2008年08月23日

斑入りカリガネソウ

カリガネソウ(雁草)クマツヅラ科カリガネソウ属
karigane02.jpg
この姿を雁(かりがね)に見立てたそうです。

花柱とともに花冠からつきだした、長い雄しべが特徴です。
karigane01.jpg

我が家のカリガネソウは斑入り葉。
karigane03.jpg
厳しい条件の山の庭暮らしのせいか、草丈は小振りで、せいぜい50cmほどです。
カリガネソウには臭気があるそうですが、積極的にその臭気とやらを嗅いだことはまだありません。
posted by けい at 21:07| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさん
パープル色の綺麗なカリガネソウですね
長いおしべが凛としてさすが立派ですね
50センチ位の高さですか?
品のある素敵な花ですね
ふえるのでしょうか・色々
自然のお花が見られ愉しいですね
Posted by hana at 2008年08月24日 17:05
お早うございます。
やっと雨が降りましたね。
雨上がり花は一段と綺麗ですね。
カリガネソウ、初めて知りました。
綺麗ですね〜。
これは暑いところでは育たないのでしょうね。
昨夜は息子宅で晩ご飯でしたが
「野迫川村って何処にあるか知ってる?」で
けいさんのログハウスの話を聞かせてやりました。
近くですのに遠いところのお話のようでした。
帰ってから私も地図で調べてみました。
いいところですね。行ってみたいところです。
Posted by sakko at 2008年08月25日 07:55
☆hanaさん、おはようございます。

カリガネソウっていい色でしょう?
この長いしべが、凛としていて個性的な雰囲気がありますよね。
斑入り葉のものは、涼しげに見えて結構好きです。

とても丈夫な植物で、お隣さんのキレンゲショウマを席巻しそうな
勢いです。
移動させなくてはいけないかも...。
Posted by けい at 2008年08月25日 08:58
☆sakkoさん、おはようございます。

待望の雨でしたね♪
でも、野迫川ではサラッとお湿り程度で終わった様子。
村の友人を訪ねましたら嘆いていました。
確かに、畑も土の表面がチョッピリ濡れているだけ。
植物も株元までは水分をもらえなかったようです。
数日たっぷり降ってくれないことには、飲料水なども
危機的な状況です。

カリガネソウはとても丈夫で強いですよ。
よく育つのではないかしら?
野迫川は朝晩の気温は低いですが、日中は流石に紀伊山地、
太陽が照り付けて直射日光も強く、夏は30℃を超える日が
多いのですが、その中で元気ですから...。

お住まいからは意外と近い距離でしょう?
うちはかなり過疎ですけど...。
いつか、きっとお目にかかれますよね♪
Posted by けい at 2008年08月25日 09:11
すき好き♪
良い色だわ〜!
は〜ぁ・・・ため息ザンス!
Posted by mamu at 2008年08月25日 11:47
☆mamuさん、こんにちは。

カリガネソウ、mamuさんのお好きな色合いですものね。
でも臭気があるのですって。
どんな臭いなんでしょうね。

臭いというヘクソカズラを揉んで嗅いでみたけれど、そんなに感じ
ませんでした。
ひょっとして私はにぶいんでしょうか?(笑)
Posted by けい at 2008年08月25日 12:30
くさい物には・・・蓋をしろ・・・って、何の事さ?!?
ただ今、ダウンチュー〜よれよれ・・・どてっ!
匂いには、好き嫌いがありまして・・・奇妙な事に
自分の足の匂いを嗅ぐという・・・奇妙奇天烈な人が、おりました。
ひっくり返りそうだわ〜ぁんっ(−−;)
(とっくに、ひっくり返っております(−−;)

綺麗な人には、棘がある・・・違ったっけ?
バラの事でした(−−;)

最近、すこし、変になっています(−−;)
疲れは・・・どかさなきゃー・・・・
ところで、この花は、斑点の所が、特にいいですね。
今頃・・・(−−;)
奇妙な文を書くんじゃね〜っと。怒ってくささいまし・・・(^^;)
Posted by mamu at 2008年08月26日 21:59
☆mamuさん、こんばんは。

夏の疲れが少し溜まっているところに、無理をされたのでしょう?
お大事に...。

最近整理整頓にまったく弱くって、周囲を見回してうんざりして
いるところです。
この本、どうにかならないものかしら...って。
本に埋もれて、そのうち歩けなくなりそう。(笑)
早くログに本を置けるようにして欲しいと、ひたすら願っている
のだけれど。

足の匂いを嗅ぐということに、まず拒否反応を起こしてしまいますよね。
身体はまだ柔らかいから、自分の足ぐらいどうにでもなるけれど、
イヤダ、嗅ぎたくないわ。

ところでカリガネソウ、優しい色合いでしょ。
お澄まししているように見えてつい笑っちゃう...。
長い雄しべをぺろりんと触っては遊んでいます。
今度その、カリガネソウの臭気なるものを体験してきます。
報告させていただきますね。いらないって言われそうですが。
Posted by けい at 2008年08月26日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック