2019年06月05日

チゴユリやアマドコロ・ナルコユリ

「チゴユリ」が育樹園で凄い勢いで増え広がっている。
チゴユリ1
昨年はまだ一ヶ所で大人しくしていたのだが、ナツツバキと冬桜を伐採した
途端に、適度な日照が幸いしたのか(?)あれよ、あれよ、、、
どんどんエリア拡大中なのである。
チゴユリ2
さて、困った。。。

「ヒメイズイ」は北海道からお嫁入りしてきたもの。
かなり控えめで、もう少し大きな顔をしてくれてもいいのだけれど。
ヒメイズイ

毒性があるから増えて欲しくないホウチャクソウはこれまたどんどん広がるし、
思い切り抜いしまおう!
ホウチャクソウ
チゴユリの仲間だそうだが、最近はチゴユリとホウチャクソウの交配種も
出現しているそうな。
それらにもやはり毒性があるのだろうか。

「マイヅルソウ」もたくさん自生していたのだが、食べられて消えたまま、
今年も顔を出さなかった。


「斑入りアマドコロ」
斑入りアマドコロ

「深山ナルコユリ」
ミヤマナルコユリ

育樹園繋がりで、、、
ギョウジャニンニクがとても元気がいい。
行者ニンニク

キウィはきつい遅霜を受けたがやっと回復の兆し。
キウィの今
でも、今年の実生りは無理かもと思う。

そういえば、サラサドウダンがなかなか咲かないので不思議に思っていたの
だが、こちらも霜害で大方の花芽が無残なことになっていたからガッカリ。
サラサドウダン

これは昨年のサラサドウダン。
サラサドウダン1 サラサドウダン2
来年は咲いてくれますように。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 15:19| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする