2020年07月08日

雨は小休止&今の花たち

各地で大きなダメージを与えている豪雨だが、どうか早く収まってほしいと
祈る思いでいる。
あまりにも悲惨な状況に言葉がない。。。

当地に降り続いた雨はやっと小休止。
(止み間を狙って特急で梅を摘んできたが、豪雨と強風でかなり落とされて
いた)
昨夜の雨は車軸を流すような激しい降りで、不安で一睡もできなかった。
我が家は、地盤は堅固だとはいわれているが、東面に山が迫っているのだ。
今夜、日付が変わったころからまた激しく降るという予報で、恐々として
いる。

外ではゴウゴウと川の音が響いている。
いつもは穏やかで水底の岩が見えるような渓流だが、今は荒れ狂ったように
流れている。
渓流3

渓流1 渓流2
この雨で蛍のことなどすっかり失念していた。

*****************
さて、雨の中で健気に咲く花たち、、、
記録として残しておこう。

ビヨウヤナギは直径5センチほどというから、それよりも一回り大きいこれ
は、ヒペリカム・カリシナム(西洋キンシバイ)かなと昨年の記事に書いたが、
まだ判明していない。
ビョウヤナギ?

こちらは「ヒペリカム・ヒドコート」和名は「大輪キンシバイ」
ヒペリカム・ヒドコート1

ヒペリカム・ヒドコート2

昨年の7月12日の記事「ヒペリカムとキンシバイの違いは?」
http://nosegawaclub.seesaa.net/article/467826852.html


前面道路脇に植えられているが、防獣ネットから突き出た枝を鹿やカモシカ
に食べられて、昨年は酷く見苦しかったが、今年は何故か無事。
その代わりというか、飛び上がってはイタドリの枝葉を食べているらしく、
防獣ネットがずいぶん緩んでいる。
雨が落ち着いたら点検をしなければならない。

点検といえば、、、
先の記事に書いたヤマボウシの一番下の木が今回の風雨で倒れてしまい、
回復不能になってしまった。
まだ見回ってはいないが、敷地内は植物だけでなく酷い有様になっている
だろうと思う。
谷からの引き水も止まってしまったし、作業が一気に増えそうだ。

京鹿の子は赤花しか咲かなかった。
京鹿の子赤花

シモツケの左は赤花、右は白花。
シモツケ赤花 シモツケ白花
白花が好きだが、気まぐれであまり実生苗が出ない。
たまに源平咲きも出るけれど、枯れやすいのが難だ。

葉が美しいのが黄金シモツケ。
黄金シモツケ
花色は赤しか見たことがない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 17:21| 奈良 ☁| Comment(2) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする