2021年07月14日

大事にしている本

本はどれも愛しくて大切だ。
だが、どれも大切とはいっても、格別の愛着がある本というものが
ある。
絵本の中ではこの「けしつぶクッキー」が好き。
けしつぶクッキー
マージョリー・クラーク作、モウドとミスカ・ピーターシャム絵
渡辺茂雄茂男訳


以下の本二種は戴いたものだが、大事に保存していて時々眺めて
いる。
「木綿文化」
木綿文化1

木綿文化2
木綿布と親しむ昔の光景や伝えられてきた伝承の図柄などが載っ
ている。


「教育博物館」
私の手元には上、中巻しかない。
布製のしっかりした表装箱に包まれている、かなりガッチリした
分厚い本で一冊の厚みは4.5cmもある。
二巻・箱ごとで10センチ厚の重い本だ。
著者・唐澤富太郎 ぎょうせい刊 昭和52年の発行とある。
教育博物館1

教育博物館2

上巻は「日本の児童文化」中巻は「日本の学校文化」
明治・大正・昭和に至る子供に関するいろんな情景がたくさん掲載
されている。

特に上巻の昔の遊びに関する項目がお気に入りだ。
教育博物館3

教育博物館4

教育博物館5

中巻にはこんなページも。。。
教育博物館7

教育博物館9

教育博物館8


私の手元にない下巻には「日本の生活文化」が収められていた
そうな。
それが一番見たかったのにと、つくづく残念に思う。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 17:25| 奈良 | Comment(2) | ☆本や映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする