2008年09月18日

マユミとツリバナ

タマノカンザシに続いて、また嬉しいことが...。

山の庭にはマユミが二株あります。
「マユミ」〈真弓〉ニシキギ科ニシキギ属
花は6月22日にアップしましたが、ほんとうに地味で目立たない。
でも、秋の実の可愛らしさと紅葉の素晴らしさが絶品ですね。
実はまだこんな様子です。
mayumimi01.jpg

ところで、このマユミと同じ仲間のツリバナを、ずうっと見たいな、欲しいなと
思っていたのですが、出合えなくて手に入らなくてもう諦めていたのです。

早朝の散歩の際に、敷地のすぐ横の土手でツルニンジンの様子を見ていたら、
何か赤っぽい実がチラチラ。
「なんだろうか?」近寄って驚きました。
「これって、ツリバナじゃない!?そうだよね、きっと。なんでこんなところに
あるのよ!」
葉と実を摘んで急ぎログに戻り、図鑑と首っ引き。
turibana01.jpg
ツリバナに間違いないと太鼓判♪

「フーン、あったんだ...」
平静を装っているけれど、内心は相当に興奮している私です。
熟して割れたところを早く見たいなぁ。

週末のみの開拓民は多忙で、なかなか裏山を歩く時間も取れないのですが、
たくさんの植物たちとの出合いを逃しているのではと思うと残念でなりません。
posted by けい at 19:26| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさん、毎日更新のネタがあるんですね。
秋には里山の、珍しい植物が山盛りなんですな〜。
私、全然知らないわ〜。
子供のころは山で育ったのにね。
図鑑と首っ引きで山野草の同定をされてるんですね。
私も山を歩いて木や草花の名前をすらすらといえるようになればな〜。
キノコなんかも色々生えてますよね。
けいさんは山野草をたくさんご存知でスゴイ。
あっ、ナメコ、おいしそうね〜〜。
いいなあ〜〜うらやましいな〜〜。
Posted by ann at 2008年09月18日 19:41
マユミ この実がはじけると
なかから鮮やかな実がまた顔をだして
それはきれいでかわいいのですよね。
なつかしいです。けいさんのは
葉がきれいですがうちは
葉に虫がついてしまい
毎年のことなのであきらめて
抜きました。可愛い実だったのに
ざんねんでした。
ツリバナとはこちらでニシキギと
よんでいるものでしょうか。
マユミに、似た木で少し地味な感じの
実になります。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年09月18日 21:15
☆annさん、こんばんは

なめこ、美味しかったですよ。
今秋は初めてだからあまり出ないそうですが、来春は楽しみです。
植菌のきのこだから安心できますが、自然生えのものはさっぱり
わかりません。
きのこは図鑑片手でも難しいですね。

図鑑は右サイドバーの「私の好きな本」で紹介している植物図鑑
を二冊と、同じシリーズの樹木の図鑑三冊を使用していますが、
同定には神経を使いますよね。
よく開くので、もうボロボロなのよ。(笑)

>更新のネタ
もうそろそろ尽きかけで、寒くなってきたら雪ばかりかも...。(笑)
このブログは6月から始めたのですが、庭の花たちは4月から
二ヶ月ほどが一番多いかなぁ。
来春は大変でしょうね。
Posted by けい at 2008年09月19日 01:45
☆ねねまぁにゃさん、こんばんは

マユミ、はじけた実が可愛いですよね。
ツリバナも、その姿が見たくて、長い間出あいたいと思って
いたのですが、なんとすぐ傍に居たなんてね。(笑)
マユミもツリバナも、実がはじけたらアップしますね。

葉っぱ、まったく消毒をしないので、虫もたくさんいるん
ですよ。
でも鳥も多いので、それでうまくバランスが取れているん
でしょうね。

ニシキギは世界三大紅葉に必ず登場していますが、枝の翼
以外は、花も実も地味系ですよね。
所によって呼び方が違うことも多いのでよく判りませんが
ニシキギは昨年の画像がありますので、掲示板のほうに
載せておきますね。

ツリバナは「ヒロハツリバナ」のほうが豪華な感じですが、
うちのは「ツリバナ」で地味なほう。
でも、出会えただけで幸せです♪
Posted by けい at 2008年09月19日 02:05
お早うございます。
台風13号が近づいてきています。
和歌山は大雨のようです。
野迫川村もたっぷりの雨が期待できそう?
被害が出なければいいのですが。

ツリバナってまゆみとよく似ていますね。
といってもマユミは植えていますが
ツリバナは写真でしか見ていません。
ニシキギの実も同様です。

けいさんのところは同じ奈良県でも
寒さは北海道並とか、
ツリバナも北海道のhanaさんのブログでも見ました。
いいですね。
山野草も、北国の植物も、色々咲いてくれて
珍しい花を見せていただけてうれしいです。

台風少しの雨ならいいですが、
風で花が倒れないかと心配です。
もっと他の事を心配しなければならないのに
花の心配が一番のsakkoです。


Posted by sakko at 2008年09月19日 07:02
☆sakkoさん、おはようございます。

台風はかないませんね...。
雨もそうですが、風がきついから余計に心配です。
雨は適度がありがたいですが、多すぎるのは困ると、
渇水で嘆いていながら人間は勝手なものですね。
過ぎると土砂崩れや倒木の心配が出てきますので。
sakkoさんのほうも、花壇や畑が無事でありますように。
今日は野暮用を幾つか抱えているのですが、早めに
済ませたほうがいいようですね。

ニシキギの仲間はどれも秋の実が可愛いですね。
ツリバナにやっと出合えたのは嬉しいのですが、ずっと
そこにあって、自分が気付かなかっただけだなんて、
なんだかガックリです。(笑)
ニシキギの実はBBSにアップしましたので、よろし
かったらご覧くださいね。

北海道に住んでいた頃は、−28℃というのを体験して
いますが、そんな寒さに比べると、−15℃ぐらい...。
と強がりを言いたいところですが、寒いです。(笑)
野迫川村は凍てつきが厳しいですよ。
その代わり、エアコンも扇風機も不要の涼しさがありますけど。
植えられる植物は、「北海道に準ずる」尚且つ「夏の暑さにも
耐えられる」なので、とっても難しいです。
Posted by けい at 2008年09月19日 07:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック