2019年06月22日

今を彩る草花たち

雨の止み間にはひたすら草抜きに精出している、そのせいもあるのか、つい
見過ごしてしまう花が多い。
こういう時間の過ごし方は好きじゃないなぁと思いつつ、今を彩る花たちを
駆け足で撮り歩く。。。

「ハナショウブ」
ハナショウブ1

この紫系を多く植え込んだはずなのに、いつの間にか上の品種のほうが幅を
利かせている。
こんなはずじゃなかった。。。
ハナショウブ2

ムラサキツユクサはこの濃い紫が丈夫なのかよく増えている。
ムラサキツユクサ1

水色や白は消えて、薄めの色はこれだけになってしまった。
ムラサキツユクサ2

渋いけれど好きな「アルケミラモリス」
アルケミラモリス

「スイカズラ」
スイカズラ
最近「金銀花」として売られているのは、この「スイカズラ」ですよね?

消えたと思えばあちらにチラリ、またこちら、「タツナミソウ」はじっとし
ていない。
タツナミソウ
こんなところで咲いていたなんて、、、吃驚した。
白は何処に隠れているのやら。

「ニワフジ」
ニワフジ
土留めのお役立ちアイテムになりそうな丈夫さ。

霜に当たられ雨に打たれ、情けない姿の白花シラン。
シラン白花

嬉しかったこと。
春先にイノシシに土木工事をされ、すっかり消えたと諦めていたニゲラが
一輪だけ咲いていた。
ニゲラ

ダリアも蹴飛ばされて痛々しいながら生き残っている。
この一角は消えてしまったものが多いが、こんな風に再生してくれるのを見
ると力が湧いてくる。

「アスチルベ」
アスチルベ
食べられて蹴飛ばされて散々な目に遭いながら、白もピンクも消えて赤だけ
が残った。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 16:50| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする