2020年06月26日

ササユリ&キウィの赤ちゃん

ササユリが咲きだしている。

コゴミ畑の土手に自生しているササユリは花が大きいが色は薄め。
ササユリ1

このエリアは一番株数が多く、一帯がいい香りに包まれている。
ササユリ2
手前の花を撮っていたら奥にも開花株がちらりと見えた。

ササユリ3
個体差が大きくて、同じ場所でも色がかなり違う。

これはかなり以前から有った株だが、齧られては消えを繰り返し、ようやく
の復活。
ササユリ4

ミニ菜園の上の土手に、ササユリが忽然と出現したときは吃驚した。
ササユリ5
着々と仲間を増やしている様子。
此処のササユリたちの花色は一番濃くて美しいが、花は小さい。

後ろ姿も素敵でしょ!
ササユリ5

まだ蕾がいくつかあるので楽しみだ。
ササユリ蕾1 ササユリ蕾2
確認できている個体は現在15。
獣害がななければ一面に増えてササユリの里になっていたものを、ここまで
にずいぶん時間が掛かった。
なにしろ、根は猪に、上部はカモシカや鹿に食べられ続けてきたのだから。

しかし、、、ササユリの自生は土手に限られているのが不思議だ。
それも草だらけの場所に。。。
だから荒れ放題にしているのかと思われそうだが、それは違う。
庭の中以外の場所は目が行き届かないというのが当たっている。。。

「キウィの雌花は咲きましたか?」というsakkoさんのコメントに
慌てて見に行ったら、既に可愛い赤ちゃんがゆらゆらとぶら下がっていた。
キウィ1

いつの間に!?
キウィ2
昨年は晩霜で全滅してしまったキウィだが、今年は何とか収穫まで漕ぎ付けら
れそうだ。
大雨、大風、台風などまだ安心はできないけれど。。。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 08:22| 奈良 ☀| Comment(9) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする