2008年09月16日

スズメバチ捕獲大作戦

「こんなに大量に発生した年はないね!!」村の親しい友人たちの最近の口癖です。
それほど多いのです。
例年、スズメバチが煩いなと思ったのは今頃から...。
熟したブルーベリーが留守の間に落ち、それが熟成して発酵した匂いを醸し出す頃に
なるとやってきます。
それが今年の大量発生はどうでしょう。
予測しようがありませんでした。
これだけ被害を受けてからでは今更もう仕方ないと思いつつ、捕獲作戦を敢行しました。
昨年知人に教わっていたペットボトルの利用。
仕様はそれとは少し変わっているのですが...。
suzu01.jpg
まずペットボトルがないので、貰いに行きました。
「そんなものを、何にするの?」と呆れられましたが...。
窓方式とロート方式の二種を試してみました。
使用する誘引液は酒と酢と砂糖、それに食い散らかされたブルーべリーを潰して
入れました。
7個吊るしたのですが、あれよあれよという間に、こんな状態です。
suzu02.jpg
中には賢いのもいて、入ったもののうまくすり抜ける...。
こちらは逃すものかと必死です。(笑)

翌朝、誘引液を追加するにあたり、捕獲したスズメバチを引き上げました。
H型窓方式のほうが誘引率は高かったようです。
(窓の開閉部には多少の工夫が必要ではないか...こちらも学習しています。)
suzu03.jpg
相当に腹が立っている二人は、恐々数える...。
数えるところがなんともいじらしいでしょ。
何匹いたと思います??
な、なんと、253匹!!
suzu04.jpg
おおかたはキイロスズメバチですが、中にはオオスズメバチも...。
この大きさの違いにはぞっとします。
suzu05.jpg
その上にこの顔をみたら、これはもうおどろおどろしき悪夢の世界です。
suzu06.jpg
キイロスズメバチがいかに大人しく見えることか...。
bb07.jpg
今回の収穫は1.2キロ。
それもまともなものはまったくありません。
行けなかった7日の間に、したい放題にされていました。
bb10.jpg
いつもは今頃になってようやく発酵に引かれてスズメバチたちがやってくる...。
昨年のこの時期はこの収穫でした。
まったく無傷で大粒でしょ。

ペットボトル捕獲作戦と並行して、二人で試みたのがすごいのよ。
右手に捕虫網、左手に蝿叩き。
ウドの花に群がる蜂をバッサ、バッサ。(でもないかな?(笑))
開始後3時間で二人でおよそ150匹。
内訳はkiiさんが100匹、私が50匹。
エアロビクスにも匹敵するほどの運動量で、おまけにこれには、危険という相当の
ストレスを伴う...。
(決して真似をしないでください。)
発酵したブルーベリーに酔って一瞬低空飛行になるスズメバチを待ち構えてバシン、バシン
打ちのめしたりもするけれど、これは待つ時間が長すぎる。
疲れ果てての150匹よりは、原価が高くてもペットボトル方式のほうが効率がよいと
思い知らされた次第です。

本日また2リットル用のペットボトルを貰ってきました。
週末までに30本ぐらいは用意したいなぁ。
posted by けい at 20:48| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
253匹とはまたすごい数ですね!
今年に限って大量発生とは、やはりこの夏の異常なくらいの
暑さと関係があるのでしょうか・・・・
捕虫網と蝿タタキでも150匹捕ったとか・・・
これは危ないですよ〜刺されでもしたら大変!!
それにして憎っくきスズメバチですね!!
Posted by タワラジェンヌ at 2008年09月16日 21:57
☆タワラジェンヌさんへ

雨の少ない暑い夏は、水飢饉ばかりではなくこんなところにも
影響があるのですね。

一日でこれですから、凄い数が飛来しているのですね。
これで、何パーセントぐらいでしょう...。
翌日、液を補充して一時間もしないうちに、もう50匹ほど
入っていたそうですよ。

さて、お酒と酢をどのぐらい用意したらいいものか...。
思案中です。
Posted by けい at 2008年09月16日 22:13
すごい数のスズメバチですね。
うちの居酒屋に通ってくるのは
かわいいものですね。
ペットボトルの数もすごい
わたしなど220ccの小さなワンカップでしたが
けいさんのところでは4リットルびんくらいですか?
ハエはたきは危険ですね。
うちもブドウを植えていたころ
おじいちゃんがやっていましたね
もうハラハラしてみていました。
でも不思議とさされもせず
的確に打ち落としていました。
恐れがないので手元が狂わないのでしょうか
けいさんたちもすごい数ですものね。
でもやっぱり、きけんです。
やめてくださいね。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年09月16日 22:52
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは。

うちの居酒屋は大入り満員で入り切れないですね。(笑)
ペットボトルね、お茶や飲料水を入れる2リットル容器です。
四角いのが使いやすいですよね。
一回目は持ち込んだ7本に現地調達の小さい容器が5本。
小さいのはすぐに一杯になってしまうようです。

蝿叩き、おじいさまが体験済み??
ブルーベリーの下に酔っ払って落ちてくるのは蝿タタキでね、
「これでもか」というぐらいに叩き潰してね、何しろ怨念が
こもっているもの。(笑)
ウドの花に群がるのは捕虫網。
その捕虫網を振り回して走り回るのが結構ハードでクタクタ。
かなり上手にはなったけれど、もうこんなことはしたくありません。

ご心配戴きまして、ありがとうございます!!
今後は「楽」に走って、ペットボトルオンリーでいくことに
します。
Posted by けい at 2008年09月16日 23:20
こんばんは、恐いですね。
近くに巣でもあるのですか。
うちではトラップを仕掛けるようになってから、ほとんど見かけなくなりました。
水は1/4位入れて、さげっぱなしにしておくと、中に入った蜂が腐敗して誘引して
くれるようですが、こんなにたくさん入ったら溢れてしまいそうですね。
最近、乾燥対策にキャップを外して、雨が入るようにしてあるものを見かけます。
効果の程はわかりませんが、いろいろ進化しているんですね。
飛び始めてから泡食うのですが、春先にトラップを掛けて、1世代女王蜂を捕まえ
るのが1番効果がありそうですよ。
Posted by 南 常雄 at 2008年09月17日 00:37
☆南さん、おはようございます。

先生のご登場で...。
ありがとうございました。
教えていただいていましたのに、こんなに大発生するとは
思いもしませんでした。
多少のスズメバチは害虫駆除に貢献してくれますから、
目をつぶっていたのですが...。

巣はうちの周辺には見あたらず、飛び行く方を見やれば、
向かいの山方向の様子。
数キロを飛ぶといいますから判りませんよね。
判っても恐くてどうにもなりませんが...。

キャップを開けるぐらいですから、水入りO.Kなんですね。
そこのところを心配しながら帰阪しました。
これで安心...。

今年で懲りましたから、来年は早めに手配しようと考えています。
セッセとポリペットを集めておかなくては...。
大きなゴミ袋に一杯のポリペットをぶら下げて歩いていたら、
変な顔で見られて...。(笑)
Posted by けい at 2008年09月17日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック