2020年07月19日

おきゅうと&カンパチ、活ダコ

「おきゅうと」ってご存じ?
福岡の夏の名産品で、エゴノリが主原料。
テングサなども加えるそうだがトコロテンとは違うらしい。
暑いときの酒の肴として絶品で、見かけるとつい手が伸びる。
エゴノリを使用した似たような特産品は他の地域にもあるそうだが、微妙に
異なるような。

おきゅうと
色も涼しげでしょ。
私はワサビや辛子を添えて醤油で戴くのが好き。

トコロテンも好きだけれど、おやつの域を出ない気がする。
ちなみにトコロテンは我が家は「だし醤油」でいただくのが好み。
関西では黒蜜で食べるとも聞くが、試すのには少し勇気がいる。

このところの新型コロナウィルスの感染拡大で、出不精になってしまう。
買い物も満足にしていないので、冷凍庫の肉類を使っていたがついに悲鳴を
上げた。
何しろ肉系は二日続くと嫌になるが、海鮮類なら一週間続いても平気なのだ。

それで、所用で町に戻った折に、早起きして堺の魚市場まで行ってきた。
カンパチと活ダコ
頼んでおいたカンパチを一尾と奨められた活ダコを購入してきた。
カンパチは全長66センチ。
調理して小分けし冷凍庫へ。
活ダコは足二本分を刺身に、残りは教えられたとおりに調理して小分けし、
これも冷凍庫へ。
活ダコの刺身はとても美味しく、また湯がいたタコも絶品で癖になりそうだ。
イワシやアジも欲しかったが海が荒れているので無理だった。

ところで、先日のサンマの初ぜりの価格にはたまげた。
一尾6000円なんて、何の冗談かと思った。
サンマとスルメイカならトロ箱で買っても調理できる、というほどの大好物
なのだが、ここ数年、庶民の夢は遥か彼方のサンタルチアだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 15:09| 奈良 ☀| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする