2008年09月24日

ヤマノイモのムカゴ

「ヤマノイモ」(山の芋)別名:ジネンジョ(自然薯)
「掘るのは大変だけど、実に旨いんだ」
村の長老にはそう聞いているけれど、まだ食べたことがない。
「そろそろ食べごろかもしれない、この秋には自然薯パーティだよ」
でもその大きくなった頃を見計らって、お先に失礼!!とやってくるのがイノシシなのです。
何度してやられたことか...。
私たちはといえば、おこぼれのムカゴをちびちびと戴くだけなのです。
地主の権利というのも多少は認めて欲しいもンです。
mukago01.jpg
鈴なりのムカゴです。
ムカゴ飯にするとひなびた味わいがとっても美味しいのですが、バターで炒めて
塩をハラリと振りかけていただく...。これがもう最高!!
このときの塩はちょっと拘って、いいものを使います。
焼酎にもビールにも合う、いいつまみになります。
勿論、おやつにも...。
mukago02.jpg
ヤマノイモってこんな風に実がつくのね。
冬枯れのときしか知らなかったから、ついマジッと見てしまいました。
ムカゴ(珠芽)と刮ハで増えるのなら、もっとあってもいいのじゃないかしら??
庭中を巡りながらムカゴ探しに勤しんでいます。
posted by けい at 20:45| 奈良 | Comment(6) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みごとなムカゴですね。
うちの梅の木とコシアブラにからんで
いるのは、下の写真くらいの
おおきさになったところです。
でもいつもりっぱなイモムシがすんで
いるのであまりそばにはいきません。
ムカゴも買ったのをいただいて
たべています。
おいしいのですが、自分ではむりです。
私の生活、イモムシのせいで
矛盾だらけです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年09月24日 22:34
☆ねねまぁにゃさんへ

ムカゴ、気付いたらもう落ちかけでした。
「傘を逆さまにして下に置いてツルを揺する」と教わりましたが、
これがやはり一番いい方法ですね。
ムカゴって美味しいですよね!!

イモムシって地面にいるあの白いの??
それとも木々の葉などにいるのでしょうか?
梅の木とコシアブラにいるの?
たくさん?を並べてごめんなさい。
でも、その立派なイモムシが気にかかるわ。
Posted by けい at 2008年09月24日 23:08
自然薯ってすごく掘りにくいのではないですか。
テレビでよく写していますが折らない様に掘るのは難しいようですね。
ムカゴの色は黒っぽいですね。
ムカゴは傘を受けて採るほどなるのですか。
下の写真の薄みどりの薄い感じの実が丸くなるのですか?。

我家には長いものムカゴができてきていますが、
色はもう少し浅いです。
長芋を掘るのさえ四苦八苦なのです。
長いものムカゴも油で揚げて塩を振ってビールのあてに。
でも傘で受けるほどなっていません。
自然薯のはもっと美味しいのだろうな〜〜。


Posted by sakko at 2008年09月25日 00:06
☆sakkoさん、こんばんは。

自然薯は山ものなので、斜面やガレキやいろいろ掘りにくい
のでしょうね。
そう聞きますが、なにしろまだ食べさせてもらえないものですから。(笑)

木に巻きついて高く上がり、光線の具合で黒っぽく写っていますが、
実際にはもう少し薄い感じです。
下の画像の色のほうが近いかもです。
でも図鑑で見ても、長芋よりは自然薯のほうが黒いようですね。

ムカゴ(珠芽)は葉腋につきます。
ぶら下がっているのは刮ハで、冬になると枯れて茶色になったもの
をよく見かけます。
この中に種子が入っていてこぼれ、ムカゴと両方で繁殖するはず
なのですが、さほど増えないところをみると、育ちにくいもの
なのかもしれませんね

sakkoさんは長芋も育てていらっしゃるのですか!?
sakkoさんの畑には何でもあるのですねぇ。
Posted by けい at 2008年09月25日 02:14
おはようございます。(私のコンピューターは日本時間になっています)

自然薯は以前おばさんが採れたものを送ってくれたのですが、着いた途端に電話がかかってきて、「食べたらまずかったで、食べるのやめときんさい」と言われて食べなかった覚えがあります(笑)
そして、ハート型の葉っぱが可愛いから観葉植物にしなさいと言われて、自然薯を鉢に埋めたのですが、芽が出ませんでした。
こんな葉っぱになるんだったんですね。
それも実まで出来て食べれるなんて。
ムカゴは豆のような味がするんでしょうか?
自然薯もイノシシより先に食べれる日が来るといいですね。
Posted by モモカナール at 2008年09月25日 06:31
☆モモカナールさん、おはようございます。

自然薯、どうして「やめときんさい」だったんでしょうね?
滋養も最高らしいですね。
芽が出てこなかったのは残念でしたね。
観葉としてもいけると思うわ。

私はムカゴしか食べたことがないのですが、ブルーベリー
を摘みながら口に放り込んでいる...。
生でも結構美味しいのよ。(笑)
いっちょまえに、ヤマノイモらしい味がしているのが面白いです。
Posted by けい at 2008年09月25日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック