2008年09月02日

ブルーベリー・収穫二回目

収穫の初回から二回目ぐらいまでのブルーベリーは、粒が大玉で、とっても
美味しいのです。
生食用にバッチリ。
初回分はそっくり孫ちゃんのところへ送ってしまったので、今回は、最近特に
目が疲れやすくなっている自分のために生食用を、kiiさんもジャムを待って
いるしと、勇んで野迫川入りをしたわけです。

今年は日照り続きで生り物がことごとく悪く、量は勿論、品質のよしあしなど
言えないけれど、それでもそれなりの収穫はあるでしょうと...。
bb05.jpg
今回の収穫量は4.6キロ。
でも品質は非常に悪いのです。
ヒヨドリは防鳥ネットで防ぎました。でも一難去ってまた一難...。
hatigai01.jpg
見苦しい画像ですがお許しあれ!!
これ、犯人は何だと思われます?

初回の収穫から一週間空いた間に、美味しいプリプリの大実はそのほとんどが
キイロスズメバチの餌食になっていました。
「スズメバチ、ウドの花に居なくなったね」と言っていたら、何のことはない
ブルーベリーに移動していたのです。

例年は、四度ほどの収穫の後に、熟して落ちた実から発酵した匂いが漂い出すと
やってくるスズメバチが、今年は私たちが丁度その時期に居なかったせいもあり、
美味しいところに群がったらしく...。
この日も30匹ほどが飛び回っていました。
その食べ方たるや実にお行儀が悪く、かじってはポイ、次から次へと美味しいとこ取り。
熟果ばかりではなく、未熟果にまでかじりついている始末。
今回の被害は少なく見積もっても4キロは下らないでしょうね。(泣)

暑くて雨の少ない年は蜂が多いと聞きましたが、今年は異様に多い気がします。
村の中でも刺された人がいますし、私も今年もう既に体験済み。
恐いので、kiiさんを番人にして一人で摘むから、時間が掛かる...。
ブルーべりは一粒一粒手摘みでしょ、ただでさえ時間を取られるのにね。
スズメバチに振り回された週末は、二人とも疲れきってしまい、じつによく寝たこと...。(笑)
ラベル:ブルーベリー
posted by けい at 17:22| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブルーベリーひどい食害ですね。どんな狭いところにも
入れるからヒヨドリより悪いかも。お話のように
仲良く分け合って美味しくたべました。とは
言えませんよね。
相手は槍をもった飛行部隊ですから始末が悪い
ブルーベリーでは薬も使えませんしね。
こちらは、ラビットアイもそだちますが
ハイブッシュ、ハイブリットがおおいのでハチより
やっぱりヒヨドリですね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年09月02日 20:00
すごい収穫ですね。
4キロってどのくらいなのか、ピンと来ませんが、画像で見る限りでは大収穫のようです。
ブルーベリーって、今まですっぱいものだと思っていましたが、自分で育てて食べてみると、完熟で収穫するためか、生食でも意外と甘くていけますね。
これだけたくさんあると、ジャムにしても値打ちありますね。
いいなあ〜〜。
えっ?スズメバチですか?
それって、刺されたりしないんですか?
怖いよね〜?
Posted by ann at 2008年09月02日 20:34
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは

スズメバチ、すごいでしょ!!
参った×100倍ぐらい...。(苦笑)
こんなの、はじめてなんです。

そのまま食べるものに薬剤は散布したくないですしね。
今まで木酢以外は使ったことがないのですが、それさえも
止めたいと思って、昨年から一切使っていないのよね。
地力を高め、木や草本来の力を高め...。
ほんと、難しい課題です。
Posted by けい at 2008年09月02日 20:36
ブルーベリー、残念でしたね。
作る苦労も沢山おありの様ですが、又収穫する楽しみもまた格別なんでしょう。
でも、折角手間隙かけたものを荒らされると、ガッカリですね。
画像から見ると、こんなに沢山と思いますが・・・
被害も随分だったんですね。
Posted by nao at 2008年09月02日 20:50
☆annさん、こんばんは。

初回の収穫は品質がよかったのですが、どうも後がいけません。

スズメバチに食害された4キロほどが惜しいです。
大きいのばかり食い散らしているのよ。
今年は昨年よりも品質、収穫量ともにかなり落ちそうですが...。

連れ合いはジャム、私はブルーベリーソースのほうが好きで、
毎年春先までもつぐらいは作るのですが、今年は無理かも。
甘くないリカー漬けだけはなんとか数本作りたいものですが。

スズメバチは巣がないところでは比較的大人しいようですが、
それでも獰猛ですから恐いですよ。
ミツバチなどほんとに紳士だなと思いますもの。(笑)
うっかり摘みかけたブルーベリーとスズメバチがドッキングするでしょ。
威嚇して向かってくるんですよ。
恐い、恐い...。
暑すぎた夏の悲哀といって済ませられませんね。
Posted by けい at 2008年09月02日 20:51
☆naoさん、こんばんは

ブルーベリー、美味しいですものね♪

毎年、手摘みのしんどさを連れ合いと二人で分かち合って、
それでも美味しさに負けて、また精を出し...。
でもスズメバチは想定外でした。
彼らはいつも、もっと控えめだったものですから。

数が多くて気も荒く、攻撃的なように思えます。
巣は近所にはないようなのですが、いったい何処から
来るんでしょうね。
Posted by けい at 2008年09月02日 21:07
沢山の収穫ですね。
4.6kgも収穫を!!!。
いいな〜と思っていたら、スズメバチがお先に召し上がっていたのですね。
何たることを!!。
3年前に畑の榊の木にスズメバチが巣を作ったのです。
はじめは拳ほどだったのですが、サッカーボールほどまで大きくなりました。
畑に行くのが怖かったです。
巣の前は通らないで遠回りしていました。

ブルーべりの木は大きくなっているのですか。
何本くらいあるのかな・・・・

我家のは小さいのが2本、この間収穫したのはそのうちの1本です。
1本は元気ないのです。
片手の手のひらに一杯ずつ3回の収穫でした。
それでも息子宅に持っていってテーブルの中央に置き
皆でおいしいな〜と頂きました。
花が一杯咲くのにほとんど実がならない大きなプルーンの木を倒して
ブルーベリーを植えようかな、そんなことを思いました。
でもスズメバチが来ると怖いしな〜。
けいさん気をつけてくださいね。
Posted by sakko at 2008年09月03日 06:29
☆sakkoさん、おはようございます。

美味しい、それも大玉をすっかりお召し上がりで...。(笑)
近くに巣があるのかなと気にしているのですが、見当たらないんです。
餌を求めて結構飛ぶようですね。

スズメバチには一度、左手の甲を二ヶ所刺されているのですが
(今年刺されたのはスズメバチではなかったのです)、紫色に
なってグローブみたいに腫れました。
恐いですよね、スズメバチは。

ブルーベリーは40株ぐらいかなぁ...。
樹高は大きいものでは3メートルぐらいもあるでしょうか。
昨年は味、品質ともに最高の出来だったのですが、今年は悲惨です。

酸性土壌がきついせいなのでしょうが、プルーンも洋ナシもリンゴも、
うちにはどうも合いません。
sakkoさんの畑がすご〜く羨ましいです♪
Posted by けい at 2008年09月03日 07:39
今回の収穫は4.6キロですか・・・沢山収穫できましたね。
1粒1粒積むんですから、大変でしょう?
それにしても、スズメバチにやられた4キロは惜しいですね〜
私はいつもジャムにするのですが、ソースにするには
どうするのですか?
潰して、漉すのでしょうか?

酸性土壌にするには、かなり改善する為の薬剤というかをまいたんでしょうね〜
他の果物とは場所を変えるなどして隔離しないと
他の果物が育たないのですね。
Posted by タワラジェンヌ at 2008年09月03日 15:28
☆タワラジェンヌさん、こんにちは

スズメバチはすることがきついですね。
ご面相とよく似ている...。
悔しいから当然、良くは言えません。

うちはもともとが杉林で、高さ20メートル、木の元口で
40センチはあるものがビッシリ植えられていたんです。
ほとんどが二人だけの作業なので、伐採、抜根で丸々三年
かかりましたが、まだ3割ぐらいは未開の地なの。(笑)

でね、杉林というのはコテコテの濃い酸性土壌なんです。
他の果樹が育ちにくいのはそれも一因だと思います。
ジャーマンアイリスも合わないなぁ...。
いくら土壌改良に努めても、酸性が勝っていますから、
ブルーベリーには最適なわけです。
ちなみに、我が家は薬剤や化学肥料は一切使っていません。

ブルーベリーソースですが、潰して漉して緩めに作ります。
いろいろな作り方があるようですが、シンプルなのが好きです。
って、「面倒くさがりやなだけじゃないの」って、kiiさんは
言うんですけどね。
当たってる...。
水やコーンスターチなどを使った作り方もあるようですが、私は
したことがありません。
簡単で美味しい方法があったら教えてくださいね。
期待してます♪
Posted by けい at 2008年09月03日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック