2021年07月02日

バラとクレマチス

私とはとことん相性が悪いバラとクレマチス。
美しく咲かせている方たちには心から敬意を表します。

無農薬でバラを育てることは難しいと聞くし、「マメに面倒を見ら
れない山の庭では諦めるべし」とkiiさんにきつく言われても、
しつこくしつこく植えては枯らしを繰り返してきたのだった。
おまけに鹿やカモシカは鋭い棘を気にもせず齧るんですもんね。
たまったものじゃありません。

今残っているのは手もかけられず、それでも何とか育ってくれたも
のたち。
フェリシアだとインプットしてきたけれど、調べ直してみなきゃ。
コーネリアはアスコットピンクだというし、フェリシアはソフト
ピンクというから、おそらくフェリシアなのだろうけれど。。。
フェリシア1

フェリシア2
よく育ち、よく咲いてくれました。
こんなに大きくなって頼もしい。
フェリシア3

箱根サンショウバラが欲しくてやっと手に入れたけれど、色が薄く
て少しガッカリ。
個性差があるものね。
箱根サンショウバラ
かなり大きく育ってくれて嬉しいけれど、春の大雨と強風で倒れ
根が傷んだ様子。
只今養生中です。

箱根サンショウバラの横にあったバラは、獣害からやっと復活して
蕾が付いたと喜んでいたら、先日裏山の朽木が倒れて防獣ネットを
ずたずたにした際、入り込まれた鹿に齧られていた。
齧られたバラ ソニアドール
ふっと見ると横に小さな花を付けた枝が。。。
まさか咲くとは思っていなかったから、いい時を見逃してしまった。
これは多分「ソニアドール」

アンジェラ(だったと思う)
アンジェラ

品種不明のバラ
バラ品種不明

バラはつるバラを含めてあと6株ほどはあるけれど、諦めの心境。
まぁ、気が向いたら咲いてくれるでしょう。

敷地境界際にはナニワイバラやハトヤバラを無数に植え込んである。
防獣ネットから飛び出した枝は鹿にかじられてしまうけれど、何と
か育っているから、そのうち無粋な防獣ネットを覆い隠すほどに
咲いてくれるだろうと期待している。


クレマチスは草に埋もれて弱ってしまったものが多く、救出中。
「テッセン」や「土岐の風車」や「篭口」、咲いて欲しいなぁ。
クレマチス1

バーゲンで買ってきたこの種は丈夫で、花期が長く、小花だけれど
多花な点が気に入っている。
クレマチス2
品種不明でどんな花が咲くかも分からずに買ったものだから、初め
て咲いた時はなんだかボケたような色だなぁと。。。
見慣れるとそれなりに、可愛く思えるようになってくるから不思議。
クレマチス2
「ログハウスに上る階段脇一面に咲いても綺麗だよね」などと、
その算段を始めている私めでございます。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 09:58| 奈良 ☁| Comment(6) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする