2008年09月04日

サラシナショウマ

「サラシナショウマ」〈晒菜升麻〉キンポウゲ科サラシナショウマ属
sarasina04.jpg
若芽を茹で、水で晒して食したところからこの名が付いたそうです。
まだ食したことがないので、食味は判りません。
sarasina05.jpg
しっかりとした大株に育ち、草丈は見上げるほど。
真っ白の花を美しく咲かせて見事です。

sarasina01.jpg
花が終わりかけのものを見て吃驚しました。
純白のものがそのまま黄ばんで散るのだと思っていたら、こんなピンクに変化
するのですね。
これも綺麗だなぁ...と、しばし見惚れてしまいました。
posted by けい at 05:51| 奈良 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさんは毎日こまめにお料理されて、庭や野菜の手入れをされて、アクティブな方だと思ってましたが、本の虫でもあるんですね。
私も本好きなほうですが、そんなにたくさんは読まない(読めない)です。

サラシナショウマって、こんなに大きい花だったんですね。
私、なんとなく、木の根元にひっそり咲いている小さい花だとばかり、思ってました。
山野草には興味がなかったので、名前だけしか知らなかったのです。
キレイですね。
山のお庭によく似合うわ。
HPのほうも見せていただいて、山のお庭の完成予想図も見てきましたよ。
何年もかかって作り上げる大作ですね。
楽しみだな〜〜。
Posted by ann at 2008年09月04日 06:28
☆annさん、おはようございます。

HPのほう、見ていただいたのですね。
ありがとうございます。
「風光る庭」はサーバーの移動に伴って、冬の間にしっかり
手を入れなきゃ、と思ってます。

サラシナショウマって大きいでしょ。
台の上に乗って撮りました。
存在感のある花で、これが見たいから若芽を茹でて食べる
なんてできなくて...。
サラシナショウマも「山菜なんだから、食べてみようよ」
という連れ合いとの攻防戦が続いています。(笑)

annさんのように綺麗で手早く料理が出来る方は羨ましいです。
私はじつにいい加減で、恥ずかしいです。
だんだんに「食べられたらいい」になってきそうで恐いです。
庭や花はもちろん好きですが、本や音楽、古い映画も大好き♪
早く納屋(書庫)を作って貰わないと、埋まってしまいそうです。(笑)
Posted by けい at 2008年09月04日 07:06
サラシナショウマ見事ですね♪
かなり大きな花房のようですが、蕾が見えているから・・・
全体が咲いたら、これまた豪華ですね!
狭い庭には(−−;)


「チコリ」
良い色ですね。
好きな花ですが、まだ、苗に出会っていません・
そして、↓のガラス・・・
多分、車用ではありませんか?
粉々に成るそうですが・・・?
Posted by mamu at 2008年09月04日 10:12
けいさん、こんばんは!
サラシマショウマが咲いているんですね!
この花を見たくて、去年伊吹山に行きました。
それは、それは群生していて綺麗でした。
そんな花が身近にあるなんて、羨ましい限りです。
この花の若芽が食用になるなんて、知りませんでした。
Posted by タワラジェンヌ at 2008年09月04日 18:07
サラシナショウマ・・・・・
名前は聞いたことがあります。花も知っています(写真でですが)
山野草って、小さくて楚々と咲く物だと思っていました。
野迫川村の山野草はどれもこれも大きくてりっぱ。
けいさんが沢山肥料をやっているとかと思いましたよ。
そしてほとんどが食べられるのですね。
さらしなとはそういう意味だったのですか。
来春は是非試食なさってください。
ログハウス作り、どんどん進んでいますね。
ばらばらになるガラス、ぴっくりですね。
山野草好きの友人がいるのですが、けいさんのところに来れば
カタログとか、本を見ながら
「いいね〜」とあこがれていた花に逢えるのはうれしいです。
サラシナショウマがこんなに大きかったことや白い花がピンクになることを教えてあげようと思います。
Posted by sakko at 2008年09月04日 19:57
サラシナショウマなつかしいです。子供のころ
神社の森にたくさん咲いていて子供心にも美しい
花だとおもいました。こちらに来てみかけないので
何十年ぶりかで懐かしく拝見しました。
しかし、なんでもありますね。やっぱり植物図鑑ですね。
ログハウスの左側、ガラスがはいったのですね。
さすがに早い。
ハーブはいいですよね。マロウまだ咲いていましたか
うちのはすっかり枯れて新芽がひっそり・・・
ミント土地を選ぶのでしょうか増えひろがるものと
消えてしまうものがありますね。
本もすごいですね。わたしも本は好きですが、活字でなくもっぱら
写真ばかりの雑誌系ですね。ガーデン・ガーデンとかBISESとか
MOEがすきです。やさい畑とか野菜だよりなんて本もあるのです。
そんなの本じゃない なんてしかられそうですが・・・
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年09月04日 23:44
こちらでは、初めてお目にかかるものが多く、
ビックリですし、なるほどと、勉強になります。
サラシナショウマって真っ白で美しい花ですね。
草丈も見上げる程で見事だと解かります。
色がピンク色に変化していくなんて、ロマンティックですね。
最後の写真、ピンク色に変わっていく様子に、Backのハウスが
大変マッチして良い感じです。
ホームページもジックリ見させていただきます。
Posted by nao at 2008年09月05日 10:09
☆mamuさん、こんばんは

サラシナショウマってかなり大振りで、場所取りです。
私には席取(関取)って呼ばれているのよ。(笑)

「チコリ」は空色ですが、青絡みなのできっとお好きなのでは
と思いました。

ガラスね、私も車用ではないかと思いました。
バンッと大きな音がして、ガラスはかなり飛散したんですよ。
そんなの一般家庭用に使いますかね。
表示があれば注意したのですが、勿体ないことをしました。
粉々になって唖然としていたkiiさんを横目に、私は
「綺麗だな」なんて...。(笑)
Posted by けい at 2008年09月05日 21:27
☆タワラジェンヌさん

サラシマショウマの群生って綺麗でしょうねぇ。
見たいなぁ...。
伊吹山って特殊な植生があるようで、行ってみたいと思っています。

イノシシにひっくり返されて枯れかけ、今は2〜3株だけ細々。
「増えてね」と話しかけてみるけれど、なかなか増えないです。(笑)

いくら食用になっても、この美しさを知ると食べられないですよね。
Posted by けい at 2008年09月05日 21:33
☆sakkoさん、こんばんは

食いしん坊だから食べられる植物は大好きなのですが、花を見ると
あまりに綺麗過ぎて、食べられなくなるものが多いのです。(笑)

サラシナショウマって大きいでしょう?
山野草ってほんとう、こぶりのものが多い印象がありますよね。
うちの花たちの中でも、このサラシナショウマはかなり大形です。

植え込んだものも多いのですが、山野草も樹木も、鳥や風の
プレゼントで自生が出現すると、飛び上がるほどの嬉しさがあります。
「ラッキー、ハッピー」で...。(笑)
Posted by けい at 2008年09月05日 21:44
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは

サラシナショウマ、神社の森に!?
たくさん咲いているところって見たことがありません。
いい思い出をお持ちですね♪

ログハウスね、kiiさんはやはり草刈りよりは好きみたい
ですね。(笑)
喜々としてますものね。


ねねまぁにゃさんはマロウをどんな風に使われます?
お茶とか?
色が綺麗ですよね。
ミントは、うちではパイナップルミントが一番育ちにくいようです。
土地に合わないのかもですね。

>本
私の泣き所なの。(笑)
写真ばかりの雑誌系もありますよ。
なんにも考えたくないときってあるでしょ。
そんなときは好きな音楽を流して、写真ばかりの雑誌系を眺めると
なんだかすっきりしません?
自然風景とか花や料理とか...。
やっぱり食べるものが出てくるのが私らしいかな。
Posted by けい at 2008年09月05日 21:57
☆naoさん、こんばんは

かなり偏った好みの庭なのでお恥ずかしいです。

サラシナショウマはほんとうに素敵でしょう?
今回初めて、咲き終わりにはピンクっぽく変化することを
知りました。
何年も見ているのにね。(笑)

>ホームページも
ありがとうございます!!
二人だけの作業がほとんどですので、時間ばかりが掛かって
まして。
呆れずにお付き合いくださいね♪
Posted by けい at 2008年09月05日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック