2008年10月01日

春を夢見て..

美味しい旬のときの姿ばかりではなく、たまに山菜諸君の現在をお見せしましょう。
そんなの、見たくないと言われそうですが...。

「ウワバミソウ」と聞くとちょっと怖そうなイメージがありますが、ミズとかミズ菜の
名で親しまれているかも。
茎を茹でてお浸しや和え物に、また叩いてとろみを出し、納豆などに混ぜても
美味しいです。
根も食べられるそうですが、絶えてしまったら困るもの、うちではそんな勿体ない
ことは致しません。
mizu01.jpg
鹿に食べられるので、ネットで保護しています。
花は気付かないほど地味だったのに、この時期にはこんな珠芽(ムカゴ)ができていました。

「シオデ」
本体は7月3日に、8月1日にその花をアップしました。
「山アスパラと呼ばれる大変美味しい山菜です。地方によってはショデコとかヒデコとも
呼ばれます。」とその折に書きました。
秋田にヒデコ節という有名な民謡がありますが、このシオデのことを唄ったものなんですよ。
siodemi01.jpg
こんな実が付き、これが熟して真っ黒になります。

「ウバユリ」
花は8月21日にアップしました。
このウバユリは私にとっては花なのですが、じつは山菜です。
若い葉や茎を湯がいてお浸しや和え物にします。
でも本命は根。
花が咲いたユリ根は小さいそうですが、掘ったことはありません。
焼いたり茹でて戴くと美味しいそうですが、とんでもない話です。
ubayurimi01.jpg
この中には種がぎっしりと詰まっています。
茶色くなって乾燥し、その種が風にひらひら舞う様は画のようです。
「カラスノオカネ」と例えられるそうですね。なるほど...。

「ハナイカダ」(花筏/別名ママッコ・ヨメノナミダ・ムコ菜)
雌雄別株の樹木です。ミズキ科ハナイカダ属
これも食べられるから、実繋がりでここに載せることにします。
ハナイカダって、風流でステキな名前ですよね。
葉の真ん中についた花を筏に見立てたと図鑑にはあります。
でも私は、葉を筏に、花を船頭さんに見立てたような気がしてしかたがないのですが。
hanaikadahana01.jpg
花の季節はこんな感じです。

そして今。
hanaikadami01.jpg
秋になるとこんな実をつけます。
別名のヨメノナミダというのはかなり気に入らないのですが、花のことをいうのか、
それともこの黒い実のことなのでしょうか?
kiiさんが呟きます。「男の涙の間違いじゃないの?」

若い葉を摘んで茹で、和え物やお浸しにします。
生のままで天ぷらにも。私はこちらが多く、かき揚げなどにも使います。
アクもなく、くせのない味わいで、美味しいですよ。
と、「食いしん坊けい」の山菜いろいろ・秋のレポートでした。
posted by けい at 12:15| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今頃の林(森?)の中は初体験です。ミズ菜のムカゴ
初めて見ました。すごいのがつくのですね。
美味しくて好きなのですが、私が料理すると
すじっぽくなってしまい、美味しく調理されたものを
いただいて食べています。
シオデ なぜか太いのが一本だけウメモドキのしたにはえます。
何時も取り除いてもらっていますが、茹でて食べればよかった。
うちはマヨネーズでたべますがここ何年も口にしていません。
来年はあの一本をたべましょう。
今日は何回来年の話をしたことか・・・
ウバユリの青い実もいいものですね。
これも初めてです。
ほんとうにけいさんのブログはたのしいです。
Posted by ねねまぁにゃ at 2008年10月01日 21:56
☆ねねまぁにゃさん、おはようございます。

ミズ菜のムカゴ、吃驚するような大きさでしょう?
花は目立たないのにねぇ。
じつは私も、美味しく調理されたものをいただくというのが
一番好きです。(笑)

シオデね、取り除いてって、食べないでなの??
勿体ないです。
アスパラよりもずっと美味なのに...。
私もマヨネだけが好きです♪

ウバユリは茶色になってからはよく見ますが、
このぐらいのときは、あまり気に留めたことが
ありませんでした。
蕾からの種の飛散まで、楽しい植物ですね。

>来年の話
いっしょよ。
私なんて「来年は...」ばっかりでしょ。(笑)
今を楽しみ、草に追われながらも、半年先、一年先の
ことを考えているものね。
Posted by けい at 2008年10月02日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック