2021年01月26日

多肉さんに涙、涙。。。

数日を町の所用を片付けるために費やし、先週末には山に帰ってきたの
だが、それ以降しっちゃかめっちゃかで過ごしていた。

まずは谷からの引き水が止まっていた。
パイプのどこかで凍ったのだとしたら難儀だ。

ログに荷物を運び上げようとしてまた愕然。
テラスの上がめちゃくちゃ。
燃やそうとして一か所にまとめてあったゴミが散乱し、発泡スチロール
の箱も幾つも食いちぎられてバラバラ事件。
食料を探したのだろうか、テラスで横暴の限りを尽くしたのは糞を見る
と多分テンだろう。

ログの中に入ってまた吃驚。
多肉さんたちが無残な姿になっていた。
多肉さん

昨年の冬は室内で充分に冬越し出来たのだが、このところの冷え込みは
相当きつかったのだろう。
三割ほどは無事だが、残りは可哀想なことをしてしまった。
大事にしてきたのに、、、涙、涙である。

止まっていた谷の引き水は、水源地迄の700メートルのパイプを辿ら
なくてはならないと思っていたが、意外と近かったのでホッとする。
水処理1

とはいっても、高さ4メートル半ほどの高い場所。
水処理2
どうやらカモシカが蹴飛ばして外してくれたらしい。
上には糞がドッサリあったそうな。

冷たい水に手を痺れさせながら、kiiさんお疲れ様。
水処理3

復活して一安心である。
水処理4

三日ほど雨が続き、その後の晴天で雪は日陰に残るのみ。
1月26日夕刻
でも、寒いよ!!

カモシカやテンのおかげで余分な仕事が増え、散々な目に遭ったけれど
過疎の地の山暮らしではこれも仕方がないこと。

私は合い間を見つけては、残る二ケ所の絵本のクリーニングに精を出し
ていた。
本だな1
一か所で約220冊。
絵本のクリーニングはようやく終了したが、これから児童書に取り掛から
なきゃ。。。

じつは児童書も多いのよね。
一列6段に二重三重に積み重なっているのだ。
本だな2
絵本は楽しいのだけれど、児童書は絵が少なくてしかも白黒が多いから、
ちょっとため息。(笑)


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 20:18| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

絵本、ふたたび。

絵本のお話が続く。

クリーニングや整理をしている最中に、懐かしい本に出合うともういけ
ない。
中断やむなし、、、いつの間にか読みふけってしまう。
本棚を触るときの一番のネックがこれだ。

懐かしい絵本たち、いろいろ。
「ちいさいおうち」
絵本7a
昔々に買い求めて何度も何度も読まされた絵本は右下のもの。
色褪せてボロボロになっている。
比較的新しいものと比べて違和感が。。。

絵本7b
違和感の正体は、右開きと左開きだった。
最初に買ったものは右開き、どうして変わったのかな?

ちいさいおうちときたら、ちゅうちゅう、けいてぃー、メーベルという
名が浮かんできません?
「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」「名馬キャリコ」
「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」
「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」
「ちいさいケーブルカーのメーベル」
「せいめいのれきし」もバージニア・リー・バートンだったなぁ。


「かえるのあまがさ」与田準一著 那須良輔画
ボロボロです。
あまりに古くなったのでもう一冊買ったはずなんだけれど、どこだっけ?
(最近、どこだっけがじつに多い)
絵本7c

絵本7d
おいけのあめふり ぴち ぱた ほん
はたけのあめふり ぴち ぱた ぽん
かえるがおみせを だしたとさ


全編がこんな調子で続くのだが、このリズム感が何ともいえない。
少しとぼけたような画も素敵でしょ!

与田準一を検索していたら、
確かつい先日も目にしたと思われるタイトルが幾つか。
「なにしているの?」
「はははるだよ」
「五十一番目のザボン」
どこに入れたっけ?(←また、だ)

翻訳もされていたのですね。
『まりーちゃんとひつじ』フランソワーズ 岩波書店
『わたしとあそんで』マリー・ホール・エッツ 福音館書店
『あめのひって すてきだな』カーラ=カスキン 偕成社
『せんろはつづくよ』M.W.ブラウン 岩波書店
どれも本棚にはありタイトルと作者は見るけれど、翻訳者名ってあまり
気に留めていなかった(^^;)

マンロー・リーフの絵本
絵本5
軽妙な絵も大好き!!

ハインリッヒ・ホフマンの本も懐かしい。
この画にはドキッとさせられるでしょ。
絵本8
幼い頃は当然のごとく整理整頓が苦手なものだが、これは啓蒙する本な
のかな。
そういえばと「めんどりさんとこむぎつぶ」と「きたないちゃん」の絵
本ってあったよね。と娘に聞いたら「うん、そちらに戻そうか?」との
こと。
娘宅に行った時点で古かったから、もうぼろぼろになっているかも。
きたないちゃんのお話ってタイトルは何だったか、「とんでったおうち」
だったか。。。
これもハインリッヒ・ホフマンの「ぼうぼうあたま」や「もじゃもじゃ
ペーター」と同じジャンルの本だったような。

星の王子さまは物語の他に絵本もある。
絵本6
未整理の本棚の奥から、「星の王子さま」関連本はまだ出てきそうだ。

評論などの棚。
人によって視点が異なるのも興味深く、いつの間にかかなり溜まって
しまったが、これらもなかなか処分対象にはできずにいる。
評論など


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:02| 奈良 ☀| Comment(6) | ☆本や映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

レモンがたくさん!!

町暮らしの日、
山の家にみかんを置き忘れてきたので買いに出た。
町の家の周囲にはみかん山が多いが、出荷元によっても山によっても味
が微妙に異なるようだ。
近隣には直売所も数ケ所あるし、道の駅も二ケ所もあるのだけれど、
主婦はシビアに「味と価格と量」のバランスで選択する。

みかん

現在のお気に入りは「道の駅 ちはやあかさか」
(リンクは公式ホームページへ飛びます)

日曜日は農産物の他に焼きたてアツアツ石窯ピザ、焼きいも、みかん
の生絞りジュースなどの出店もあり、かなり賑わっていた。
村内を走行していても、某村と異なり、ずいぶん活気があるのを感じた。

千早赤阪村といえば、大阪唯一の村。
楠木正成の居城があった所で、道の駅の下の大きな駐車場には生誕地の
碑が建っていた。

その「道の駅 ちはやあかさか」で、美味しいみかんの他にレモンを
見つけたから飛び上がった。

野迫川村は寒さが厳しいので柑橘類が育たない。
ヤマモモもイチジクもビワも富有柿も育たない。
せめて、、、大好きな柑橘類が育つならどれほど嬉しいことか。。。

「レモン、そんなに買ってどうするの!?」
kiiさんは呆れかえっているが、「へへへ、値段に釣られました^^;」
ノーワックス、ノー防腐剤の国産レモンは貴重品だもの。
料理にお菓子に、絞って保存用にと使い道はいくらでもある。

レモン
週末の山で、さてどんな風に利用しようかな。
ワクワクしている♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 08:36| 奈良 ☁| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

絵本のクリーニング

暮れから片付け始めた本の整理が終わらず、年始は本の山に埋もれて
過ごしていた。
暮れになると咽喉を痛めて酷く咳き込み、それがこのところの年中行事
だったから、思い返したら手入れを怠っていたのは三年以上になるかも
しれない。
大事な絵本が埃と汚れで傷んでしまい、危機的状況になっていたから
慌てた。
年始から埃で手は荒れ放題、それこそ山姥の手になっていた。

天、地、小口、カバーに表紙や裏表紙と、一冊片付けるのに結構時間が掛かる。
濡れ布巾に乾いた布巾、大小のブラシやカッターナイフがフル活動だ。
絵本棚
ようやく☆印の付いた部分だけは終わったが、まだあと五倍以上残って
いる。
この際、見つけやすくしたいのだが、作家でまとめるか、内容でまとめ
るか、大きさでまとめるか思案のほどはまだ固まっていない。
しかしまぁ、どうして絵本はこんなに大きさがバラバラなんだろう!

面白い本や懐かしい本がたくさん、「え〜っ、こんな本もあったんだ
(把握していない証拠(^^;))」、中断してついぺらぺらと捲ってしま
うから余計に時間が掛かるのだとは自覚している。。。

そういえば、、、今年は丑年だったんだよね。
絵本1
十二支関連の本も何冊かあるけれど、まとめたら面白いかも。。。

図書館関連の絵本もいくつか。
絵本3

絵本2

この本、好きです♪
絵本4
面白くてつい笑ってしまう。

絵本の整理は中断して、今は急務の伝票処理に取り掛かっている。
その処理も先が見えてきて、来週の掛かりには終わりそう。
埃と遠ざかっていたおかげで、山姥の手が少しすべすべ、マシになって
いたが、また本のクリーニングに取り組まなくっちゃ。
春の声を聞くまでに本棚の整理は終えておきたいなぁ。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
ラベル:絵本
posted by けい at 10:06| 奈良 ☀| Comment(6) | ☆本や映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

凍み豆腐作りと煮味噌鍋

賀名生の上辻豆腐店の豆腐が凍み豆腐作りには最適。
しっかり水切りをして並べる。
凍み豆腐1

凍み豆腐2
寒波は嫌だが凍み豆腐作りにはそれが最適というのがつらい。

ところがいつものように黄金色にならない。
凍み豆腐3

今までの体験からいうと、夜間にどんと冷え込み日中はそれが融け、
それを数日繰り返していいものができるのだが、冷え込み過ぎて固まっ
たまま寒風に晒され。。。
融けるのを待ちながら日を置きすぎたかもしれない。
美味しくないのだ!

一応鍋に入れてみたが、いつものような旨味がない。
煮味噌鍋1
今回の鍋はおでんではなく、kiiさんの要望により煮味噌鍋。
味噌仕立てでくつくつ煮るので煮味噌鍋。
おでんと異なるのはスジとジャガイモが豚肉と子芋に代わること。
煮味噌鍋に必須なのがこの豚肉と子芋なのだ。
味噌と豚肉、子芋の相性は抜群だものね。

全体の味はいいのだけれど、やはり凍み豆腐は美味しくなかった。
煮味噌鍋2

まぁ、たまには失敗もあるさ、、、リベンジするぞ!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:52| 奈良 ☀| Comment(6) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

シモバシラの霜柱

一部だけが融けたログハウス前の庭の、シモバシラの霜柱です。
昨日の日中は晴れたのでひょっとしたらと期待していたのだが、予測通
り。。。
シモバシラ1

美しいでしょ!?
シモバシラ2

シモバシラ3

カメバヒキオコシにも霜柱が出来るということで楽しみにしていたのだ
けれど、かなりガッカリ。
カメバヒキオコシ

流石、シモバシラの霜柱は見事だった。

白花の山茶花に沢山の花が咲きかけていたのだが、全部茶色になっていた。
思わず勘違いしたが、白いのは花ではなくて雪です。
山茶花

ヒメナンテンの実と雪。
雪とヒメナンテン

またまた出来たツララ群。
ツララ

以上、寒くて冷たいお話でした。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 08:26| 奈良 ☁| Comment(2) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

新年おめでとうございます

万年青1

庭の中の大方は雪景色だけれど、日向で雪が融けたところに見つけた
万年青が幾つか、赤い実を付けていた。
万年青2

万年青3

細葉もたくさん増えているのが嬉しい。
万年青4
冬場は枯葉色だらけの庭だけれど、緑がポツポツとあるのは気持ちが
和む。

昼間に太陽が出ると少し融け、夜間にはまた降り積もり、その繰り返し。
元旦の雪
朝の外気温はマイナス5℃、この年明けは寒さの中で過ごしてます。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 16:12| 奈良 ☁| Comment(6) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする