2019年09月30日

サクラタデやミズヒキ

増えすぎたサクラタデを整理したら今年は極端に出が悪く、あらら、である。
サクラタデは一本でも可愛いが、やはり群れ咲く姿が美しい。
サクラタデ
そのうちにまた悲鳴を上げるほど増えるのだろう。

ログハウス前の庭には白花サクラタデはほとんどなかったはずだが、いつの
間にか根付き、エリアを拡大している。
白花サクラタデ1

白花サクラタデ
綺麗だなぁ、抜けないよ。。。と飽かず眺めている。
花たちに対するこの気の弱さ、これが増える原因になっているのだが。

ミズヒキもログ前の庭には飛んできた赤花しかなかったのだに、気付いたら
白花のほうが目立つようになっている。
白花は此処から15メートルは離れた下の庭なんだけれど。。。
ミズヒキ赤花と白花

ミズヒキ赤花と白花
紅白もいいんじゃない!?
この思い切りの悪さ、これがまた増えすぎる一因になる!^^;

ミズヒキ赤花

こちらは斑入り葉のミズヒキ。
斑入り葉はなぜか赤花ばかり。
斑入り葉ミズヒキ
斑入り葉でないほうが花は引き立つかも。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:17| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

ツルニンジンやクコのこと

様々なつる草に加えて棘のある草も凄まじく繁茂し、庭仕事に復帰できない
間に山の庭は酷い様相になっている。
棘のある草、、、ママコノシリヌグイ(嫌なネーミングだ!)は判るが、
もう一種はアキノウナギツカミだろうか、恐ろしく伸びて一帯を暴れまくっ
ている。
雑草が種を落とす前に何とかしなくてはと必死になるが、優先順位があるの
は致し方ない。

「クコ」の花が咲いている。
クコ1

クコ2

Wikipediaによると、クコ(枸杞)は、別名ウルフベリー、或いはゴジベリー。
実には血圧や血糖の低下作用や抗脂肪肝作用などがあるそうな。
若葉を摘んでクコ飯にしても美味しいと聞くが、まだ作ったことはない。

赤い実をリカーに漬け込みたいと思うが、冬が早く訪れる山では実が生るま
でに至らない。
毎年、花は咲けども実はならず、なのだ。
雌雄があるのかと思ったがどの図鑑にも雌雄異株の記載はなく、やはり凍て
が影響しているのだろうと思っている。

食べられるものといえばツルニンジン(ジイソブ)もそう。
こちらは根を利用すると聞くが、これもまだ食べたことはない。
開拓当初からたくさん自生していたのだが、イノシシが掘り起こしては食べ
尽くし、以後何年も姿を見なかった。
それが、種が落ちていたものか根の切れっぱしが残っていたものか、数年前
から庭のあちこちに出始めたから吃驚した。
効能は様々にいわれているが、どうなのだろう。
韓国では「トゥッドゥ」と呼ばれ、薬膳に使われているそうな。
ツルニンジン1

ツルニンジン2

ツルニンジン3

「ツルニンジン(ジイソブ)」に似た花で少し小振りの「バアソブ」という
品種もあるそうだが、我が家のものはジイソブばかりのようだ。


「庭の奥に白い綺麗な花が咲いてたよ」
「そういえば奥にはショウマがあったけれど、それだったんじゃない?」
ショウマ1

ショウマ2
イヌショウマか何か、、、判別していない。

斑入りヤブランは草に埋もれていたところを救出したが、花付きがよくない。
斑入りヤブラン
斑入り葉は紫花しか見たことはないが、斑入り葉でないものには白花もある
そうな。
見てみたいなぁ

ジャコウソウの花を覗き込む。
ジャコウソウ
艶やかな朱色が印象的だね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 19:08| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

薪作り&あれやこれや

カボチャもそろそろ最終らしく、JAの売り場面積も少なくなってきた。
「まだ買うのかい!?」
「カボチャ汁粉の時期までは持たせたいしね!」
カボチャ最終

北海道在住の頃は冬場のカボチャ汁粉は学校給食でも定番だった記憶があり、
我が家でも然りだった。
そういえば関西に住むようになってからカボチャ汁粉というと怪訝な顔をさ
れることが多く、たまに作ってもkiiさんには敬遠されてしまう。
それでも一度は作りたいのだから、これは郷愁だろう。
お汁粉の小豆繋がりでもう一つ。
関西では赤飯は小豆だが、北海道では金時豆などの甘納豆入りだったのを
思い出す。
久しぶりに北海道風の甘納豆赤飯も作ってみようかな。

カボチャの奥に見えるステンレス棒はリビングキッチンの本棚に付けるカーテ
ンレール用。
1800ミリを二本買ってきたが、片方は1500ミリが必要なので切断して
いる。
カーテンレール

私がじっと何かを考えている風に見える時は不気味なのだそうな。
此処をこうしたらいいかな、こうしようかなと思いついては、挙句、作業を
仰せつかるのはいつもkiiさんだものね。(笑)

カーテンレール二本を取り付け後、kiiさんを薪作りに開放して、私は
ごそごそ台所仕事。
じつは蜂刺され以降放っておいた区画の草引き・草刈りを一気にしたので右手
の中指と薬指が使い痛みなのだ。
恐ろしい草の繁茂に、バッサバッサと意地になって頑張りこの有様というのが
情けない。

ニンニクは剥いて醤油に漬け込んだ。
ニンニク

御所産の新生姜が出ていたので少し干して梅紫蘇酢に漬ける。
新生姜
今年は梅紫蘇酢があまりできなかったので、好物の簡単シバ漬けはたくさん
作られないかもしれない。

相変わらずkiiさんは薪作りに懸命になっている。
薪作り1

敷地奥から引き出してきた丸太を小切りして割るのだが、少し疲れ気味。
薪作り2

薪作り3
先のカーテンレールの件もそうだが、薪作りは当面の最優先事項らしく、他の
用を頼むとかなり渋い顔をされる。
まぁ、お構いなしで頼んでますけどね。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 09:40| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

ジャコウソウ&祭りだ、わっしょい

ジャコウソウが一面に咲いている。
この辺り一帯が、春は「ラショウモンカズラ」秋は「ジャコウソウ」のエリア
になってしまった。
ジャコウソウ

「ゲンノショウコ」
今年は白花に出会えなかったなぁ。
ゲンノショウコ1

ゲンノショウコの花が終わると「祭りだ、わっしょい」になる。
種がつくとお神輿の屋根のように見えるので、我が家ではいつの間にかこの
状態を「祭りだ、わっしょい」と呼ぶようになり定着したもの。
ゲンノショウコ2
 早朝は閉じているが

 日中は傘が開くのが面白い。
ゲンノショウコ3


「ハナトラノオ」別名カクトラノオ。
カクトラノオ

ダリアがまだ咲き続けている。
春先にイノシシに蹴飛ばされて瀕死だったのに、よく復活してくれたと喜ん
でいる。
ダリア
このダリアは植えっぱなしでも冬越ししてくれるという、管理人一名の山の
庭に最適の品種。
優しい色合いがお気に入りである。

コムラサキに実がついていた。
まだ色が出ていないが。。。
コムラサキ
ムラサキシキブは花も実もまばらだが、コムラサキは実がビッシリついて
豪華なのが特徴。
自生のムラサキシキブは裏山にあるのだが、草ぼうぼうの中を見に登る勇気
がない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 15:54| 奈良 ☁| Comment(6) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

薪作りに懸命

このところ朝晩の気温が急降下している。
流石に12〜13℃というのは寒くて、長袖の重ね着である。
薪オーブンの稼働も近いだろう。
取り敢えずの薪は昨年からの持ち越し分で間に合うが、今回作っているもの
も少しでも長く乾燥させようと、kiiさんは懸命に作業している。
薪作り1

薪作り
今年こそ薪作りには早めに取り組もうと思っていたのだが、山に居れる日に
限って雨が多かったのは何とも仕方がない。

山桜とカツラが秋色になりつつある。
カツラと山桜
中央がカツラ、左端が山桜。

秋ミョウガはもう最終。
冷ややっこにはネギよりもミョウガが好きな私、簡単シバ漬けにも大量のミョ
ウガを使うから寂しくなる。
秋ミョウガ
早生のミョウガは花が咲いてしまうとボソボソになったりするが、秋ミョウガ
はしっかりしているので使いでがあるのもいい。

摘み終わって眺めまわし、秋ミョウガの領域をどう増やすかを算段している。
「此処から此処まで増やすからね!」
「え〜っ、一気に三倍にするの!?」
呆れかえっているkiiさんである。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:19| 奈良 | Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

ミニミニ道人会

野迫川村に居る北海道人はずっと私だけだったが、二年ほど前から私の年齢の
半分以下という若い女性がこの村に住まい始めたのをネットで繋げて戴けた。
なかなか出会う機会がないままで経年し、数日前にようやく想いが叶えられた
のだ。

ミニミニ道人会は和気あいあい。
彼女は栄養士でもあるので、話題も食に関するものから料理までと幅広く、
深夜まで話が尽きなかった。
ミニミニ道人会
本にも興味が大きいようで、共通の話題には事欠かないというのがとても
嬉しい。

道人会2
お土産の六花亭のお菓子の詰め合わせにも気づかいが偲ばれる。

「大平原」「北加伊道」「カステラ」「極楽」「べこ餅」「マルセイビスケッ
ト」
北海道の空気を懐かしみながら二人で戴きました♪
心から、ありがとう!!

最近は食べられる量が減っているのを理由に料理にも研究心が欠けていた私だ
が、若い人からの刺激を受けてもうひと頑張りするかなと思っている。
彼女の住いは南の端、我が家は北の端と遠方だが、同じ村内だもの、機会を
作って度々お会いしたいものだ。

初めてのお客様にあまり見苦しい所は見せられないと、二日間に渡ってkii
さんは必至の草刈りだった。(笑)
草刈り


ところで、今 秋ミョウガが実っている。
秋ミョウガは9月に入ってからという遅い収穫だが、このぷっくら丸々として
香り高い上質のミョウガを、今後は大いに増やしたい。
秋ミョウガ

今朝の気温は午前6時で13℃。
9月19日午前6時の気温
朝晩は窓を閉め切るほど、ずいぶん冷え込んできた。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 18:57| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

マツカゼソウやツルボ、ツルリンドウ

小さくて可愛くて大好きなのがマツカゼソウ。
微かな風にもゆらゆら揺れるから、こんな名前が付いたのだろうか?
マツカゼソウ1

マツカゼソウ2
目立たない、ほんとうに地味な花だ。

目立たないといえばツルリンドウもそう。
花は草に紛れ込んでよく見ないと判らない。
これが実が染まるころになると、独特の紅色になりとても美しいのだ。
ツルリンドウ

ツルボも雑草の中で抑え込まれるように小さくなっている。
慌てて救出作戦を遂行。
ツルボ
数か所で増えてはいるのだが、草抜きをこまめにしてやればもっと開花数も
多くなるだろうに。。。
たった一名、二本の腕だけでは管理が難しくなっているのが現状だ。

ウバユリとタカサゴユリは増えすぎてかなり整理した。
タカサゴユリ
どちらもイノシシは見向きもしないのだから不思議。
百合の根にも美味しい、不味いがあるのかしら?

再びのサラシナショウマ。
サラシナショウマ
もう一株のほうにたくさんの花が咲いていた。

これも再びのシキンカラマツ。
気付かなかった場所に遅ればせながらと幾株も咲いていた。
シキンカラマツ2

紅花ヒメコブシの枝の中にあって草丈は伸びきっていた。
屈みこんで作業するのが常なので、これじゃ分かりにくいよね。
シキンカラマツ1

先に咲いたシキンカラマツには実がつき始めていた。
シキンカラマツの実
変わった形状でしょ!?


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 05:32| 奈良 ☀| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

シュウカイドウの紅花と白花

シュウカイドウが賑やかに咲いている。
シュウカイドウ

シュウカイドウ2
今年は春先以降の獣害を防御できているので、吃驚するほどの増え方である。
日向へ日向へと、どんどんエリアを広げているのが頼もしい。

白花も日向へ出せばもっと増えるのだろうが、まだ株数が少ないので万が一
枯れたらと思うと手が出せずにいる。
シュウカイドウ白花

毎度のことだが白花の葉裏を今年も載せておこう。
シュウカイドウ白花
赤花のシュウカイドウの葉裏は緑一色だが、白花は葉裏から見た葉脈が赤いの
が何とも不思議だ。

草むらにホオズキがチラチラ。
草刈り部隊に切られてしまうのでかなり減ってしまったが、幾らかは健在
だったのでホッとしている。
ホオズキ
やはり、無いと寂しいものね。

アザミは庭仕事の際に痛くて悲鳴を上げてしまうのでなるべく切るようにして
いるのだが、「少しは残しておきなさいよ」とkiiさんはそんな私を恨めし
気に見やる。
アザミは、どれもお邪魔虫になる場所にばかり出てくる。
アザミ
春の山菜の天ぷらの一品として重宝するのは判っているが、痛いのには閉口
するのだ。

白花のシモツケが好きだが、実生から出てくるのは赤花が多い。
小さいけれど一株の白花を発見して喜んでいたが、先の記事のレンゲショウ
マの様子を見に行った際にもう一株発見した。
白花シモツケ
これもまだ小さいけれど、嬉しくてついにっこり。
「早く大きくなぁれ!!」


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 12:57| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

美味しいもののためならば

海鮮類の活きのいいのが食べたいね!
ここ数ケ月というものそう言い暮らしていた。
仕事が少し立て込んでいたり、雨続きで海が荒れていたり、うまく行けそう
な日は市場が休みだったり。。。
なかなか機会が作られずで、ご無沙汰していた堺の大浜の魚市場へ行ってき
た。
午前五時起きは平気だが、車で小一時間もかけていつまでこうして行けるも
のだろうか。。。
行けなくなると辛いなぁと魚大好き人間の二人である。
冷凍庫の空き容量とも相談して、今回は二品。

「カンパチ」
カンパチ

「イワシ」
イワシ
生を酢味噌で食べられるぐらいの鮮度のいいのが欲しい!との要望に応えて
ピッチピチ。
110尾もあり捌くのに閉口した。
あまりにも活きが良すぎて爪が割れてしまい痛くて参っているが、美味しい
もののためならば何のその。

ハモも鰹もじつに旨そうだと舌なめずりしたが、最近は大して量を食べられ
ないのだから次の機会にしようと諦める。

足りないものをいろいろ補充しながら山の家入り。

kiiさんの刺身醤油は湯浅醤油なのだが、それを買いに行ったついでに香
辛料も幾つか。
香辛料いろいろ
チリパウダーやカイエンペッパーが今回のメイン。

枝豆は最近は黒豆が主流なのか、みどり豆には滅多にお目にかからない。
珍しくJAにみどり豆が出ていたので嬉々として買ってきた。
枝豆
kiiさんの枝豆の好みは茶豆が一番、二番がみどり豆、次に黒豆。
以前に戴いて食したのが「新潟 黒埼産 さかな豆」だが、これは最高の
美味しさだった。
旨味、香り、食感どれも「新潟 黒埼産 さかな豆」を超えるものをまだ知ら
ない。

せめて茶豆を育てたいと何度か挑戦したが、姫ネズミや山鳩に全滅させられ
て泣きの涙で諦めたのだった。
来年は万全を期して作ってみたいなぁ。


晴れ間を見ては梅を天日干している。
梅干し
もう一日は干したいのだが、スカッと晴れる日が少ない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 13:02| 奈良 ☀| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

ユウスゲ、キスゲ、ノカンゾウ

ユウスゲの蕾が幾つか上がってきたのは知っていたのだが、少し留守にして
いる間に終わりになっていた。
萎れる寸前の一輪だけが見られたというお粗末。
今年は大株のほうがイノシシに無茶苦茶に荒らされたので、養生中。
来年は花の群れを見せてくれるだろうか。
ユウスゲ1

これは数年前のユウスゲ。
ユウスゲ2
ユウスゲのレモンイエローの花が好きだ。

ニッコウキスゲをたくさん頂いて植え込み、数年はとても楽しませて貰った
のだが、獣害で絶え絶えになり、ようやく復活してきたと喜んでいたら何と
ノカンゾウのような。
庭に自生しているのはヤブカンゾウのみだし、ノカンゾウは植えた覚えがな
いので戸惑っている。
図鑑を何度調べてみても、やはりノカンゾウのように見える。
ノカンゾウ2

ノカンゾウ3

以前の記録からコピーしてきたニッコウキスゲがこれ。
ニッコウキスゲ
植えた場所は覚えているのだが、今はその辺りに影も形もない。

ノカンゾウ4
kiiさんは「これはキスゲじゃないの?交雑したとかさ。葉も姿もカンゾウ
とは少し違う気がするけれど」と言うが。


育樹園でムクゲがひっそりと咲いていた。
ムクゲ
移植しようと思っている間に大きくなってしまい、どうしたものかと毎年
悩みの種になっている。

洋種サワギキョウが雑草に埋もれるようにして咲いていた。
洋種サワギキョウ
たくさん増えてくれたらいいのだが、毎年チラリとしか顔を見せない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:21| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

薪作りが始まる

長雨に祟られ蜂に刺されなどして、気を削がれては取り組みが遅れていた薪
作りだったがようやく着手した。
時には朝の気温が15℃という日もあり、薪オーブンへの火入れ時期を考え
ると、薪作りの開始が一か月も遅れたので少々焦りがある。
上手く乾いてくれたらいいのだが。。。

樹高25メートルほどの杉林は見上げると相当の圧迫感がある。
杉林

手前の木に取り付けてある手回しウィンチが、伐採の強い味方である。
伐採光景1
思う方向に倒すために大いに力を発揮する。
たま〜には少しズレることも有るが。。。

今回は細めの5本を伐った。
伐採光景2

細いとは言っても直径が25〜30センチほど有るものばかりなので、
倒れる音は凄まじい。
伐採光景3

まずは今回伐ったものを処理してから次に取り掛からなければならないが、
あと何本伐ることになるだろうか。
大量の薪割りは大変だけれど、ストレス解消にもなるのでそれほど苦手で
はない。
草抜き作業はそれ自体がストレスになるけれど。。。

荒作業が続いているので二人ともヘロヘロ。
夕食もそこそこにバタンキューの毎日である。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 12:06| 奈良 ☁| Comment(0) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

夏エビネとカリガネソウ

育樹園に植え込んであった夏エビネとサルメンエビネは、キウィを枯らすほ
どの春のきつい晩霜で真っ黒になり、以後何度もチェックしたが復活の気配
がなく枯れたと思い込んでいた。
苗は結構高価だったのに、残念だったなぁと。。。
蜂刺されで右手から腕迄腫れあがり逼塞していたが、ようやく癒えてきて
久しぶりの庭巡り。

草だらけの庭に目を走らせて、「あれ、何だろう?」
夏エビネ
な、な、なんと、夏エビネの花ではないか。
花はもう枯れかけているがそれでも何とか、らしきものは見えている。

夏エビネは二株植えたけれど一株だけでも助かってよかったとその傍らを見
ると、りゃ、りゃ、りゃ、既に花は終わって花茎だけが残っている。
二株とも何とか助かったんだね!
数枚ずつ出ている葉も大きくて力強い。
チゴユリの群れをかき分けてみると、サルメンエビネの葉もずいぶん育って
いるのでまた吃驚。
どちらも気候に慣れていないせいか普通のエビネよりは弱そうだから、
春先の保護は必要だろうが、この調子なら来年はしっかりと花を見ることが
できそうだ。

そんなことを考えつつ立ち上がると首筋を触るものがあり「これはなんだ!?」
一瞬マジッと眺めてしまった。
ひょっとしてこれはピラミッドアジサイのミナヅキか。
ピラミッドアジサイ・ミナヅキ1

ピラミッドアジサイ・ミナヅキ2
ログハウス前のミナヅキに比べると場所に恵まれていないので姿は相当乱れ
ているが、どこからどう見てもこの花はミナヅキではないか。
挿し木床の中で成長してこんなに大きくなるまで気づかなかったなんて、な
んという不覚だろう。


挿し木床のアナベルの花柄を落としながら発見したのが、カリガネソウ。
確か20メートルほど離れた白花のシュウカイドウの傍にあったが、とうに
枯れてしまったはず。
どうしてこんなところに出てきたのだろう。
カリガネソウ
花に気づかなければ雑草として抜いてしまったに違いない。
そんな風にして消えてしまったものも数多いのではと、後悔の念が湧く。

育樹園の挿し木床の中だけでなく庭でも今年はお初のものにずい分出合った。
どこに何があるか分かったものではないとつくづく。。。

これはコゴミの胞子葉
コゴミの胞子葉
面白い姿だ♪

清澄沢は開花したときが一番愛らしいと以前に書いたが、秋の姿もなかなか
捨てたものじゃないと初めて気づいた。
清澄沢の今
貶してごめんなさい!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:04| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

レンゲショウマ&サラシナショウマ

レンゲショウマが咲いている。
ポッコリした姿は勿論可愛いくて好きだが、色合いがじつに上品でそちらに
より心惹かれている。

どの植物も今年はあまり状態が良くないので懸念していたが、たくさんの蕾
をつけてくれた。
レンゲショウマ2

ネッ、素敵でしょう!?
レンゲショウマ3

レンゲショウマ4

サラシナショウマが雨に打たれて倒れてしまったのか、ログハウスからは
開花の確認ができず、カメラ片手に様子を見に行く。
二株とも風雨に叩かれて無残になっていたので引き起こす。
サラシナショウマ

ふっと傍らを見て吃驚した。
サラシナショウマの株が増えているのだと思っていたが、なんとレンゲショウ
マだったから飛び上がって大喜びする。
大声をあげたので、蜂かマムシかと慌ててすっ飛んできたkiiさん。
「驚かさないでよ〜」
レンゲショウマ5

レンゲショウマ6
嬉しいなぁ。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:02| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

ブルーベリー&カボチャのこと

例年のブルーベリーの初摘みは盆の頃だが、今年はずいぶん遅かった。
「そろそろじゃない?」と見に行った時には、既に鳥がこっそり食べていた
らしく、美味しい大きな実はほとんどなくなり、スズメバチの食い荒らしも
激しい上に、雨続きだったせいで裂果も多い。
収穫は遅いけれど裂果がほとんどないのが特徴だったのに、今年はほんとう
に変な年だ。
「今年の生りものは散々だね」
おまけに古い木を思い切って強剪定したので、収穫できる木は半分に減って
いる。
ブルーベリー

「ジャムを作ることは無理かもしれないが、実生りに追いかけられなくても
いいのは少し楽だ」と、これはかなりの負け惜しみだ。


道産子のせいか私はカボチャが大好き。
料理好きだった亡母の台所にはいつもカボチャが5、6個転がっていたのを
思い出す。
カボチャ好きは遺伝したが料理の腕はさっぱりで、そちらも受け継がれてい
ればいうことがなかったのだが、、、
カボチャ3

カボチャ1 カボチャ2
ミニミニ菜園では場所取りのカボチャは幾苗も育てられないので、などと
言い訳しながら、JAに寄るたびに吸い寄せられるように購入するので、
連れ合い殿には渋い顔をされるのだが、まぁ、これは年中行事の一つとして
諦めていただきましょう。
という訳で、10個ほどのカボチャがゴロンゴロンと並ぶ様は結構壮観である。


簡単シバ漬け用にナスビとキュウリも購入してきた。
キュウリも実ってはいるのだが生りが悪く、生食用で消費してしまうので
漬け物に回す余裕がないのだ。
胡瓜と茄子

ミョウガが摘めるようになると、糠漬けよりも簡単シバ漬けに移行するのが
例年のことだが、早生ミョウガはこれで終盤。
ミョウガ
これから登場する秋ミョウガに期待している。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:20| 奈良 | Comment(4) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする