2019年06月06日

テマリカンボク、スノーボール、オオデマリ

北海道で生まれ育った私の、原風景の中に有る白樺、ライラック、スズラン
は別格だが、それ以外の思い出の木や花も多い。
中でもテマリカンボクはダントツだろうか。
ポンポンと撫でながら歩いた小学校の通学路を思い浮かべる。
学校までは一番遠かったので半分以上は一人っきりだったし、楽しみといえ
ば庭々や道端に咲く花を眺めることだった。
今の自分の花好きは亡母の影響もかなりあるだろうが、大方はこの頃に作ら
れたものなのだろう。

「テマリカンボク」は大きなふわふわのボール状の花だが、やわらかくて
とても優しい雰囲気がある。
テマリカンボク1

テマリカンボク2

最近はテマリカンボク=スノーボールだと解説する向きもあるようで驚いて
いる。
スノーボールは「ビバーナム・スノーボール」が正式名称。
テマリカンボクの仲間には違いないが、「西洋テマリカンボク」と呼ばれる
ものだと認識していたのだが。。。
スノーボール2

ボールのような花も、それを作っている装飾花自体もテマリカンボクのほうが
大きめでふんわりしている。

テマリカンボク、ビバーナム・スノーボールも共に、葉には同じような切れ
込みがある。
葉の違い
オオデマリには切れ込みがないので判別しやすい。

英彦山ヒメシャラと桃色ナツツバキ、ジューンベリーに囲まれたテマリカン
ボクが次第弱りになってきたので、数年前に挿し木をしログ前の庭に移植
したものが 
開花する日を期待感いっぱいで待っていたのだが、テマリカンボクとスノー
ボールの葉に微妙な違いを発見。
気になって葉を確かめてみたら、ギョギョギョッ!!
テマリカンボク3
どうやらこれはスノーボールのようなのだ。
育樹園の別の挿し木床に有ったのがテマリカンボクだったという、なんとも
お粗末な話。
今更移植できないし、さてどうしようか。。。

「オオデマリ」
陰にひっそりある木ではないのだけれど、植え込み場所の選定を間違えて
しまい、ずっと気にしている。
樹冠は大きく広がっているけれど、どの枝もヒイラギモクセイに押され気味で、
目にするたびにかわいそうだなぁとため息がでる。
オオデマリ1

オオデマリ2
挿し木して表に出したらいいのだけれど。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:32| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする