2019年12月25日

万年青(おもと)

昔々に住んでいた家のご近所さんが花好きだった。
その時分に、もうそこそこ年配の方だったから、収集されているものも多岐
に渡っており、鉢数も半端ではなかった。
その中で一番目を引いていたのが、万年青群だった。
上等の鉢に植え込まれていた、名のある万年青の数々を思い出す。
その方の影響も多少はあり、いつの間にか万年青は地味だけれど好きな植物
の一つになっていた。

斑入りや覆輪、縞の他に、広葉、細葉、剣葉の葉の形の変化にも心を惹かれ、
竜葉(りゅうば)やガシ竜、玉竜の面白さに目を見張った日々が懐かしく思
い出される。そういえばユズ肌などと呼ばれる品種もあった。

頂いた価値のありそうな品種は経年のうちに枯らしてしまい、今は名もなき
万年青ばかりになってしまっている。。。

万年青1

万年青2

細葉には実がついていなかった。
万年青3

万年青4

万年青6

そういえば、一番小振りの株を幾つかこの辺りに植え込んだのだったが、消
えてしまったかな。
枯れ木や落ち葉をかき分けてごそごそして、一株だけ発見。
万年青5

クリスマスローズはちょい齧りしてみるのに、なぜか万年青は獣たちに避け
られている様子。
スズランなどは平気で口にするのに、植物の毒性にも好き嫌いがあるのか。

近年 凍てる寒さにもようやく馴染んでくれたようで、思いがけない場所に
増え始めているのが嬉しい。


*****************
「か〜ぜ、ひいてまんねん」

「確かそんなCMが昔あった気がするけれど、最近見かけないよね」
「何を暢気なことを言ってるのさ。早く治してくださいよ!!」
大風邪をひいて寝込んでます。咳き込んだせいで喉の古傷が痛んでます。
暮れの繁忙期、皆様くれぐれもご用心くださいね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:オモト 万年青
posted by けい at 07:23| 奈良 ☀| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

冬枯れの庭でも。。。

花がほとんど見当たらなくなった山の庭だけれど、草抜きや枝切りをしなが
ら思いがけないものに出合う楽しみがある。

育樹園の一角に、一昨年の冬に枯れたと思っていたガンゼキランの葉が出て
いたから吃驚した。
復活してよかった、花が見られなくても嬉しい!!
枯れたと決め込んでいたから、こんなに育っていても気づかなかったのだ。
なんとも不実な管理者だと自覚させられている。
ガンゼキランは黄色い花も美しいが、葉の黄色の模様も個性的だ。
ガンゼキラン
Wikipediaによると、「葉が黄色い水玉模様の斑入りになるものがあり、この
斑入りのものを特にホシケイランと呼ぶ」とあった。

同じく育樹園にて。
キバナイカリソウの葉が美しい黄色に染まっていた。
キバナイカリソウ

周辺の山は勿論だが、庭の中にもヤブコウジの自生がたくさんあったのだが、
食害が続いた時に絶えてしまった。
そういえば、ショウジョウバカマもヤマユリやツルニンジンも。。。
根が残ってさえいれば復活することも有るだろうに、でも、それはそう簡単
なことでもなさそうだ。
山の荒れようを見ながら憂慮している。

これは正月用の縁起の鉢の残り物だった斑入り葉のヤブコウジ。
数年前に買ったのだが、植え込むまでにシカの食害に遭って枯れてしまった。
植え込んであったポットを空にしようと逆さまにしかけて小さな芽に気づき、
この春に慌てて地植えにした。
ヤブコウジ斑入り
何とか根付いてくれたようだ。
このエリアは君たちのものだよ、どんどん広がってくれていいからね♪

今まで、クコは花を見て終わっていた。
凍てが早くに来るので、実を持つことがなかったのだ。
今年の天候の異変はこんなところにも表れているのか、クコに赤い実が二個
ついていた。
クコの実


葉が落ちた木々には鳥たちの姿がよく目立ち、それも楽しい冬の庭である。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:08| 奈良 ☀| Comment(6) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

クマザサのこと

切っても切っても絶えることがないほど旺盛だった周辺の山の笹は、近年
すっかり姿を消してしまった。
鹿が食べるのだそうな。。。
「笹団子を作ろうにも笹が無いんだわ。。。」
村のご婦人たちがそう嘆いていた。
サンキライの葉でも代用できるとは聞くが、何かイメージが違うしね。

我が家でも裏山にびっしりと繁茂して困りものだった笹が、いつの間にか見
当たらなくなったところを見ると、食べ尽くされてしまったのだろう。

その鹿だが、夜な夜な裏山や隣地を徘徊して吠えていると先の記事に書いた。
「中に入りたい!この防獣ネットをどうしてくれようか」

クマザサ1
防獣ネットの点検の為に庭奥まで行った際、この時期のクマザサの美しさに
目を奪われた。
今まで縁が白くなったものは見ていたが、薄いクリーム色を帯びたこの状態
のものは知らなかった。
如何にもやわらかくて美味しそうだ!
鹿が喚き騒いでいる一因は、やはりこのクマザサにもありそうだ。
クマザサは庭奥一帯に広がっているから、鹿の目にもよく留まるのだろう。

クマザサ2
食害が避けられるようになったこの数年で、急に増え広がってきた気がする。
笹餅、笹団子、作ってみようか。
これだけ増えているのだから、そろそろクマザサ茶も作れるんじゃない?と
kiiさん。

通路を隔てた反対側にも広がりつつあり、嬉しい悲鳴を上げている。
クマザサ3

食べられてなるものか!
鹿やカモシカとの攻防には、断固 勝たなければならない!!

葉をほとんど落とした山庭の木々。
前面道路のガードレールが見えている。
冬枯れの山の庭
日当たりが良くなったのはいいのだが、見通しもよくなりすぎで、すっぽん
ぽんの丸裸状態になっている。
この時期だけは、もっと常緑の木々を目隠しとして配するべきだったと後悔す
るのだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:36| 奈良 | Comment(9) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

ロケットストーブはできたけれど。

ロケットストーブを作るために某講座に出席していたkiiさん。
先週末には完成したのだが、私が咳き込んでいたためにまだ燃焼テストには
至っていない。
僅かな燃料で煮炊きができるのだそうで、楽しみにしている。
豚汁、けんちん汁、さつま汁、、、
どれも温もっていいけれど、まずは一番好きなさつま汁を作ろうかな!!
ロケットストーブ
冬場には薪オーブンが活躍する我が家だが、春から秋にかけての外料理がず
いぶん手軽になるのではないかと期待している。

干し物いろいろ。
柿チップスは三回目だが、実が軟らかくなってきたので今回で終わり。
干し物いろいろ
大根や白菜は軽く干して煮物や漬物に使う。
軽く干したほうが野菜の旨味が増すような気がする。

上の柿チップスが乾くとこれほどの量になってしまう。
二回目の柿チップス
これは二回目の分の仕上がり。

柚子を見かけるとせっせと買い集めている。
皮は漬け物などに利用、果汁はポン酢に、種は35度のリカーに漬け込んで
化粧水にする。
一年中、私が利用する化粧品はこの柚子の種の化粧水のみなのだ。

柚子ジャムなども作りたいのだが、それには量が欲しいし、しかも無農薬の
ものがいい。
柑橘類が育たない地域なので、何とか育つ方法がないかと模索している。
柚子

葉がすっかり落ちてしまったキウィ棚に、ポツンと一個。
キウィ
来春は遅霜に遭いませんように!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 17:38| 奈良 ☔| Comment(10) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

クリスマスホーリーとサザンカ

クリスマスホーリーの赤い実が美しい。
我が家のものは丸葉。
根際から本来のクリスマスホーリーらしい角葉が出ているので、それを生か
すべきかとも思うが、ここまで大きくなったものを無碍にもできず。。。
クリスマスホーリー
クリスマスホーリーの挿し木ってできるのかしら?
角葉の部分を挿してみようか。

山茶花が沢山の花をつけている。
サザンカ1
これはログハウスのテラスから見下ろすように撮ったもの。
樹高はかなり大きい。
私は少しピンクがかったものが好きだが、この白はkiiさんのお気に入り。

HCに素敵な色合いの山茶花が数種あり、先日からこっそり眺めている。
まだ売れてはいない。
「縁があったら、うちにおいでよ!!」

山茶花2


凍てが始まっているので茶変するものも多く、痛々しい。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 09:54| 奈良 | Comment(13) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

ジンギスカン鍋&柿チップスその後

北海道から届いたジンギスカンを賞味するべしで週末を楽しみにしていたら、
kiiさんの仕事の都合で早々と町に呼び戻され、「呑めない、落ち着かな
いではあずましくない」とジンギスカンパーティは持ち越しになってしまった。
七輪と五徳をせっかく引きずり出してきたのに。。。
七輪と五徳

七輪と五徳は使った形跡があるが、ジンギスカン鍋はおニューである。
ジンギスカン鍋
よくこんなものを持っていたねとkiiさんは呆れているが、これは郷愁が
買わせたものに違いない。
ただ、関西というのはラム肉がこれほど手に入りにくい地域だということに
は思い至らず、今まで登場の機会がなかったのだった。

現在制作中のロケットストーブでジンギスカンを突っつこうと、kiiさん
は考えているようだが、火力の調節など七輪のほうがいいのではないかと、
私は密かに思っている。

夜な夜な裏山や隣地で鹿の鳴き声がする。
動き回って侵入できる場所を探している様子がありありだが、幸いなことに
防獣ネットはまだ破られていないようだ。
一番に被害に遭いそうなのがミニ菜園の小松菜や水菜だが、今のところは無
事だ。
我が家のお雑煮に欠かせないのが小松菜だが、今まで暖かかったおかげで何と
かここまで成長してくれた。
小松菜
食べられてしまったらガックリだなぁ。
水菜もサラダぐらいには使えそうだ。
ミズナ
雪が積もってしまえば鹿の目にも止まらないかな。

柿チップスは完成間近だが、なかなか思うように乾かない。
柿チップス
これは娘宅へ送る予定。

我が家の分を干し始めている。
柿チップス再び


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:15| 奈良 | Comment(6) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

柿チップス&カリン酒

先日から追熟していたカリンを、35度の果実酒用焼酎に漬け込んだ。
カリン酒
昨年は実りがなくて漬けられなかったので、嬉しくてニマニマしている。
今年の分はしっかり熟成させておこう。
今は一昨年漬けたものを小出しにして、咽喉が痛むときに重宝している。

柿チップスはしっかり日向干したつもりでもまだかなり湿り気がある。
薪オーブンの扉を開放し、暖気を利用して乾燥させているのだが、昨年から
思いついて試してみたら、これがなかなかいいのだ。
柿チップス1
扉を閉めるとオーブン機能が働いてしまうので、あくまでも開放しての利用。
日照不足で干し物ができにくくなる山では、日向干しした野菜やシイタケな
どの仕上げにと応用範囲が広がりそうだ。

仕上がり間近、、、もうこれほどの量になってしまった。
柿チップス2
美味しい!!
冬ごもりの相方には
「いぶりがっこ、するめ、鮭トバ、森永 カレ・ド・ショコラ カカオ88とこの
柿チップス」があればいい。
そうそう、kiiさんには燻製の課題をたくさん押し付けておかなくては。
私は傍らで、お酒を片手に監督に徹するわ!


鹿がよく来ているので周囲の見回りに出たkiiさんが、「今頃シイタケが
出ていた」と怪訝な顔で戻ってきた。
今年はキノコ類が不作と聞いているが、量は少ないがこんな時期に出てくる
なんて、やはり妙な年だ。
シイタケ
干し椎茸にしよう。
そうそう、保存食品の入れ物の中から干しシイタケを持って帰らなきゃ。
町で少し多忙になっているkiiさんのお供で、私もお付き合いなのだ。
そのときはしっかり覚えていたのにすっかり忘れてしまい、「しまった」と
気付いた時は後の祭り。。。

最近のマイブームはシイタケや高野豆腐、コンニャクに油揚げ、ニンジン、
三度豆などの炊き合わせで、シイタケは欠かせない。
仕方ないので町の家の近場のスーパーで買って来たが、豆っちいシイタケが
299円だった。(これしか置いていなかった。。。)
シイタケ2
自家製の干しシイタケはいつも平気で大胆に使っているけれど、大事にしな
くてはとしみじみ思ったのだった。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 16:37| 奈良 ☀| Comment(6) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

コマユミ&ブルークロッカス

裸木が多くなった山の庭で、今真っ赤に染まって目を引くのがこの木。
コマユミ1
「こんな木、植えた覚えはないよね」「なんだろう!?」
樹高は3メートルほどだが、昨年の庭木の伐採の折に半分折れてしまったら
しく、痛々しい様相になっていた。
「植えた覚えがないということは、自生だよね。。。」
まだ判別されていないものが庭にはけっこうある。

コマユミ2
枝を切り取ってガラス瓶に挿してみた。
こんなに綺麗な紅になる木って、何だろうね。

樹木関連の図鑑を何冊も引っ張り出して調べるが判らない。
「葉でわかる樹木」こんなものもある。。。
葉でわかる樹木

マユミは我が家にもあるのだが葉の大きさがかなり異なる。
今回のこの葉はコマユミかなと思うのだがどうだろう。

寒さが一気に来たせいか、例年、紅葉のトリを飾るカイノキはこのまま落葉
してしまうかも。
カイノキ
黒い矢印が「カイノキ」、その奥に在るのはブナだったかな。

ブルーベリーの紅葉が見事になっていた。
ブルーベリー
そういえばブルーベリー畑の奥には山茶花の「想夫恋」など三種が有る。
通風が悪くなり思い切って強剪定したままで見に行っていないが、どうなっ
ているだろう。

ブルーベリーのこと。
もう少し耕作面積を広げようと、大実で美味しいものを育苗中だが、昨今の
スズメバチの襲来にめげて考え込んでしまう。
熟す端から食い散らされるのには、ほとほと神経が参ってしまうのだ。
スズメバチトラップ以外の防御法はあるか、これ以上広げることは諦めるか、
さて、どうしたものだろう。

先日、最終バーゲンで天人草やタコノアシ、カメバヒキオコシ、コバノズイナ
などを買って来たと記事に書いたが、カメバヒキオコシも図鑑に載っていた。
葉が亀のように見えるからカメバなのだそうな。
カメバヒキオコシの葉
確かめてみたが、なるほど、、、カメに見える。

「ブルークロッカス」が一輪だけ咲いていた。
珍しいでしょ、秋咲きのクロッカスというのは。
ブルークロッカス
昔々に20球は植えた筈だが数年で消えてしまい、もう絶えたと思っていた
らなぜか数年前に一輪だけひょっこりと顔を出し、それ以降増えもせず律儀
に一輪だけが咲く。

もう少し青が濃かった気がするが、緑陰が大きいせいか今はボケたような青
だ。
日向に出してやれば色濃くなるのかもしれないが、枯れたらと思うと掘り上
げる勇気が出ない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 09:09| 奈良 ☀| Comment(6) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

百合根と干し柿、柿チップス

ミニ菜園の奥まった場所に残っていた、コオニユリの根を掘ってみた。
ヤマユリにカサブランカ、オニユリ、コオニユリと、百合の大方はイノシシ
の餌食になってしまったのだが、此処のコオニユリは気づかれずに済んだら
しい。
一個100円で購入してきたものと変わらないほどの、そこそこの大きさは
ある。
百合根
百合根とミツバが有ったら銀杏と柚子皮も添えて、当然 茶わん蒸しでしょ
う?
でね、美味しかったのだ、百合根!!

気の長い話かもしれないが、一片ずつ剥いて育て、ひと畝ゆり根を植える、
というのもいいかもね。

先日戴いてきた干し柿用の柿。
干し柿
固いもの21個を剥いて吊るしてみた。
やわらかくなりかけたものが7個あったので、これは自然に熟するのを待ち
シャーベットにしてみよう。
渋柿の熟柿って上品な味わいで美味しいものね。

富有柿の小さくて固いものは柿チップス用に刻んで干した。
柿チップス
晴れの日が続けばいいのだが。。。


北海道のブロ友ご夫婦から嬉しい宅急便が届いた。
ジンギスカンと奥様丹精のニシン漬け、ありがとうございました!!
ジンギスカンとニシン漬け

関西ではあまり羊肉の販売を見かけないので、我が家のジンギスカン鍋は今まで
日の目を見ることがなかったのだが、今回は週末の楽しみができて嬉しい♪
ニシン漬けは総出で大仕込みのご様子。
ネットを介してそれを拝見するのが楽しいというのは、外野席の気楽さであり
まして、、、すみませんm(__)m


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:28| 奈良 ☀| Comment(8) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

カリン&富有柿&結崎ネブカ

カリンを収穫した。
大小様々だが昨年は実が生らなかったことを思うと有難いことだ。
少し追熟させてから刻んでリカーに漬け込む。
カリン酒は喉が弱い私にとって特効薬なのだ。
咽喉の左側に痛みを感じると、カリン酒をお湯で薄め、蜂蜜や大根のおろし
汁、生姜汁を加えて飲み、早々と寝ることにしている。
何年も前に咳き込みが続いて以来、これが私の初期の対処法だ。
カリン

風邪にはネギもよく効く。
私の贔屓は結崎ネブカ。
やわらかくてトロリとした結崎ネブカは、熱を加えると甘くなりとても美味
しい。
焼いたものをオリーブオイルと塩だけで戴く、これがもう絶品なのだ。
結崎ネブカ
買ったネブカは根の部分をせっせと埋め込んでいる。
買い出しが間に合わなかったときのために、難しいとは思うが、何とか種を
採りたい。

野迫川村は柿が育たない地域で、せいぜい小さな渋柿がまばらに実る程度。
冬季に凍てがきついせいか、柑橘類もまったく育たず、ヤマモモやビワも無
理なのだ。

kiiさんは富有柿が大好きだが、お気に入りを探すまでにはかなり時間が
掛った。
西吉野は奈良県でも有数の柿の名産地だが、農園によって柿の味わいは微妙
に異なるのだ。
お気に入りの農園の柿は晩生の富有柿。
富有柿にも早生と晩生があるとは知らなかったのだが、晩生は収穫が遅いの
で今頃やっと食べることができる。
晩生の富有柿
特大、大、中、小と仕分けして、特大は届け物に使うが、こんなこともいつ
まで続けられるだろうか。
摘みたてなのでまだ固く、色が乗った分から戴く。
甘みが乗ったものは勿論好きだが、固めでシャリシャリしたものもかなり好
みだ。
柿チップスを作ろうと思うのだが、天候が悪く留守にする日もあるので逡巡
している。

干し柿用の柿をたくさんいただいてきた。
名前は聞き忘れたが、愛宕柿に似ている気がする。
干し柿用
日和がどうなのか、干し柿も柿チップスも天候が大きく左右するので、予報
を睨んでいる。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:54| 奈良 | Comment(6) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする