苗を見つけた。
嬉しくて思わず飛び上がってしまった♪

ミョウガ ワラビ
シオデの傍らの早生ミョウガが伸びてきた。
右の画像はワラビ。
以前は敷地内には無かったのに、最近はワラビもゼンマイも顔を出すように
なってきた。

晩生のミョウガはどうだろうかと見に行く。
梅の実(白加賀)が雨と風でかなり落ちていた。
梅の実
これで間引かれて少しは大きくなるだろう。

ふっと傍らに目をやると、あらら、サンキライが繁茂している。
実も付いてるね。
サンキライ

ブラックベリーの花が咲きだした
ブラックベリーの花

育樹園の夏椿を伐ったので日照通風が良くなり、ギョウジャニンニクがとても
元気。
ギョウジャニンニク
勿体なくて、まだ食べられません。。。

ワイルドストロベリーは赤い実が普通だが、時々白実もできる。
最近は見かけないなと思っていたら、キュウリや中玉トマト、豆類用にメッ
シュを張りっぱなしにしているその奥に実を見つけた。
それもズラッと一列、全部白実だから吃驚。
ワイルドストロベリー1 ワイルドストロベリー2
ふふふ、甘いよ!

先日最終処分の果樹苗を購入した店舗で、枯れそうなレモングラスを三ポット
見つけた。
レモングラスの苗をずっと探していたのだ。
「もう少し状態のいいものはないのでしょうか?」と尋ねたが、在庫はこれだ
けとのこと。
「引き取ってもらえるなら1P30円でいいですよ」と言われて、3Pとも
買ってきたのだが、それが全部元気になってきた♪
レモングラス
やったね、パチパチパチ。大きくなぁれ!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:30| 奈良 | Comment(4) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

バラアカシアやカルミアのこと

昨年は残念ながらニセアカシアの花を食べることができなかった。
「今年こそ!!」と意気込んでいたのに、気づいたら花が終わっていた。
樹高も高くなりすぎているので、花に手が届くぐらい迄切り詰めよう。

バラアカシアは年々元気がなくなる。
挿し木が難しく、苗木も新規には見当たらない。
好きな木だけに何とかしたいとは思うが。。。

「バラアカシア」(ハナエンジュ)のこれは 「ヒスピダ」
バラアカシア1
花付きがよくない。。。
昨年はこのぐらい咲いていたのだから???になっている。
バラアカシア・ヒスピダ

枯れたと思っていた「ヒレリー」に花が咲いていた。
色が非常に薄いが、天候のせいだろうか。
バラアカシア2

「ハクチョウゲ」
ハクチョウゲ

「カルミア」は数株あるのだが、どれも土手に勝手生えしたナツツバキの
陰になって弱々しかった。
陰を作る木々を一掃したので、これからは花付きが良くなるだろう。

この金平糖のような蕾が好きなんだけれど
カルミア1

「そうそう、もう開花したかなぁ」と見に行ったら既に旬を過ぎていた^^;
カルミア2

朴の花も見過ごしてしまった。
これは隣地との境界線際にひとり生えした朴の木。
このぐらいの大きさだと葉も利用しやすいね。
来週は魚やキノコを包み込んで朴葉焼きにしようかな。
ホオノキ

箱根サンショウバラの花も終わっていたし、ササユリも見逃してしまった。
ササユリは庭奥の一角に小苗を幾つか発見したので先が楽しみだ。
獣たちに目を付けられさえしなければ、だが。
ハコネサンショウバラ ササユリ
シャクヤクも雨に打たれてみじめな有様になっていた。
今年は咲かなかったものも多いが、見逃してしまったものも多い。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:37| 奈良 ☀| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

果樹苗いろいろ

所用で町に出た折、園芸店の最終バーゲンを見かけた。
「木はもう植えられないよ!!」「はいはい、判ってます」
確かに樹木はそれぞれが大きく育ち、現状を維持するだけで精いっぱいの
状況だが、果樹は何とかして植えたい。。。
果樹苗置き場で立ち尽くしている私である。

「再々々々チャレンジで植えますか、イチジク。。。」
今まで何度植え込んでも、枯れたりカモシカに食べられたりで一向に育たな
かったのがイチジクと栗だった。
「バーゲン価格の最終処分でそのまた半額ということだから、チャレンジす
る価値はあるかも」とkiiさん。

イチジク苗は「夏果キング」「ホワイトゼノア」「ゴールドファイガー」
の三種と、情けないぐらいに細くて小さいポポーの苗を一つ。
ポポーとイチジクの苗

ポポーとイチジク苗

植えてしまったからラベルだけ。。。
イチジク苗
栗も数種類あったが、逡巡の末に諦める。
でも、やはりもう一種類ぐらいはほしいなぁ。。。

昨年、HCの店舗改装バーゲン最終価格で手に入れたのは、大苗の栗2株、
豊後梅1株、小苗のブルーベリー4株、栗1株、ポポー・スイートアリスが
1株だったが、大苗のほうは流石にしっかりしていたようで、すくすく育っ
ている。
豊後梅も花が咲いたし、栗にも花芽がついている!!

「倉方甘栗」
倉方甘栗

「丹沢」
丹沢

「ぽろたん」はカモシカに食べられて危ぶんだが、元気になってくれたのが
嬉しい。
ぽろたん

冬季室内に取り込み棘に悩まされた柚子だったが、花が咲いた。
柚子の花
14個も蕾が付いているが、実が生るかどうかまでは期待できないかも。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 06:20| 奈良 ☁| Comment(6) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ムサシキスゲや草花のこと

緑が濃くなってきた庭には今白い花木が多いが、その株元に黄色い花を見つ
けてハッとした。
消えたと思っていた「ムサシキスゲ」がこんなところにどうして??
ムサシキスゲ1

マユミの陰で小さくなっていたムサシキスゲの親元、ここでも咲いていたと
いうことに気づかなくてごめんなさい。
ムサシキスゲ2
消えていなくてよかった!!
暗すぎて可哀そうだね。。。

野の草も愛らしい。
「アカバナユウゲショウ」
アカバナユウゲショウ2

「ニワゼキショウ」
今年は結構たくさん咲いているが、多分これは草刈りが遅れたせいなのかも。
ニワゼキショウ1

ニワゼキショウ2
以前はオオニワゼキショウも出ていたので、根が残っていればいずれまた顔
を出してくれるだろう。

シロツメクサの花が咲いた、、、
邪魔なんだけれどと言いながら、つい四つ葉を探している。
シロツメクサ
アカツメクサは消えたのかな?

ツルニンジンの芽があちこちに出てきた。
獣害に遭わなければこんなものなんだよね。草花も元気に繁茂する。
ツルニンジン

エビネの旬はもうとっくに過ぎたのに、この一株はまだ咲いていた。
エビネラン

シダ類も結構好きで、中でもこのクジャクシダは一番の好み。
クジャクシダ
庭奥の土手の斜面、崩れかけたところをこのシダで覆ったら雨の当たりを
カバーして、少しは土留めになるかしら?

野草の中では大好きな部類になるキキョウソウやマツバウンランなど、今年
も出て来そうにない。
再び顔を見せてくれますように。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 18:42| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

アシタバの苗を買ってきた!

一昨年アシタバの種を蒔いたが、芽が出て育ち移植した後にカモシカに食べ
られてしまい、結局現在まで残っているのはたった二株だけ。
アシタバはとても美味しくて多用途な上に栄養価も高いので、何とかアシタバ
畑を作りたいと思っていたのだが、今年も種を蒔いたものの発芽状態は微妙。

山入りの途中で日用品を求めるために立ち寄ったHCで、アシタバの苗を見
つけた。
「エ〜ッ、半額になっているじゃないの。これは買いでしょ!!」
1ポット100円ならうまく育てば値打ちものだと、9ポット全部購入。
アシタバ苗とこくまろ中玉トマト苗
他にはこれもバーゲン最終価格のこくまろ中玉トマト三株。

バジルとイタリアンパセリの種も蒔いてあるのだが、成長が間に合わないの
で苗を購入してきた。
バジルとイタリアンパセリの苗
バジルが6ポット、イタリアンパセリが2ポット。

JAや道の駅で購入してきた野菜。
野菜いろいろ
ズッキーニや淡竹(ハチク)が出ていたので嬉しい!!と買い込んできた。

淡竹(はちく)の横には真竹(マダケ)もあったが、迷わず淡竹を手にする。
淡竹と真竹は混同されることが多いが、斑の模様があるのは真竹で、斑がな
くて単色なのが淡竹。

sakkoさんに教えていただいた「肉とタケノコの甘辛煮」が美味しくて
孟宗竹ではかなり作ったのだが、kiiさんにリクエストされて淡竹で再度
の登場になった。

JAにもトマトがたくさん並んでいたが、私の一押しは「道の駅かなん」の
トマト。
完熟なのにしっかりしていて甘い。
道の駅かなんのトマト
ずっとトマトは青臭いのが好みだったが、この甘い美味しさも秀逸だと思う。
旨いといわれるトマトを作るための、農家さんたちの努力が偲ばれる。

完熟して青臭いのと早採りで青いのとは旨味が違うのに、勘違いされている
のか、最近は早採りが多いのが気に掛かる。


さて、昨夜のメニューはニラを買ってきたので「もつ鍋」
もつ鍋
ふっと思いついて小池のセリを摘んできた。
具材で一番美味しかった野菜はこのセリと粗めに刻んだゴボウだった。
大好きなセリとクレソンをたくさん育てたいと思っている。

昨夜は遅くまで雷が鳴り雨がきつかった。
夕方には止むはずだったのに「山沿いで所により、、、」なのか、天気予報は
最近外れてばかりである。
予定は狂いっぱなしだ。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:53| 奈良 ☀| Comment(2) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

フタリシズカやシランなど

猪害で危ぶまれていたシランだったが、埋め戻したものに幾つかの花が咲いた。
一ヶ所に植え込んで全滅しても困ると、掘り返された株は半分は他の場所に
移動させたので、このエリアは少し小さくなっている。
シラン1

シラン2

白花のシランは蕾が見えているけれど、なかなか開花しない。
霜で蕾が傷んでしまったものが多いので、白花シランもそうかも。。。

「フタリシズカ」
フタリシズカ
庭奥の群生は傷みがきついが、杉林の中のものは健在だった。
しかし、、、二人静などという優雅な名前を貰っているけれど、どなたさん
も賑やかやなぁ。

ムラサキツユクサは白と水色もあったはずだが、いつの間にか紫ばりになっ
てしまった。
ムラサキツユクサ1

ムラサキツユクサ2

養生中の都忘れ。
カモシカや鹿は都忘れも好物らしい。
一緒に植えられている姫ツルニチニチソウには見向きもしないのが不思議。

庭奥への小道脇に紫と水色、白、ピンクとあり、それぞれが結構大きな群れ
になっているのだが、食べられては弱り、を繰り返してきたせいか、なかな
か思うように咲いてくれない。
都忘れ1 都忘れ2 
少し日照条件のいい庭奥のピンク花が一番元気で、目を転じるとそこここに
広がってきたのが嬉しい。

庭仕事のお供はウグイスやオオルリ。
ウグイスは普通「ホー、ホケキョ」となくと思っていたが、山の庭のウグイ
ス氏はひと声が長い。
「う〜〜ん、トッポジージョ」と聴こえるのだから笑ってしまう。
kiiさんにそう話すと、最初は信じなかったのに、「アレッ、ほんとだ。
確かにそう聴こえるね!」

オオルリさんは夫婦仲がいい。
雌が虫を咥えているところを見ると子育ての真っ最中かしら?
オオルリ氏

オオルリ夫人
何処に巣を作っているのだろう。
托卵三姉妹のツツドリやカッコウ、ホトトギスに巣を占拠されなければいい
のだけれど。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 16:30| 奈良 ☔| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

トキンバラや木の花いろいろ

トキンバラ(トキンイバラ)は滋賀の朽木からお嫁入りしてきたもの。
何度もカモシカや鹿の食害に遭ったが、やっと定着してくれたようだ。
バラ科キイチゴ属の耐寒性落葉低木で別名はボタンイバラ。
薔薇ではなくキイチゴの仲間で地下茎で増えるそうな。
トキンバラ1

裏山にいろんなキイチゴがあるのにそれには口もつけず、庭の中のトキンバ
ラや薔薇は食べるのだから、彼らの好みは理解できない。
あのきつい棘のナニワノイバラやそれに準ずるハトヤバラなどもバリバリ
食べるのだもの。。。
ナニワノイバラやハトヤバラは庭うちに植え込んでしまい、ウッカリ者の私
は気を付けていても手や顔をえぐられる始末。
「これはかなわん!」と前面道路沿いの防獣ネット際に移植したら、彼らは
ネットから飛び出した枝を相変わらずバリバリ食べている。
平気なのか、あの棘が!!
難を逃れた枝もずいぶん伸びてきたので、そのうちに防獣ネットの見苦しさ
を隠してくれるようになるだろう。

話をトキンバラに戻そう。
トキンバラ2
小さいけれど、バラのような八重の純白の花が愛らしい。
原産は中国南部、寒さにも暑さにも強いらしく、どんどん増え広がってほし
いものだ。

「マユミ」にどっさりの花。
マユミ1

マユミ2
しかし、、、地味だね!

「クリスマスホーリー」に実が生っている。
クリスマスホーリーの実
これから赤くなって目立つようになるまで、長い時間を経るのだと思うと
お疲れ様と言いたくなる。

「モチツツジ」
庭奥でどんどん増えているのがモチツツジとアジサイの実生苗。
土手が好きらしく、これでもかというほどの生命力に嬉しい悲鳴をあげて
いる。
モチツツジ

コブシも幾つか実生苗が出ているが、これは葉の形を見ると紅花シデコブシ
とそっくり。
この実生苗は初めての発見だから嬉しいですけどね。。。
ヒメコブシの苗?
でも、困るんです、この場所は。
ミョウガと山ウドの定位置だよ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 17:38| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

ハクウンボクと白い木花たち

白い花が続きます。

霜に遭ってまったく花を見られない年もあったが、「ハクウンボク」は今年は
無事だった。
時期的にうまく難を逃れたものや悲惨な様相のものや、その年の気候によって
様々だが、霜にはほんとうに悩まされる。

樹高が高いので花がよく見えないけれど。。。
白い花房を雲に見立ててこの名がある。
ハクウンボク1

ハクウンボク2

ハクウンボク4

ハクウンボク3

エゴノキの仲間はかなり好きで、山の庭にはエゴノキが三株、紅花エゴノキが
二株ある。
いずれも落葉小高木というがとんでもない、、、
樹高を高くしてしまい、遥かに花を見上げながら頭を抱えている。

紅花エゴノキは昨年まったく花芽を付けなかったが、今年はもう視認できる
ほどの凄い量の蕾で、いったいどうして???と驚きを隠せない。
開花が待ち遠しい!!

「ヤブデマリ」
ヤブデマリ

「カンボク」
カンボク


「コガクウツギ」は知人からの戴きものだが、
コガクウツギ

少し異なる似た子が苗床の中に突然現れたから吃驚。
「ガクウツギ」だろうか?
鳥さんのプレゼントかも。。。
ガクウツギ

白繋がりで「ハクロニシキ」
ハクロニシキ1
いつもカモシカや鹿の餌食になってしまい無残な姿を見せていたが、彼らの
今年の食害は春先だけで止められているので、いい姿になってきた。
ハクロニシキの後ろにある赤い葉の木は、プラムの受粉樹のハリウッド。

ハクロニシキ2

今のところ難はイノシシだが、獣害がなければほんとうに平和で木々も草花も
よく育つものを、、、来てほしくない!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:32| 奈良 ☁| Comment(6) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

テマリカンボク、スノーボール、オオデマリ

北海道で生まれ育った私の、原風景の中に有る白樺、ライラック、スズラン
は別格だが、それ以外の思い出の木や花も多い。
中でもテマリカンボクはダントツだろうか。
ポンポンと撫でながら歩いた小学校の通学路を思い浮かべる。
学校までは一番遠かったので半分以上は一人っきりだったし、楽しみといえ
ば庭々や道端に咲く花を眺めることだった。
今の自分の花好きは亡母の影響もかなりあるだろうが、大方はこの頃に作ら
れたものなのだろう。

「テマリカンボク」は大きなふわふわのボール状の花だが、やわらかくて
とても優しい雰囲気がある。
テマリカンボク1

テマリカンボク2

最近はテマリカンボク=スノーボールだと解説する向きもあるようで驚いて
いる。
スノーボールは「ビバーナム・スノーボール」が正式名称。
テマリカンボクの仲間には違いないが、「西洋テマリカンボク」と呼ばれる
ものだと認識していたのだが。。。
スノーボール2

ボールのような花も、それを作っている装飾花自体もテマリカンボクのほうが
大きめでふんわりしている。

テマリカンボク、ビバーナム・スノーボールも共に、葉には同じような切れ
込みがある。
葉の違い
オオデマリには切れ込みがないので判別しやすい。

英彦山ヒメシャラと桃色ナツツバキ、ジューンベリーに囲まれたテマリカン
ボクが次第弱りになってきたので、数年前に挿し木をしログ前の庭に移植
したものが 
開花する日を期待感いっぱいで待っていたのだが、テマリカンボクとスノー
ボールの葉に微妙な違いを発見。
気になって葉を確かめてみたら、ギョギョギョッ!!
テマリカンボク3
どうやらこれはスノーボールのようなのだ。
育樹園の別の挿し木床に有ったのがテマリカンボクだったという、なんとも
お粗末な話。
今更移植できないし、さてどうしようか。。。

「オオデマリ」
陰にひっそりある木ではないのだけれど、植え込み場所の選定を間違えて
しまい、ずっと気にしている。
樹冠は大きく広がっているけれど、どの枝もヒイラギモクセイに押され気味で、
目にするたびにかわいそうだなぁとため息がでる。
オオデマリ1

オオデマリ2
挿し木して表に出したらいいのだけれど。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:32| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

チゴユリやアマドコロ・ナルコユリ

「チゴユリ」が育樹園で凄い勢いで増え広がっている。
チゴユリ1
昨年はまだ一ヶ所で大人しくしていたのだが、ナツツバキと冬桜を伐採した
途端に、適度な日照が幸いしたのか(?)あれよ、あれよ、、、
どんどんエリア拡大中なのである。
チゴユリ2
さて、困った。。。

「ヒメイズイ」は北海道からお嫁入りしてきたもの。
かなり控えめで、もう少し大きな顔をしてくれてもいいのだけれど。
ヒメイズイ

毒性があるから増えて欲しくないホウチャクソウはこれまたどんどん広がるし、
思い切り抜いしまおう!
ホウチャクソウ
チゴユリの仲間だそうだが、最近はチゴユリとホウチャクソウの交配種も
出現しているそうな。
それらにもやはり毒性があるのだろうか。

「マイヅルソウ」もたくさん自生していたのだが、食べられて消えたまま、
今年も顔を出さなかった。


「斑入りアマドコロ」
斑入りアマドコロ

「深山ナルコユリ」
ミヤマナルコユリ

育樹園繋がりで、、、
ギョウジャニンニクがとても元気がいい。
行者ニンニク

キウィはきつい遅霜を受けたがやっと回復の兆し。
キウィの今
でも、今年の実生りは無理かもと思う。

そういえば、サラサドウダンがなかなか咲かないので不思議に思っていたの
だが、こちらも霜害で大方の花芽が無残なことになっていたからガッカリ。
サラサドウダン

これは昨年のサラサドウダン。
サラサドウダン1 サラサドウダン2
来年は咲いてくれますように。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 15:19| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする