2020年03月27日

ガーゼマスクは復権するか??

マスクが何処の売り場にも無いそうな。。。
「もう一ヶ月以上、空の陳列棚ばかり眺めている」と話している人もいた。

我が家は二人とも不織布マスクが苦手で、ずっと昔からガーゼマスク派。
不織布は汗がこもるし息苦しくなるのだが、皆一様にそんなことはないと言
うので、これは私たちの感覚が変なのかもしれない。。。

左の喉に炎症を起こしやすい私は、乾燥期には一日中マスクを欠かせない。
その時期になると予備を買い置くように努めているのだが、いつのころから
か売り場では不織布マスクばかりが大場を占め、ガーゼマスクは皆無か、
まれに有ってもせいぜい一種がいいところという極少数派になってしまった。
何軒も歩いて数種を買い置いたのが昨年の11月だったが、それが新型コロ
ナウィルスの騒動で役に立つとは思わなかった。
マスク2

ガーゼマスクは洗って日光消毒し、洗い皴が気になればアイロンを当てて、
繰り返し何度でも使える。
マスク2

使い捨ての不織布マスクも最近は、除菌やシート張りで何度も使えるような
工夫が凝らされているようだが、あいにく不織布自体が苦手な私は見向きも
せずに相変わらずガーゼマスク一辺倒なのである。

今回の新型コロナ騒動でガーゼマスクが見直されるのではないか。
ガーゼマスクの復権を切に願っている私である。

買い置きが無くなれば自分で作るしかないと、しまい込んだまま赤茶けてい
た「マスクの作り方」を引っ張り出してきた。
マスクの図面1 マスクの図面2

最近はガーゼも売り場から消えているそうなので、買い置きの日本手拭いや
ガーゼタオルを水通しして使うことにしよう。

新型コロナウィルス、感染拡大の勢いは衰える気配がなく、毎日増えていく
患者数に気持ちが塞ぐ。
早く終焉を迎えてほしいものだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 13:58| 奈良 ☁| Comment(6) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

山椒のすりこ木を作る

すり鉢とすりこ木のない家というのはないと思うが、そう思うのは一定の年齢
以上に限るのだろうか。
(すりこぎを変換したらすりこ木、擂り粉木或いは擂粉木だが、私はすりこ木
で統一しておく)

電動のミルやフードプロセッサーを利用する人も多いようだ。
何でも簡単になり昨今は胡麻やピーナッツの粉末は珍しくもないが、高野豆
腐までが粉末状で出ているのには吃驚させられる。

我が家には大から小まで6個のすり鉢がある。
大きいもの二つは「もう使わなくなったから利用してほしい」と戴いたもの。

数年前の台風の際に倒木がたくさんあったが、その際に倒れかけていた山椒
の雄木が一株あった。
我が家の山椒群の中では一番棘が大きくて鋭く、花山椒を摘む気にもなれな
いという一株だったから、触る気になれずそのままになっていたのだが。。。
流石にいつまでも放ってはおけないと切ることにした。

手ごろな太さの個所は、勿論すりこ木に利用する。
山椒ですりこ木2

雨などで外仕事ができない日のkiiさんの仕事になっている。
山椒ですりこ木1
雨の日限定なのでなかなか仕上がらないところに、「使いやすく、すり鉢と
の当たりを良く、しかも野趣に富んだ雰囲気を壊さずに!!」
監督が煩くダメ出しをするものだから、なおのこと完成が遠のく。(笑)

すりこ木は山椒が一番だと常々思っており日常でもずっと利用してきたが、
これは亡母からの刷り込みがかなり大きい。
大きなすり鉢と山椒のすりこ木が登場すると、今日のおやつは?、お菜は?
と目を輝かせ、すり鉢を懸命に押さえた幼い日を思い出す。
私の使用頻度は亡母に比べると低く、すりこ木は目に見えないほどの減り方
ながら、山椒の滋養も自然に頂いているのだと自然の恵みに感謝の気持ちに
なる。

晴れた日は自動カンナに掛けたヌキ板の塗装をしている。
ヌキ板の塗装1
半量ほどが片付いた。
ヌキ板の塗装2
まとまった時間を生み出してログハウスの天井に張り付ける予定。

冬の間に側溝に溜まった枯れ枝や落ち葉を掃除するのは私の仕事。
溝掃除
全長200メートル余はあるだろうか。
たった一名の作業人員なのでこの長さはちょっときつかったが、綺麗になり
これで雨が降っても大丈夫。

暖かくなってくるとログハウス内で越冬していたカメムシやてんとう虫が
ぞろぞろ出てくる。
カメムシはカメムシ捕獲器で一掃するが、テントウムシは大事の子。
まだ朝晩は寒さがきついので、自発的に外に出てくれるまで踏まないように
気を付けている。
ただ、その量たるや半端ではなく。。。
日中の晴れた日、リビングキッチンの窓ガラスにビッタリとへばりついて
いるたくさんのてんとう虫たちには、ドキッとさせられるのだ。
てんとう虫
このところご無沙汰だったカメノコテントウを久々に見た。
甲の模様に特徴があって面白いけれど、大きさが並ではなくて最初見たときは
驚いてずっこけた。
まさかてんとう虫の仲間だなんて思わなかったから、「不気味なもの」という
印象しかなかったのだ。
見慣れてくると、この光沢のある甲がとても美しく感じられるのだから可笑しい。
この大きさなら食べる量も半端ではないだろうし、害虫駆除に大いに力を発揮し
てくれそうだが、あまり見かけないことを考えると、繁殖力はどうなのだろう。
(小さいほうが普通のテントウムシ)

ログハウスのテラスに二ケ所の巣箱を掛けてあるが、今年はどちらにもヤマガラ
さん、ヒガラさんのご夫婦が入居。
ヤマガラ夫婦2

ヤマガラ夫婦1
表の作業をしていると喧しく騒ぎ立てて煩いこと!!
「危険、危険、怪しい奴らが居るぞ!!」とでも言っているのだろうか。
快適なハウスを提供させていただいているのに、なんと失礼な!!(笑)


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 14:07| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

クリスマスローズ(3)

今年のクリスマスローズもそろそろ最終章。

庭奥に向かう小道わきの小山に、知人からもらった一株のクリスマスローズ
を植え込んだのはもう10年以上前のこと。
一向に増えもせず細々と生き残っていたのだが、数年前に間引き伐採を始め
て陽が当たるようになったのがよかったのか、急に勢いが良くなってきた。
庭奥のクリスマスローズ1
元の一株は薄いピンクだったから、エリア全体にうっすらとしてぼやけた感
じだが、色濃いものを植え込むには少々躊躇いがある。
庭奥のクリスマスローズ2

このエリアの実生苗もどんどん開花を始めている。
庭奥のクリスマスローズ4
薄いピンクが多いけれど

白一色の株もかなり登場してきたので嬉しい♪
庭奥のクリスマスローズ3


庭のあちこちでこんな風に実生苗が勝手生えして、各々でエリアを拡大して
いる。
実生群1

実生群2
頼もしいよ、実生苗たち!!

今年初めて開花した子をご紹介。
実生苗1の中
この花、シンプルで好きだなぁ。

もう一株、こちらは先の記事の黒のクリスマスローズほどの大きさしかない。
実生苗2
ぽっちりと小さくて、その可愛さに見惚れてしまった。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:19| 奈良 ☀| Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

クリスマスローズ(2)

クリスマスローズがどんどん咲き進んでいる。

これは一重咲きだけれどベージュがかっていて結構好きな品種。
クリスマスローズ二期1


この小山は最初にダブルやセミダブル、ピコティなどを植えたところ。
次に作った小山は成績良好なのだが、此処は土づくりが悪かったのか育ちが
良くない。
実生苗の掘り上げの際に土壌改良をしなければ。。。
クリスマスローズ二期04

クリスマスローズ二期06

黒がやっと咲いたけれど花がとても小さい。
クリスマスローズ二期2a クリスマスローズ二期02b

傍らのフラッシュはまだ開花していない。
無理やり中を覗き込んだ。
クリスマスローズ二期03a クリスマスローズ二期03c

一重咲きもいろいろ。。。
実生苗も開花を迎え始めているのでずいぶん賑やかになってきた。
一重01 一重02

一重03 一重04

一重05 一重06

一重07 一重08 
此処で生まれ育ったと思うと、似た子でも可愛い。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 10:09| 奈良 ☀| Comment(0) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

クリスマスローズ(1)

数日山を離れていた間に、クリスマスローズが一気に咲き進んでいた。
クリスマスローズ1

ダブル咲きやセミダブルは咲いたものもあり、まだ後続のものもあり。。。
クリスマスローズ2

クリスマスローズ3

クリスマスローズ4

クリスマスローズ5

クリスマスローズ6
綺麗だなぁ。。。
鳥たちの声をBGMに、暖かな日差しの中で暫しうっとりと眺め入る。


セミダブル、ダブルの中で一番最初に我が家に来た子をアップし忘れていた
ので、追加で一枚。
クリスマスローズ7


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:14| 奈良 | Comment(6) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

ユキワリソウとフクジュソウ

ユキワリソウが咲きだしている。
開花時期は例年並み。
ユキワリソウ1

ユキワリソウ2

ユキワリソウ3

ユキワリソウ4

ユキワリソウ5
思ったようには増えていないし、大好きな濃い紫花もまだ芽を確認できてい
ない。
ひょっとして枯れた?
暑かった夏と暖かだった冬の影響だろうか。。。

フクジュソウもチラリ咲きだしたが、まだ蕾のままのものが多く開花はこの
一輪だけだった。
太陽に向けて咲くキリッとした姿に、思わず拍手してしまった。
フクジュソウ

セランダイン(西洋リュウキンカ)が次々と咲き始めた。
セランダイン
山の庭が黄色に染まる日もすぐそこ。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:21| 奈良 ☁| Comment(6) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

カンゾウ、ミツバ、フキノトウ

朝方まで降っていた雨はいつの間にか雪になった。
春がすぐそこに来ているというのに、時ならぬ雪に驚く。
3月の雪
咲き始めたクリスマスローズや雪割草も寒さに震えているだろう。
こんな雪の中でも健気に、ヤマガラ夫婦は巣作りに懸命だった。

昨日のこと。
もう三つ葉が摘めそうだよという声に、やれ嬉し!!
ミツバが顔を出したら卵と摺り胡麻でスープを作ろうと思っていたから。。。

ミツバとカンゾウとフキノトウがたくさん。
山菜1

山菜2
山の庭の春一番の山菜はフキノトウだが、何よりも待ち焦がれていたのがカ
ンゾウと三つ葉。
カンゾウはシャキシャキとした味わいを生かしてヌタに、フキノトウは天ぷら
とフキノトウ味噌に。

春の香りと味わいに、来客は大喜びだった。
来客


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 16:57| 奈良 ☁| Comment(4) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

スリランカカレーと鹿肉とケーキ

野迫川村でたった二名の道人会メンバーのSさんが、出張料理人を申し出て
くださった。
スリランカカレーというから興味津々。
最近スパイスカレーに興味があり、作ってみたいといろいろスパイスや材料
を集めていたところだった。
我が家にあるスパイスはかなり種類が多いけれど、彼女が持参したスパイス
は知らないものも多くて、手にとってみては未知の香りに胸がワクワク。
(夢中になっていてメモと写真を撮りそびれた)
スリランカカレー1
道具にも興味津々。
代用できるものがないかと密かに模索している私である。
スリランカカレー2

コトコト煮込み始めたのはメインの鹿肉のカレー。
スリランカカレー3

やがてのほどに完成して盛り付けにいそいそ。
スリランカカレー4

スリランカカレー5

完成写真がこれ。
名前が分からないのだけれどカレー二種に付け合わせの野菜料理が二種。
スリランカカレー6
もう一種豆のカレーを作りたかったとのことだが、次回の楽しみにさせて!
とお願いする。

町ではインドカレーなどの店舗を多く見かけるようになっているが、今まで
入ったことはなかった。
ましてやスリランカカレーというとまったく想像のできない世界だ。
鹿肉のカレーのあまりの美味しさに絶句する。
鹿肉ってこんなに美味しいのか、下処理の工夫があるのだろうなぁ。
続いてジャガイモのカレー、これもとても美味しい。
填まるよ、スリランカカレー。。。


お土産にいただいたのは鹿のロース肉とモモ肉、内臓二種。
鹿肉

kiiさんの誕生日を祝って焼いてくださったのは、名付けて「雲海ケーキ」
ホールのままのものを撮りそびれてしまったが、これもとても美味しかった。
雲海ケーキ
タルトにはヨモギが刻み込まれていて、春らしい風味が最高。

ごちそうさまでした!

埼玉に住む娘と話をした際に、グリーンカレーに填まっていると聞いたが、
実はグリーンカレー、イエローカレー、レッドカレーなるものにも興味津々
だったのだ。
これはタイカレーの分野?
当分週一でカレーが登場したりしてね。
kiiさんはうんざりかも。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:38| 奈良 ☀| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

マンサクが咲き始めたよ

山の庭で一番最初に咲く花木がサルココッカ(別名・香りの木)だが、今年
は暖冬のせいか妙に開花が早かった。
当初は香りがあまりなかったのだが、ようやく、微かにふっといい香りを感
じて「あぁ。。。」と思わず足を止めることが多くなった。
サルココッカ

マンサクが咲き始めた。
「まず咲くからマンサク」だとか、「枝いっぱいに花を咲かせるから満作」
とかの説があるそうだがどうなのだろう。
私は昔読んだ「まんず咲くでマンサクになった」という説が妙に填まって
いる。
マンサク1
今日は雨、これは昨日撮った写真。

マンサク2
マンサクには青空がよく似合う。

ヒメコブシの蕾が膨らんできた。
ヒメコブシの蕾

鳥の姿がよく目につく。
巣作りの場所を探しているのか、ヤマガラやヒガラの姿がログの周囲に
目立つので、慌てて巣箱の掃除をした。
ヤマガラ?
先日はウグイスやミソサザイの声を聴いた。
オオルリの雌(のような姿)も見て、ワクワクしている。

春先の庭巡りはまだ雑草も少ないので、いろんな植物の芽出しを視認できる
のが楽しい。
でも油断は禁物。
この時期に雑草と間違えて抜いてしまった花も多い。(^^;)

足元に「ホコリタケ」を見つけた。
ホコリタケ
踏んづけて埃を出して楽しんだ幼い頃を懐かしく思い出している。

咳き込みがやっと治まったと思ったら、目ショボ鼻グスの花粉症に悩まされ
ている。
早く行き過ぎてほしいものだ。

新型コロナウィルスの蔓延で学校は休校。。。
図書館も休館なので、「本も借りられないし、どうやって過ごしたらいいの
か」と途方に暮れている祖母と孫らしき姿が印象に残った。
急遽、孫守りのお役を任されたのだろうなぁ。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:35| 奈良 ☁| Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

もうすぐ春ですね

スノードロップが咲いている。
爆発的に増えてくれてもいいと思うのだが、ボツボツの広がり。
それでも細るよりはずっといい。
スノードロップ1

俯いているので少し顔を上げてもらった。
スノードロップ2
この緑と白というのがたまらなく好きだ。

セランダイン(西洋リュウキンカ)が数輪咲き始めている。
艶やかな黄色の花が光の中で眩しい。
セランダイン1

庭中至るところがセランダインだらけになってきている。
セランダイン2
早や全体が黄色に染まったシーンを思い浮かべて、ニマニマしている♪
あの獣害を避けられていたら、もっと早くにそうなっていただろうが。。。

山の庭で毎年一番咲きの水仙がこれ。
水仙1

小さな花がチラリ。
オオイヌノフグリ

ローンデージーもチラリ。
ローンデージー

行者ニンニクの芽もチラリ。
行者ニンニク

もうすぐ春ですね♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:27| 奈良 ☔| Comment(6) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする