2008年10月02日

小さい秋、みっけ♪

昨年は寒さがゆっくり訪れたので、木々の葉先が傷まず美しい紅葉を楽しむことが
できましたが、今年は夏の渇水の影響で、木によってはかなりダメージがきついようです。

小さい小さい秋を探して庭めぐりです。
「ウリカエデ」
08aki01.jpg
この木がモリアオガエルの定宿。毎年、森の奥から卵塊を産み付けにきます。
この下に小さな池があります。

自生のモミジの種類も多いのですが、今年はだいぶ傷んでいて可哀想。
08aki03.jpg

「ニシキギ」
一部だけが紅葉していました。
08aki04.jpg
地味な木ですが、秋の紅葉は美しいですよね。
世界の三大紅葉のひとつにもよく数えられています。
私の三大紅葉は...。
カエデ類は勿論だけれど、メグスリノキもステキだし、カイノキやハナノキもいい。
カミキリムシに齧られて弱ってしまったけれど、スズランノキも捨てがたい。
黄葉のカツラやダンコウバイ、マンサクも美しいし、ウ〜ン、ほんとうに難しいなぁ。
あなたのお好きな紅葉は??

08aki02.jpg
posted by けい at 11:26| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そこここに小さな秋がありますね。
けいさんのところは、様々なモミジが見られますね。
けいさんが綺麗とおっしゃる木で、私が知らないのがいっぱいあります。
カイノキ、ハナノキ、スズランノキ・・・・・・
どんな紅葉をするのでしょう。

私の身の回りでは、桜の葉が色づきまじめて
柿の葉が一枚赤くなって落ちていました。

私にとって一番の紅葉は
山路を歩いていて大きな杉の木に巻きついた蔦が夕日に真っ赤に染まっていたのを見たときです。
Posted by sakko at 2008年10月03日 01:12
☆sakkoさんへ

そういえば柿の葉の紅葉も綺麗でしたね。
省けにしないでと言われそう。(笑)
カシワバアジサイの紅葉も素晴らしいですし...。
秋は目も口も楽しめますね。

>蔦が夕日に真っ赤に染まって
唱歌のモミジの世界を思い浮かべました。
ゆったりと日本の秋...。
Posted by けい at 2008年10月03日 06:10
もう紅葉の季節なんですね。
山には赤く紅葉する木はカエデやウルシ、タデとかでしょうか?
自然の山には、黄葉する木が多いですね。
最近は、ガーデナーも春の豪華な美しさに飽きて、秋に楽しめる庭造りに興味が移ってきたようですね。
春は色とりどりの花、秋は紅葉の美しい庭、と変化をつけたいなあ。
メグスリノキとか、カタログで見るたび、欲しいなあ〜と思ってるんですが、買えません。
植えるところも考えないとうっかりどこにでも植えられないし。

あっ、てんぷら、私も新聞紙にじかに揚げていますよ。
汚れていない内側の面を使うのでダイジョーブ!!(笑)
Posted by ann at 2008年10月03日 06:43
☆annさん、おはようございます。

うちの紅葉はアッという間でね、すぐに裸木になってしまいます。
落葉樹が多いから、庭中丸見えになるの。(笑)

>ガーデナーも春の豪華な美しさに飽きて、秋に楽しめる
庭造りに興味が移ってきたようですね。
って、そうなの??
花もいいけれど、秋が寂しくなるものね。
木はいいですよ。
花と実と紅葉(黄葉も)を楽しめるなら言うことがありませんが...。
欲張りかな?
一気に寒さが来る年は、紅葉があまり綺麗ではないのですが、
今年はどうでしょうね。
Posted by けい at 2008年10月03日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック