2020年05月03日

今年のツバキは寂しい

ヒヨドリは椿の花が好き?
次々と散らしてくれる。
蜜を吸っているのか花弁を食べているのか、遊んでいるだけなのか。。。
今年の咲き加減が悪かったところにそれだから、満足に花を見られなかった
ものも多い。

山の庭で一番多いのはヤブツバキ系だが、どの株も今年は成績不良だ。
ヤブツバキ1

ヤブツバキ2

小花で可愛いから好き。
ツバキ1
二株あるけれどどちらも花付きが良くなかった。

派手やなぁ。。。
ツバキ2a

ツバキ2b

乙女ツバキや白の侘助、ピンクの八重、白の八重、百合ツバキ、洋種ツバキ
など全く開花しなかった株も多いのだが、これは庭奥に勝手に根付いたもの。
ふっと株元を見たら一輪だけ咲いていた。
ツバキ3b ツバキ3a

斑入り葉のツバキだが、斑入りは根元近くにあるだけ。
斑入り葉1

金魚葉ツバキ。
金魚葉ツバキ1
花はとても可愛い。

この葉が特徴で金魚葉の名があるらしい。
金魚葉ツバキ2

ログ前には三株のツバキがあるのだが、この香りツバキだけが勢いよくたく
さんの花をつけていた。
優しい香りの大好きな椿だ。
香りツバキ1

香りツバキ2

香りツバキの株元では沈丁花が、まだいい香りを漂わせている。
白花沈丁花


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:00| 奈良 | Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする