2019年10月30日

月兎耳とその仲間

先日JAに寄った折に見つけたのが月兎耳に似ているけれど、全体に茶色が
きつい品種。
一鉢50円(税込)に釣られて、つい二つ買ってしまった。
黒兎耳?
図鑑で調べたがはっきりしない。
黒兎耳かと思ったが、「エレガンス」とも似ている。
ウ〜〜ン、判らない。
ラベルが付いていてもいい加減なものがあるが、まったく付いていないので
はどうにもならず。。。

兎の耳のようなふわふわの感触が何とも言えない。
本物の兎も可愛いが彼らはいっとき、鹿やカモシカと一緒に庭の植物を食べ
尽くしてくれ、ずいぶん泣かされたものだ。
兎と聞くだけで未だにドキッとするのはそれ故だが、多肉の兎さんは食害が
ないから安心できる。(笑)

「月兎耳と熊童子」
兎シリーズと熊童子
熊童子の奥が今回の50円組。
色がかなり濃いでしょう?

数日後、別のJAで見つけたもの。
??2
これも月兎耳のようなふわふわ感があり、葉の形状が少し変わっている。
品種名は不明。
「ラッキーガール」と呼ばれる品種と似ている気もするがその仲間だろうか。

子宝草の仲間のようだけれど、極小で変わっている。
これも品種名は不明だが、「不死鳥」の系列だろうか。
??1
ご存知の方はご一報ください!


星乙女に花がついている。
星乙女2
地味な花だが可愛い。

切って挿せばいいものを放っておくものだから、ひょろりと伸びてしまった。
星乙女1

こちらはsakkoさんから戴いた星の王子。
星の王子
しっかり根付いてくれたようだ。

朝晩の気温はずいぶん下がってきた。
取り込んで保護しなくてはいけない時期が目の前に来ている。

*******************
晴れると遅れを取り戻そうとついオーバーワークになってしまい、挙句へたっ
てました。
毎回同じことを繰り返す、懲りない私です。
ご心配をおかけいたしました。m(__)m


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:33| 奈良 ☁| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

コンギク&茶の花

マンサクやシロモジ、ダンコウバイが覆いかぶさり陰が大きくなったせいか、
コンギクがずいぶん少なくなり慌てている。
アワコガネギクやリュウノウギクと共に大好きなノギクなのだ。

ノコンギクの中でも濃い色のものが古くから観賞用として栽培されてきた、
それがコンギクとのこと。
ノコンギクはいくらでも増えてお邪魔虫なのだが。。。

ノコンギク

庭のあちこちで茶の木がどんどん増えている。
茶の花1
ぷっくらとした花がとても可愛い。
自生のものだから品種は不明。
これだけ増えてきたら自家製のお茶も充分できそうだ。

コンギクの写真を撮りながらふっと傍らの紅に目を引かれた。
サクラタデ1
サクラタデにもこんなに濃いものがあるのかと吃驚した。
これほど濃いのはまだたった二株だけだが、印をつけ置いて増やしてみよう。

普通のサクラタデはこんな色合いだもの、やはり大分濃いよね。
サクラタデ2
それとも我が家のこのサクラタデが薄いのであって、上の画像のものが普通
なのかしら?

ログハウス前の庭でこれ以上勢力圏を拡げられても困るので、種を落とす前
のアケボノソウを刈り取った。
アケボノソウ
今年も楽しませてくれてありがとう!

周辺ではもう来年の開花を目指す株が多数、スタンバイしている。
アケボノソウ
ついオオバコの株と間違えそうになる。
目を凝らして、しっかり眺めて、、、あぁ、抜かなくてよかった!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 13:21| 奈良 ☔| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

近頃のこと

台風19号の後始末で最後まで残っていた案件が、ピタリと止まってしまっ
た、渓から引いている水の復活だった。
渓の水量が多い間は危険なので点検作業に行けずにいたが、三日前に点検補
修をやっと終えたものの、二日間は水が届く気配もなかった。
途中でジョイントが外れているか、山中を700mほど引いているのでヤブ
こぎしながら点検するのは大変だなぁとため息をつきかけていた時に、少し
ずつだが流れ出したのでホッとした。
そこから丸一日待ってようやく水流が復活した。
やはり渓の引き水で沸かしたお風呂はよく温もるし、すべすべになる。

敷地奥からの湧水は飲料水として使っているが、飲料としては渓の水よりも
美味しいのに、その水でお風呂を沸かしてもあまり温もらないのだ。

復活した渓の水

奥深い地域では人の手を当てにすることはできず、できるだけ自己の力で済
ませることが原則で、「一応何でもできる」ことが必須。
だから、何が起こるか分からない災害が怖い。。。
大雨予想が出るとびくびくしてしまうのだ。

雨が続くせいか、苗の虫害が多い。
「手でトール」で対処しているが追いつかない。
抜き菜にできる大根葉が育ってきたのが嬉しいが、この三善大根は虫がつき
にくいのに他の大根は虫害が大きい。
水菜や小松菜はよく食べられているが、清国青菜や体中菜は付きにくいのが
不思議である。
いろいろ植えてみて、この地に合う品種を模索していくのも楽しいものだ。
大根葉

JAの苗売り場で都忘れのしっかりした苗を見つけたので8株購入。
都忘れ二種1
都忘れの右側にあるのは、町から持ち込んだニワゼキショウとオオニワゼキ
ショウ。

都忘れ二種2
庭奥には現在、青紫と薄いピンク、白に近いような薄い水色が群れになって
いるが、濃い紫は無かったので「みのる紫」を6ポット、濃いピンクの「浜
乙女」も可愛いと2ポット。
今日は昼過ぎからまた雨の予報が出ているので、早めに植え込むことにしよう。

山の庭は紅葉が進んでいる。
紅葉

カツラと山桜の下には椿が有るのだが、たくさんある椿の中でこの種だけ、
雨が続いたときに葉をすっかり落としてしまい痛々しい。
原因は???
痛々しい椿
小さな緑の芽を枝先に見つけて少し安心している。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 12:13| 奈良 ☁| Comment(8) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

再びの花たち

一度アップしたけれど健気に咲き続けている幾つかを再度。。。

ログハウスの前の庭に目をやっていたkiiさんが、「あそこの白っぽい花、
あれ何??」と指差す。
大きく育ったアケボオノソウだったから吃驚した。
アケボノソウ1
いつの間にこんなところで??

アケボノソウ2

アケボノソウ3

何とこの季節にまだダリアが咲いているのだ、野迫川で。。。
ダリア1

ダリア2

ほらね、蕾が幾つもあるんだよ!
ダリア3

カンゾウ類は上向きに花をつけ、キスゲ類は横向きに咲くと書かれているも
のもあったが、カンゾウにしては花がスッキリしている様子。
ノカンゾウとも少し違うようだし、キスゲとの勝手交配種なのか。
ノカンゾウ?

アケボノソウもダリアもカンゾウも花が途切れることなく次々と咲いているが、
今年はずいぶん花期が長い気がする。

バラ・フェリシアも数輪ずつだが咲き続けている。
バラ

美しく色づいたコムラサキ。
コムラサキ1

このグラデーションが素敵でしょ♪
コムラサキ2

クラブアップルの実がますます赤みを増して、じつに美味しそうだ。
(食べられないというのが悔しい!)
クラブアップル1

こんなところにヒガンバナを見つけた。
数輪なら美しいと思えるけれど、このまま置いておくといずれ凄いことにな
るのだろうなぁ。。。
ヒガンバナ


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 14:02| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

シュウメイギクがたくさん!

山の庭は今 シュウメイギクが真っ盛りだが、特にダイアナの勢いが凄い!
最初はログ前の庭に少しだけあったものだが、庭のあちこちに飛んでせっせと
エリアを拡大している。

ログハウス前の庭のシュウメイギク・ダイアナ
シュウメイギク・ダイアナ2

シュウメイギク・ダイアナ3
すぐにハラハラと散ってしまうが、次々に咲き途切れることがない。

いつの間にか遥か彼方にまで遠征していたが、その辺りのほうが日照がいい
せいか勢いが強いようだ。
敷地内道路脇のハイブリッド種のブルーベルのエリアにも入り込んで、こん
なことになっている。
シュウメイギク・ダイアナ1

この一重咲きのピンクのシュウメイギクが好き♪
シュウメイギク一重ピンク
一重のピンクは掘られていっとき絶えかけたが、ようやく復活してくれた。
八重の白も掘られたのだが、こちらはなかなか増えてくれない。
シュウメイギク八重白

白の一重咲きと桃色の八重咲種もあるのだが、紅花ヒメコブシの下にあり、
陰が大きくなったせいか今年は咲かなかった。
日照のいい所へ移植しなければと思っている。

シュウメイギクの中で別名「貴船菊」と呼ばれているのがこの種。
シュウメイギク1

シュウメイギク2

秋の終わりを彩ってくれるシュウメイギクを愛で、平原綾香の歌声を聴きな
がら、今日も庭仕事に精を出す。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 14:24| 奈良 | Comment(6) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

薪作りやいろいろ

台風19号が大きな爪痕を各地に残し、あまりの衝撃に胸が痛みます。
被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます!

我が家は後始末は幾つもあるものの想定内のことで、取り敢えずはホッとし
ています。
皆様にはご心配いただきまして、ありがとうございました。


台風が行き過ぎた後も雨が多く、止み間をみては冬迎え準備の薪作りをして
いる。
薪作り1

薪の山ができてくるのが嬉しい。
薪作り2

煙突掃除も完了、そろそろ薪オーブンに火が入るだろう。
天板とオーブンのフル稼働、あれこれと作りたいものを考えながらリスト作り
するのは楽しい。
ただ、サンマが高値なので定番の佃煮は作られそうにないが。。。

ミニ菜園も冬に向けて一掃したいのだが、難儀なのがエゴマである。
まだ種を採るまでに至っていないのだ。
エゴマ
アツアツご飯にエゴマの葉の醤油漬け、これが大好きなので種を採りたいのだ
が、いつまで待たせるのだろう。

青シソは実が摘めるようになっていたので、あくを抜き味噌漬けにした。
青紫蘇の実
味噌漬けはkiiさんの要望により。。。

今年ミニ菜園で一番元気だったのがレモングラス。
レモングラス
某HCで目に留めた苗は売れ残りの3ポット、枯れかけた情けないものだった
が、「1P30円でよいので、よかったらどうですか」
三株とも元気で、見違えるように大きく育った。
寒さに弱いそうなので、そろそろ厚手のビニールで囲ってやらないと持たない
だろう。

アシタバは花を咲かせて種を採る予定だが、今回は一株だけの挑戦。
花を咲かせると枯れてしまうそうなのだ。
アシタバの花
種を買ってみたが発芽率が悪く、長年我が家に育っているものなら気候的に
も合うのではないかと自家採種することにしたもの。
うまくいきますように。。。

今年のキウィは実生りを諦めていたが、表の道路に一個、あら、気づかなかっ
たけれど実っていたのもあるんだね。
食べたのはだ〜れ??
食べたのはだ〜れ?
さぞかし、酸っぱかったでしょうに、横には糞まで置き土産?


今年最後の簡単シバ漬け。
簡単シバ漬け
何度も作ってすいぶん楽しませて貰った。

労働の後はニラ焼きで英気を養う!!
ニラ焼き1 ニラ焼き2
ニラがたくさん手に入ったら、我が家では味噌味のニラ焼きにする。
削り鰹粉をたっぷりかけて、いただきま〜す。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 09:35| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

ヒイラギモクセイとホトトギス

今朝は妙に冷え込むなと思い、先ほど軒下の寒暖計を見たら一桁だった。
8℃に少し届かないぐらい。。。
昨年は10月15日に薪オーブンに火が入った記録があり、この寒さが普通で、
今までが暖かすぎたのだ。
暖かさに釣られて菜園に植え込んでしまった苗たちも、さぞかし吃驚している
だろう。
軒下の外気温

ヒイラギモクセイが咲いている。
ヒイラギモクセイ1
キンモクセイの濃厚な香りとは異なり、やわらかい上品な香りは、これほど
沢山の花を咲かせていても決してきつくなく好ましい。
ヒイラギモクセイはヒイラギとギンモクセイを合わせたものだと聞いたことが
あるが、ヒイラギの香りはまだ知らない。
ヒイラギモクセイ2
ギンモクセイもあるのだが、何年経っても花がつかないのが不思議。

大きいでしょ、ヒイラギモクセイ。
樹高も高いし大場を占めている。
切り詰めようと思うのだけれど、この香りにぞっこんでなかなか切れない。
ヒイラギモクセイ3

ホトトギスの白花が好き。
ホトトギス1

ログハウス前の庭にはたくさんの種類のホトトギスが有ったが、増えすぎて
移植したらほとんど根付かなかった。
そこに獣害があったのでますます細々となっているが、強い植物だからまた
そのうちに復活するだろう。
黄花のホトトギスも好みでいっとき数多く集めていたのだが、いま何処?に
なってしまった。

ホトトギス2

これがホトトギスの元々の花。
ホトトギス3

いつのころからか、こういう雑種に近いものも増えているのが少し困るのだ
けれど。。。
ホトトギス4


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:41| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

クラブアップルやシオデの実

クラブアップルの実が色づいてきた。
クラブアップルの実
たくさんの実が生っているのに、食べられないのは残念。
美味しくない、というよりは、不味いと言ったほうが当たっている。
育ってほしいリンゴはカミキリ虫の餌食になって育たないのに、クラブアッ
プルはカミキリ虫も食べない。

シオデの実も生っていた。
黒く熟したら蒔こうと思う。
シオデの実

蒔いた種の芽が出たので喜んでいたら、青虫に全滅させられたものもあり、
HCで苗を買ってきた。
カリフラワーやブロッコリー、紫キャベツやグリーンボールのいずれも早生
種だが、寒さが近いのでビニールで囲ったほうがいいかもしれない。
野菜苗

イタリアンパセリの葉をムシャムシャ食べているのはキアゲハの幼虫。
幼虫
食事中なのにごめんね!
速やかに退去していただく。

JAで冬瓜を買ってきた。
冬瓜
生姜を効かせたあんかけが好き♪


カメラのこと。
昔使っていたのはオリンパス。
カメラ1
ズームエラーを起こすようになり、修理に出すよりも買ったほうが安くつく
とのことで諦め、その次に買ったのは下の画像左側のNikon。
春頃から調子が悪くなり、酷い時にはウンともスンともいわなくなりバッテ
リーもエラーが多くなってきた。
またまた「仮に修理できたにしても、費用は結構掛かりますよ」とのことで
散々悩んだ末に買ったのが右のLumix。
カメラ2

デジタル一眼レフが欲しかったが、土や埃が入りやすい山の庭では安心して
使うことができないだろう。
また使いこなせる自信も無いので、今回もデジタルカメラにした。

今まで使っていたものと大差ないだろうと思っていたら、これが枯渇しつつ
ある私の脳では少し難解なのだ。
進化している分、複雑になっているのだろうか。

取り敢えずLumixを使ってみた。
秋のバラ
秋のバラ

ミズヒキはやはり難しい。
ミズヒキ
マクロ撮影は1センチまで近づけるそうだが、果たして使いこなせるかどう
か。。。

新しいカメラが届いてからのNikonは、思い出したように機嫌よく動く
時があり、だからといって全面的に信用はできずで悩ましい。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:05| 奈良 | Comment(7) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

アケボノソウ&アキチョウジ

「アケボノソウ」が咲き始めている。
アケボノソウ1

アケボノソウ2
庭奥への小道に団体さんで登場していたが、草刈りの際に切られてしまった
のか姿が見えず、あちらにぽつり、こちらにぽつりという咲きようである。
「私は切っていませんけどね、、、」とkiiさんは否定しているが。。。

「アキチョウジ」
アキチョウジ
庭奥の草だらけのところに写真を撮りに行くのは嫌だなと思っていたら、ロ
グハウス前の庭にしっかり引っ越ししてきたものが有った。
覗き込むといろんな表情があるのが面白い。

ハギは白萩や江戸絞りが有ったが、いま何処?である。
ハギ
これは山の萩だろう。
周辺には無いのだが、どこからか飛んできたのだろう。
いくら切ってもまた出てくる、少し困りもの。

草むらにスピードリオンが一株。
スピードリオン
丈夫で寒さにも強いそうだが、何年経っても増えないという不思議。

この傍らには秋咲きのクロッカスがあったのだが、今年は見当たらない。
消えてしまったのかなぁ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 19:25| 奈良 ☔| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする