2020年07月11日

ウツギとナルコユリとカモシカ

雨が降り続いても花や木々たちは健気に咲いている。
ウツギ
周囲の山々には白のウツギが多いが、まれに赤花もあって見つけると嬉しい。
庭にもたくさん飛んでくるのでできるだけ切るようにしているが、イタチ
ごっこになっている(^^;)

ウツギの仲間たちは好きで一時期いろいろ植え込んだが、今どこ?
数少なくなってしまった。
「更紗」
ウツギ・更紗

「梅花ウツギ」
バイカウツギ
自生のバイカウツギは花が小さいが、これは八重と一重の混合種で花が大きい。
自生種はご機嫌斜めで花を見ることができなかった。

これは「ガクウツギ(別名コンテリギ)」ですよね?
一見ウツギのようだけれどアジサイの仲間なんですって?
コンテリギ1
「コガクウツギ」は花を見そびれてしまった。

「斑入アマドコロ」
斑入りアマドコロ
庭の中で勝手に増えている困りものだが、遥か上の奥、果樹を植え込んで
いる場所にも出現していたから吃驚した。

なかなか増えない「オオナルコユリ」
オオナルコユリ1

オオナルコユリ2
遠慮しないでどんどん増えてくれていいんですけどね。。。

「アマドコロとナルコユリの見分け方」
アマドコロの茎には稜があり、ナルコユリの茎は稜がなくて丸いのだそうな。

ミヤマナルコユリは気づいた時には雨で花が傷んでいた(^^;)


さて、カモシカのこと。
昨日、早朝から所用で町へ日帰りしたのだが、まだ若いカモシカに遭遇した。
カモシカ1
厳しい斜面をものともせず、逞しいなぁ。
カモシカ2
このキョトンとした表情はなんとも可愛いが、神出鬼没、大胆不敵、鳴き声は
何とも不気味なのだ。。。
カモシカと鹿とイノシシはこの辺りでは珍しくもなく、しかも我が家の天敵。
木や花をどれほど提供させられたことだろう。
5〜6年に渡った攻防は今のところ何とか制しているが、もうあんな辛い
思いはしたくない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 14:04| 奈良 ☔| Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする