2008年09月19日

ホトトギス#2

「ヤマホトトギス」(山杜鵑草)ユリ科ホトトギス属
山野の林内でよく見かけるホトトギスです。
草丈はあまり大きくなく50cmほど。
変化のあるものが多いようです。
yama01.jpg
ヤマジノホトトギスとの相違点は花被片の斑が大きいことと、強いそり返りが
あること。

「ヤマジノホトトギス」(山路の杜鵑草)
ヤマジノホトトギスには上のヤマホトトギスのような強いそり返りがありません。
yamaji01.jpg
ヤマジノホトトギスにも個体差がいろいろあるようです。

これは自生種ではなく「丸葉」という名称で購入したもの。
maruba01.jpg
ヤマホトトギスの系統だと思うのですが、ヤマホトトギスよりも葉が少し
丸みを帯びています。

同定ではいつも悩みますが、適当な名称をつけられるとますます難しく感じます。
posted by けい at 08:54| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ホトトギス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック