2021年01月22日

絵本、ふたたび。

絵本のお話が続く。

クリーニングや整理をしている最中に、懐かしい本に出合うともういけ
ない。
中断やむなし、、、いつの間にか読みふけってしまう。
本棚を触るときの一番のネックがこれだ。

懐かしい絵本たち、いろいろ。
「ちいさいおうち」
絵本7a
昔々に買い求めて何度も何度も読まされた絵本は右下のもの。
色褪せてボロボロになっている。
比較的新しいものと比べて違和感が。。。

絵本7b
違和感の正体は、右開きと左開きだった。
最初に買ったものは右開き、どうして変わったのかな?

ちいさいおうちときたら、ちゅうちゅう、けいてぃー、メーベルという
名が浮かんできません?
「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」「名馬キャリコ」
「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」
「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」
「ちいさいケーブルカーのメーベル」
「せいめいのれきし」もバージニア・リー・バートンだったなぁ。


「かえるのあまがさ」与田準一著 那須良輔画
ボロボロです。
あまりに古くなったのでもう一冊買ったはずなんだけれど、どこだっけ?
(最近、どこだっけがじつに多い)
絵本7c

絵本7d
おいけのあめふり ぴち ぱた ほん
はたけのあめふり ぴち ぱた ぽん
かえるがおみせを だしたとさ


全編がこんな調子で続くのだが、このリズム感が何ともいえない。
少しとぼけたような画も素敵でしょ!

与田準一を検索していたら、
確かつい先日も目にしたと思われるタイトルが幾つか。
「なにしているの?」
「はははるだよ」
「五十一番目のザボン」
どこに入れたっけ?(←また、だ)

翻訳もされていたのですね。
『まりーちゃんとひつじ』フランソワーズ 岩波書店
『わたしとあそんで』マリー・ホール・エッツ 福音館書店
『あめのひって すてきだな』カーラ=カスキン 偕成社
『せんろはつづくよ』M.W.ブラウン 岩波書店
どれも本棚にはありタイトルと作者は見るけれど、翻訳者名ってあまり
気に留めていなかった(^^;)

マンロー・リーフの絵本
絵本5
軽妙な絵も大好き!!

ハインリッヒ・ホフマンの本も懐かしい。
この画にはドキッとさせられるでしょ。
絵本8
幼い頃は当然のごとく整理整頓が苦手なものだが、これは啓蒙する本な
のかな。
そういえばと「めんどりさんとこむぎつぶ」と「きたないちゃん」の絵
本ってあったよね。と娘に聞いたら「うん、そちらに戻そうか?」との
こと。
娘宅に行った時点で古かったから、もうぼろぼろになっているかも。
きたないちゃんのお話ってタイトルは何だったか、「とんでったおうち」
だったか。。。
これもハインリッヒ・ホフマンの「ぼうぼうあたま」や「もじゃもじゃ
ペーター」と同じジャンルの本だったような。

星の王子さまは物語の他に絵本もある。
絵本6
未整理の本棚の奥から、「星の王子さま」関連本はまだ出てきそうだ。

評論などの棚。
人によって視点が異なるのも興味深く、いつの間にかかなり溜まって
しまったが、これらもなかなか処分対象にはできずにいる。
評論など


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:02| 奈良 ☀| Comment(6) | ☆本や映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする