2008年09月09日

宿根アスターとカクトラノオ

「宿根アスター」キク科シオン属
別名:クジャクソウ(孔雀草)、クジャクアスター、ユウゼンギク(友禅菊)など。
kujyakusou02.jpg

kujyakusou01.jpg
茎が枝分かれしてたくさんの花を咲かせる姿から、孔雀の羽に見立てて
クジャクソウと名付けられたそうです。
花色も白やピンク、濃い紅色に薄紫などとと多く、たくさんの品種が出回って
いるようですね。
シオンもこの仲間です。
  
「カクトラノオ」(角虎の尾)別名:ハナトラノオ
シソ科ハナトラノオ属
kakutora01.jpg
茎が四角く角ばっているので、角と付いたそうな...。
地下茎でとてもよく増えます。
kiiさんの大事なリンゴの株元を覆いつくして広がり、「なんとかしてよ」
抜いても抜いても無くなりません。

カクトラノオとサクラタデにクロコスミア、これが我が家で目の敵にされている
三姉妹です。
可愛いのに...ゴメンね。
posted by けい at 11:23| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 草花  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック