2020年06月23日

エゴノキ、紅花エゴノキ&草花&果樹

例年愛らしいピンクの花をびっしりと咲かせていた紅花エゴノキだが、花が
見当たらない。
なんと、樹のずずっと上の方にチョロリとだけ咲いていた。
木の下周辺には花の欠片も落ちていないから、旬を逃したということはない。
此処は日照もいいはずなのに、どうして??
紅花エゴノキ1

今までこんなことはなかったのだけれど。。。
紅花エゴノキ2

昨年の紅花エゴノキがこれ。
???になるのが道理でしょ。
紅花エゴノキ2019-1 紅花エゴノキ2019-2

白花のエゴノキはもう花期が終わっていて、僅かに花が残っているだけ。
エゴノキ
ずっと日陰の木だったので花の付きも悪かったが、隣地境界際の杉を伐採して
いるので日照通風がよくなり、これからが楽しみ♪

さて、今の草花たち。
「ムサシノキスゲ」
ムサシノキスゲ

「クサフジ」
クサフジ

「キハナショウブ」
キハナショウブ
どこにでもどんどん進出して逞しすぎ。。。
隣地境界際に飛んだ種がいつの間にか恐るべしという広がり方になっている。

隣地境界際にズラリと植えたトリトマは一昨年の獣害で全滅したと思っていたが、
根が残っていたのか復活の気配。
もっとも上のキハナショウブに席巻されてしまうかもしれない。
トリトマ

ジューンベリーに実が生っていた。
手も届かないので、鳥さんたちに寄付しよう。
ジューンベリーの実

白加賀に実がたくさんついている。
白加賀1

雨や風で落ちるものも多数あるが、それで自ら調整しているのか。。。
白加賀2
でも、これ以上落果しないでほしいなぁ。

白加賀の傍らではサンキライに実が生っていた。
サンキライの実

これは倉片甘栗だが、チョロンと伸びてきたのは花穂だよね。
倉片甘栗
他の栗の花穂はまだ確認できていない。

「ハクロニシキ」
ハクロニシキ
薄桃色の新芽があまりにも美しかったので、再びの登場。
雰囲気が涼し気で大好き♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:44| 奈良 | Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする