2020年04月01日

白加賀が満開になった

「白加賀」は昨年よりも一週間早く満開になった。
例年は咲き始めから満開までゆっくりでじりじりとさせてくれるのだが、
今年は一気に咲き進んだから驚いている。

花はよく咲くけれど、実の生りがイマイチ。
虫たちの働きに期待しているが、お尻の叩きようがないしね。。。
こちらは我が家で一番古い梅。
白加賀1

白加賀2

これは二番手の白加賀だが、今年はとてもよく咲いているので期待感が
大きい。
白加賀3

白加賀4
生育状況は白加賀がいいところを見ると、山の環境には一番合っているとい
うことだろう。

昨年は「豊後梅「」も早咲きの紅梅も実が生らなかった。
豊後は新しく植えた苗木を大事にしたせいで、悋気でもしたのかな。
豊後梅1

早咲きの紅梅は山桑の木が覆いかぶさって傷んでいたのだが、思い切って
山桑を伐ったので息を吹き返した様子。
僅かだが花をつけてくれた。
早咲きの紅梅

「八房」は元気がない。
八房
「花は可愛いけれど実が小さくて、見るだけの梅だね」などという厭言を、
聞いてしまったかしら。。。

梅は他に南高梅が三株、豊後、藤五郎が一株ずつあるが、まだ小さい。
さて、元気なうちに実を摘むことができるだろうか。
どっさり収穫できるようになったら、梅のエキスを作りたいなぁ。

実の生りをよくするためには受粉させるための木を植えたらいいそうだが、
「梅は酸い酸い13年」というし、13年も待つ間にこちらの勢いが尽き
てしまいそうだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 13:35| 奈良 ☁| Comment(2) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする