2019年11月06日

菜飯とチキンナゲットもどき

大根葉が摘めるようになってきたので、早速 待ち望んでいた菜飯にした。
大根葉 菜飯
刻んで塩で揉み固く絞った大根葉と、切り胡麻だけのシンプルなものがkii
さんの好みだが、私はそこにシラスを散らしたものが好き。

山沿いの地域では雨が降らない日は貴重なので、薄暗くなるまで外仕事に精
を出している。
くたくたになって作業を終えると、夕ご飯を作る気力も失せてしまい、「も
う何でもいい、簡単がいい、食べなくてもいい」となる。
そんなときのお助けが、簡単ふんわりで食べやすいチキンナゲットもどき。

以前は木綿豆腐と鶏ミンチをベースに青シソなどいろいろ追加してげんこつ
揚げにしていたが、それも重く感じるようになってしまった。

ナゲットも最初はプレーンなものだったが、おつまみにはいいけれどおかず
にはもの足らず、いろいろ変化を繰り返し、その時にあるものを適当に入れ
るからこれはもう“もどき“である。
今日は冷凍してあった「ひじきの炊いたん」(これは必須)にコーンや三度
豆入り。
ゴボウ、レンコン、ニンジン、ひじきというバージョンも美味しかった。
チキンナゲット

揚げ物はなるべく控えたくて、近頃はハンバーグ風に焼くことも多いが、
それにはkiiさんからクレームが出る。
「チキンナゲット、豆腐ハンバーグ、つくねなど似たものがいろいろあるけ
れど、私はどちらかというとふんわりと仕上がるナゲット風がいいんですけ
どね!!」
作るたびに変化してしまうのが難だが、美味しくなるのだからいいじゃない
のよね。


昨年はカリンが不作だったので花梨酒を漬けられず、持ち越しの分も残り少な
くなっている。
咽喉が弱い私は、風邪を引いたらまずは花梨酒!
だから、量が少なくなると不安になる。
カリン
長雨に祟られて果実全般が良くなかったので諦めていたが、カリンだけは実は
小さいけれど成績良好だ。
花は咲きだしたが実らずだったもう一株にも、数個の実生りを確認。
35度のリカーを三本買ってきたが、これでは足りないかも。


kiiさんが草刈りの際に切り取って以来、カラスウリが消えてしまったので
道路端で実を摘んできた。
以前に果肉を取り除いて苗床に蒔いたことがあるが、時期が悪かったのか下手
だったのか、多分後者だろうがまったく芽が出なかった。
カラスウリの実
今度は自然発芽状態にして土手に放置してみようかな。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 17:11| 奈良 ☔| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする