2021年07月31日

ユリとヘメロカリスのこと

コオニユリがたくさん咲いている。
自生のものに加えて、茶わん蒸し用のゆり根の残りも埋めて置いた
ら、いつの間にかどんどこ増えてくれた。
コオニユリ
もう ゆり根を買わなくてもいいぐらいだ。

勝手生えのオニユリは、あっちへ飛びこっちへ飛び気ままもの。

あまりに草ぼうぼうなので朝早く抜きに入ったのだが、まだ活性し
ていなかった脳はオニユリのことをすっかり失念していた。
開花を見る前にうっかりと切ってしまい、今どこ?
庭仕事

失敗してしまったと後悔していたら、別の場所に元気のいい子を
見つけた。
オニユリ1

ムカゴのあるのがオニユリ、無いのがコオニユリ。
オニユリ2


「サーモンスター」
サーモンスター2

サーモンスター1
この周囲にはカサブランカやヤマユリも有ったのだけれど、数年前に
イノシシに入られた折に、なぜかこのサーモンスターだけは食べら
れなかったという不思議な話。
ユリ根が大好きな筈のイノシシにも、好き嫌いはある??
余程不味いのでしょうか?

育樹園でヘメロカリスを見つけて大感激した♪
かなり昔のことになるが、確かにこの辺りにも植えたような気はする。
度重なる鹿やカモシカの食害で全滅して久しかったのだ。
根が残っていたにしても、ずいぶん経っているのにこんなにひょっ
こり咲く??
ヘメロカリス1

ヘメロカリス2
不思議で仕方がないけれど、花を見ることができたのは嬉しい。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 18:07| 奈良 ☀| Comment(4) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

キンシバイの判別が難しい

キンシバイとその類似品種の判別はほんとうに難しい。

ビヨウヤナギ(未央柳 )だと思っていたこれは、西洋キンシバイ
(ヒペリカム・カリシナム)のようだ。
西洋キンシバイ

こちらはキンシバイの園芸品種で和名は「大輪キンシバイ」(ヒペ
リカム・ヒドコート)
大輪キンシバイ1

大輪キンシバイ2

大輪キンシバイ3
例年防獣ネットから飛び出した枝を鹿に食べられるのだけれど、
何故か今年は無事だった。

キンシバイの仲間にはずっと悩まされている。
2019年07月12日の記事「ヒペリカムとキンシバイの違いは?」
http://nosegawaclub.seesaa.net/article/467826852.html

Wikipediaの
https://ja.wikipedia.org/wiki/キンシバイ#類似品種との花の違い」
にそれが詳しいが、同定が難しい。

庭奥へギンバイソウの探索に行った折に、シモツケの白花を見つけ
た。
こんなに遠くまで、どのようにして飛んできたのかな。
シモツケ1
そこそこ大きな株立ちになっていた。

白花だと思っていたら、源平咲きの枝も出てきた。
シモツケ2
嬉しいなぁ。。。

箱根サンショウバラに実が付いていた。
サンショウバラの実

昔々に娘からプレゼントされたミニバラは、今も健在でよく咲く。
ミニバラ
暑い盛りにお疲れ様!と、思わず声を掛けたくなる。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 14:35| 奈良 ☀| Comment(2) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月29日

ギンバイソウとシキンカラマツ

「ギンバイソウ」(銀梅草)
最初自生を発見したときは嬉しかったなぁ。。。
ギンバイソウ1
葉は大きくて先端が割れたような変わった形、花は真っ白で綺麗な
のだけど小さくて、エッ??と思ってしまう。

草刈り後に撮ったので、葉が汚い。
ギンバイソウ2
花は両性花と数個の装飾花からなるのだが、あまりスッキリした
形にはなっていなかった。
周辺を見るとポツポツと株が増えているので期待感が大。

「コンテリクラマゴケ」
陽が差すときらきらと輝いてとても美しい。
コンテリクラマゴケ1

コンテリクラマゴケ2
緑一色のクラマゴケもあるけれど、コンテリのほうが色彩の変化を
楽しめるのがいい。

「シキンカラマツ」
色も姿も可愛いでしょう??
シキンカラマツ1

シキンカラマツ2
いったい何処に出て来るのか、予測不能の気ままものです。(笑)

草むらでネジバナ見っけ!!
ネジバナ1

沢山あったのにどこに消えたんでしょうね。
たった一本だけれど、残っていてくれてよかった♪
ネジバナ2


再びの「八重咲ドクダミ」
あまりに綺麗だったので。。。
八重咲ドクダミ1

八重咲ドクダミ2

八重咲ドクダミ3



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:32| 奈良 ☀| Comment(4) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

ヤブカンゾウの花とつぼみを食べる

春のヤブカンゾウの新芽を待ち焦がれ、さっと茹でておひたしや酢
味噌和えにして頂く。
今年も春が来たね、、、と。
我が家の山菜の季節の始まりは、フキノトウではなくてカンゾウの
新芽。
シャキシャキ感とほんのりした甘味、初めて口にしたときのインパ
クトは強かった。

そしてこの季節のヤブカンゾウは、花はサラダや酢の物に、蕾は
サッと炒めてと大活躍している。
ヤブカンゾウ1

ヤブカンゾウとキュウリ
甘酢とヤブカンゾウの花って相性抜群。

ヤブカンゾウの蕾
豚肉炒めは少し苦手なので、ベーコンやウィンナを利用している。

ヤブカンゾウ2
カンゾウにはデトックス効果があるとも聞く。
蕾を蒸して干したものは貴重な「金針菜」だそうな。
消費してしまう分が多いけれど、「金針菜」も作ってみたいなぁ。

敷地内のあちこちに、気ままにどんどん増えている。
ヤブカンゾウ3

ユウスゲや、山の庭に勝手生えしていて遅くに開花するノカンゾウ
に似た品種も仲間。
九州からいただいたノカンゾウもあるが、どんな花が咲くのか楽し
みだ。
どれも葉や花は食用にできるそうだが、ユウスゲなどは勿体なくて、
食べようなどという気にはなれない。


キウィが少し大きくなってきた。
キウィ

ブルーベリーの実もできてきた。
ブルーベリー
スズメバチとの攻防戦、今年はどちらに軍配が上がるか。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 10:06| 奈良 ☁| Comment(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月24日

薪作りの第一段階は伐採から

薪作りが遅れている。

10月末には薪オーブンが稼働を始めるので、できれば春から取り
掛かるのが理想的なのだが、今年も遅れに遅れてしまった。
谷の引き水が止まった、風倒木の始末をしなくては、草刈り作業は
ひっきりなしだしと、じっくりと薪作りに取り組む余裕がなかった。
薪作りといっても敷地奥の杉の伐採から始めなくてはならず、これ
が結構難儀なのだ。
何しろ周囲には平均2メートル高の防獣ネットを張り巡らせてある
し、コゴミや果樹なども植えられているから。。。
開拓当初は600本ほどあった杉だが、今はかなり少なくなった。
その代わり太くなり、大きなものは直径70センチはあるので伐採
は大変。
敷地奥の杉林
杉はもう25メートル高にはなるだろうか、枝の張り具合で予測通
りに倒れないこともままあり、緊張の連続だ。

まずは一本目を伐り
伐採2

伐った杉で何やら細工をしている。
伐採3

防獣ネットを破いてしまうと、即 補修しなければ獣たちがすかさず
侵入するし、補修するためには倒した杉を始末しなければならず、
それが大ごとなのだ。
その面倒を何とか避けられたらということで、ネットよりも高い
位置にバーを設置。
伐採5
脚立に上ったり下りたり、足元が悪いので苦戦していた。
私は下で手回しウィンチの回し役。
(開拓当初は平気だったが、今や回し役も重労働でヘトヘト)

二本目を伐る。
伐採7
あ〜ぁ、枝繋りしてしまったね。。。

ウィンチで何とか引きずりおろして、、、「疲れた、一休み!!」
のkiiさん。
伐採8
なるほど、確かに設置したバーは効果的だね。
(私はまったく信用していなかった^^;)

蜜蜂の巣箱が危ういのではと案じていたが、ほぼ予定通りの所に
落とせたのだそうな。
その代わり八房梅がダメかもとのことだが、これは仕方がない。
伐採9
此処までで今回の作業は終了。
「疲れたび〜!!」
危険と隣り合わせだから終了と聞くとホッとする。

次回は上の画像の右手前、チェーンやフックを付けてある杉だが、
これが直径70cmはあるという猛者なのだ。
手こずるでしょうね。。。

開拓当初から長年、苦楽を共にしてきた道具たち。
チェーンソー
愛用のチェーンソーはもう20以上年連れ添ってきたもの。

電気が使える場所は電動のウィンチを使うが、使えない所では
手回しウィンチが大活躍する。
手回しウィンチ
古びていて重く扱いも難しいけれど、電動よりはずっと力持ちだ。

ワイヤーやフック
フックや滑車を駆使して思う場所に倒すのだが、時々は予測が少し
外れて「あら、やってしまった」ということがある。
今回も根元ではズレていなくても、25メートル高だから先端部が
ズレてしまった。
枝の張り出しや重さ、その時の風というのも一定ではないしね。

チェーンソーとウインチ、フックや滑車を利用することで、重機の
お世話にもならず、ログハウスを手造りしてきたのだった。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 20:40| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月22日

ヤマアジサイが旬です(2)

紅ガクやクレナイに紅が乗り、三河千鳥も美しい青になってきた。

「紅ガク」
紅ガク1

紅ガクもクレナイも、白から紅への変化が面白い。
紅ガク

紅ガク3

「クレナイ」
クレナイ1

クレナイ2

「紅手毬」
紅手毬1

紅手毬2
紅手毬は紅があまり出ていない。
うちの気候のせいなのかもしれないが、毎年、赤が強くなる頃には、
花も茶変の部分が出てくるので、このぐらいのほうがいいような気
もする。

「三河千鳥」
三河千鳥1

三河千鳥2
三河千鳥は私の好きなアジサイで、五本指に入る。。。

私の好きなアジサイ、、、
「三河千鳥」「清澄沢」「白鳥」「七変化」「紫紅梅」「藍姫」
「紅ガク」「クレナイ」「黒姫」「深山八重紫」「城ケ崎」
あれ、片手どころか両手でも足りないです(^^;)

品種不明。
6種を購入した際には確かに明記されていたのだが、伊予系だった
という記憶はある。
品種不明1 品種不明2

品種不明3 品種不明4

庭の中や土手にアジサイのひとり生えが続々と登場している。
草刈り部隊のkiiさんは「どこもかしこもアジサイと山椒だらけ
だよ」と悲鳴を上げている。
「絶対に切ってはいけません。切らないでね!!」
私にしつこく念押しされている。

実生苗2
この子は伊予系かしら?

実生苗1
先日、紅ガクから70センチほど離れた場所に、見慣れない花を
見つけて吃驚した。
花の形状や大きさはまるで紅ガクなのに、少し青みがかっている。
咲き進むにつれて青が濃くなってきた。
周辺には深山八重紫や黒姫もあるので交雑したのかもしれない。
新種?
名前、付けてもいいのかな。。。

ほらね、紅ガクの足元に突如現れた子のように、ちょっと変わり
ものが生まれてくるかもしれないでしょ!
それも、何の作為もなしに自然に、、、だもの。

草刈りの際はくれぐれも慎重に、切らないように気を付けてね!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 18:30| 奈良 ☔| Comment(0) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

セミ時雨はヒグラシ&アオバトのこと

町は耳が痛くなるほどクマゼミが賑やかで、いっそう暑さを増幅さ
せているが、山の庭のセミ時雨はヒグラシ。
夜が明けるのを待ちかねていたかのように、カナカナカナの大合唱。
そこにオオルリやウグイス、ミソサザイやガラたちも加わり、それ
が我が家の目覚ましになる。

日中でも陽が陰ると、どこからともなくヒグラシの声が湧きあがり
涼しさを運んでくる。

シオデにセミの抜け殻見っけ。
こんな光景が庭のあちこちにある。
ヒグラシですよね、多分。
シオデにセミの抜け殻

この辺りではセミの大多数を占めるのがヒグラシ、次いでマツゼミ、
ツクツクホウシ、ミンミンゼミが少数派、極少数派がクマゼミ。
開拓当初はクマゼミなどいなかったのだが、それほど温暖化が進ん
できたということなのかも。

昨年初めてチラッとアオバトの姿を見たときは感激だった。
今年はどうか。。。
ひそかに期待しつつ、もう諦めの境地になっていたのだけれど、
来てくれましたよ〜♪
そういえば、昨年も同じ場所で、ヤブデマリやガマズミの実を
食べていたのだった。
好みの実、なのかな?

アオバト1

ガラス越しなのでスッキリとは撮れていないが、結構長時間 楽し
ませてくた。
アオバト2

アオバトは数羽から数十羽の群れで行動していることが多い、と
鳥類図鑑には記載されているが、仲間が見当たらない。
一羽ということはないだろうと思うが。。。
ポーポッポと鳴く声が聴こえるが、繁殖期の頃に雄が鳴くという
ヨーデルのような声を是非とも聴いてみたいものだ。
アオバト3

アオバト4


梅雨が明けたと思ったらアブが急に飛び始めた。
背中を狙ってチクリだから堪らない。
暑いのを我慢して予防のために厚いジーンズの上着やズボンを着用
しているのに、お構いなしだものね。
ウシアブよりもシマフアブのほうが毒性がきつい気がする。
ウシアブは大げさに音を立てて飛ぶから、注意を向けやすいけれど、
シマフアブはひっそり飛んで来て刺すのでまるで忍者だ。
耐性ができてきたのか昔ほどは腫れなくなっているけれど、できれ
ば刺されたくない。

知人が「アブガード」なるものを作ったので、とプレゼントして
くれた。
アブガード1

アブガード2 アブガード3
帽子に一個、念のため上着にも付けてみた。
効果があるかどうか、あったらいいなぁ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 11:55| 奈良 | Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

ナツツバキとその仲間たち

ナツツバキは一日花だけれど、次々に咲いてくれるので結構賑やか。

庭には実生株を含めて現在四株。

ログハウスから見える一番下の庭の二株、伸び伸びと育ち、大きく
なりすぎ。。。
ログ前のナツツバキ
どうしてか毎年、右側のほうが花付きがいい。

ナツツバキ右1

凄い数の花芽でしょう?
ナツツバキ右2

ナツツバキ右3

ナツツバキ右4

左手の株はコブシやウワミズザクラの陰になりすぎているのかも。
ナツツバキ左1

前面道路の土手際に一株。
ナツツバキ道路沿い1

今年の花付きはギョエッと言いたくなるほど凄いです。
ナツツバキ道路沿い2

敷地内道路脇の実生株は写真を撮り忘れた(^^;)


「桃色ナツツバキ」は今年は紅があまりよく出ていない。
雨が多いせいだろうか。。。
桃色ナツツバキ1

桃色ナツツバキ2


「英彦山ヒメシャラ」(英彦山⇒ひこさん)
ナツツバキの仲間たちの中で、一番好きなのがこの英彦山ヒメシャ
ラです。
花姿も色艶もなんともいえない。。。
英彦山ヒメシャラ1
ネッ、素敵だと思われません??
英彦山ヒメシャラ2

英彦山ヒメシャラ3
増やしたいけれど挿し木はなかなか難しく、かといってこれほど
咲くのに実生苗も見つからず。

英彦山ヒメシャラはヒメシャラと違って花も大きいのに、なぜか
ヒメシャラだし、桃色ナツツバキは英彦山ヒメシャラよりも花が
小さいのにナツツバキなのが不思議。

ヒメシャラは陰影が大きくなりすぎたので伐採し、今は実生苗を
育てているところ。
ヒメシャラの苗木


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:05| 奈良 ☁| Comment(0) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

大事にしている本

本はどれも愛しくて大切だ。
だが、どれも大切とはいっても、格別の愛着がある本というものが
ある。
絵本の中ではこの「けしつぶクッキー」が好き。
けしつぶクッキー
マージョリー・クラーク作、モウドとミスカ・ピーターシャム絵
渡辺茂雄茂男訳


以下の本二種は戴いたものだが、大事に保存していて時々眺めて
いる。
「木綿文化」
木綿文化1

木綿文化2
木綿布と親しむ昔の光景や伝えられてきた伝承の図柄などが載っ
ている。


「教育博物館」
私の手元には上、中巻しかない。
布製のしっかりした表装箱に包まれている、かなりガッチリした
分厚い本で一冊の厚みは4.5cmもある。
二巻・箱ごとで10センチ厚の重い本だ。
著者・唐澤富太郎 ぎょうせい刊 昭和52年の発行とある。
教育博物館1

教育博物館2

上巻は「日本の児童文化」中巻は「日本の学校文化」
明治・大正・昭和に至る子供に関するいろんな情景がたくさん掲載
されている。

特に上巻の昔の遊びに関する項目がお気に入りだ。
教育博物館3

教育博物館4

教育博物館5

中巻にはこんなページも。。。
教育博物館7

教育博物館9

教育博物館8


私の手元にない下巻には「日本の生活文化」が収められていた
そうな。
それが一番見たかったのにと、つくづく残念に思う。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 17:25| 奈良 | Comment(2) | ☆本や映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月13日

ヤマアジサイが旬です(1)

町でアジサイの話題などとっくに消えたころに、ようやくその旬が
やってくるのですから、季節感がズレてますよね。
そういえば、7月の頭には蛍も旬だけれど、今年は雨が多かったせ
いで見に出る気力も起きなかった。

「白鳥」
白鳥

「藍姫」
藍姫
やっと定着してくれた様子で、ホッとしている。
やはり青のアジサイが好き♪

「富士ナデシコ」
富士ナデシコ
ナデシコというから紅が差すのかと思ったら白花だった。

「清澄沢」
清澄沢1

清澄沢2
咲き始めのころが一番可愛い。

清澄沢3
好きな品種なので、株数はかなり多いかも。

「黒姫」
黒姫1

黒姫2

「深山八重紫」
深山八重紫1
この二種の青も素敵でしょ!


一番最初に植え込んだ山アジサイは「黒姫」「深山八重紫」「白妙」
「白鳥」「クレナイ」「七段花」
(このうち「白妙」は消えてしまった)
「黒姫」「深山八重紫」「白鳥」「クレナイ」「七段花」はどんどん
増えている。
剪定したら挿す、この習慣を変えなくてはね。。。

ログ前の庭で一番元気がいいのがこのアジサイ。
品種名、どこかに書いてあったはずなんですけどね。
品種不明
美しい水色が涼を運んでくれる。。。

「紫紅梅」
紫紅梅

「七段花」
七段花1

「剣の舞」
剣の舞
「紫紅梅」「剣の舞」「七段花」はボケた色合いになってきた。
酸性度合を高くしたらいいのかもしれないが、他の植物への影響が
懸念されるので手を出せないでいる。
自然のままでいいか、、、逃げですかね?

自生種の「コアジサイ」
コアジサイ

これも山に自生している普通のアジサイ。
ヤマアジサイ

クレナイやベニガク、紅手毬にはまだ紅が乗っていない。
大好きな三河千鳥の青も。。。
瀬戸系のアジサイや西洋アジサイが咲き、アナベル、柏葉アジサイ、
ミナヅキへと続く。
山の庭ではまだまだアジサイたちが賑やかです。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:55| 奈良 | Comment(6) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

週末のお供はカツオ

週末はたくさんの案件を抱えていたけれど、結局半分もこなせず。
雨と雷には勝てないものね!
一番の案件だった梅と山椒の実を摘むことだけは何とか完了した。

山の楽しみというと、ひと仕事を終えてお湯を浴び、さっぱりして
飲む冷たい一杯のビールでしょうか。
私はビールが苦手なので「ジンフィズもどき」だけれど。

今回の酒の肴、メインはカツオです。
全長60cmほどの活きのいいのが手に入ったので。
カツオ
毎度のことながら捌くのはkiiさん。
お抱えの調理人が居るので、私はいつも鮮度の高いものを口に
できるという訳。

カツオは大、大、大好きで、毎日食べても飽きることがない。
何といっても刺身と炊きたてご飯の相性は抜群!

刺身に漬け(ヅケ)、てこね寿司、お茶漬け、カルパッチョ、
ソテー、フライ、、、
フライは塩コショウもいいが、醤油、酒、味醂、生姜を使った漬け
ダレにニンニクをすり下ろして軽く下味に漬けるとなお美味しい。
フライは揚げ過ぎないことが肝心。
なにしろ刺身で頂くカツオなのだから、衣が色づいたらそれで充分、
中は生でいいのだ。
ソテーもそう、鷹の爪やニンニクとオリーブオイルでソテーにする
けれど、何しろ刺身用のカツオだもの、火が通らなくてもいい。
逆に、通り過ぎたら美味しくない。
漬けダレに漬け込んだカツオのお茶漬けときたら、これまた絶品。
残ったらカツオの角煮を作ってみたいと思いつつ、それまでに無く
なってしまうという、カツオ愛の強い我が家です。(笑)

居酒屋メニューのような、小鉢や小皿のお惣菜いろいろ、というの
が好き。
この日は来客ありで刺身は大盛り。
今夜の居酒屋メニュー
山のことで気の利いたものはないし、オシャレにトッピングする素
材もないけれど、山蕗の炊いたん、ヒジキの煮つけ、ナスの塩もみ、
枝豆、エゴマの葉の醤油漬けなど。
最近はしつこいお惣菜が苦手で、あっさり系が多い。


梅の実を摘む。
白加賀の古木は弱っているのか成りが悪い。(右の青いザル)
同じ白加賀なのに手前の竹ザルのものとは大きさも素姓もまるで違
うような。
若木なので収量はまだ少ないが、まるで南高梅ぐらいの大きさじゃ
ない?と吃驚している。
これぐらいの大きさがあると「梅のエキス」も作りやすいよね。
もっと採れるようになるといいなぁ。
豊後(一番奥)が少し多かったので嬉しかった。
梅の実摘み
全部で10キロ、量としてはまだ思うようには採れていない。
頑張れ、苗木の南高梅や豊後たち。

梅の実を摘み終えてホッと一息ついたところに、土砂降り。
土砂降り
摘んでいる最中でなくてよかった!!

山椒の実も摘む。
山椒の実を摘む
強剪定で弱らせてしまった株が幾つかあるので、今年はあまり摘ま
ないことにして、たったこれだけ。

平さやのインゲンとエゴマの葉を摘んできた。
インゲンとエゴマの葉
エゴマの葉は醤油とごま油に漬け込んでアツアツご飯で頂く。
これがまた最高なのよ!!

雨の時は乾したスギナを粉末にして、スギナ茶作りの最終段階へ。
スギナ茶
粉末にするスギナはまだ残っているので、雨の日の作業にする。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 14:34| 奈良 ☀| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八重咲きのドクダミやユキノシタなど

「八重のドクダミ」が美しい。
鬱陶しい梅雨空の下で、そこだけは涼し気。
八重ドクダミ1

八重ドクダミ2

どの花にも個性があって惚れ惚れと見入っているのだけれど、この
タイプが特に好き。
八重ユキノシタ3

八重ドクダミ4
緑の葉から花の白へのグラデーションがたまらない。

「八重咲きユキノシタ」
八重咲ユキノシタ
今年は咲きが良くない。
花数も少ないし八重の状態も寂しい。

「京鹿の子」
赤花はよく咲いているが、白花は咲かなかった。
京鹿の子

「ムラサキツユクサ」
ムラサキツユクサ1

ムラサキツユクサ2

食害を避けられている今は株数が増えてきたけれど、なぜかこの色
ばかり。
ムラサキツユクサ3
白花も有ったのに消えて久しい。
今年も出合えないのかなと、未練がましく探している。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 08:14| 奈良 ☁| Comment(0) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月07日

ヤマボウシ&シモツケ

ヤマボウシは現在、庭に6株。
うち3株はかなり大きくなり、花が見難くなっている。
敷地内通路脇のヤマボウシ。
ヤマボウシ2a

ヤマボウシ2b

前面道路添いの土手の上に植えられているヤマボウシ。
ヤマボウシ3a
一枝が見事な白い波になっていた。
ヤマボウシ3b
この白のヤマボウシの傍らに「紅鶴」という品種があるのだけれ
ど、夏椿との間に挟まれて花は天辺にしかなく、赤も薄い。
残念ながら花はうまく撮れなかった。

ヤマボウシを植える場所の選択は大事だとつくづく思う。
見上げる場所では花が見られないということに気が付き、以降は
ログハウスから見下ろせる位置に植え込んだ。
ログ前の庭には現在三株。
このヤマボウシは紅花だったのだけれど、主木が枯れてしまい
紅が消えてしまった。
ヤマボウシはカミキリムシに弱い。
もともとが丈夫な木だから株立ち状になって復活するのだが、その
株立ち部分はなぜか白花ばかり。
ヤマボウシ1b
でも、小花なので好き♪

ログハウスから見下ろせる位置というのは正解だった。
ヤマボウシ1a


シモツケはとにかく強い。
実生でどんどん増えてくれるしね。
そうだ、この木こそ裏山用かもしれない。
鹿やカモシカに踏まれても蹴られても生き残る強さがある。
シモツケ赤花1

シモツケ赤花2
どちらかというと赤花が多いけれど、未開花の実生苗を抜くと白花
も消えてしまうので、迂闊に抜けないでいる。
シモツケ白花
白花の株は少ないし、源平咲きに至ってはまれにしか出てこない。
源平咲きを発見したときは感激したものだが、今年は無いなぁ。

そういえば、、、と、裏山繋がりで思い出した。
裏山にはハンカチの木を植え込んだはず。
「名も知らぬ木が10年経って咲いたらなんとハンカチの木だった」
というエッセイをどこかで読んだ覚えがある。
裏山のハンカチの木はもう15年ほどになるけれど、未だに白い
ひらひらと舞うハンカチを見たことがない。
まずは木自体が健在なのかどうか、調べてみなくてはね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:03| 奈良 ☁| Comment(6) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

ササユリ、大好き♪

ササユリが咲いている。
鹿やカモシカに上部を食べられ、イノシシに球根を食べられては
絶えかけ、それでもなんとか復活し、ようやく増えてきたところ。

朽木が防獣ネットを襲いそこから鹿が侵入して笹を食べ栗を折り、
と先の記事にも書いたが、ササユリも結構食べられていたことに、
花が咲くまで気づかなかったというお粗末な話。

この周囲には結構株が増えていて、日照がいいせいか山の庭では
此処がいつも一番咲き。
ササユリ1
三株は食べられていたけれど、この子は健在だった。

紀伊山地のササユリにはこの色濃いものが有るのが特徴だと聞いた
が、白っぽいササユリと異なりその美しさには声もなくただ眺め
入ってしまう。
清楚ですっきりした佇まい。
くどくどと表現する言葉など無用だ。

ササユリ2c
ミニ菜園の土手の上で初めてこの群れを発見したときは吃驚した。
まさか、よくぞと、、、
その後着実に株を増やしている。
ササユリ2a
花付きもいいし色も濃い。
横顔も素敵です♪
ササユリ2b
周囲にも新しい子が幾つか。。。
ササユリ7
嬉しい。

別の場所に、新しい株を発見。
ササユリ3
この子は色が薄い。

「全然違う土手に新しい株が増えているのを知ってた??」とkii
さんに言われて見に行ったが、じつはこれがなかなか分からなかった。
ササユリ4a
やっと見っけ、ぼうぼうの草に埋もれているんだもの。
それも一気に三株だよ。
ササユリ4B

昨年は此処が一番株数が多かったのに、今年は開花株一株のみ。
ササユリ6
五株は先端部分をバクバクと食べられてました^^;

山の庭に最初に根付いたのがこのササユリだった。
庭のあちこちに子孫を残してくれているのかもしれないけれど、
この親元は増えもせず減りもせず、ずっと一株というのが不思議。
ササユリ5
日照のいい場所に移植した方がいいかもだが、根を動かすと枯れ
ることがあると聞くと、躊躇してしまう。

ササユリ詣でをしては一喜一憂している近頃の私です。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
ラベル:ササユリ
posted by けい at 06:14| 奈良 ☁| Comment(6) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

モリアオガエルの卵塊7個め&最近の野菜事情

モリアオガエルの卵塊を今年初めて見たのは6月21日、その時は
4個だった。
その後、とぼけた表情の夫婦を見つけたのが6月28日で、同時に
5個目の卵塊を視認。

もう産卵は終わりなのだろうと思っていたら、またまた懲りずに
一輪車の上にメレンゲ状の卵塊を発見。
モリアオガエルの卵塊
前回の場所からはちょっとだけ水場に近寄っていた。
それなりに学習したのかな。
しかし、砂の空き袋って滑るでしょうに、そんなところに産み付け
るなんて器用なものだ。

そして今朝。
7個目の卵塊ができていた。
今朝の状況
この様子なら卵塊はまだ増える??

一輪車の水は降り続く雨で濁りが多少は薄れ、その中にお玉さんが
うじゃうじゃ。。。
お玉さん

不思議なんですよね。
どうして一輪車ばかりが好まれるのか。
ログ前の小池でもログ裏の木々辺りでも、モリアオさんの鳴き声は
盛んに聞こえているのに、卵塊が出来るのは一輪車だけなのよね。

再びの救出作戦を敢行。
救出作戦
前回よりも大分成長しているようだ。


さて野菜事情。。。
雨続きで植えた苗類の成長がままならず、我が家のミニ菜園はやっ
と青紫蘇やスナップエンドウ、シシトウや小松菜が少しずつ採れだ
したところ。
スナップエンドウは茹でて塩で頂く。
スナップエンドウ
とても美味しい。
無農薬安心印ということも加味されるから、いっそうの美味しさを
感じるのかもしれない。

スーパーの野菜売り場で、思わずため息をついてしまった。
大根をはじめとして、キャベツなどがジリジリと値上がりしてい
るようだ。
長雨でまだまだ値上がりするのでしょうね。
ジャガイモは少し安定してきたようだから、そろそろロスティを
作られるね。

御所市の直売所で野菜喰い一家の買い出しです。
キュウリ2、ナスビ2、オクラ1、三度豆3、ニンジン1、シシ
トウ1、メークイン1,キタアカリ1(ここまで単位は袋)、
ゴーヤー2本、ズッキーニの大2本、計1800円也。
直売所

大きなズッキーニでしょ!
直売所
カレーにフライ、ナムルにぬか漬けといろいろ使えるね。

あとはチョビチョビと摘んできた山菜や野草、ミニ菜園の野菜と
卵、調理用の素材缶詰があれば何とか当分山籠もりができる。。。

雨ばかりで野草茶の出来が良くない。
ドクダミは室内に干して天井のファンを回している。
ドクダミ茶
今回は上手く仕上がらないかもしれない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:32| 奈良 🌁| Comment(2) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月02日

バラとクレマチス

私とはとことん相性が悪いバラとクレマチス。
美しく咲かせている方たちには心から敬意を表します。

無農薬でバラを育てることは難しいと聞くし、「マメに面倒を見ら
れない山の庭では諦めるべし」とkiiさんにきつく言われても、
しつこくしつこく植えては枯らしを繰り返してきたのだった。
おまけに鹿やカモシカは鋭い棘を気にもせず齧るんですもんね。
たまったものじゃありません。

今残っているのは手もかけられず、それでも何とか育ってくれたも
のたち。
フェリシアだとインプットしてきたけれど、調べ直してみなきゃ。
コーネリアはアスコットピンクだというし、フェリシアはソフト
ピンクというから、おそらくフェリシアなのだろうけれど。。。
フェリシア1

フェリシア2
よく育ち、よく咲いてくれました。
こんなに大きくなって頼もしい。
フェリシア3

箱根サンショウバラが欲しくてやっと手に入れたけれど、色が薄く
て少しガッカリ。
個性差があるものね。
箱根サンショウバラ
かなり大きく育ってくれて嬉しいけれど、春の大雨と強風で倒れ
根が傷んだ様子。
只今養生中です。

箱根サンショウバラの横にあったバラは、獣害からやっと復活して
蕾が付いたと喜んでいたら、先日裏山の朽木が倒れて防獣ネットを
ずたずたにした際、入り込まれた鹿に齧られていた。
齧られたバラ ソニアドール
ふっと見ると横に小さな花を付けた枝が。。。
まさか咲くとは思っていなかったから、いい時を見逃してしまった。
これは多分「ソニアドール」

アンジェラ(だったと思う)
アンジェラ

品種不明のバラ
バラ品種不明

バラはつるバラを含めてあと6株ほどはあるけれど、諦めの心境。
まぁ、気が向いたら咲いてくれるでしょう。

敷地境界際にはナニワイバラやハトヤバラを無数に植え込んである。
防獣ネットから飛び出した枝は鹿にかじられてしまうけれど、何と
か育っているから、そのうち無粋な防獣ネットを覆い隠すほどに
咲いてくれるだろうと期待している。


クレマチスは草に埋もれて弱ってしまったものが多く、救出中。
「テッセン」や「土岐の風車」や「篭口」、咲いて欲しいなぁ。
クレマチス1

バーゲンで買ってきたこの種は丈夫で、花期が長く、小花だけれど
多花な点が気に入っている。
クレマチス2
品種不明でどんな花が咲くかも分からずに買ったものだから、初め
て咲いた時はなんだかボケたような色だなぁと。。。
見慣れるとそれなりに、可愛く思えるようになってくるから不思議。
クレマチス2
「ログハウスに上る階段脇一面に咲いても綺麗だよね」などと、
その算段を始めている私めでございます。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 09:58| 奈良 ☁| Comment(6) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする